« 紅白コークの誕生 | トップページ | CCNBC社『茶織(SAORI)[TM]』vs.キリンビバレッジ社『生茶』の甘み対決 »

2007/02/21

アサヒ飲料「十六茶」をリニューアル(キャップも)

アサヒ飲料「十六茶」が、2007年2月に新・十六茶としてリニューアルした。これに伴い、キャップとボトルのデザインが一新された。キャップの方は、抹茶色のベタ●地に縦書きの筆文字ロゴで「十六茶」+下部に「あける→」表示(何れも白抜き)である。以前は、白地に横書きで「十六茶」であったため文字も大きめであったが、今回は、縦書きのうえ、「あける→」表示まで連なっているため、文字が若干小さくなり、左右の余白とのバランスが悪い。そもそも、「十六茶」を縦書きにすると全ての漢字がシンメトリーとなり、左右にメリハリが出にくいと思われる。また、「六」と「茶」の草冠の位置が近過ぎるため視認性(判読性)も良くない。一見するとミステリーサークルに見えなくもない。今年当たり、勘違いしたイギリス在住の宇宙人がこの文字を夜間麦畑に刻まないことを祈るのみである。あるいは、実際に日本の茶畑に「出現」させて、グーグルアース向けの宣伝媒体とすることも可能か。

キャップの色が、抹茶色という発想は、恐らく日本コカ・コーラ社の「爽健美茶」に対抗したものと思われるが、ブレンド茶と抹茶はダイレクトにイメージが重ならない。日本では、お茶といえば、緑茶であるため、「緑」を連想しがちであるが、そもそも「茶色」という言葉に体現されるように、お茶の色は「ちゃ色」である。それ故に「茶」と表現するようになったのだ。実際に、ペットボトル用に抽出された液体は、緑ではなく限りなく茶色に近い色になってしまっている。ましてや、ブレンド茶においてをやである。従って、ロゴの配色は落ち着いた色味の栗色あたりが、良いのではないかと思われる。あるいは、「十六茶」の成分である植物からの発想として、鮮やかで深いグリーンという選択肢もあったかも知れない。

ボトルも一新されている。こちらは、ラベルを剥がさないとよく分からないと思うが、ゆわゆる寸胴型で、上半分が「水面」や「波」をモチーフにしたおしゃれなシェイプとなっている。これらの波形の加工は持ちやすさも兼ね備えており、秀逸な仕上がりとなっている。下半分は、強度保持のための従来のアーキテクトである。ボトル底部に「asahi」のロゴが入っていることから、「十六茶」専用ボトルであることが分かる。アサヒ飲料のブレンド茶市場における意気込みがうかがえる。

参照キャップの賞味期限と製造所固有記号:071023/F[注1]

注1) アサヒ飲料(ソフトドリンク)の場合、「F」は富士宮市にある「富士山工場」のことを示す。富士山を一望出来るロケションと、さすが茶処に近い場所で製造している地政学的メリット。このことを、もっと宣伝すればいいのに、実に残念である。

« 紅白コークの誕生 | トップページ | CCNBC社『茶織(SAORI)[TM]』vs.キリンビバレッジ社『生茶』の甘み対決 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192015/13995074

この記事へのトラックバック一覧です: アサヒ飲料「十六茶」をリニューアル(キャップも):

» 月の土地の贈り物 [団塊の世代へおくる★定年退職後の生活情報]
ホワイトデーに月の土地をプレゼントするってのもイイかもね!ただ使い道はないけど・・・(^^;)記念に! [続きを読む]

« 紅白コークの誕生 | トップページ | CCNBC社『茶織(SAORI)[TM]』vs.キリンビバレッジ社『生茶』の甘み対決 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ