« サントリーフーズ社から 『Mountain Dew MAX-AIR』 登場 | トップページ | 銀座千疋屋、『バナジウム天然水』に果汁を入れる »

2007/05/27

宮崎県の御当地キャップ3種類

今、宮崎が熱い。2007年1月の東国原新知事の登場とともに、マスコミの関心度が上がっている。当然PR効果も付随して高まっている。ミーハーを自負する私も、宮崎へ行って来た。家から30分で着いた。新宿駅南口 「新宿みやざき館KONNE」 である。都内に居ながらにして、宮崎県の物産を入手出来るのはうれしい。

ここでは現在、2社3種類のキャップが入手出来る。南日本酪農協同株式会社は、(a) 『バイオ茶(R)』 のキャップ1種類。宮崎県農協果汁株式会社では各種商品ラインナップが存在するるが、基本的には (b-1) 『サンA』 というロゴと(b-2) 『P』 というロゴのキャップ2種類である。因みに、南日本酪農協同(株)では、 『スコールブランド』 も出しているが、こちらは全国展開商品であることから、置かれていない。また、宮崎県農協果汁(株)の 『屋久島縄文水』 も宮崎県の物産ではないため、置かれていない。 『屋久島縄文水』 の方は、沖縄県もしくは熊本県の物産会場でよく目にする。

宮崎県農協果汁(株)製造のペットボトルには、通常 『サンA』 というロゴのキャップが付くが、2004年4月28日に 『MIYAZAKI<P>OWER』 (宮崎の太陽と大地の恵み<チカラシリーズ>)の発売を期に、Powerの頭文字『P』をデザイン化した<シリーズ用>キャップが投入された。白地ベースに緑色で 「P」 のデザインロゴ。山菜のゼンマイにも見える。逆さにすると「J」のように見える。

日常の生活の中では、お目に掛かれないキャップでも、少し目を凝らしてみれば、意外な場所に非日常的空間の入り口が存在するものである。

■ 参照キャップデータ ■
(a) 『バイオ茶(R)』 (500mLペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号:「080218/MNK」。賞味期限は不明。製造所は南日本酪農協同(株)である。キャップはライナー付き洗浄スリット入りキャップ(ロット番号:2/02)。ボトルは東洋製罐製(ロット番号:W-2)。

(b-1) 『さわやか日向夏ドリンク』 (280mLペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号:「080205」。賞味期限は不明。宮崎県農協果汁(株)が製造所であるため、製造所固有記号は存在しない。キャップはノーマルタイプのワンピースキャップ、洗浄スリット付き(ロット番号:H49-28)。ボトルは東洋製罐製(ロット番号:W-8)。

(b-2) 『日向夏のチカラ』 (195mLペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号:「071214」。賞味期限は不明。宮崎県農協果汁(株)が製造所であるため、製造所固有記号は存在しない。キャップはノーマルタイプのワンピースキャップ、洗浄スリット付き(ロット番号:H49-62)。ボトルは東洋製罐製(ロット番号:E-21)。

■ 連絡先 ■
南日本酪農協同株式会社
885-0073 宮崎県都城市姫城町32街区3号
TEL: 0986-23-3456、FAX: 0986-25-6033
URL: http://www.dairy-milk.co.jp/

宮崎県農協果汁株式会社
889-1301 宮崎県児湯郡川南町大字川南20016-3
TEL: 0983-27-1111、FAX: 0983-27-4584
E-mail: info@kajyu.co.jp
URL: http://www.kajyu.co.jp/

« サントリーフーズ社から 『Mountain Dew MAX-AIR』 登場 | トップページ | 銀座千疋屋、『バナジウム天然水』に果汁を入れる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192015/15225651

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎県の御当地キャップ3種類:

« サントリーフーズ社から 『Mountain Dew MAX-AIR』 登場 | トップページ | 銀座千疋屋、『バナジウム天然水』に果汁を入れる »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ