« 『サントリー天然水』に水色キャップ登場 | トップページ | JTフーズ『天晴』のモスグリーンキャップ »

2007/03/24

『サントリー天然水』の太極キャップ

前回の『サントリー天然水』のキャップリニューアル戦略には、恐るべき「大どんでん返し」と言うべき続編が存在した。何と、2リットルボトルのキャップは、500ミリリットル(0.5リットル)ボトルの色違いだったのだ。「実はあなたには,双子のお兄ちゃんがいたのよ」と突然打ち明けらた女子高生みないな心境だ。ベース地と表示文字の色の<ウォーターブルー>と<ホワイトオペーク>を反転させた配色になっていた。更に、白地は、通常の白いプラスチックキャップ地ではなく、ホワイトオペークインキの質感を追求した半透明の素材で、表面に梨地処理(艶消し[マット]加工)のものが使用されている。このことで、高級感も醸し出されている。通常のキャップが、表面に光沢のあるアート紙に印刷された文字とすると、2リットルボトルのキャップは、トレーシングペーパーに印刷された文字になぞらえることが出来る。全体的に落ち着いた印象を与える。

2007年3月23日、コンビニの陳列棚でそれを発見した時は、ミステリーの謎が一気に解けたような安堵感を感じたものだ。丁度、2時間ドラマのラストで、断崖絶壁の海を背にして[注1]、犯人が誰も質問してもいないのに、犯行動機と事件の経過を、刑事もしくは異常に好奇心の強い民間人(2ドラ的には「~刑事(デカ)」と呼称されている)に対して、独白するシーンと似ている。

サントリーのロゴマークには、CI戦略の一環としてコーポレーテッドカラーがあった(らしい)。「<水>をモチーフとし、<水と生きる。SUNTORY>をコーポレートメッセージとしてデザイン」(同社ホームページによる)された<ウォーターブルー>である。てっきり、通常のキャップに使用されている<キツネ色>がコーポレーテッドカラーであると思っていた(なお、<キツネ色>は、当ブログで再三述べてきたように、図象学的意味での黄金色のメタファーである)。

よくよく、この2種類のキャップを並べて眺めてみると、それは陰陽を表す太極図であることがわかる。この恐るべき仕掛けは、当然、サントリーデザイン部の発想であろう。ことによると、もう一捻りあるのではないかとワクワクしてしまう。間違いなく、私のお気に入りのキャップの一つとなった。文学評論風にいえば、「本年度最大の収穫」である。

今回参照したキャップのデータ: 賞味期限+製造所固有記号「080221/S」。これにより、『サントリー天然水2リットル入り』の賞味期限は約12カ月に設定されていることがわかる。製造工場は<南アルプス>であるので「天然水白州工場」(山梨県)である。ところで、なぜ「天然水白州工場」と表記しているかと言うと、白州には、ウイスキー醸造所のサントリー白州ディストラリーがあり、別の製造ラインとなっているからである。因みに、白州の天然水が先にあって、この地にディストラリーが造られたのであり、その逆ではない。ウイスキーは、ケルト語のuisge-beatha(命の水)が語源と言われている通り、ディストラリーのサイト選定は水探しから始まる。サイントリーの「山崎」もニッカウヰスキーの「余市」も、スコットランドの風土に似ていることと良質の水があることから、選ばれている。なお、山梨には、この他にサントリーのワイナリーも存在する。首都圏に近い立地と集約性からも、この地が選定されていると思われる。こうした蘊蓄はすべて、古谷三敏著『レモンハート』から得られたものである。キャップは、日本クラウンコルク社製のギザギザの粗いキャップである(ロット番号:N18-71)。

注1) これは、長ゼリフの場面で、キャメラアングルを一定に保つための大切なテクニックである。後ろが海ないし水辺であることは、そこが人間の立ち入れない領域であることを暗示している(らしい)。従って、キャメラは、陸側から海側をなめるようにして、犯人の独白を追うことが出来る。もはや、能や狂言の「決め事」の域にまで達している。

« 『サントリー天然水』に水色キャップ登場 | トップページ | JTフーズ『天晴』のモスグリーンキャップ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192015/14369418

この記事へのトラックバック一覧です: 『サントリー天然水』の太極キャップ:

« 『サントリー天然水』に水色キャップ登場 | トップページ | JTフーズ『天晴』のモスグリーンキャップ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ