« サントリーフーズ社 『START UP WATER』 の水色キャップ | トップページ | 全米のペットボトルキャップ製造業者一同に会するの巻 »

2007/05/30

『凍結ボトル』 シリーズの 『AQUARIUS(R)』 にも矢印表示

『凍結ボトル』 シリーズに 『AQUARIUS(R)』 が追加された。セブン-イレブン・ジャパンでは、< 『凍結ボトル』 シリーズ>として、既に昨年の2006年7月12日に、アサヒ飲料 『アサヒスーパーH2O凍結ボトル』、カルピス 『凍らせておいしいカルピス凍結ボトル』、ハウスウェルネスフーズ 『C1000レモンウォーター凍結ボトル』 の3種類を発売している。

これらメーカーの異なる3種類の商品では、<凍結ボトル>の統一イメージの普及とコスト低減のため、キャップの図柄を共通にしており、商品名やメーカー名を入れていない。ところが、今年(2007年)から当シリーズのラインナップに追加された 『アクエリアス(R)凍結ボトル』 では、共通キャップ使用の代わりに、自社商品ロゴの入った独自キャップを使用している。白地キャップに、紺色の文字で 「AQUARIUS(R)」 のロゴ+六角形の 「凍結ボトル」 の共通マーク+ 「凍結ボトル」 の共通ロゴ(以上、縦方向にレイアウト)+左右2個所に点対称で 「→あける」 である。本来ならば、天面部の外周トラックには 「再栓時は漏れないよう、しっかりお閉めください。」 の注意を喚起するメッセージが入れられるべきである。

我が愛すべきCCNBC社では、ここに敢えて 「→あける」 を入れている。再栓不良によるペットボトルからの内容物の漏洩に対する注意喚起よりも、 「→あける」 を2個所入れることの方が重要なのかと問いたい。ここまで徹底されると、逆に 「清々しさ」 を感じてしまう。いっそのこと 「→あける」 などと生ぬるい表示ではなく、 「→あけろ」 としてはいかがか。既に 「OPEN→」 を導入している製造メーカーもあるやに聞くが、今のところ、消費者団体より抗議を受けた様子もないので、特に問題はないと思う。

さて、キャップを良く見ると分かるが、この 「凍結ボトル」 のキャップには中栓が付いている。中栓付きキャップの使用目的は、主に以下の2つである。(1)開栓性の向上、(2)店頭でのいたずら防止(タンパーエビデンス機能の強化)である。開栓時、先ずブリッジが切れるが、この時点ではパッキン(中栓)は密封状態を維持している。更に、開栓を進めると、ネジがパッキン(中栓)を持ち上げ、開栓が完了する。従って、このキャップでは、開栓には2段階を要する。それ故に、再栓にも2段階を要するため、キャップを回す際にいったん強い抵抗を感じても、更に締め続ける必要がある。 「再栓時は漏れないよう、しっかりお閉めください。」 の注意メッセージは、決して飾りではない。

この凍結ボトルは、セブン&アイオリジナル商品であり、セブンイレブン以外のコンビニでは販売されていない。また、陳列棚も、通常の飲料コーナーではなく、 「ロックアイス(R)」 (小久保製氷冷蔵)などの氷を置いてある陳列ケースにある。私も最近まで存在すら知らなかった。

セブン-イレブン・ジャパンと東洋製罐が共同開発したものであり、冷凍専用にボトルの凍結変形性を軽減する工夫を加えたのものである。なお、冷凍対応ペットボトルは、2003年に日本サンガリアが業界に先駆けて、< 「氷晶」 シリーズ>として先行している分野である(スカイブルーの 「氷晶キャップ」 が特徴)。また、キャップの色は白のままであるが、2007年5月には冷凍可能なライチ味の 『湘南飲料』 も再発売している。ちなみに 『湘南飲料』 のキャップにも中栓がついており、 『凍結ボトル』 のキャップと同じメーカーのものが使用されている。

夏の風物詩であったアイスキャンディー売りが消えて久しいが、代わりにコンビニがその代役を果たしているので不便はない。多少、風情に欠けるが、それは仕方ないことである。

■ 参照キャップデータ ■
『アクエリアス(R)凍結ボトル』 (500mLペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「071102-NNC」。賞味期限は不明。キャップは、日本山村硝子社製 「TEN-PH5RTキャップ」*、洗浄スリット入り(ロット番号:c9-26)。ボトル(ロット番号:C-13)。

『凍らせておいしいカルピス凍結ボトル』 (500mLペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「071002/BC」。賞味期限は不明。キャップは、日本山村硝子社製 「TEN-PH5RTキャップ」*、洗浄スリット入り(ロット番号:c7-3)。ボトルは東洋製罐社製(ロット番号:C-4)。(比較検討用として掲載)

*「TEN-PH5RTキャップ」 の外見上の特徴: (1)パッキンである「PH5RT」は、中栓として機能するため、キャップ本体とは分離している(振るとカラカラ鳴るので分かる); (2)パッキンの材質は無添加ポリエチレン(PE)製(半透明である); (3)ブリッジの数は25個; (4)フラップの形状は、下から見ると日本人がオペラで装着する 「付け鼻」 状のものがシャンプーハット様に25個並んでいる(このフラップの効果は絶大で、他社のTEバンドと比較しても、とりわけ外れ難い)

« サントリーフーズ社 『START UP WATER』 の水色キャップ | トップページ | 全米のペットボトルキャップ製造業者一同に会するの巻 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192015/15256373

この記事へのトラックバック一覧です: 『凍結ボトル』 シリーズの 『AQUARIUS(R)』 にも矢印表示:

» [つれづれにⅡ]
トラックバック宜しくお願いいたします [続きを読む]

« サントリーフーズ社 『START UP WATER』 の水色キャップ | トップページ | 全米のペットボトルキャップ製造業者一同に会するの巻 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ