« 『Lipton Orange Mint Tea』 に学ぶオレンジミントティーの作り方 | トップページ | リボンちゃんとの再会 »

2007/06/14

ポッカコーポレーションの 『ポッカ350PETキレートレモン』 はレギュラーキャップ

ポッカコーポレーションは、2007年6月11日(月)、『ポッカ350PET キレートレモン』 (350mLスリムボトル) を発売した (6月13日、セブンイレブン店頭にて確認) [注1]。これまで、140mL入りの 『ポッカ140瓶キレートレモン』 や300mL入り 『ポッカ900PETキレートレモン』 として販売されていた 『キレートレモン』 シリーズの350mLスリムボトル版である。 この商品シリーズでは、ビン入りには炭酸ガスが入っているが、PETボトルには入っていない等、容器の種類や容量により、レモン果汁の含有割合が異なる。さらに、カートン入り (紙パック) などもあり、非常に選択肢の広いラインナップになっている (どれとして、中身は同じではない)。

ところで、「キレート」 が何を表すのか今まで不思議であったが、今回調べたところ、「有機系アミノカルボン酸塩」 の総称であることが判明した。レモンに最も多く含有される 「クエン酸」 (レモン1個に1500~4000mg) は、この 「カルボン酸塩」 の一つである。では何故、クエン酸なのかというと、一般に 「クエン酸回路 (TCAサイクル)」 と呼ばれる生体メカニズムにより、摂取され分解された糖や脂肪酸が、効率的良くエネルギーとして転換されて行く過程において必要らしい (詳しくは、『ウィキペディア (Wikipedia)』 を参照のこと)。

最近、清涼飲料水業界は、こぞって350mLスリムボトルを次々に投入して来ている。主に、果汁入り飲料に使用されているが、内容量350mLに対して、値段はほぼ500mLのものと同じ設定であることから、現時点では若干の割高感がある。実際には、他の商品よりも、原材料の点でコストが掛かっているにもかかわらずである。

小型ペットボトルが市場に出回るまで、自販機では350mLスチール缶もしくはアルミ缶が販売されていた。つい10年程前のことなのに、既に忘れている。今でも、一緒にアルミ缶も販売されているが、主流はやはり500mLペットボトルである。いつの間にか、500mLを飲み切りサイズと思い込むようになっていた (個人的感想)。今回、350mLスリムボトルが出たことで、ちょうど手頃な量であることを再認識した。今まで、このサイズが存在しなかったことが不思議である。ちなみに、スリムボトルには、4角のものと6角のものが存在する。

ここまで書いて来て気づいたことがある。350mLボトルって存在するよねって。背の低いボトルが350mLである。トリックにまんまと嵌ってしまった。同じ内容量なのに、なぜ背の低い従来のボトルを使用しないのか、早く気づくべきであった。明確な意図が存在したのだ。恐るべし、清涼飲料水業界!

キャップは、白地に赤で、ポッカコーポレーションの 「P」 のマーク + 「POKKA」 の社名ロゴの入ったレギュラーキャップである。6角スリムボトル350mLペットボトルとアルコア社製の 「PS-Lok」 のコンビネーションは、定番なのだろうか。前日のブログで紹介した 『Lipton Orange Mint Tea』 も同じ組合せであった。

■ 商品表示データ ■
『ポッカ350PET キレートレモン』 (6角スリムボトル350mLペットボトル)
<品名> 10%レモン果汁入り飲料
<原材料名> レモン、砂糖、レモン果皮エキス、香料、ビタミンC、紅花色素
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:26kcal ●たん白質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:6.7g ●ナトリウム:5mg ●ビタミンC:23mg ●レモン由来のクエン酸:571mg [1本当たり2000mg]

■ 参照キャップデータ ■
『ポッカ350PET キレートレモン』 (6角スリムボトル350mLペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「080216/S023」。賞味期限は9カ月(未開栓)。キャップは、アルコア・クロージャー・システムズ社製 「PS-Lok」 ワンピースキャップ (洗浄スリット入り) [ノーマルタイプ] (ロット番号:V8-06)。ボトルは、吉野工業所製 (ロット番号:14/H75*)。製品製造ロット番号:「2138」

* ボトルの底にある表示 「H75」 は、プリフォームの製造ロット番号と思われる。スリムボトルには、プレフィックスとして数字の手前に「H」が付く。

注1) 「レモンのすっぱさしみこむジューシーな味わいの健康飲料 『350PETキレートレモン』 6月11日(月)全国で新発売」 ポッカコーポレーション ニュースリリース (2007/05/30)

« 『Lipton Orange Mint Tea』 に学ぶオレンジミントティーの作り方 | トップページ | リボンちゃんとの再会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192015/15431356

この記事へのトラックバック一覧です: ポッカコーポレーションの 『ポッカ350PETキレートレモン』 はレギュラーキャップ:

« 『Lipton Orange Mint Tea』 に学ぶオレンジミントティーの作り方 | トップページ | リボンちゃんとの再会 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ