トップページ | 日本コカ・コーラ社,「→あける」を追加 »

2006/10/14

「爽健美茶」キャップの差異

ペールグリーン地の丸に白抜きの「爽健美茶(R)」のキャップには,2種類のバージョンが存在します。(A)アルコア・クロージャー・システムズ社製のものと,(B)日本クラウンコルク社製のものです。違いを見分けるのは簡単で,各々のキャップの裏に,(A)には「A1/ALCOA/LOT#」,(B)には「N19/LOT#」が刻印されています。更に,(B)にはインジケータマーク(締めすぎ防止用の外周のギザギザの中の短い個所)の上部にドットホールがあります。そして,最大の違いは,「レジスターマーク(R)」の大きさです。(A)の方が(B)のものと較べて,大きいことが分かります。そして,「爽健美茶」のロゴは(B)の方が(A)よりも若干長体が掛かっています。どうやら,同一の版下を使用していないようです。これは,あくまで推測ですが,品質管理用に,敢えて若干の差異を残しているとも考えられます。その理由は,キャップの裏側は,キャップを空けないと確認できないからです。因みに,現在,「爽健美茶(R)」のキャップには,外周のギザギザの粗いもの「AS-Lok」(アルコア社の場合)が使用されています。

トップページ | 日本コカ・コーラ社,「→あける」を追加 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トップページ | 日本コカ・コーラ社,「→あける」を追加 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ