« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007/06/30

サッポロ飲料の輸入ナチュラルスパークリングミネラルウォーター 『GEROLSTEINER (R) SPARKLING』 のキャップ

サッポロ飲料では、2004年8月より、ドイツのナチュラルスパークリングミネラルウォーター 『GEROLSTEINER (R) SPARKLING』 の輸入販売を開始している [注1]。このときは、ガラスボトルであった。その後、2007年3月5日に、コンビニ限定で500mLペットボトルの販売を開始した [注2]。この時点ではキャップは、(a) 銀色無地であった (と記憶している)。ところが、本日あらためて見てみたら、(b) エンボシングロゴバージョンに変わっていた (6月30日、サンクス店頭で確認)。なお、この500mLペットボトルは、2007年6月4日より、全国発売が開始されている。

キャップデザインは、銀色地にエンボシング (型押し) 加工で、外周に上下ともに 「GEROLSTEINER」 の文字、キャップの真ん中に八芒星 (8角形の星形) とライオンのマークである [図柄は注3を参照]。

『ゲロルシュタイナー (R)』 のイメージキャラクターには、韓国の女優で、小学館発行の 『Oggi』 専属モデルとしても活躍しているヨアンが起用されている。クリアなイメージに好感が持てる。

そのヨアンがナビゲートしてくれるサッポロ飲料のホームページによれば、『ゲロルシュタイナー (R)』 は、100年以上の伝統を持つドイツで最も有名なナチュラルスパークリングミネラルウォーターということである。採水地はドイツ西部のアイフェル火山麓のゲロルシュタイン (Gerolstein) と言う町である。ラベルとキャップに刻まれている赤い八芒星とライオンのマークはこの町の紋章である。

ヨーロッパの紋章学では、左 (デキスター) 向きのライオンで、左後片足立ちのポーズを 「ライオン・ランパント (lion rampant)」 と呼ぶらしい。赤い星の方はどうしても、忍者の手裏剣に見えてしまうが、これは文化的バックグラウンドの差であろう。誠に因果なことである。

ドイツのGerolsteiner Brunnen GmbH社のホームページ [注4] を見ると、「GEROLSTEINER」 ブランドには<レモン><オレンジ><アップル>などのフルーツフレーバーをはじめとして、各種商品ラインナップが存在している。キャップの色もバラエティーに富んでいる [注3、4]。なお、写真では明確に判別出来ないが、ドイツ本国バージョンと日本向けバージョンではキャップの成形精度が異なるように思える。日本向けキャップには、天面部中心の射出成形用の孔が見当たらない。2007年3月時点での500mLペットボトル化の際に銀色無地のキャップが採用された理由は、この辺にあったのかも知れない。

また、キャップの構造は、フライングディスク状の着脱可能なエチレン酢酸ビニル共重合樹脂 (EVA) 製パッキンが中栓として嵌められている2ピースキャップである。TEバンドには8カ所のブリッジ部があり、射出形成されている。エビデンス機構はシャンプーハット状のひだが18個存在するタイプである。ローレットは60山である。キャップの裏のパッキンを外すと、ロット番号の他に、クラウンのマーク、「PolyGuard (R)」 の文字、「510」 の数字が刻印されている。これらの情報により、このキャップは、Bericap社のポリプロピレン (PP) 製 『7021 PolyGuard (R)』 であることが判明した。

■ 商品表示データ ■
『ゲロルシュタイナー』 (5脚500mLペットボトル)
<品名> ナチュラルミネラルウォーター (天然炭酸入り)
<原材料名> 水(鉱泉水)
<採水地> ゲロスシュタイン (ドイツ)
<輸入者> サッポロ飲料株式会社
<栄養成分> (500mL当たり) ●エネルギー:0kcal ●たん白質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:55mg ●カルシウム:180mg ●カリウム:8mg ●マグネシウム:55mg
<硬度> 1400/L(高硬水)、<pH値> 6.4

■ 参照キャップデータ ■
(a) 『ゲロルシュタイナー』 (5脚500mLペットボトル) の賞味期限: 「08.05.03」。キャップは、「PolyGuard (R)」 28mm径中栓付き2ピースキャップ (ロット番号:<本体>22、<パッキン>15)。ボトル (ロット番号:A2)。

(b) 『ゲロルシュタイナー』 (5脚500mLペットボトル) の賞味期限: 「08.07.10」。キャップは、「PolyGuard (R)」 28mm径中栓付き2ピースキャップ (ロット番号:<本体>10、<パッキン>13)。ボトル (ロット番号:A3)。

注1) 「ナチュラルスパークリングミネラルウォーター 『GEROLSTEINER (ゲロルシュタイナー) 』 発売のご案内 ~日本初登場。ドイツナンバーワンの天然炭酸入りナチュラルミネラルウォーター~」 サッポロ飲料 ニュースリリース (2004/06/21)
注2) 「『GEROLSTEINER (ゲロルシュタイナー) 』 発売のご案内 ~ 天然炭酸水だから硬度1400mg/Lでも飲みやすい! ~」 サッポロ飲料 ニュースリリース (2007/02/19)
注3) KUMA氏の運営する 『ペットボトルキャップコレクションの旅』 「外国のプラキャップ」 <ドイツ編>の中の<GEROLSTEINER-01>
注4) Gerolsteiner Brunnen GmbH社ホームページ

2007/06/29

『アサヒSUPER H2O凍結ボトル』 水色キャップで再登場

アサヒ飲料は、2007年6月26日 (火) に 『アサヒ SUPER H2O 凍結ボトル』 (485mL入り) を今年も発売した [注1]。これは、昨年同様、8月末までの夏季限定商品である [注2] が、今年はパッケージとキャップが一新された。特にキャップの色は白地キャップから、サンガリアの 『氷晶』 キャップと同じ色のものとすることで、冷凍可能商品であることを強く印象付けている。

図柄は、水色キャップ地の天面部外周トラックに紺色の細ゴジック体で 「再栓時は漏れないよう、しっかりお閉めください。」 の定型句メッセージ + そのメッセージの両端が四角いベタに白抜きの 「氷」 のデザイン文字を蟹のように挟み込んでおり、更にその真ん中に上下2段で 「凍結」 と 「ボトル」 の商品ロゴがある [図柄については注3を参照]。

なお、飲み物の内容はアイソトニック飲料 + アミノ酸補給飲料である。ちょっと欲張りなこの構成は 『AQUARIUS (R)』 に最も近いが、含有するアミノ酸の種類が異なる。基本的には、必須アミノ酸中の3種類がベースとなっている。一般的にBCAA (分岐鎖アミノ酸) と呼ばれる 「ロイシン」、「イソロイシン」、「バリン」 の組合せである。また、この3種類の成分の配合比は一般的な 「イソロイシン(Ile):ロイシン(Leu):バリン(Val) = 1:2:1」 の割合を踏襲している。

これは、サプリメントの宣伝広告でよく見掛ける配合比である。ただし、その場合の根拠としてウェブ上で散見する用語に 「米国マサチューセッツ工科大学のBCAA推奨 (摂取) 比率」 なるものがある。しかしながら、典拠となった文献が示されていないことが多い。おまけに、どの広告においても、判で押したように、この権威主義的レトリックがステロタイプとして使い回しされている。恐らくオリジナル文献を精読することもなく、普遍化された定型文をそのまま引用したものと思われる。余りのいい加減さに、情けなくなる。食品産業は 『発掘! あるある大辞典』 の一件を他山の石としたのではなかったのかと問いたい。

我々は、もはや未開人ではないのだから、もうそろそろ、根拠の希薄な健康神話を垂れ流すのは止めてはどうだろうか。ちなみに、「米国マサチューセッツ工科大学のBCAA推奨比率」 の典拠文献の一部を末尾に示す [文献1-3]。一読すれば、これが実証過程におけるテンポラリーで、暫定的なリコメンデーションであり、必要量 (requirements) について言及していることに気付くはずである。

■ 商品表示データ ■
(a) 『アサヒ SUPER H2O 凍結ボトル』 (500mL正角耐熱PETボトル485mL入り)
<名称> 清涼飲料水
<原材料名> 果糖、塩化Na、デキストリン、ローヤルゼリー、香料、クエン酸、クエン酸Na、リンゴ酸、塩化K、乳酸Ca、アミノ酸(グルタミン酸Na、アラニン、グリシン、ロイシン、イソロイシン、バリン)、甘味料 (スクラロース)、酸化防止剤 (V.C)
<栄養成分>* (100mL当たり) ●エネルギー:15kcal ●たん白質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:3.8g ●ナトリウム:33mg ●カリウム:16mg ●カルシウム:2.5mg ●グルタミン酸:4.0mg ●アラニン:2.5mg ●グリシン:2.5mg ●ロイシン:2.5mg ●イソロイシン:1.3mg ●バリン:1.3mg

* この栄養成分は、凍結ボトルと非凍結ボトルとでは、値が異なる。

(b)** 『AQUARIUS (R) 凍結ボトル』 (490mLペットボトル)
<原材料名> 高果糖液糖、はちみつ、塩化Na、海藻エキス、ローヤルゼリー、クエン酸、クエン酸Na、香料、アルギニン、塩化K、塩化Mg、乳酸Ca、酸化防止剤 (V.C)、甘味料 (スクラロース)、イソロイシン、バリン、ロイシン
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:19kcal ●たん白質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:4.7g ●ナトリウム:34mg ●カリウム:8mg ●カルシウム:0mg  ●マグネシウム:1.2mg ●アルギニン:25mg ●イソロイシン:1.0mg ●バリン:1.0mg ●ロイシン:0.5mg

** (b) の表記は比較のため (a) のスタイルに統一した

■ 参照キャップデータ ■
(a) 『アサヒ SUPER H2O 凍結ボトル』(500mL正角耐熱PETボトル485mL入り) の賞味期限+製造所固有記号: 「071123/SAG」。賞味期限は6カ月(未開栓)。キャップは、日本山村硝子社製 「TEN-PH5RTキャップ」、ベントホール付き (ロット番号:c9-28)。ボトルは東洋製罐社製冷凍専用ボトル (ロット番号:G-7)。製品製造ロット番号:「L0528U09:」。プリフォーム [白] 「1873」。

(b) 『AQUARIUS (R) 凍結ボトル』 (500mL正角耐熱PETボトル490mL入り)の賞味期限+製造所固有記号: 「071102-NNC」。賞味期限は不明。キャップは、日本山村硝子社製 「TEN-PH5RTキャップ」、ベントホール付き (ロット番号:c10-15)。ボトルは東洋製罐社製冷凍専用ボトル (ロット番号:C-17)。製品製造ロット番号:「C 0128E09」。プリフォーム [白] 「5-2」。

■ 文献 ■
(1) Young VR, Borgonha S. Nitrogen and amino acid requirements; the Massachusetts Institute of Technology amino acid requirement pattern. J Nutr. 2000; 130: 1841S-1849S. Available from: http://jn.nutrition.org/cgi/reprint/130/7/1841S

(2)*** World Health Organization (1985) FAO/WHO/UNU Expert Consultation. Energy and protein requirements. Geneva: WHO. [WHO Technical Report No. 724, 264 pages].

(3) Kurpad AV, Regan MM, Raj T, Gnanou JV. Branched-chain amino acid requirements in healthy adult human subjects. J Nutr. 2006 Jan; 136(1 Suppl): 256S-263S. Available from: http://jn.nutrition.org/cgi/reprint/136/1/256S

*** (2) には、以下の翻訳版が存在する。

FAO/WHO/UNU合同特別専門委員会 [著]、井上五郎訳、必須アミノ酸研究委員会編 「エネルギー・蛋白質の必要量: FAO/WHO/UNU合同特別専門委員会報告」 (WHOテクニカルレポートシリーズ: 724)、 東京: 必須アミノ酸協会 [発売: 医歯薬出版]、171pp、1989.10

注1) 「“凍結スポーツアイス”で水分補給&本気回復! 『アサヒ SUPER H2O 凍結ボトルPET485ml』 新発売 ~夏季限定発売~」 アサヒ飲料 ニュースリリース (2007/06/18)
注2) 「夏季限定の 『SUPER H2O』 『アサヒ SUPER H2O 凍結ボトル PET485ml』 新発売」 アサヒ飲料 ニュースリリース(2006/06/07)
注3) KUMA氏の運営する 『ペットボトルキャップコレクションの旅』 「日本のプラキャップ」 <アサヒ編>の中の<凍結ボトル SUPER H2O>。

2007/06/28

Emirates社のナチュラルミネラルウォーター 『Arabian Oasis(R)』

ファミリーマートは、2007年6月26日(火)より、地域限定で 『アラビアン・オアシス (Arabian Oasis)(R)』 と言うアラブ首長国連邦 (UAE) 産のナチュラルミネラルウォーターの販売を開始した。キャンペーン価格は100円。安かったので購入してみた。

意外なことに、『アラビアン・オアシス (Arabian Oasis)(R)』 のサイトが既に立ち上がっていた [注1]。さすがリッチな国である。同サイトの製品情報によると、Emirates (エミレーツ) 工場は、首都ドバイより200キロに位置し、採水地は更に8キロほど山間に入ったオマーン山脈アルグレアン渓谷にあるらしい。ちなみに、エミレーツ工場は、衛生面ではHACCPの認可工場であり、更に環境面においては 「ISO 9001:2000」 の認証も取得した最先端の工場である。ここでは、輸出先の国に応じて、ラベルを代えている。従って、日本向け商品は日本語表記である。

さて、キャップであるが、青色無地のポリエチレン (PE) 製ワンピースキャップ (30mm径) である。天面部中央に射出成型用の孔のあるタイプであり、ブリッジ部12カ所も同時に成型されている。

驚くべきは、キャップも自社関連企業 (Crown Emirates社) が製造していることである。ネット上で調べた同社プロフィールによれば、CEC社 (旧Emirates Can社) は、Crown Cork & Seal社 (米国) とAhmad Hamad Algosaibi & Bros社 (サウジアラビア) の合弁企業であり、飲料用アルミ缶、プラスチックキャップ、ペットボトル用プリフォームの製造を行っている。プラスチックキャップは、瓶やペットボトル用に各種サイズのデザインが用意されており、主にアラブ湾岸協力会議 (AGCC) 加盟国向けに供給されている。なお、CEC社のスタッフには、英国、サイジアラビア、タイ出身の飲料包装の熟練技術者を擁しているという。

ただし、金型については、米国マサチューセッツ州のプラスチック成型用精密金型メーカーであるMarland Mold社製のものが使用されている。金型を自前で制作している日本のキャップ製造メーカーとは、この辺に技術力の差がみられるが、逆に開発コストを押さえることが可能であるとも言える。日本の企業も、国際調達の時代を見据え、海外向け製品の開発を検討すべき時期なのかも知れない。

■ 商品表示データ ■
『Arabian Oasis(R)』 (丸型500mLペットボトル)
<名称> ナチュラルミネラルウォーター
<原材料名> 水 (鉱泉水)
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:0kcal ●たん白質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●カルシウム:1.8mg ●ナトリウム:1.3mg ●カリウム:0.03mg ●マグネシウム:0.46mg
<原産国> アラブ首長国連邦(UAE)
<採水地> Khor fakan (ホール・ファカン)
<輸入者> ホームニーズ株式会社 (横浜市都筑区北山田2-2-8)

■ 参照キャップデータ ■
『Arabian Oasis(R)』 (丸型500mLペットボトル) の製造日/賞味期限:「P 2007-04-23/E 2009-04-21」。賞味期限は24カ月(未開栓)。製造所:Emirates工場 (UAE)。キャップは、Crown Emirates社 「cr-cap(R)」 ワンピースキャップ (ロット番号:IGL 2-26)。ボトルはSIDEL社製 (ロット番号:5)。プリフォーム [薄い青](ロット番号:05-29)。

注1) 株式会社アラビアンオアシス キャンペーンサイト 「Arabian Oasis ~体にやさしい生命の水~

2007/06/27

カルピス、製造者住所表示キャップにも 『カラダにピース』 のメッセージを入れる

カルピス社は、2007年6月25日(月)、『CALPIS(R) SPARKLING (カルピススパークリング) <ライム>』 (425mL) を発売した(6月26日、サンクス店頭にて確認) [注1]。

キャップのデザインは、白地ベースに、スカーブルーの青色で、外周上段に 「製造者カルピス株式会社」 の製造者表示 + 外周下段に 「東京都渋谷区恵比寿南2-4-1」 の住所表示 + 真ん中上段に 「カラダにピース」 + 真ん中下段に 「CALPIS」 の社名ロゴ+マークである。実に情報量の多い表示スタイルである。

これは、ガラス瓶と王冠の時代の名残である。ボトルラベルに表示スペースが限れている場合、キャップに細かい文字で、必須情報を詰め込む必要があったからである。ガラス瓶入りコーラ類の王冠がデザイン的に煩雑なイメージを受けるのは、このためである。逆に言えば、ボトルデザインが商品イメージに直結していた時代であったとも言える。

1960~1970年代は、ボトルシェイプでどの商品かを見分けられた。誰も、王冠のロゴなどに着目してはいなかった。実際、どんなデザインであったか思い出せない。コカ・コーラの王冠は、テレビCMほど格好良くはなかった。テレビCMの中には、当時のアメリカ文化が濃縮されていた。従って、ボトルに 「コカ・コーラ」、「登録商標」 と日本語表記が入っていたことが気に入らなかった。王冠に至っては、出来るだけ意識しないようにしていた。赤地に 「Coca-Cola」 のロゴだけのシンプルデザインのキャップがプロモーション用であることを知ったのは、コーラを飲まなくなってからである。

従って、PETボトル時代になって、情報表示スーペスが拡大された今となっては、キャップに情報を詰め込む意味は薄れている。これを敢えて行うことに、それ程の意味はない。現在、このスタイルのキャップを使用しているのは、アサヒ飲料とカルピスの2社のみである。過去においては、伊藤園も使用していた。使用理由は一つである。本社移転の周知徹底である。従って、伊藤園では、その役目を終えたため、 「賞味期限は、キャップの横に...」 のメッセージを代替的に入れるようになったに過ぎない。

● アサヒ飲料:1989年12月、「東京都墨田区吾妻橋1-23-1」 アサヒビール吾妻橋ビルに移転
● 伊藤園:1992年、「東京都渋谷区本町3-47-10」 に移転
● カルピス:2004年8月、「東京都渋谷区恵比寿西2-20-3」 から 「東京都渋谷区恵比寿南2-4-13」 に移転

何はともあれ、新規キャップの投入はうれしい (定型文を使用)。

■ 商品表示データ ■
『カルピススパークリング<ライム>』 (5脚425mLペットボトル)
<原材料名> 果糖ぶどう糖液糖、ライム果汁*、脱脂粉乳、乳酸菌飲料、酸味料、香料、安定剤 (大豆多糖類)、甘味料 (アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムカリウム)
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:18kcal ●たんぱく質:0.2g ●脂質:0g ●炭水化物:4.2g ●ナトリウム:19mg

* メキシコ産ライム果汁1%

■ 参照キャップデータ ■
『カルピススパークリング<ライム>』 (5脚425mLペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「071210/SC**」。賞味期限は約6カ月(未開栓)。キャップは、NCC社製 「Fin-Lok」 ライナー材付き2ピースキャップ (洗浄スリット入り) [ノーマルタイプ] (ロット番号:<本体>K3-52、<ライナー材>5)。ボトルは、吉野工業所製 (ロット番号:21/25)。

** カルピスには、製造工場が全国に3カ所 (相模工場、岡山工場、群馬工場) 存在する。「SC」 は、恐らく相模工場 (相模原市淵野辺) と考えられる。ここには 「商品開発研究所」 もある。

注1) 「『カルピス』 に搾りたてライムが香る、爽やかなおいしさがカロリーオフで楽しめる乳性炭酸飲料 『 「CALPIS SPARKLING」 ライム』 新発売 -当社オリジナルの425mlペットボトルを採用-」 カルピス プレスリリース (2007/06)

2007/06/26

グビグビ! 『ビッグビックル』 はビックリサイズ

こどもの頃の夢は、カルピスを原液に近い濃度で飲むことと、ヤクルトを10本まとめて飲むことだった。遙かむかし、ヤクルトは小さなガラス瓶に入っていた。毎朝、牛乳屋さんが、カチカチと瓶がぶつかり合う音を立てながら配達してくれた。ある日、2倍サイズのガラス瓶に入ったヤクルトが間違って配達された時はショックだった。こんな素敵なものが世の中に存在するのかと。その時、胸に誓った。大人になったら、ヤクルトを浴びるほど飲んでやると。今、浴びるほど飲みたいのはお酒に変わってしまった。

サントリーは、2007年6月26日(火)、『ビッグビックル (Big Bikkle)』 (500mL) を発売した (サンクス店頭にて確認) [注1]。これは、通常サイズの 『ビックル』 (220g、ガラス瓶入り) の約2倍の量である。同社は、これまでにも 『デカビタC』 (210mL) にて、『オロナミンC』 (120mL、大塚製薬) を1.75本分まとめて飲む夢を叶えてくれている (サンキュー! サントリー)。

また、グビグビ飲めるようにと、広口ボトルを採用する配慮までしてくれている。従って、キャップも38mm径広口キャップである。デザインは、白地ベースに紺色で楕円+矩形 (長方形のこと) のマス + その中に赤色文字で 「Bikkle」 のロゴである。色は、白 + 紺 + 赤で、フランス国旗と同じトリコロール配色になっているが、決しておしゃれな印象を与えることなく、ポップなデザインにまとめられている。広口キャップのメリットは、印刷範囲の広さにより、大胆な構図でインパクトを与えることが出来る点である。その意味では、若干もの足りないが、新規キャップの投入はうれしい。

■ 商品表示データ ■
『ビッグビックル』 (500mLペットボトル)
<原材料名> 砂糖、脱脂粉乳、ミルクカルシウム、酸味料、香料、安定剤(大豆多糖類)、乳化剤、カラメル色素、甘味料(スクラロース)
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:24kcal ●たん白質:0.3g ●脂質:0g ●炭水化物:5.6g ●ナトリウム:16mg ●カルシウム:11mg

■ 参照キャップデータ ■
『ビッグビックル』 (500mLペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「071205/NN11」。賞味期限は約6カ月(未開栓)。キャップは、日本山村硝子社製38mm径、中栓付き2ピースキャップ (ベントホール付き) (ロット番号:38-103)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:I/8)。製品製造ロット番号:「L003I」。プリフォーム 「4-72」。

注1) 「 『ビッグビックル スッキリ仕立て』 新発売 ― たっぷり楽しめるスッキリ味の 『ビックル』 新登場」 サントリー(株) ニュースリリース No.9821 (2007/06/05)

2007/06/25

『無印良品』 の無糖茶のキャップは無印

『無印良品』 のキャップは、当然 「無印」 である。『無印良品』 で知られる株式会社良品計画は無糖茶シリーズとして (a) 『緑茶』、(b) 『茉莉花茶』、(c) 『烏龍茶』 を販売している [注1]。販売価格は、500mLペットボトル1本105円 (税込) である。同様の商品と較べてもかなり安い。

『無印良品(R)』 には、これ以外にも無糖のお茶系飲料として、(d) 『黒豆ブレンド茶』 と (e) 『紅茶』 が存在する。(d) の販売価格は105円 (税込) であるが、(e) のみ126円 (税込) である。恐らく、ダージリン100%であることが原価率を引き上げている。

同社では、コスト削減のための製造工場が同一の場合、部材の統一を計っているようである。たとえ無印であっても、並べてみると見えてくるものがある。同社は、製造工程を標準化することで、コストダウンを計っている。従って、標準化出来ない (d) のみが別の製造工場とされている。

■ 商品表示データ ■
 (a) 『緑茶』 (4角型500mLペットボトル)
<品名> 緑茶 (清涼飲料水)
<原材料名> 緑茶、ビタミンC
 (b) 『茉莉花茶』 (4角型500mLペットボトル)
<品名> ジャスミン茶 (清涼飲料水)
<原材料名> ジャスミン茶、ビタミンC
 (c) 『烏龍茶』 (4角型500mLペットボトル)
<品名> ウーロン茶飲料
<原材料名> 烏龍茶 (黄金桂)、ビタミンC
 (d) 『黒豆ブレンド茶』 (4角型500mLペットボトル)
<品名> ブレンド茶(清涼飲料水)
<原材料名> 黒豆、大豆、ハブ茶、ほうじ茶、玄米、ウーロン茶、杜仲の葉、どくだみ、ビタミンC
 (e) 『紅茶』 (4角型500mLペットボトル)
<品名> 紅茶飲料
<原材料名> 紅茶、ビタミンC

■ 参照キャップデータ ■
 (a) 『烏龍茶』 (4角型500mLペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「071215/RI35」。キャップは、日本クラウンキャップ社製 「NCフラップ」 ワンピースキャップ [ノーマルタイプ] (洗浄スリット付き) (ロット番号:H42-55)。ボトルは東洋製罐社製 (ロット番号:F/17)。プリフォーム [白]:5-12。
 (b) 『茉莉花茶』 (4角型500mLペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「080222/RI35」。キャップは、日本クラウンキャップ社製 「NCフラップ」 ワンピースキャップ [ノーマルタイプ] (洗浄スリット付き) (ロット番号:H56-09)。ボトルは東洋製罐社製 (ロット番号:F/7)。プリフォーム [白]:5-64。
 (c) 『烏龍茶』 (4角型500mLペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「080126/RI35」。キャップは、日本クラウンキャップ社製 「NCフラップ」 ワンピースキャップ [ノーマルタイプ] (洗浄スリット付き) (ロット番号:H45-08)。ボトルは東洋製罐社製 (ロット番号:F/18)。プリフォーム [白]:4-21。
 (d) 『黒豆ブレンド茶』 (4角型500mLペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「080313/RN74」。キャップは、アルコア・クロージャー・システム社製ワンピースキャップ [ノーマルタイプ] (洗浄スリット付き) (ロット番号:P12-18)。ボトルはボトルは吉野工業所製 (ロット番号:144)。プリフォーム [白]:4C。
 (e) 『紅茶』 (4角型500mLペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「080217/RI50」。キャップは、日本クラウンキャップ社製 「NCフラップ」 ワンピースキャップ [ノーマルタイプ] (洗浄スリット付き) (ロット番号:H40-10)。 東洋製罐社製 (ロット番号:F/28)。プリフォーム [白]:5-92。

注1) 株式会社良品計画  「"無糖茶" 開発 発売のお知らせ」 (2005/06/17)

2007/06/24

私鉄系チェーンストア8社の共同ブランド 『VALUE PLUS』 の低価格戦略

日本でも水を買って飲む習慣がここ20年間に定着した。スーパーでも、コンビニでも、オリジナル開発商品が必ず存在するようになっている。スーパーのミネラルウォーターのペットボトルは、価格が勝負である。そのため、首都圏にある私鉄系チェーンストア8社 (小田急商事、京王ストア、京成ストア、京急ストア、相鉄ローゼン、東急ストア、東武ストア、アップルランド) の共同出資で設立された株式会社八社会 [注1] は、『VALUE PLUS』 ブランドで 『安曇野の水』 を販売している。これは共同仕入による低価格戦略の一環である。

なお、製造者欄のゴールドパック社 [注2] は、東急グループの会社であることから、製造を担当している。商品自体は 『北アルプス安曇野の天然水』 のOEM商品である (2007年4月17日 「伊藤園の 『pure water』 東急線沿線地域限定販売のなぞ」 参照)。

キャップデザインは、白地ベースに濃いオリーブ色の扇型ベタの中に白抜きで 「VALUE PULUS」 + 真ん中に、VALUEとPULUSの文字を分けるようにブランドロゴ 「V」 と 「Vマーク」 の文字である。なお、これは 「ミネラルウォーター」 であるため、「サワー」 や 「ソーダ」 等の固有の商品カテゴリー名の入っていないバージョンである。

■ 商品表示データ ■
<名称> ナチュラルミネラルウォーター
<採水地> 長野県安曇野市堀金烏川
<原材料名> 水(深井戸水)
<栄養成分>* (500mL中の成分) ●ナトリウム:7.2mg ●カリウム:0.3mg ●カルシウム:3.0mg ●マグネシウム:1.2mg
<硬度> 25mg/L

* 食品環境検査協会分析

■ 参照キャップデータ ■
『安曇野の水』 (6角500mLペットボトル) の賞味期限: 「09.05.15」 賞味期限は24カ月 (未開栓)。製造所はゴールドパック株式会社 (長野県安曇野市堀金烏川)。キャップは、日本山村硝子社製 「TEN-キャップ」(ベントホール付き)** (ロット番号:c5-47)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:M/1)。製品製造ロット番号:「0434B」。プリフォーム [白]:7-7。

** これは、キャップ製造メーカー毎に呼称が異なる。日本山村硝子社では 「ベントホール」 とよばれているらしい。日本クラウンコルク (NCC) 社では 「洗浄スリット」 と呼ばれている。目的は、キャップをした際に、キャップと飲み口の間に溢れた液体(夾雑物)が詰まったままだと、カビなどの発生を誘発するため、製造時にキャップの上から滝のように水を掛け、サイフォンの原理で中の液体を排水 (ドレーン) するためのものである。

注1) 株式会社八社会 (ホームページ)
注2) ゴールドパック株式会社北アルプス安曇野の天然水

2007/06/23

電元社製作所の 「EZSPEC キャップ巻締め検査」 装置

前回ブログで紹介したキャップの巻き締め検査機には、キリンテクノシステム社製以外にもいろんなタイプが存在する。

キリンテクノシステム社の 「キャップ回転角度検査機」 は、キャップ部とサポートリング部のマークの 「相対角度」 を計測するものであった。今回紹介する電元社製作所の 「EZSPEC キャップ巻締め検査機」 は、サポートリングを基準面として、キャップ天面及びキャップ下部までの距離を計測するものである [注1]。なお、「EZSPEC」 とは、電元社製作所と丸紅ビジョンテクノセンター (MVTC) [注2]との共同で開発されたもので、飲料メーカー用ペット飲料生産ラインに特化したオールインタイプの画像検査装置である。「空ボトル天面検査」 「液面レベル検査」 「キャップ検査」 「異種キャップ検査」 「ラベル検査」 「異物検査」 「高速排出装置」 等の各種モジュールから構成されている。

当然、こうした検査機器には、今回取り上げたもの以外にも、各種用途のものが存在し、更に、様々なメーカーのものがある。このように、ペットボトル飲料一つにも、イノベーションの粋が傾注されていることに感謝したい。

ところで、「相対角度」 とか 「基準面からの距離」 はあくまで、検査時での話である。では、その基準値はどうなっているかと言うと、卓上型 「キャップトルク計 (cap/closure torque tester)」 [注3] と呼ばれる計器を用いて、事前に適正値を調べておくらしい。ここはマニュアル (手作業) である。

注1) 電元社製作所画像処理検査装置 ― EZSPEC (イージースペック) 製品紹介
注2) 丸紅ビジョンテクノセンター社  「ボトル外観検査システムEZSPEC (イージースペック) 総合カタログ
注3) Sure Torque Europe Ltd. 「ST-ECO manual desktop Torque Tester」 (卓上型 「キャップトルク計」 の一例)

2007/06/22

キリンテクノシステム社の 「キャップ回転角度検査機」

「粗ギザ」 タイプのペットボトルキャップのインジケータマークが、ネジ切り開始位置ではないことに最近気づいたことは、前々回のブログ 「『爽健美茶(R)』 のベースノート」 (2007年6月20日) で述べた通りである。そこで、コンビニを巡って、各社飲料のキャップのマーク位置を調べてみた。その結果、ペットボトル製造メーカーとプラスチックキャップの製造メーカーの組み合わせにより、キャップ本体のマークとボトル側のマークとの角度は、様々に変化することが判明した。すなわち、組み合わせにより、無数の角度が存在し得るということである。

では、「粗ギザ」 キャップでは、どのように締め付け具合を判断しているかと言うと、専用の製品検査機が存在していた。キリンテクノシステム社の 「キャップ回転角度検査機」 である。そのまんまな名称がいかにも検査機器然としていて、カッコイイ。

検査の方法は、「コンベア上を搬送されるボトルをカメラで撮影し、キャップ部とサポートリング部のそれぞれのマークを検出し、その相対角度から、巻き締め不良を検出」 (同社ホームページより引用 [注1]) するらしい。

なお、多少煩雑ではあるが、相対角度は目視だけでも計測可能である。「粗ギザ」 キャップのローレット数は60山であるので、「1山=6°」 となる。サポートリング部のマークの鉛直線上のローレットを起点として、キャップ部のマークまでの山の数を数えれば、正確な角度が導き出せる。これが最も簡便な方法である。同社ホームページに例として挙げられているキャップの場合、5山であるので、相対角度は30°である。ちなみに、この 『爽健美茶(R)』 のキャップは、1999年5月当時のキャップである。宇多田ヒカルの 「爽健美茶 Natural Breeze Concert」 キャンペーンの頃である。だとすると、「キャップ回転角度検査機」 は8年以上も前から存在していたことになる [注2]。驚きである。

注1) キリンテクノシステム社 「キャップ回転角度検査機
注2) 特開平11-108853 (1999年4月23日、株式会社キリンテクノシステム)

2007/06/21

違いが分かる 『ネスカフェ(R)』 のキャップ

近所のディスカウントショップで 『ネスカフェ(R)クリアテイスト(NESCAFE (R) CLEAR TASTE<低糖45%減>)』 (900mL) を購入した。当然、賞味期限を3カ月ばかり残した見切品である。うれしいことに、(a) 「角丸」 タイプと (b) 「粗ギザ」 タイプの両方のキャップが一緒に並んでいた。賞味期限も、わずか1週間違いである。と言うことは製造日もほぼ同じ時期と言うことになる。製造工場が異なるとキャップの種類も異なることが実証出来た希有な例である。新規キャップではなかったが、安かったので即購入した。通常、コンビニではこうした現象は起こらない。並べてあると、違いが分かりやすい。

キャップは、白地に灰色ベタ丸 + 白抜きで「NESCAFE」の商品ロゴである。ネスレ日本は、一貫して、キャップには、社名+商品の合成語のロゴを記している[注1]。コーヒーには「NESCAFE」、お茶には「NESTEA」である。非常に分かりやすい。

「ネスレ日本」は、以前、「ネッスル日本」と呼ばれていた。1977年に読み方をフランス語に戻した。

■ 商品表示データ ■
『ネスカフェ(R)クリアテイスト<低糖45%減>』 (4角型900mLペットボトル)
<名称> コーヒー飲料
<原材料名> コーヒー、砂糖
<栄養成分> (100mL当たり) ●熱量[カロリー]:20kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:4.7g ●ナトリウム:5-45mg ●糖質:3.8g*

* 通常品(7.5g/100mL)比:45%減

■ 参照キャップデータ ■
(a) 『ネスカフェ(R)クリアテイスト<低糖45%減>』 (4角型900mLペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「071001/SG」。キャップは、大和ノーベンバル社製ワンピースキャップ [角丸タイプ] (ロット番号:428)。ボトルは、大和製罐社製 (ロット番号:A/7/4L)。プリフォーム [透明]:A1-17。

(b) 『ネスカフェ(R)クリアテイスト<低糖45%減>』 (4角型900mLペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「071007/NS」。キャップは、NCC社製ワンピースキャップ [粗ギザタイプ] (ロット番号:N11-65)。ボトル (ロット番号:9)。プリフォーム [透明]:13/117。

注1) KUMA氏の運営する 『ペットボトルキャップコレクションの旅』 「日本のプラキャップ」 <ネスレ日本編> を参照のこと

2007/06/20

『爽健美茶(R)』 のベースノート

CCNBC社は、2007年6月18日(月)、(a) 『爽健美茶(R)ヴィーナスホワイト (Venus White)』 (500mL) を期間限定で発売した [注1]。これは、「ビューティープラスシリーズ」 の第2弾らしい。知らなかった。

通常のものと原材料を比較してみたところ、『爽健美茶(R)』 の必須構成要素が、<ハトムギ>、<玄米>、<プーアル茶>、<ビタミンC>であることが判った。TVCFで流れているコマーシャルソング 「♪ ハトムギ、玄米、プ~ア~ル。爽~健美茶」 の歌の通りである。なお、以前は 「♪ ハトムギ、玄米、月見草。爽~健美茶」 であったから、途中で、基本構成が変わったことになる。ちなみに、<ビタミンC>は保存料的な役割で使用されている。

上記以外の原材料は、(a) が、烏龍茶、ジャスミン茶、白茶、ローズレッド、キダチアロエ、ローズヒップ、柿の葉である。これに対し、従来からの (b) は、緑茶、大麦、どくだみ、はぶ茶、チコリー、キヌア、明日葉、オオムギ若葉であり、内容は大幅に異なる。しかしながら、味に思ったほどの違いは感じられない。やはり、「ハトムギ、玄米、プーアル」が味覚におけるベースノートを構成しているためである。これは、同様に、<ハトムギ><玄米>を原材料としているアサヒ飲料の (c) 『十六茶』 にも言えることであるが、<プーアル茶>が<大麦>に変わるだけで、味覚の印象は全く異なる。ブレンド茶は実に奧が深い。

私は、よく指先に 「魚の目」 が出来る。そのため、ハトムギ入りの 『爽健美茶』 を常飲していた時期があった。お茶の渋みや苦さがなく、なめらかな味覚が非常に気に入っていた。でも、「魚の目」 には結局効果はなかった。ただし、『爽健美茶(R)』 にそうした効能がある訳ではない。たとえあったとしても、薬事法で効能を謳うことは禁じられているため、敢えて書かれていない (のかも知れない)。従って、当初よりさほど期待していた訳でもないので、今でもときどき飲んでいる。

キャップは、当然のように、ペールグリーンの色ベタ + 「爽健美茶」 のロゴ + 登録商標 「(R)」 + 上下に 「→あける」 のレギュラーキャップである。

ところで、今まで、ギザギザ (ローレット) の短くなった個所 (インジケータ・マーク) は、ネジ切り開始位置であるとばかり思い込んでいた。ところが、「粗ギザ」 タイプに限って言えば、インジケータ・マークとネジ切り開始位置は一致していない。一致しないばかりか、かなり離れている。かと言って、ねじ切り終了位置でもない。さらに言えば、180度反対側でもない。この位置のズレは、キャップの製造メーカーによっても微妙に異なる。誠に迂闊であった。

■ 商品表示データ ■
(a) 『爽健美茶(R) Venus White』 (鼓型500mLフィットボトル(R))
<原材料名> 玄米、ハトムギ、烏龍茶、ジャスミン茶、白茶、プーアル茶、ローズレッド、キダチアロエ、ローズヒップ、柿の葉、ビタミンC

(b) 『爽健美茶(R)』 (鼓型500mLフィットボトル(R))
<原材料名> ハトムギ、玄米 (発芽玄米3%)、緑茶、大麦、プーアル茶、どくだみ、はぶ茶、チコリー、キヌア、明日葉、オオムギ若葉、ビタミンC

(c) アサヒ飲料 『十六茶』 (筒型490mLペットボトル)
<原材料名> ハトムギ、大麦、玄米、黒豆(大豆)、ハブ茶、びわの葉、ママチャヅル、桑の葉、昆布、霊芝、熊笹、柿の葉、ゴマ、ミカンの皮、杜仲茶、シソの葉、ビタミンC

■ 参照キャップデータ ■
(a) 『爽健美茶(R) Venus White』 (鼓型500mLフィットボトル(R)) の賞味期限+製造所固有記号: 「071117-MAS」。賞味期限は5カ月 (これは期間限定のためである)。キャップは、アルコア・クロージャー・システムズ社製ワンピースキャップ [粗ギザタイプ] (ロット番号:A8-21)。ボトルは、自社(CCNBC)成型 (ロット番号:M/3L)。製品製造ロット番号:「D0208E25 470609A」。プリフォーム [透明]:NT11014。

(b) 『爽健美茶(R)』 (鼓型500mLフィットボトル(R)) の賞味期限+製造所固有記号: 「080209-MAS」。キャップは、アルコア・クロージャー・システムズ社製ワンピースキャップ [粗ギザタイプ] (ロット番号:A2-36)。ボトルは、自社(CCNBC)成型 (ロット番号:M/16R)。製品製造ロット番号:「K1307D25 136845A」。プリフォーム [透明]:NT34006。

注1) 「『爽健美茶』 ビューティプラスシリーズ第2弾 -内側から輝く夏の美しさをサポート- 期間限定製品 『爽健美茶 ヴィーナスホワイト』 6月18日(月)から全国で新発売」 日本コカ・コーラ ニュースリリース (2007/06/13)

2007/06/19

伊藤園のレギュラーキャップは盤石

伊藤園は、先週来より新商品を立て続けに出している。ちなみに、伊藤園の新製品は決まって週明けの月曜日に投入される。覚えておくと便利である。

今回のラインナップは、以下の3点である。(a) 『FRUIT GREEN TEA ブルーベリー』 (新型500mLスリムボトル) [注1]、(b) 『ヒアルロン酸天然水』 (4角350mLスリムボトル) [注2]、(c) 『沖縄さんぴん茶』 (6角500mLペットボトル) [注3]。いずれも、キャップは、白地ベーズに緑色の四つ葉 + 黒色で「伊藤園」の社名ロゴ + 「賞味期限」 のメッセージ入りのレギュラーキャップである。更に、3点とも、製造工場が異なる(B30、A21、A50)にもかかわらず、キャップの製造メーカーは同一である。もはや、盤石と言っていいまでに、頑なにこのスタイルを貫いている。

ところで、伊藤園はどうして、ここまで商品ラインナップの拡大路線を推進するのだろうか。『沖縄さんぴん茶』 には、既に 『天然美香ジャスミン茶』 が存在するし、『FRUIT GREEN TEA ブルーベリー』 は、わずか0.1%の果汁と香料を加えただけの緑茶に過ぎない。『ヒアルロン酸天然水』 に至っては、思いつきとしか思えない。ヒアルロン酸の経口摂取の有効性も、そのADME (吸収・分布・代謝・排泄) に関するメカニズムも臨床的に確立されているとは言い難い [注4]。単に健康食品の扱いのため、何の規制も受けていないだけである。

昨今の機能性飲料には、医薬品と同様の成分が含有されるにもかかわらず、厳密な科学的根拠が求められていない。実は、『発掘!あるある大辞典』 程度の情報に依拠して商品化されているのではないかと思えることがしばしばある。仮にも、口に入るものに対して、飲料メーカーはより真摯な態度で臨むべきである。必要ならば、CRO (受託臨床試験機関) のような専門の会社に健康食品の臨床試験を依頼し、有効性と安全性をデータにより実証すべきである。

だたし、以前より当ブログで明言しているように、これはメーカーサイドの問題ではなく、無批判にそうした商品を消費する我々の問題である。

■ 商品表示データ ■
(a) 『FRUIT GREEN TEA ブルーベリー』 (新型6角500mLスリムボトル)
<品名> 清涼飲料水
<原材料名> 緑茶、ブルーベリー果汁、香料、ビタミンC
<栄養成分> (1本500mL当たり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:g ●ナトリウム:50mg ●糖類:0g

(b) 『ヒアルロン酸天然水』 (4角350mLスリムボトル)
<品名> 清涼飲料水
<原材料名> 水 (天然水)、香料、ヒアルロン酸
<栄養成分> (1本350mL当たり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:0mg ●ヒアルロン酸:30mg
<硬度> 63mg/L

(c) 『沖縄さんぴん茶』 (6角500mLペットボトル)
<品名> ジャスミン茶 (清涼飲料水)
<原材料名> ジャスミン茶、ビタミンC
<栄養成分> (1本500mL当たり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:38mg

■ 参照キャップデータ ■
(a) 『FRUIT GREEN TEAブルーベリー』 (新型500mLスリムボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「080224/B30」。賞味期限は9カ月(未開栓)。キャップは、ワンピースキャップ [ノーマルタイプ] (洗浄スリット付き) (ロット番号:H41-65)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:F/14)。プリフォーム[白] (ロット番号:17-19)。

(b) 『ヒアルロン酸天然水』 (4角350mLスリムボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「080226/A21」。賞味期限は9カ月(未開栓)。キャップは、ワンピースキャップ [ノーマルタイプ] (洗浄スリット付き) (ロット番号:H49-40)。ボトルは、吉野工業所製 (ロット番号:14/35)。プリフォーム[白] (ロット番号:H1135)。

(c) 『沖縄さんぴん茶』 (6角500mLペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「080306/A50」。賞味期限は9カ月(未開栓)。キャップは、ワンピースキャップ [ノーマルタイプ] (洗浄スリット付き) (ロット番号:H46-56)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:P/31)。プリフォーム[白] (ロット番号:9-69)。

注1) 「“ブルーベリー”が爽やかに香る、すっきりとした味わいの緑茶 『FRUIT GREEN TEA (フルーツグリーンティー) ブルーベリー』 6月11日(月)より発売開始 (夏季限定)」 伊藤園ニュースリリース (2007/06/07)

注2) 「国産天然水に、注目の“ヒアルロン酸”を30mgを加えたノンシュガー、ノンカロリー飲料 『ヒアルロン酸天然水』 6月18日(月)より発売開始」 伊藤園ニュースリリース (2007/06/14)

注3) 「緑茶のさっぱりとした味わいにこだわって仕上げた沖縄で親しまれ続けるジャスミン茶 『沖縄さんぴん茶』 6月18日(月)より発売開始」 伊藤園ニュースリリース (2007/06/14)

注4) 食品安全委員会 「『ヒアロモイスチャーS』 に係る食品健康影響評価に関する審議結果(案)」 (平成15年10月29)*

* よくヒアルロン酸の有効性の典拠とされる文献は、キユーピー株式会社が、自社の鶏冠由来のヒアルロン酸を含むカプセル入りサプリメントについて、食品安全委員会に対して提出した文献に依拠したものが多い。だが、食品安全委員会の評価は、単に安全性について検討しているだけである。決して、有効性についてお墨付きを与えたものではない。本文中でも 「本調査会では、本食品の有効性に係る試験等については評価していない」 と明示している。従って、有効性のエビデンスとしては余りにデータが不十分である。

2007/06/18

『伊右衛門』 レギュラーキャップの差異

サントリーフーズ社 『伊右衛門』 のキャップは、「SUNTORY」 の社名ロゴ+上部に 「←あける」 のレギュラーキャップであるが、これが日ごとに変化する。最も一般的な500mL竹筒型ペットボトルだけに限定しても、外見上 (a) 「ノーマル」 タイプと (b) 「粗ギザ」 タイプが存在する。また、各々のタイプには、キャップの製造業者により、更に以下のように細分化される。なお、これは関東圏のコンビニにて確認可能な範囲内に限定したものである。

(a) 「ノーマル」タイプ:
 (a-1) 大和ノーベンバル社製ワンピースキャップ
(b) 「粗ギザ」タイプ:
 (b-1) アルコア社製ワンピースキャップ
 (b-2) NCC社  日本山村硝子社製ワンピースキャップ
 (b-3) メーカーメー不詳のワンピースキャップ

キャップの違いは製造工場の違いでもある。このことは、『伊右衛門』 の販売量が多いことの証でもある。一般的に、メーカーは、可能な限りオンデマンドでの製造体制を維持し、生産調整をはかりたい筈である。倉庫料を考慮した場合、製造直出荷が理想であろう。また、キャップやボトルの部材も仕入れ先メーカーを分散することにより、安定的供給を可能としている。メーカーは常に、こうしたリスクヘッジを行っている。従って、売れ筋商品には、転用の効くレギュラーキャップが使用されることとなる。

さて、 『伊右衛門』 で今回初めて確認された (b-3) のキャップであるが、キャップデザインは、天面部中心に小さな射出成型時の孔が存在するため、 「SUNTORY」 のロゴが中心より下方にずらされている [図柄については注1を参照]。これは、サントリーフーズ社デザイン部の伝統的な配慮である。なお、決定的な違いは、ブリッジ部の構造にある。通常のキャップでは、ブリッジ部はスリットで形成されるが、この 「粗ギザ」 タイプのキャップでは、大和ノーベンバル社製の 「角丸」 タイプのキャップのように、射出成型時に一括して造り込まれるタイプとなっている。ブリッジの構造は2連で8カ所存在し、タンパーエビデンス機構は、「プレート」で8枚である。このキャップは、「粗ギザ」 タイプであるにもかかわらず、天面部はざらざらしたマット仕上げでなく、つるつるの光沢仕上げになっているのが特徴である。

■ 商品表示データ ■
『伊右衛門』 (竹筒型500mLペットボトル)
<品名> 緑茶 (清涼飲料水)
<原材料名> 緑茶、ビタミンC

■ 参照キャップデータ ■
(a-1) 『伊右衛門』 (竹筒型500mLペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「071105/WZ」。賞味期限は8カ月(未開栓)。キャップは、大和ノーベンバル社製ワンピースキャップ [ノーマルタイプ] (洗浄スリットなし) (ロット番号:135)。ボトル (ロット番号:B/13/3L)。

(b-1) 『伊右衛門』 (竹筒型500mLペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「080125/T」。賞味期限は8カ月(未開栓)。キャップは、アルコア・クロージャー・システム社製ワンピースキャップ [粗ギザタイプ] (ロット番号:A3-58)。ボトルは自社成形 (ロット番号:SUNTORY/13)。

(b-2) 『伊右衛門』 (竹筒型500mLペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「080115/TA*」。賞味期限は8カ月(未開栓)。キャップは、NCC社製 「28NCフラップ」 日本山村硝子社製 ワンピースキャップ [粗ギザタイプ] (ロット番号:NY-117)。ボトル (ロット番号:S-TA/32)。プリフォーム (ロット番号:D32-35)。L071C

* 2009/02/22、読者よりのご指摘により訂正。

(b-3) 『伊右衛門』 (竹筒型500mLペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「080116WK07」。賞味期限は8カ月(未開栓)。キャップは、メーカー不明のワンピースキャップ [粗ギザタイプ] (ロット番号:244)。ボトル (ロット番号:WK/17)。プリフォーム (ロット番号:9-45)。

* TAは、サントリー食品工業 「多摩川工場」 を示すものと思われる。

注1) KUMA氏の運営する 『ペットボトルキャップコレクションの旅』 「日本のプラキャップ」 <サントリー編> の中のキャップ<「伊右衛門-03(350ml)」>を参照のこと

2007/06/17

『ハンディーロックアイス』 のキャップ

梅雨入りしたと思ったら、いきなり 「梅雨の中休み」 に突入ということで、連日熱い。こんな時は、むかしから 『ハンディーロックアイス』 を愛用している (セブンイレブンで購入)。溶け始めの氷の塊をガリガリやると涼が取れたような気分でいられる。ちなみに、『ロックアイス』 と 『ハンディーロックアイス』 は、小久保製氷冷蔵 (千葉県八千代市) の登録商標であり、国内33%のシェアを持つ。(a) 『ハンディーロックアイス』 のキャップは、通常の28mm径の清涼飲料水のキャップとは異なり、30mm径である。これは、中に詰められたクラッシュアイスを取り出しやすくしている、と言う訳でもなさそうである。実際には取り出し難い。

キャップは、無地の半透明ポリエチレン (PE) 製で、一見すると 『六甲のおいしい水』 に使用されている 「ユニロック」 のように見えるが、それとは異なる。TEバンド部は、ラチェット式ではなく、8個所存在するブリッジ部のうち2個所 (180度の位置) に、小さな凸状突起が存在する。キャップ側には、これに対応する凹状にカットされた部分がある。また、エビデンス機構が、「ユニロック」 のように 「フィン」 ではなく 「プレート」 であり、これが6枚付いている。何よりも決定的な違いは、ネジ山にある。通常のキャップは、途中がたとえ途切れていたとしても、ネジは1.5~2周 (540度~720度) まで、1本の連続螺旋構造として切られている。ところが、今回のキャップには、スカート部のギザギザ (ローレット) 下部3個所 (120度毎) にインジケータ・マークが存在することでも分かる通り、ネジ山は三つ巴の形で3系統存在する。従って、3系統の異なるネジで締め付けるタイプのキャップと言える。

これに似た構造のキャップには、明治乳業 (b) 『明治プロビオ(R)ヨーグルトLG21ドリンクタイプ』 (120mLボトル) が存在する。こちらのキャップも天面部とスカート部の境界線上にドットホールが3個所存在し、ねじ切り開始位置を外観から確認出来るようになっている。どうやら、丈の短いキャップに共通して用いられるメカニズムのようである。

ちなみに 『明治プロビオ(R)ヨーグルトLG21ドリンクタイプ』 (120mLボトル) のキャップデザインは、白地キャップに赤色で 「MEIJI」 の社名ロゴのレギュラーキャップである [注1参照]。一般的に、ビール会社由来の飲料水メーカー以外で、社名ロゴが入る場合、白地に赤が多い気がする。

■ 商品表示データ ■
(b) 『明治プロビオ(R)ヨーグルトLG21ドリンクタイプ』 (120mLボトル)
<種類別名称> はっ酵乳 (無脂乳固形分8.0%)
<原材料名> 乳製品、ぶどう糖果糖液糖、砂糖、安定剤 (ペクチン)、香料、茶抽出物
<栄養成分> (1本120mL当たり) ●エネルギー:84kcal ●たん白質:3.9g ●脂質:0.71g ●炭水化物:15.5g ●ナトリウム:62mg ●カルシウム:137mg

■ 参照キャップデータ ■
(a) 『ハンディーロックアイス』 (270g) は、清涼飲料水ではないため、賞味期限+製造所固有記号の表記は存在しない。キャップは、φ30mm径ポリエチレン(PE)製半透明ワンピースキャップ (ロット番号:9-2)。ボトル (ロット番号:D12-13)。
(b) 『明治プロビオ(R)ヨーグルトLG21ドリンクタイプ』 (120mLボトル) の賞味期限+製造所固有記号は「0706287/PC」。キャップは、φ25mm径ポリエチレン(PE)製ワンピースキャップ (ロット番号:90)。ボトル (ロット番号:<本体>6、<プリフォーム>4F)。

注1) KUMA氏の運営する 『ペットボトルキャップコレクションの旅  』 「日本のプラキャップ」 <明治[乳業]編> の中のキャップ<「明治乳業(株)LG21-03」>を参照のこと

2007/06/16

ディスカウントショップはペットボトルキャップのタイムカプセル

平日は、コンビニエンスストアにしか行けない。コンビニでは、POSシステムでの商品管理が徹底されているため、売れ筋商品しか扱っていない。商品の入れ替わりが非常に早い。そのため、入手出来るキャップの種類が限られてしまう。また、忙しい時期には、入手タイミングを逸してしまうこともある。そんな私のために存在する店がある。

おかしの量販店 (ディスカウントショップ) である。ここでは、時々、ペットボトル飲料で賞味期限残り4カ月程度の商品を見切品として、50%オフ程度の価格で販売している。

今回入手したものは、2006年9月25日に、DyDo (ダイドードリンコ) 社が発売を開始した(a) 『simply design coffee [cafe-au-lait]』 の初期バージョンのものであった [注1]。キャップは、現在販売されている 「粗ギザ」 タイプのものではなく、大和ノーベンバル社製の 「角丸」 タイプである。現物を見ると、やはりキャップの射出成形用の孔が目立つ (詳しくは、過去のブロク 「DyDo 『simply design』 マイナーチェンジで再登場」 を参照)。

ちなみに、マイナーチェンジされたバージョン (b) は、2007年3月26日に全国一斉販売されたものである [注2]。

今回入手したボトルの賞味期限表示は「070904」であった。『simply design coffee [cafe-au-lait]』 の賞味期限は8カ月であるので、今回入手したものは、2007年1月頃製造されたことになる。これは、同商品がリニューアルされる2カ月前である。と言うことは、「角丸」 タイプのキャップの商品は、リニューアル直前まで製造されていたが、コンビニの店頭には並んでいなかったことになる。入手出来なかった訳である。

この手のキャップは、時として、異なる流通経路を通って、時空を超えて出現することがある。

今回の初期バージョンボトル入手で新たに判明した事実がある。マイナーチェンジは、キャップとパーケージだけではなかった。マイナーチェンジバージョンの原材料からは、脱脂粉乳が除外されている。恐らく、その分牛乳とカゼインを増量したものと考えられる。

脱脂粉乳と言えば、我々の世代では、真っ先に学校給食を思い出す。しかしながら、もはや味を思い出すことはない。第二次世界大戦後、米国は小麦の過剰生産に陥っていた。米国政府は、これらの過剰小麦を 「食料援助」 の名目の下、日本などの敗戦国に有償援助として振り向けた。そのための法律が、PL-480 (公法480号、農業貿易促進援助法、1954年) である。この法律は、過剰小麦の販売代金を 「被援助国内にプールし、その一部を軍事物資の現地調達に転用する」 という内容のものであった。米国にとっては一石二鳥の世界戦略であった。コッペパンと脱脂粉乳が、セットで学校給食に導入されたのは、こうした政治的背景からである。今日、高齢者の朝食が、ご飯やみそ汁でなく、主にパン食である理由もここにある。今日の食生活の基本的なスタイルは、まさに戦後の学校給食にこそあったといえる。(*注:脱脂粉乳は、栄養価も高く、低脂肪であるため、非常にヘルシーな食品である。現在でも、スキムミルクとして販売されている)。

■ 商品表示データ ■
(a) 『simply design coffee [cafe-au-lait]』  (4角ボトル500mL、2006年9月25日バージョン)
<原材料名> 牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、乳化剤、安定剤 (カラギナン)、カゼインNa
(b) 『simply design coffee [cafe-au-lait]』  (4角ボトル500mL、2007年3月26日バージョン)
<原材料名> 牛乳、砂糖、コーヒー、乳化剤、カゼインNa、安定剤 (カラギナン)

■ 参照キャップデータ ■
(a) 『simply design coffee [cafe-au-lait]』  (4角ボトル500mL、2006年9月25日バージョン) の賞味期限+製造所固有記号: 「070904/D05」。賞味期限は8カ月(未開栓)。キャップは、大和ノーベンバル社製ワンピースキャップ [角丸タイプ] (ロット番号:226)。ボトルは、大和製罐社製 (ロット番号:B/10/4L)。
(b) 『simply design coffee [cafe-au-lait]』  (4角ボトル500mL、2007年3月26日バージョン) の賞味期限+製造所固有記号: 「071202/D01B」。賞味期限は8カ月(未開栓)。キャップは、日本クラウンコルク社製ワンピースキャップ [粗ギザタイプ] (ロット番号:N16-32)。ボトルは、北海製罐社製 (ロット番号:39)。

注1) DyDo社 ニュースリリース No.433 (2007年3月8日)
注2) DyDo社 ニュースリリース No.397 (2006年9月6日)

2007/06/15

リボンちゃんとの再会

ファミリーマートでは、2007年6月5日(火)~6月25日(月)までの期間、財政破綻を来した夕張市の再建支援の一環として、(a) 『リボンシトロン アクアクリア』 (500mL) と(b) 『リボンナポリン アクアクリア』 (500mL) の販売を行っている (店頭にて確認)。これは、サッポロ飲料が現在、北海道地域で限定販売している商品である。

ラベルの中では、昔懐かしい 「リボンちゃん」 が微笑んでいる [注1]。「リボンシトロン」 の歴史は長く、サッポロ飲料のホームページによれば、同社の前身である大日本麦酒が1909 (明治42) 年に柑橘系清涼飲料水 「シトロン」 の販売を開始し、1915 (大正4) 年には、既に現在の 「リボンシトロン」 の名称になっていたという [注2]。ラベルにも、(a) 「SAPPORO RIBON CITRON Since 1909」、(b) 「SAPPORO RIBON NAPOLIN Since 1911」 と明確に表示されている。

リボンちゃんの誕生は、1957 (昭和32) 年12月で、それ以降、昭和30年代には 「リボンちゃーん、リボンジュースよ」 「なぁにー?」 で有名なコマーシャルがテレビから流れていた。従って、リボンちゃんは、我々の世代にとっては、永遠のアイドルキャラクターである。今では、 「リボンちゃん」 のスペシャルサイトも存在し、懐かしいTVCFを観ることもできる[注3]。

商品名に 「アクアクリア」 と付くのは、「純水仕立て」 であるためである。近年、炭酸飲料をはじめとする清涼飲料水に、純水 (逆浸透膜浄水) が多く使用されて来ている。その主な理由は、(1) 1999年の食品衛生法の一部改正に基づく清涼飲料水における 「原水の基準」 の強化、(2) 品質の均一化と原材料の味・風味の維持である。「純水」 と聞くと、大仰な感じを受けるが、濾過原理は江戸時代の家庭用水瓶と大差はない。純水処理プロセスは概ね以下の通りである。

井戸水・水道水 → 消毒剤としてNaClO (次亜塩素酸ナトリウム) を注入 → [原水槽] → 凝集剤としてポリ塩化アルミニウム (PAC) を注入 → 凝集濾過 [塔] → 凝集処理 [水槽] → 前段活性炭 [塔] → イオン交換 [塔] → NaClO注入 → 純水 [貯槽] → 後段活性炭 [塔] → 紫外線 (UV) 殺菌 [塔] → 生産用水 (純水)。(*注 [ ] 内は、プラント設備を示す)

工場見学に行くと、係りの人が 「私達は、先ず水を磨くところから始めています」 と訳の分からないことを言い出すのは、このためである。

キャップは、白地ベースに濃い灰色で 「SAPPORO」 の社名ロゴ+下段にイタリックで小さく 「Drink it, Taste it and Satisfy your thirst」 のメッセージが入っている [注4]。サッポロ飲料では最近、社名ロゴ+メッセージのこの組合せのキャップを各種使用している。一見して区別が付かない。ところで、英文メッセージには何が書かれているかというと 「飲みたまえ、味わいたまえ、しかる後、汝の渇きは癒されん(超訳)」 と宣っているのだ。おお、何という神々しい御託宣であることか。民よ、大いに飲み、喉の渇きを癒そうぞ! ビールもよろしく、ということなのか。

■ 商品表示データ ■
(a) 『リボンシトロン アクアクリア』 (5脚ボトル500mL)
<原材料名> 糖類 (果糖ぶどう糖液糖)、香料、酸味料、酸化防止剤(ビタミンC)
(b) 『リボンナポリン アクアクリア』 (5脚ボトル500mL)
<原材料名> 糖類 (果糖ぶどう糖液糖)、コチニール色素、酸味料、香料

■ 参照キャップデータ ■
(a) 『リボンシトロン アクアクリア』 (5脚ボトル500mL) の賞味期限+製造所固有記号: 「071118/ISB」。賞味期限は約6カ月(未開栓)。キャップは、恐らくNCC社製 「フィンロック」 ライナー付き2ピースキャップ [ノーマルタイプ] (ロット番号:<本体>36-50、<ライナー>9-37)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:P8)。
(b) 『リボンナポリン アクアクリア』 (5脚ボトル500mL) の賞味期限+製造所固有記号: 「071110/ISB」。賞味期限は約6カ月(未開栓)。キャップは、恐らくNCC社製 「フィンロック」 ライナー付き2ピースキャップ [ノーマルタイプ] (ロット番号:<本体>36-35、<ライナー>9-44)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:P10)。

注1) サッポロ飲料 『アクアクリア
注2) 「リボンヒストリー
注3) 「リボンちゃんスペシャルサイト
注4) KUMA氏の運営する 『ペットボトルキャップコレクションの旅』 「日本のプラキャップ」 <サッポロ編> の中のキャップ< 「リボン・ナポリン-01」 >を参照のこと

2007/06/14

ポッカコーポレーションの 『ポッカ350PETキレートレモン』 はレギュラーキャップ

ポッカコーポレーションは、2007年6月11日(月)、『ポッカ350PET キレートレモン』 (350mLスリムボトル) を発売した (6月13日、セブンイレブン店頭にて確認) [注1]。これまで、140mL入りの 『ポッカ140瓶キレートレモン』 や300mL入り 『ポッカ900PETキレートレモン』 として販売されていた 『キレートレモン』 シリーズの350mLスリムボトル版である。 この商品シリーズでは、ビン入りには炭酸ガスが入っているが、PETボトルには入っていない等、容器の種類や容量により、レモン果汁の含有割合が異なる。さらに、カートン入り (紙パック) などもあり、非常に選択肢の広いラインナップになっている (どれとして、中身は同じではない)。

ところで、「キレート」 が何を表すのか今まで不思議であったが、今回調べたところ、「有機系アミノカルボン酸塩」 の総称であることが判明した。レモンに最も多く含有される 「クエン酸」 (レモン1個に1500~4000mg) は、この 「カルボン酸塩」 の一つである。では何故、クエン酸なのかというと、一般に 「クエン酸回路 (TCAサイクル)」 と呼ばれる生体メカニズムにより、摂取され分解された糖や脂肪酸が、効率的良くエネルギーとして転換されて行く過程において必要らしい (詳しくは、『ウィキペディア (Wikipedia)』 を参照のこと)。

最近、清涼飲料水業界は、こぞって350mLスリムボトルを次々に投入して来ている。主に、果汁入り飲料に使用されているが、内容量350mLに対して、値段はほぼ500mLのものと同じ設定であることから、現時点では若干の割高感がある。実際には、他の商品よりも、原材料の点でコストが掛かっているにもかかわらずである。

小型ペットボトルが市場に出回るまで、自販機では350mLスチール缶もしくはアルミ缶が販売されていた。つい10年程前のことなのに、既に忘れている。今でも、一緒にアルミ缶も販売されているが、主流はやはり500mLペットボトルである。いつの間にか、500mLを飲み切りサイズと思い込むようになっていた (個人的感想)。今回、350mLスリムボトルが出たことで、ちょうど手頃な量であることを再認識した。今まで、このサイズが存在しなかったことが不思議である。ちなみに、スリムボトルには、4角のものと6角のものが存在する。

ここまで書いて来て気づいたことがある。350mLボトルって存在するよねって。背の低いボトルが350mLである。トリックにまんまと嵌ってしまった。同じ内容量なのに、なぜ背の低い従来のボトルを使用しないのか、早く気づくべきであった。明確な意図が存在したのだ。恐るべし、清涼飲料水業界!

キャップは、白地に赤で、ポッカコーポレーションの 「P」 のマーク + 「POKKA」 の社名ロゴの入ったレギュラーキャップである。6角スリムボトル350mLペットボトルとアルコア社製の 「PS-Lok」 のコンビネーションは、定番なのだろうか。前日のブログで紹介した 『Lipton Orange Mint Tea』 も同じ組合せであった。

■ 商品表示データ ■
『ポッカ350PET キレートレモン』 (6角スリムボトル350mLペットボトル)
<品名> 10%レモン果汁入り飲料
<原材料名> レモン、砂糖、レモン果皮エキス、香料、ビタミンC、紅花色素
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:26kcal ●たん白質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:6.7g ●ナトリウム:5mg ●ビタミンC:23mg ●レモン由来のクエン酸:571mg [1本当たり2000mg]

■ 参照キャップデータ ■
『ポッカ350PET キレートレモン』 (6角スリムボトル350mLペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「080216/S023」。賞味期限は9カ月(未開栓)。キャップは、アルコア・クロージャー・システムズ社製 「PS-Lok」 ワンピースキャップ (洗浄スリット入り) [ノーマルタイプ] (ロット番号:V8-06)。ボトルは、吉野工業所製 (ロット番号:14/H75*)。製品製造ロット番号:「2138」

* ボトルの底にある表示 「H75」 は、プリフォームの製造ロット番号と思われる。スリムボトルには、プレフィックスとして数字の手前に「H」が付く。

注1) 「レモンのすっぱさしみこむジューシーな味わいの健康飲料 『350PETキレートレモン』 6月11日(月)全国で新発売」 ポッカコーポレーション ニュースリリース (2007/05/30)

2007/06/13

『Lipton Orange Mint Tea』 に学ぶオレンジミントティーの作り方

サントリーフーズ社は、2007年6月12日(火)、『Lipton Orange Mint Tea (リプトン オレンジミントティー)』 (350mL) を発売した [注1]。

飲んでみると、ほのかにミントが香って、美味しい (本当に美味しい)。驚くべきは、 「果汁0.1%」 であることである (果汁1%ではない)。最近よく見掛ける350mL入りボトルは、「スリムペット」 と呼ばれるらしいが、この中にわずか0.35~0.69mL (全容量の1/1000~1/501) 程度の果汁を入れるだけで、ここまで美味しく仕上げられることに驚いている。これは、究極のイノベーションの成果である。

また、パッケージには、カットされたオレンジとミントの葉の写真が使用されている。これも、購買意欲をかき立てられる仕掛けである。別に珍しいキャップでもないのに、つい買ってしまった。ただ、オレンジの切り口が、折角、イタリア産ブラッドオレンジを使用しているのに、赤く見えないのは残念である。

一般に、果汁飲料においては、果汁100%以外の商品に果実の 「切り口」 や 「滴り落ちる果汁」 を表現してはならないことになっている。このことは、フジテレビ (CX) 系列で放送された 『トリビアの泉』 [注2] により、今では誰もが知るところであるが、「紅茶飲料」 においては、「果実飲料等の表示に関する公正競争規約」 第2条の例外規定 [注3] により、使用が可能となっている。テレビを信じてはいけないことの格好の事例である。

オレンジミントティーの作り方は意外と簡単である。ネット上で紹介されていた方法の一つ [注4] を以下に示す。<材料>(1リットル分) 水(カップ2)、紅茶のティーバッグ(2個)、摘み立てミント(大さじ3)、砂糖(大さじ2)、オレンジジュース(カップ4)、レモン絞り汁(大さじ2)。<作り方> 大きなソースパンに水を入れ、沸騰させる。火から下ろす。ティーバッグとミントを入れ、砂糖を加える。10分間蒸らす。ティーバッグを引き上げる。大きめのピチャーに移す。オレンジジュースとレモンの絞り汁を入れて、よくかき混ぜる。以上である。

これは、アメリカ南部風なので、オレンジジュースが、紅茶の量の4倍も入っている。果汁80%となるが、これはいくら何でも入れ過ぎである。『リプトン オレンジミントティー』 で使用されている 「香料」 と 「酸味料」 が入手できればベストなのだが、やはり素人には、あの味の再現は無理のようである。

キャップは、白地に赤の 「Lipton」 の社名ロゴである。今回使用されているキャップは、アルコア・クロージャー・システムズ社製の 「PS-Lok」 である。スカート部に一カ所短い切れ込みが存在するが、これはインジケーター・マークと呼ばれるもので、ネジの切り始め位置を示している。なお、ボトル本体の飲み口にも、ネジの切り始めを示すマークが存在するが、ペットボトル製造メーカーごとに形状は異なる。

■ 商品表示データ ■
『リプトン オレンジミントティー』 (スリムボトル350mLペットボトル)
<原材料名> 砂糖、紅茶、ブラッドオレンジ、香料、ビタミンC、酸味料、甘味料(アセスルファムK)
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:26kcal ●たん白質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:6.4g ●ナトリウム:12mg

■ 参照キャップデータ ■
『リプトン オレンジミントティー』 (スリムボトル350mLペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「071212/NN70*」。賞味期限は約6カ月(未開栓)。キャップは、アルコア・クロージャー・システムズ社製 「PS-Lok」 ワンピースキャップ (洗浄スリット入り) [ノーマルタイプ] (ロット番号:V9-46)。ボトルは、吉野工業所製 (ロット番号:20/H133)。製品製造ロット番号:「L001F」

*TEバンド部の賞味期限+製造所固有記号が指で擦ると簡単に消えるため、改善の余地あり。

注1) 「 『リプトン オレンジミントティー』 新発売 ― プレミアム紅茶葉とオレンジ&ミントの爽やかな紅茶が新登場 ―」 サントリーフーズ ニュースリリース No.9805 (2007/05/22)
注2) トリビアNo.073 「ラベルに果物の切り口が描かれているのは果汁100%のジュースだけである」
注3) 「果実飲料等の表示に関する公正競争規約」 (PDF) (社)全国公正取引協議会連合会 ホームページより
注4) About.com 「Southern U.S. Cuisine (アメリカ南部風料理レシピ集)」 より

2007/06/12

ハウス食品の輸入ミネラルウォーター 『TY NANT』

ハウス食品は、2007年6月11日(月)、関東地区のコンビニ限定で、(a) 『TY NANT(ティナント)』 500mL を発売した [注1]。氷柱をイメージしたボトルシェイプが特徴的である。ニュースリリースによれば、このデザインは、世界的に高名なインダストリアル・デザイナーであるロス・ラブグローブ氏のものであり、以前より高い評価を得ていたものらしい。水の入った状態で氷柱のように見える。

何かに似ていると思ったら、サントリーフーズ社の 『南アルプス天然水500mL』 のボトル下半分のシェイプにそっくりである。もちろん、『ティナント』 の方が先なので、『南アルプス天然水500mL』 の方がインスパイアーされたものである。ただし、ミネラルウォーターのペットボトルのデザイン要素といえば、「流水 (波形)」、「山 (やまなみ)」、「氷 (雪解け水)」、「シズル感 (水滴)」、「泉」 程度しかないので、この組合せに集約されることはやむを得ない。なお、この商品はこれまでにも、別の輸入業者を含め、何度も日本で販売されている。

キャップは、残念ながら青地の無地キャップである。無地であることは、海外のミネラルウォーターに共通する特徴の一つと言える。なお、このキャップは、2007年5月22日付けのブログ(2種類の 『nerea』 キャップ)で紹介したキャップと同一金型から成型されたものである(色違い)。キャップのロット番号は「18b」であるが、ひょっとしたら、この末尾の「b」はブルーを表している可能性がある。なお、製造業者であるTyNant Spring Water社[注2]のウェブ上に示されているラベルとキャップとを比較すると、色が異なる。オリジナル版は、ラベルが透明で、キャップは銀色に近い灰色である。恐らく、氷柱のイメージを追求した結果であろう。と言うことは、この青色キャップは、日本向け輸出仕様なのだろうか。この疑問も、輸入ミネラルウォーターに共通する特徴の一つである。

ハウス食品と言えば、何と言っても (b) 『六甲のおいしい水』 である。1983年、日本初の家庭用ミネラルウォーターとして発売された。従って、当時としては画期的な商品であった。ちなみに、私は、販売されてからしばらくの間、購入した覚えがない。

『六甲のおいしい水』 のキャップは、おなじみのポリプロピレン(PP)製の半透明キャップである。これは、日本クラウンコルク社製の『ユニロック』と呼ばれる種類のキャップである。このキャップは直径が27mmであり、一般に使用されている直径28mmのものとは規格が異なる。ラチェット式テンパーエビデンス機構を持つキャップであり、28mm径のキャップが一般的になる前に開発されたものと思われる。現在でも、1.5~2リットルに使用されている。いわゆる、「ヘソつき」キャップである。

■ 商品表示データ ■
(a) 『ティナント』 (氷柱型シェイプ500mLペットボトル)
<原材料名> 水(鉱水)
<採水地> ケラディジオン スラノン(イギリス)
<輸入者> ハウス食品株式会社
<栄養成分*> (100mL当たり) ●エネルギー:0kcal ●たん白質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:2.20mg ●マグネシウム:1.15mg ●カルシウム:2.25mg ●カリウム:0.10mg
<硬度> 104mg/1000mL(軟水)、<pH値> 6.8

(b)『六甲のおいしい水』 (4角500mLペットボトル)
<原材料名> 水(鉱水)
<採水地> 神戸市灘区
<製造者> ハウス食品株式会社
<栄養成分*> (100mL当たり) ●エネルギー:0kcal ●たん白質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:1.69mg ●マグネシウム:0.52mg ●カルシウム:2.51mg ●カリウム:0.03mg
<硬度> 84mg/1000mL(軟水)、<pH値> 7.4

*自社実施の分析結果のため、少数点第2位までを有効としている。

■ 参照キャップデータ ■
(a) 『ティナント』 (氷柱シェイプ500mLペットボトル) の賞味期限+ロット番号: 「2008.12.14/L348060405」。賞味期限は約24カ月(未開栓)。キャップ*は、裏に 「dap」 の刻印のあるワンピースキャップ (ロット番号:18b)。ボトル (ロット番号:4)。

(b) 『六甲のおいしい水』 (4角500mLペットボトル) の賞味期限: 「2009. 5. 2-R]。賞味期限は約24カ月(未開栓)。製造所固有記号: 「YK」**。キャップは、日本クラウンコルク社製『ユニロック』ワンピースキャップ(ロット番号:2-14)。ボトルは、500mLは東洋製罐社製 (ロット番号:O-27)。

**これは 「六甲工場」 (兵庫県神戸市西区井吹台東町) を示す。同社ホームページの 「工場の特徴」 によれば、同工場は、2004年10月28日に 「六甲のおいしい水」 2リットル専用工場として操業を開始している。敷地面積約20,000平方メートル [テニスコート40面分] を有するロケーションは、採水地である六甲山系に位置し、原水を直接採水し、「フレッシュ無菌パック製法」 を実現している。また、同工場では、2リットルのペットボトルも自社成型で生産することで、環境への配慮を行っている。

注1) 「ハウス 『500ml ティナント』 6月11日から関東地区のコンビニエンスストアで新発売」 ハウス食品 ニュースリリース (2007/06/05)
注2) TyNant Spring Water社ホームページ 及び 「Products」 紹介ページ

2007/06/11

PEPSI 『ICE CUCUMBER』 はレギュラーキャップ

サントリーフーズ社は、2007年6月12日(火)、ペプシ 『ICE CUCUMBER (アイスキューカンバー)』 を発売した (期間限定) [注1]。コーラとキュウリのコンビネーションを謳っているが、恐らく開発者は、本物のキュウリを食べたことがないのだろう。私は、アメリカ産のキューカンバーは食したことはないが、少年の頃、もぎたてのキュウリをおやつ代わりによく囓っていた。時には砂糖を振りかけて食べたこともある。今から思えば、非常に贅沢なおやつであった。従って、この商品は断じて 「胡瓜」 ではない。ましてや、キュウリ風味ですらない。味の曖昧なメロンソーダである。人工着色料で緑色に着色し、奇を衒ったネーミングを行っただけの甘い液体に過ぎない。

キューカンバーフレーバーなどと言わなければ、変わった味のドリンクで通用した気がする。2年前の2004年5月に出した 『ペプシブルー』 [注2] の続編として 『ペプシグリーン』 とう名称でも良かったのではないだろうか。しかしながら、発売のタイミングが悪すぎる。着色料 (青色1号、黄色4号) を使用した緑色のドリンクとしては、今年 『マウンテンデュー』 を復活させたばかりである。

キャップは、白地ベースに 「赤+白+青」 のレギュラーキャップである。レギュラーキャップと書いてしまったが、現在、コンビニの棚で、このキャップを見掛けることはない。500mLボトルは 『PEPSI NEX』 が、「赤キャップ」 「白キャップ」 「グレーキャップ」 「白キャップ」 の並びで、孤軍奮闘しているのみである。レギュラーキャップを見るには、少し大きめのスーパーマーケットで、1.5Lボトルを探さなければならない。

実は、『ペプシコーラ』 にも、ブルーラベルの500mLボトルが存在する。さらに、シルバーラベルの 『ダイエットペプシ』 500mLボトルすら存在する [注3]。『アイスキューカンバー』 などという、奇襲戦法で、このコーラ決戦 「夏の陣」 を果たして戦い抜けるのか。極めて疑問である。

■ 商品表示データ ■
PEPSI 『ICE CUCUMBER』 (5脚500mLペットボトル)
<原材料名> 果糖ぶどう糖液糖、香料、酸味料、保存料(安息香酸Na)、カフェイン、着色料 (青1、黄4)

■ 参照キャップデータ ■
PEPSI 『ICE CUCUMBER』 (5脚500mLペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「071119/S011」。賞味期限は約5カ月(未開栓)。キャップは、TPバンドの形状からアルコア・クロージャー・システム社製 「Wing-Lok」 (ライナー付き) [ノーマルタイプ] (ロット番号:050)。ボトルは、吉野興行所製 (ロット番号:S11/H15)。

注1) 「 『ペプシアイスキューカンバー』 期間限定発売 ― コーラとキュウリの組み合わせが新しい、爽やかなペプシが世界初登場―」 サントリーフーズニュースリリース No.9803 (2007.5.22)
注2) 「鮮やかなブルーと爽やかな炭酸の刺激が特徴の新コーラテイスト飲料 『ペプシブルー』 が夏季限定で日本初登場! ― 「ベッカムの壁掛けポケットコレクション」オンパックキャンペーン、『Get!MLB? メジャーリーガーオリジナルグッズ』オンパックキャンペーンも実施! ―」 サントリフーズニュースリリース No.8789 (2004/05/25)
注3) ペプシ 「商品紹介

2007/06/10

印刷が綺麗な 『AGF Blendy』 キャップは好きですか

AGF (味の素ゼネラルフーヅ) 社は、2007年6月5日(火)に (a) 『Blendy 香るブラックボトルコーヒー』 を発売した [注1]。この商品は、コーヒー豆マンノオリゴ糖の体脂肪低減効果が認められて、2006年10月23日に特定保健用食品 (特保) の認可を得た保険機能食品であるらしい [注2]。TVCFでは、鹿賀丈史が 『食後のコーヒーはトクホで』 篇で、客からのオーダーを取りながら、「特保」 であることを強調している。残念ながら現在は、首都圏コンビニのみの販売である。

キャップデザインは、白地キャップに濃い緑色のベタ丸 (●) に白抜き文字で 「AGF」 の社名ロゴ+ 「Blendy」 の商品ロゴ、登録商標(R)なしのバージョンである。

AGF社は、包装材料の材質に関する表示を詳細にラベルに印刷している数少ない企業の一つである。今回入手した 『Blendy 香るブラックボトルコーヒー』 には、「ボトル:PET、ラベル:PS (ポリスチレン)、キャップ:PP (ポリプロピレン)、PE (ポリエチレン)」 と印刷されている。ところが、2007年4月時点でネット上に投稿 (posted) されたニュースリリース [注1] 中の商品写真拡大画像を見る限り、キャップには 「粗ギザ」 タイプのワンピースキャップが使用されている。ラベルでは、明らかに2つの異なる材質からなる2ピースキャップであることが示されているにもかかわらずである。単純に、商品撮影時に、2ピースキャップが間に合わなかっただけと考えられる。だが、素材がPE (ポリエチレン) のみの従来からのワンピースキャップでは、白抜き文字の鮮明さが悪いことに気づいて、敢えて印刷の綺麗なキャップに変更したとも考えられる。

これは、あくまでも私的な美的感覚の範疇であるが、私は密かに 『AGF Blendy』 の印刷のズレ具合を愉しみにしていた。ベタ丸 (●) はどこまで正円を逸脱するかとか、「AGF」 のロゴの細い線の部分はいつ消滅するかとか、円はどれだけ中心を外すのかとか、極めて不謹慎にも期待していた。従って、ついに気づかれてしまったか、という想いである。もちろん、今回の商品が 「ブラック (甘さなし)」 [注3] という性格上、白抜き文字の鮮明さは、むしろ大正解なのかも知れない。ただ、キャップの印刷ズレの中に、人間味のようなものを感じていたので、少し寂しい気がする。

なお、(b) 『Blendy 挽きたてカフェオレ [1/2] カロリーハーフボトルコーヒー』 と (c) 『Blendy 挽きたてカフェオレボトルコーヒー』 は、従来通りのPE (ポリエチレン) 製ワンピースキャップであるため、今後の印刷ズレが十分期待出来る。

『Blendy 挽きたてカフェオレ [1/2] カロリーハーフボトルコーヒー』 (280mL) のキャップデザインは、白地キャップに濃い緑色の線で外周に円が描かれ、その円の中に濃い緑色の文字で 「AGF」 の社名ロゴ+ 「Blendy」 の商品ロゴである。通常の 『Blendy』 のベタ丸キャップを反転させたようになっている。<オリジナル> <低糖> <微糖> <無糖> <カロリーハーフ>など、幾つもの甘さの段階のある同商品ラインナップにおいて、カロリー「1/2」 であることを認識させることに成功している。とりわけ、コンビニ棚において、その意図が十分に発揮されている。

■ 商品表示データ ■
 (a) 『Blendy 香るブラックボトルコーヒー』 (六角280mLペットボトル)
<原材料名> コーヒー、乳化剤
<栄養成分> 1本(280mL当たり) ●エネルギー:24kcal ●たんぱく質:1.1g ●脂質:0g ●炭水化物:6.4g ●ナトリウム:60-120mg ●コーヒー豆マンノオリゴ糖 (マンノビオースとして):3.0g
 (b) 『Blendy 挽きたてカフェオレ [1/2] カロリーハーフボトルコーヒー』 (六角280mLペットボトル)
<原材料名> 牛乳、砂糖、コーヒー、乳化剤、甘味料(アセスルファムK、スクラロース、アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)
<栄養成分> 1本 (280mL当たり) ●エネルギー:57kcal ●たんぱく質:2.3g ●脂質:2.2g ●炭水化物:7.1g ●ナトリウム:57mg ●糖類:5.8g
 (c) 『Blendy 挽きたてカフェオレボトルコーヒー』 (四角500mLペットボトル)
<原材料名> 牛乳、砂糖、コーヒー、乳化剤
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:42kcal ●たんぱく質:0.9g ●脂質:0.8g ●炭水化物:7.74g ●ナトリウム:23mg ●糖類:7.3g

■ 参照キャップデータ ■
 (a) 『Blendy 香るブラックボトルコーヒー』 (六角280mLペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「20071119/F」。賞味期限は6カ月(未開栓)。キャップは、日本山村硝子社製 「TEN-キャップ」 (洗浄スリットなし) 2ピースキャップ [ノーマルタイプ] (ロット番号:c6-15)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:F/17)。
 (b) 『Blendy 挽きたてカフェオレ[1/2]カロリーハーフボトルコーヒー』 (六角280mLペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「20071003/J」。賞味期限は6カ月(未開栓)。キャップは、日本クラウンコルク社製 日本山村硝子社製  ワンピースキャップ [粗ギザタイプ] (ロット番号:NY-115)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:H/J/23)。
 (c) 『Blendy 挽きたてカフェオレボトルコーヒー』 (四角500mLペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「20071110/J」。賞味期限は6カ月(未開栓)。キャップは、日本クラウンコルク社製 日本山村硝子社製 ワンピースキャップ [粗ギザタイプ] (ロット番号:NY-112)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:J/22)。

* 2009/02/22、読者のご指摘により訂正。

注1) 「体脂肪が気になる方に コーヒー豆由来のオリゴ糖入りコーヒー飲料 特定保健用食品 『ブレンディ 香るブラック』 ボトルコーヒー新発売」 AGF社ニュースリリース (2007/04)
注2) AGF社 「資料:コーヒーオリゴ糖摂取時の体脂肪低減効果」 (PDFファイル)
注3) コーヒー豆マンノオリゴ糖を含有するため、無糖ではないことに留意

2007/06/09

『Tropicana(R)』 キャップの差異

キリンビバレッジ社の 『Tropicana(R)』 のキャップには、キャップ製造メーカーによるほとんど無視出来る程の差異が存在する。

同社は、2007年6月5日に 『トロピカーナカラダに果実酢15mL』 (350mLペットボトル入り) を発売した [注1]。最近、果実入り飲料用に、この手の細身ボトルを見掛けることが多くなった。410mL入り 『トロピカーナハーベストFINE SELECT金の果実』 の標準的コンビニ販売価格168円と変わらない価格を維持するための方便である。実際には60mL (約15%) 程度しか内容量は変わらないのに、見た目の印象はかなり異なる。ただ、果汁入り飲料は、このくらいの量が飲み切りサイズでちょうどよい。

(A) 『トロピカーナハーベストFINE SELECT金の果実』 の日本山村硝子社製キャップと(B) 『トロピカーナカラダに果実酢15mL』 のAlcoa社製キャップにおいて、インクの色味(色ではなく、明度)と登録商標(R)の大きさに差異が認められる (ただし、取り立てて指摘する程のものではなく、通常、許容範囲内とされるレベルである)。これは、キャップ製造メーカー毎に、版下や印刷が異なることに起因している。印刷インクの色の調合は熟練工であっても難しいと言われており、実際には、同じ色は二度と出せないとも言われている。日本のキャップ印刷のレベルの高さは、製造メーカーの日々の努力の成果である。感謝!

■ 参照キャップデータ ■
(A) 『トロピカーナハーベストFINE SELECT金の果実』 (410mLペットボトル入り) の賞味期限+製造所固有記号*: 「071107/CK」。賞味期限は不明。キャップは、日本山村硝子社製 「TEN-キャップ」 (洗浄スリット入り)(ロット番号:c5-12)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:E/26)。

(B) 『トロピカーナカラダに果実酢15mL』 (350mLペットボトル入り) の賞味期限+製造所固有記号: 「071112/SA10」。賞味期限は約5カ月。キャップは、アルコア・クロージャー・システム社製ワンピースキャップ (洗浄スリット入り)(ロット番号:V10-27)。ボトルは、吉野工業所製 (ロット番号:21/42)。

* 『Tropicana(R)』 の賞味期限+製造所固有記号は、TEバンド部とボトル本体の肩の部分の両方に印字されている。「果汁入り」飲料のため、品質管理に相当気を遣っているのを感じる。

注1) 「トロピカーナ カラダに果実酢15ml 2007年6月5日(火)新発売」 キリンビバレッジニュースリリース (2007/05)

2007/06/08

青色ベタ丸ペットボトルキャップのアイソトニック飲料を比較する

日本のスポーツドリンク (アイソトニック飲料) の歴史は、大塚製薬が1980年に 『POCARI SWEAT (ポカリスエット)』 245mL入りスチール缶を発売したことに始まる。開発経緯に関しては、いろいろなエピソードが語られており、いささか都市伝説の様相を呈しているが、大塚製薬の公式ホームページ上の 「ヒストリー」 [注1] によれば、医療用生理食塩水にヒントを得たものらしい。成分比や電解質濃度は全く異なるが、医療用電解質輸液のうち、 「脱水補給 (2号) 液」 のカテゴリーのものと比較的内容が近い。このことは、開発経緯の信憑性を裏付けている。

なお、1960年代中頃に開発された本家 『ゲータレード』 [注2] の日本での販売の歴史は、 『ウィキペディア (Wikipedia)』 によると以下の通りである。1970年4月、大正製薬が導入、販売開始。1980年、雪印食品がライセンス契約、国内での製造・販売開始。1995年、雪印乳業へ業務移管。1998年、雪印乳業とポッカコーポレーション業務提携。2004年、雪印からサントリーフーズへ製造・販売権譲渡。なかなか、興味深い経緯である。

1980年に発売されたスチール缶は、青地に白抜きで 「POCARI SWEAT」 + 「白い波線」 で、現在使用されているデザインと大差ない。ヘルムート・シュミット氏のこのタイポグラフィーデザインが、この商品の性格を決定付けた。その後のアイソトニック飲料は、この配色から多大な影響を受けている。以下に挙げる4種類のペットボトルキャップが、白地ベースに青~群青色のベタ丸 (●) +白抜きロゴであることは、決して偶然ではない。本邦で、アイソトニック飲料といえば、米国生まれの 『ゲータレード』 ではなく、 『ポカリスエット』 とほとんどの人が認識している証でもある。従って、各企業とも、この配色の呪縛から逃れることが出来ずにいる。

(a) 『POCARI SWEAT』 (大塚製薬、1980年)
(b) 『AQUARIUS (R)』 (日本コカ・コーラ、1983年)
(c) 『MiU SPORT WATER』 (ダイドードリンコ、2005年3月 『D SPORTs MIU』 として発売、2007年5月 『MiU SPORTWATER』 にリニューアル)
(d) 『THOAPEDO [TM]』 (ヤクルト、2006年5月 [注3]、その後、2006年11月21日、当商品の名称の由来でもあるイアン・ソープ氏引退表明を受けて、2007年6月、パッケージをリニューアル [注4])

これらのアイソトニック飲料がほぼ同じ構成であることは、以下の栄養成分の比較からも明かである。各々の特徴を演出すために、各種アミノ酸などを添加しているが、基本的コンセプトにおいてさほどの違いはない。

表.アイソトニック飲料栄養成分比較一覧表

栄養成分(100mLあたり)

(a)
ポカリ 
(b)
アクエリアス 
(c)
ミウスポーツ 
(d)
ソーピード 
エネルギー(kcal) 27 19 17 18
たんぱく質(g) 0 0 0 0.1
脂質(g) 0 0 0 0
炭水化物(g) 6.7 4.7 4.5 4.5 → 3.4
ナトリウム(mg) 49 34 33 25
カリウム(mg) 20 8 2.3-4.4 24
カルシウム(mg) 2 0 0.8 8
マグネシウム(mg) 0.6 1.2 4 1
アルギニン(mg) 25
イソロイシン(mg) 1
バリン(mg) 1
ロイシン(mg) 0.5
クロール(mg) 65
オルニチン(mg) 40 → 0
L-カルニチン(mg) 0 → 20

また、スポーツドリンクとして、各種スポーツ団体からのお墨付き貰うという販売戦略のフォーマットも共通した特徴である。

(a) 日本少年野球連盟の公認スポーツドリンク
(b) 国際オリンピッック委員会 (IOC) 公式スポーツ飲料、国際サッカー連盟 (FIFA) World Cup [TM] 公認スポーツ飲料、(財)日本アンチドーピング機構公式認定飲料
(d) 国際水泳連盟 (FINA) オフィシャルパートナー

むしろ、こうした確立したフォーマットが存在することで、商品を販売していく上でのアドバンテージが与えられている。従って、いかに 「物真似」 と揶揄されようとも、変なオリジナリティを発揮することなく、この日本固有の様式美を墨守すべきである。消費者としても、キャップを見ればどんな飲み物なのか一目瞭然なので非常に助かる。青色ベタ丸キャップに栄光あれ。

■ 商品表示データ ■
 (a) 『POCARI SWEAT』 (500mLペットボトル入り)
<原材料名>砂糖、ぶどう糖、食塩、酸味料、塩化カリウム、乳酸カルシウム、調味料(アミノ酸)、塩化マグネシウム、香料、酸化防止剤(ビタミンC)
 (b) 『AQUARIUS (R)』 (500mLペットボトル入り)
<原材料名>高果糖液糖、はちみつ、塩化ナトリウム、海藻エキス、ローヤルゼリー、クエン酸、クエン酸ナトリウム、香料、アルギニン、塩化カリウム、塩化マグネシウム、乳酸カルシウム、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(スクラロース)、イソロイシン、バリン、ロイシン
 (c) 『MiU SPORTWATER』 (500mLペットボトル入り)
<原材料名>果糖、海洋深層水、海藻エキス、香料、酸味料、粗製海水塩化マグネシウム、酸化防止剤(ビタミンC)
 (d-1) 『THOAPEDO [TM]』 (6角500mLペットボトル入り、2007年5月 「イアン・ソープ」 バージョン)
<原材料名>果糖、海藻エキス、食塩、オルニチン、酸味料、香料、乳酸カルシウム、塩化カリウム、塩化マグネシウム、甘味料(スクラロース)
 (d-2) 『THOAPEDO [TM]』 (6角500mLペットボトル入り、2007年6月バージョン)
<原材料名>果糖、海藻エキス、食塩、L-カルニチンL-酒石酸塩、酸味料、香料、乳酸カルシウム、塩化カリウム、塩化マグネシウム、甘味料(スクラロース)

■ 参照キャップデータ ■
 (a-1) 『POCARI SWEAT』 (四角500mLペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「080101/ONY 15:09」。賞味期限は8カ月 (未開栓)。キャップは、日本山村硝子社製 「TEN-キャップ」、洗浄スリットなし [ノーマルタイプ] 洗浄スリット入り (ロット番号:c4-16)。ボトルは、北海製罐社製 (ロット番号:037)。
 (a-2) 『POCARI SWEAT』 (30%軽量化丸形7脚500mLペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「080113 OJT」。賞味期限は8カ月(未開栓)。キャップは、日本クラウンコルク社製ワンピースキャップ 「28NCフラップ」 [粗ギザタイプ] (ロット番号:N51-8)。ボトルは自社成型(ロット番号:T1/8L)。
 (b) 『AQUARIUS (R)』 (500mLペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「A 070025-SZA」。賞味期限は7カ月(未開栓)、製造所は蔵王工場。キャップは、Alcoa社製ワンピースキャップ [ノーマルタイプ] 洗浄スリット入り (ロット番号:P10-17)。ボトルは、吉野工業所製 (ロット番号:48/94)。
 (c) 『MiU SPORTWATER』 (500mLペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「071220/D32」。賞味期限は8カ月(未開栓)。キャップは、ワンピースキャップ [ノーマルタイプ] 洗浄スリット入り (ロット番号:72/17/H)。ボトルは、吉野工業所製 (ロット番号:22/60)。
 (d-1) 『THOAPEDO [TM]』 (500mLペットボトル、<ラベル>:「イアン・ソープ」バージョン) の賞味期限+製造所固有記号: 「071122/ YM11/ LECB」。賞味期限は240日(未開栓)。キャップは、日本クラウンコルク社製ワンピースキャップ [ノーマルタイプ] 洗浄スリット入り(ロット番号:H50-32)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:M/3)。
 (d-2)* 『THOAPEDO [TM]』 (500mLペットボトル、<ラベル>:「2007年6月」バージョン) の賞味期限+製造所固有記号: 「080103/ SA02/ TEHB」。賞味期限は約8カ月。キャップは、日本クラウンコルク社製ワンピースキャップ [ノーマルタイプ] 洗浄スリット入り(ロット番号:H55-27)。ボトルは、吉野工業所製 (ロット番号:15/84)。

 *(d-2)の新ボトルは、TVCF、JR線の中吊り広告、駅貼り広告などで、この頃良く見かけるが、実物を手するのは難しい。とりわけ、ヤクルトは自販機設置台数が少なく、提携先のキリンビバレッジ社の自販機でも扱っていない場合があるためである。今回は、わざわざ新橋のヤクルト本社前の自販機で購入した。ただし、キャップは、前回のものと同じであった。ラベルのロゴが変わったので、多少の期待はあったが、誠に残念である。

注1) 『ポカリスエット』 公式ホームページ「商品情報」中の「ヒストリー」の項目参照
注2) 「ゲータレードの歴史」、 『ゲータレード』 公式ホームページ参照
注3) 「体力と体型をマネジメントする機能性飲料 「THORPEDO (ソーピード)」 を新発売」 ヤクルト、ニュースリリース (2006/05/11)
注4) 「低GIスポーツ飲料 「THORPEDO (ソーピード)」 をリニューアル発売」 ヤクルト、ニュースリリース (2007/05/10)

2007/06/07

伊藤園 「加温器キャップ」 衣替え*

知らぬ間に、伊藤園の加温器販売用キャップ (オレンジキャップ) も、通常の白キャップと同じメッセージに変更されていた。季節は初夏、うっかりしていた。

 (a) 「茶畑から 育てています。 伊藤園」 →
 (b) 「いいお茶は、 いい畑から。 伊藤園」

2007年6月6日現在、(a) と (b) は未だ併存状態にあり、販売店舗により状況は異なる。どうせなら、このままいろんなメッセージを混在させて行く方が、企業のお茶に対する「姿勢」をトータルに示せるのに、残念である。恐らく、戦略的段階を示しているのだと思う。次が楽しみである。

■ 参照キャップデータ ■
『お~いお茶』 (345mL入り四角ペットボトル、加温器販売用)の賞味期限 「080209/A13」。賞味期間は8カ月。キャップは、NCC社製 「28NCフラップ」 ノーマルタイプ、洗浄スリット入り (ロット番号:H7/41/1)。ボトルは、北海製罐製(ロット番号:2-S02)。

*注) この場合、 「衣替え」 は夏の季語である。

2007/06/06

ナチュラルミネラルウォーター 『Azzurra』 の見分け方

近所のスーパーで、 『Azzurra (アズーラ)』 500mLペットボトルを購入した。(a)スパークリング(発泡水)と(b)炭酸なしの2種類がある。キャップもボトルも共通であるため、見分けるポイントは、ラベルである。ラベルの下が青い縁のものが「発泡水」、ラベルの下がマゼンタの縁のものが 「炭酸なし」 であるが、実はもっと分かりやすく、他でも応用の利く、見分け方がある。通常、同一ブランドで2種類の商品がある場合は、一方が 「炭酸入り」 である。その際、2種類のボトルを並べてみて、水の量が少なく見える方が 「炭酸入り」 であり、概ね、1cm程度水位が低くなっている。

もちろん、ラベルの表記を最初からきちんと読めば、何らこのような小賢しいテクニックを必要としない。ただ、店頭でじっくりラベルを読んでいると、品質にうるさい客のように映ってしまい、あらぬ誤解を招くので、私はさっさとショッピングカートに入れるようにしている。こうすることで、他の客からもスノビッシュな気取った奴と勘ぐられずに済む。一石二鳥である。

フォンテ・マルゲリータ社のウェッブサイト及び 「FOODEX JAPAN(国際食品・飲料展)」 の出展企業詳細 [注1] によると、同社には、3つの異なる源泉があり、源泉ごとにブランドが存在する。(1)1845年、トッレベルヴィチーノ(VI)で発見されたマルゲリータ源泉の 「Fonte Margherita(R)」、(2)1976年、トッレベルヴィチーノとレコアーロ・テルメの間で発見されたカモンダ源泉(標高570m)の 「Fonte Azzurra(R)」、そして(3)2004年から同社の所有となった小ドロミテ山脈の山麓からの湧水 「Fonte Alba(R)」 の3つである。なお、同社のナチュラルミネラルウォーターには、微量の鉄分が含まれているため、口に含むとわずかに鉄が香る。

同社は、最初に発見された源泉の名前がそのまま社名になっているため、キャップは1種類である。白地キャップに紫色で2本の環状線、その中に紫色のローマンフォントで社名と所在地 「- FONTE MARGHERITA S.P.A. - TORREBELVICINO (VI) - ITALY -」 [注2] が記された極めてシンプルなデザインである。なお、キャップは、表面がつるつるした高密度ポリエチレン (HDPE) 製であるが、天面部のみマット仕上げ(梨地加工)が施されており、細かな文字を鮮明に印字し、擦っても消えない工夫がなされている。

キャップの構造は、薄い透明なフライングディスク [フリスビー(R)] 状の文字通りのパッキンが嵌め込まれただけの極めてシンプルな構造である。このパッキンのみで、密封が保たれている。従って、天面部の裏側は、中心部に 「[RV]」 という記号とその下に 「04」 というロット番号が刻印されているだけで、全体的に平坦である。また、TEバンドの内側には、 「フィン」 や 「ウイング」 の代わりに突起を有する台形プレートが7枚並んでいるが、これとは別に3枚分のスペースが存在し、そこには初めからプレートが存在しない (外観は、奥歯のない人の歯列矯正を想像して頂きたい)。このため、開栓時にTPバンドが一緒に引っ張られるという現象が生じる。

ただし、同社ウェッブサイトの写真と比較したところ、キャップの形状が若干異なる。もしかしたら、日本向け輸出仕様なのかも知れない。

■ 商品表示データ ■
『Azzurra』 (500mLペットボトル入り)
<原材料名> 水 (鉱水)
<採水地> カモンダ (トッレベルヴィチーノ)
<栄養成分> (1000mL当たり) ●カルシウム:78.4mg ●マグネシウム:32mg ●ナトリウム:1.05mg ●カリウム:1.06mg
<硬度> 324mg (硬水)、<pH値> 7.65

■ 参照キャップデータ ■
(a) 『Azzurra』 <炭酸入り>(500mLペットボトル) の賞味期限: 「08/03/05」。賞味期限は不明。キャップは、パッキン着脱式2ピースキャップ (ロット番号:<本体>34、<パッキン> 07)。ボトル(ロット番号:3)。瓶詰めロット番号:L7065
(b) 『Azzurra』 <炭酸なし>(500mLペットボトル) の賞味期限: 「08/09/04」。賞味期限は不明。キャップは、パッキン着脱式2ピースキャップ (ロット番号:<本体/パッキン共> 04)。ボトル(ロット番号:1)。瓶詰めロット番号:L7065

■ 連絡先 ■
<製造業者> Fonte Margherita S.P.A.
Via Fonte Margherita, 9 36036 TorrebelVicino (VI), Italy.
http://www.fontemargherita.com/index.php

<輸入業者> 東京実業貿易
170-0001 東京都豊島区西巣鴨4-26-7

<通販サイト> ウォーターファクトリー
http://www.water-factory.com/azzurra/

注1) フォンテ・マルゲリータ社、2005年開催 『FOODEX JAPAN 2005』 出展企業詳細
注2) KUMA氏の運営する 『ペットボトルキャップコレクションの旅』 「外国のプラキャップ」 <イタリア編>の中のキャップ<(株)シュミット物産 「AZZURRA-01」 >を参照のこと

2007/06/05

大塚製薬 『POCARI SWEAT』 のボトルとキャップを軽量化

大塚製薬は現在、 「SMAP ACTION」 キャンペーンを準備している。コンビニの陳列棚に、2007年6月3日(日)から並び始めた 『ポカリスエット』 エコボトルの応募シールに記されている。TVCFでは、約1カ月前より、木村拓也を除くSMAPメンバー4人が、無謀なアスレチック競技(ロープ、砂丘、キューブ、梯子)に果敢チャレンジしている。キャンペーンが7月1日(日)スタートであることから、かなり念入りな事前予告といえる。

今回の変更は、飲料の中身ではなく、ボトルにある。 『ポカリスエット』 のボトルの容器重量が約30%軽量化された。これは、国内初の 『陽圧無菌充填方式』 採用によるものである[注1]。当然、環境面への配慮である。実は、ボトルだけではなく、キャップも 「ノーマル」 タイプの2ピースキャップから 「粗ギザ」 タイプのワンピースキャップに変更され、ほんのわずかであるが、軽量化されている。なお、キャップデザインに変更はないが、キャップの素材が変更されたため、白抜き文字の抜けが良くない。それに伴い、文字色もくっきりした白から、沈んだ感じの白になってしまっている(キャップ自体の輝度が低いため)。さらに観察すると、ワンピースキャップにもかかわらず、インナーシール部の内側の面が肉盛りされており、従来のものより厚くなている。そのため、天面部に微妙なアンジュレーションが生じ、印刷面が平面ではなくなっている。これらの要因が、視覚に与える影響は、意外に大きい。

因みに、私は、キャップ印刷におけるこのような現象を密かに 「AGF Blendy化現象」 と名付けている(他言無用)。Blendyのキャップ印刷をみると、白抜き文字の抜けが非常に悪い。これは、ベタのスタンプインクが白抜き文字の内側にはみ出すことにより、文字の輪郭線のシャープさが損なわれるためである。特に(R)などの細い線は滲んでしまう。Blendyから 「(R)表示」 がなくなった理由は、ここにある。これは、 「粗ギザ」 キャップに顕著に起こる現象である。従って、版下に忠実な印刷を求めるならば、 「ノーマル」 タイプのキャップ、多少荒削りでも、1/fゆらぎ効果を<趣>として求めるならば、 「粗ギザ」 キャップを選択すべきである。これらは、決して欠点ではなく、各々の個性であるので、このキャップ印刷面の性状を見極めたデザインが必要となる。

余談であるが、スカート部のギザギザ (正式には、日本語で 「ローレット」、英語で 「knurl(ナール)」 と呼ばれる) の数は、 「ノーマル」 タイプで120山、 「粗ギザ」 タイプで丁度半分の60山である。ただし、同じワンピースキャップであれば、ギザギザの数による重量の差はほとんどない。覚えておくと、蘊蓄を披露する際に便利である。ただし、残念なことに、こうした蘊蓄をたれる機会は滅多に巡ってこない。困ったことである。

■ 参照キャップデータ ■
(a) 『POCARI SWEAT』 (四角500mLペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「080101/ONY 15:09」。賞味期限8カ月。キャップは、日本山村硝子社製 「TEN-キャップ」、中栓付きツーピースキャップ、洗浄スリットなし(ロット番号:c4-16)。ボトルは北海製罐社製 (ロット番号:037)。

(b) 『POCARI SWEAT』 (30%軽量化丸形7脚500mLペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「080113 OJT」。賞味期限8カ月。キャップは、日本クラウンコルク社製ワンピースキャップ 「NCフラップ」[粗ギザタイプ] (ロット番号:N51-58)。ボトルは自社成型 (ロット番号:T1-8L)。

注1) 「 『ポカリスエット』 500mlペットボトル 日本で初めての『陽圧無菌充填方式』を採用 容器重量約30%のリデュースを実現 国内製造最軽量18g」 大塚製薬ニュースリリース(2007/04/09)

2007/06/04

CCNBC社 『Coca-Cola ZERO(R)』 満を持して投入

CCNBC社は、2007年6月4日(月曜日)、 『Coca-Cola ZERO (R)』 を日本市場に投入して来た[注1]。同商品は、米国では既に2年前の2005年6月に発売されており、世界でも40カ国近い国々で販売されている。なお、(a) 『コカ・コーラゼロ(R)』 は、ほぼ同じ原材料ではあるが、従来からある(b) 『ノーカロリーコカ・コーラ(R)』 とは、別フレーバーの新商品である。

『PEPSI NEX』 の白キャップは、コンビニ陳列棚の一角を確実に占拠するまでに<味>が認知されている。このことが、かなりの脅威となっていた筈である。現在の布陣は、 『PEPSI NEX』 : 『Coca-Cola(R)』 : 『No Calorie Coca-Cola(R)』 が、1:1:1の割合でレーンを占めている。キャップの色は、白、赤、白の順で、となり同士で並ぶことが多い。今後、 『Coca-Cola ZERO(R)』 の参戦により、この布陣がどのように変化するかが楽しみである。まさに、群雄割拠。コーラ決戦 「夏の陣」 の開戦である。

キャップデザインは、レギュラーコークの赤いキャップ地が、グレーのキャップ地に代わっただけの色違いキャップである。

ラベルが黒地に白抜きで 「Coca-Cola ZERO(R)」 であることから、レギュラーコークの 「赤」 に対して 「黒」 を配置することで、配色上のインパクトを狙ったものと思われる。これは、コカ・コーラ社の長年の経験から導き出されたかなり高度なテクニックといえる。

■ 商品表示データ ■
(a) 『Coca-Cola ZERO(R)』 (500mLペットボトル入り)
<原材料名>カラメル色素、酸味料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK、スクラロース)、香料、保存料(安息香酸Na)、カフェイン
<栄養成分>(100mL当たり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質・脂質・炭水化物:0mg ●ナトリウム:8mg ●糖類:0mg

(b) 『No Calorie Coca-Cola(R)』 (500mLペットボトル入り)
<原材料名> 『Coca-Cola ZERO(R)』 と同じ。[ただし、配合比や香料等の内容は異なると考えられる]
<栄養成分>(100mL当たり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質・脂質・炭水化物:0mg ●ナトリウム:7mg

■ 参照キャップデータ ■
(a) 『Coca-Cola ZERO(R)』 (500mLペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「D 071010-EIW」。賞味期限4カ月、製造所は 『ノーカロリーコカ・コーラ(R)』 も製造している岩城工場。キャップは、TPバンドの形状からAlcoa社製 「Wing-Lok」 (ロット番号:632)。ボトルは自社成形(ロット番号:I/B-30B)。

(b) 『No Calorie Coca-Cola(R)』 (500mLペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「B 071003-EIW」。賞味期限4カ月、製造所は岩城工場。キャップは、Alcoa社製 「Wing-Lok」 (ロット番号:407)。ボトルは自社成形(ロット番号:I/A-9B)。

注1) 「コカ・コーラゼロ(R)」 ニュースリリース(2007/06/04)

2007/06/03

宮城県の御当地キャップ1種類

宮城へ行って来た。家から20分で着いた。池袋駅東口 「宮城ふるさとプラザCOCO MIYAGI」 である。都内に居ながらにして、宮城県の物産を入手出来るのはうれしい。という訳で、御当地キャップ探訪シリーズの2回目である。

この常設の物産会場では、仙台名物 「牛たん」 の飲食コーナーもあるのだが、常に満席である。結局食べなかった。ちなみに、牛タン発祥の店は、 「太助」 であり、初代、佐野啓四郎が1948(昭和23)年、仙台市中心部に牛タン焼きの専門店を開き、全国にその味を広めたことによる( 「味太助」 ホームページより引用)。

「COCO MIYAGI」 で現在入手可能なキャップは、株式会社エニック 『南蔵王天然水』 のキャップ1種類のみである。

この商品は 「みやぎ蔵王三十六景地域の逸品」 に指定されている。 「みやぎ蔵王三十六景」  とは、 「みやぎ蔵王」 を背景にした絶景スポット36カ所のことであり、2004年3月に宮城県大河原地方振興事務所により、観光資源として選定された。さらに、 「水の郷百選」 の一つでもある。

キャップデザインは、白地キャップにミントグリーンのゴジック体 (エクストラボールド) で、上段に 「南蔵王」 +下段に 「天然水」 の文字のみの、極めてシンプルなレイアウトである。

日常の生活の中では、お目に掛かれないキャップでも、少し目を凝らしてみれば、意外な場所に非日常的空間の入り口が存在するものである。その筈であったが、なかなか見つからないものである。

■ 商品表示データ ■
『南蔵王天然水』 (500mLペットボトル入り)
<原材料名>水(鉱水)
<採水地> 「南蔵王の館」 (宮城県刈田郡七ヶ宿町長老地内)
<ミネラル成分>(1000ml当たり) ●カルシウム:12.0mg ●ナトリウム:9.8mg ●マグネシウム:4.7mg ●カリウム:1.4mg
<硬度>44mg(軟水)

■ 参照キャップデータ ■
『南蔵王天然水』 (500mLペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号:「'08.5/S」。賞味期限12カ月、製造所:(株)エニック。キャップはライナー付き洗浄スリットなし(ロット番号:<本体>36-32、<ライナー>4-2)。ボトル(ロット番号:2)。

■ 連絡先 ■
株式会社エニック
989-0212 宮崎県白石市大鷹沢町字稲荷山149-1
TEL: 0120-64-1330

宮城県大河原地方振興事務所 地方振興部振興第二班
989-1243 宮城県柴田郡大河原町字南129-1
TEL: 0224-53-3111(内線414)、FAX:0224-53-3076
URL: http://www.pref.miyagi.jp/oksgsin/

2007/06/02

イオングループの 『トップバリュ』 統一ブランド戦略

ワーナー・マイカル・シネマズに国分太一主演の映画 『しゃべれども しゃべれども』 を観に行った。映画の中でのペットボトル飲料の露出の多さは、日常性の演出なのだろう。何年か後に、TVやDVDで観直す機会があったとしても、映し出されるペットボトル飲料のラベルで、撮影時期が類推可能な程である。それくらい、よく出てくる。映画批評は出来ないので、ここでは行わないが、伊東四朗と八千草薫の好演が光った。TOKIOの国分太一も 『ザ!鉄腕!DASH!!』 などの出演で、人生における経験値は同世代の青年に較べれば格段に高いのだが、味の部分ではまだまだベテラン俳優には及ぶべくもない。

映画を観終わった帰りに、シネコンの入っている大規模スーパー (サティ) の食品売り場に寄った。飲料コーナーには、大企業の全国展開商品と一緒に、イオングループの 『TOPVALU (トップバリュ)』 ブランド商品が、水、野菜ジュース、お茶、スポーツドリンク、炭酸飲料の各ラインナップ毎に、となり同士に並べられている。単純明快で、非常にわかりやすい比較広告の手法である。お買い得感を見事に演出している。

キャップは、白地キャップにマゼンタ色の 『TOPVALU』 統一マークである。マークには、 「QUALITY AND TRUST (品質と信頼)」 のスローガン+ 「森」 みたいなデザインのアイコン+ 「TOPVALU」 とその下に小さく 「トップバリュ」 の文字が入れられている。盛りだくさんである。とてもあの小さなマークの中には収まり切らない程の情報量である。

本来、価格面で勝負するならば、白地キャップの方が、コストが低く押さえられる筈である。しかしながら、無印キャップの商品には、その実体は別として、 「品質と信頼」 における不安感が残るという消費者意識を巧みに突いている。従って、統一マークを印刷することは、コストを上回る程の販売効果を生むと考えてよい。そうした意味で、ことの本質を体現化したキャップデザインであるといえる。

当然、ほとんどの商品は、委託生産であることから、製造所固有記号も、例えば 「J203」 と異常に桁数が多い。また、キャップの形状や製造メーカーも、商品の種類により、(a) ノーマル、(b) カド丸、(c) 粗ギザと多彩である。サントリーフーズ社が大型ボトルに付けているいわゆる「ヘソあり」タイプが存在しないのは、コンビニ棚に並べることを想定していないためである。なお、焼酎には、38mm径の大型キャップも存在する。残念ながら、焼酎はしょちゅう飲まないので、購入には至らなかった。

■ 参照キャップデータ ■
(a) 『ナチュラルミネラルウォーター富士山麓の水』 (500mLペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「2009.04.30/QK」。賞味期限は24カ月(未開栓)。キャップはブランド不明、ワンピースキャップ [ノーマル] (ロット番号:60)。ボトルは、東洋製罐社製(ロット番号:G-7)。

(b) 『ハト麦ブレンド茶』 (500mLペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「080227/J203」。賞味期限は10カ月(未開栓)。キャップは、大和ノーベンバル社製ワンピースキャップ [カド丸] (ロット番号:977)。ボトルは、大和製罐社製(ロット番号:B-11/4L)。

(c) 『ハト麦ブレンド茶』 (2000mLペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「080302/J801」。賞味期限は10カ月(未開栓)。キャップは、日本クラウンコルク社製ワンピースキャップ [粗ギザ] (ロット番号:N11-60)。ボトルは、東洋製罐社製(ロット番号:24)。

2007/06/01

『Gatorade XTRA』 の 「スポーツボトルキャップ」 はなぜ 「おまけ」 なのか

サントリーフーズ社は、2007年5月から6月にかけて、 「走れるドリンク」 キャンペーンを実施している。コンビニで、 『Gatorade XTRA』 を購入すると、ボトルネックに景品として 「スポーツボトルキャップ」 がぶら下がっている。色も何色があって、自由に選べる(好きな色の景品ボトルが来るまで、陳列ケースからボトルを抜き取り、必要な色の景品をゲットしたら、不要なボトルを元のレーンに戻す。他のレーンに余裕がある場合は、不要なボトルを一時的に保留しておくという手もある)。ただし、私は、一期一会を大切にしているので、好みの色の景品が前面に並ぶまでは買わない。コンビニスタッフに、あらぬ疑いを掛けられて、防犯ビデオのテープをTV局に持ち込まれることだけは避けたい。

この景品用キャップには、Alcoa社製の 「Sports-Lok 28」 と呼ばれる3ピースキャップが使われている[注1]。本来ならば、スカート部にはタンパーエビデンス(TE)バンドも付随している筈であるが、今回は、ディスペンサーキャップであるため、TEバンドは付いていない。景品用にわざわざ金型を起こしたと思われる。キャップの材質はポリエチレン(HDPE)であるため、弾性に富んでおり、再栓時にスクリュー部にフィットしやすくなっている。また、プッシュプル (push-pull) キャップの透明カバーにも、ブリッジが設けてあり、左右どちらかに回して開栓するようになっている。このキャップを取り付けた際の見た目は、哺乳壜であるにもかかわらず、 「▲!注意:●誤飲の危険がありますので、小さなお子様には絶対に与えないでください。」 という警告メッセージが景品の袋にしっかり記されている。因みに、Alcoa社では 「小さいお子様」 を3歳以下と規定している。

最近のペットボトル本体のデザインには、<捻り>を加えたツイスト構造が散見されるが、これは材質の軽量化に伴う本体の補強が主な目的である。しかしながら、 『ゲータレードXTRA』 の場合、この改善が裏目に出ている気がする。ボトルが固すぎる。実際に 「スポーツボトルキャップ」 に付け替えて使用すると分かることであるが、ボトル側面を押すことが出来ないため、中の液体を水鉄砲のように押し出せない。もちろん、哺乳壜のようにチュバチュバと吸い出せば、何ら問題はないのだが、粋な飲み方とはいえない。

マラソンランナーが給水ポイントで、マイボトルを掴んで、一気に飲んでからポイ捨てするシーンが脳裏に焼き付いている。そのせいか、このスポーツボトルキャップが、実際に使われているか気掛かりである。あくまで、私見であるが、 『爽健美茶』 の鼓状ボトルとスポーツボトルキャップとのコラボレーションが、走ってみて一番しっくり来た。 『ゲータレードXTRA』 のボトルは、バトンにするには太すぎる。

実は、これらのプッシュプル式キャップは、本邦において幾度か飲料用キャップとして市場に投入されて来たが、残念ながら、未だに定着していないようである。日本クラウンコルク社でも、ほぼ同様の機能を持つ製品が 「スポーツプッシュプルキャップ」 [注2]として出されているが、清涼飲料水では、あまり見掛けない。やはり、未だ市場コンセンサスが形成されていないと見るべきであろう。従って、今回の景品添付は、決して「おまけ」ではない。

■ 商品表示データ ■
『Gatorade XTRA』 (500mLペットボトル入り)
<原材料名>砂糖、果糖ぶどう糖液糖、ぶどう糖、塩化Na、香料、クエン酸、クエン酸Na、リン酸K、ナイアシン、クエン酸鉄Na、ビタミンB6、ビタミンB12
<栄養成分>(100g当たり) ●エネルギー:26kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:6.4g ●ナトリウム:48mg ●カリウム:24mg ●鉄:0.12mg ●ナイアシン:1.5mg ●ビタミンB6:0.15mg

■ 参照キャップデータ ■
『Gatorade XTRA』 (500mLペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「080406/SK2」。賞味期限は11カ月。キャップは、Alcoa社製ワンピースキャップ、洗浄スリット入り(ロット番号:V7-44)。ボトルは、東洋製罐社製(ロット番号:W-11)。おまけの「スポーツボトルキャップ」は、Alcoa社製「Sports-Lok 28」のキャンペーン用改変バージョンである(ロット番号:キャップ本体[PE]:45、透明カバー[PP]:33)。

注1) Alcoa社商品紹介サイト 「Sports-Lok 28 Induction Foil Seal」(英文)
注2) 日本クラウンコルク社製品情報 「スポーツプッシュプルキャップ

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ