« ポッカコーポレーションの 『ポッカ350PETキレートレモン』 はレギュラーキャップ | トップページ | ディスカウントショップはペットボトルキャップのタイムカプセル »

2007/06/15

リボンちゃんとの再会

ファミリーマートでは、2007年6月5日(火)~6月25日(月)までの期間、財政破綻を来した夕張市の再建支援の一環として、(a) 『リボンシトロン アクアクリア』 (500mL) と(b) 『リボンナポリン アクアクリア』 (500mL) の販売を行っている (店頭にて確認)。これは、サッポロ飲料が現在、北海道地域で限定販売している商品である。

ラベルの中では、昔懐かしい 「リボンちゃん」 が微笑んでいる [注1]。「リボンシトロン」 の歴史は長く、サッポロ飲料のホームページによれば、同社の前身である大日本麦酒が1909 (明治42) 年に柑橘系清涼飲料水 「シトロン」 の販売を開始し、1915 (大正4) 年には、既に現在の 「リボンシトロン」 の名称になっていたという [注2]。ラベルにも、(a) 「SAPPORO RIBON CITRON Since 1909」、(b) 「SAPPORO RIBON NAPOLIN Since 1911」 と明確に表示されている。

リボンちゃんの誕生は、1957 (昭和32) 年12月で、それ以降、昭和30年代には 「リボンちゃーん、リボンジュースよ」 「なぁにー?」 で有名なコマーシャルがテレビから流れていた。従って、リボンちゃんは、我々の世代にとっては、永遠のアイドルキャラクターである。今では、 「リボンちゃん」 のスペシャルサイトも存在し、懐かしいTVCFを観ることもできる[注3]。

商品名に 「アクアクリア」 と付くのは、「純水仕立て」 であるためである。近年、炭酸飲料をはじめとする清涼飲料水に、純水 (逆浸透膜浄水) が多く使用されて来ている。その主な理由は、(1) 1999年の食品衛生法の一部改正に基づく清涼飲料水における 「原水の基準」 の強化、(2) 品質の均一化と原材料の味・風味の維持である。「純水」 と聞くと、大仰な感じを受けるが、濾過原理は江戸時代の家庭用水瓶と大差はない。純水処理プロセスは概ね以下の通りである。

井戸水・水道水 → 消毒剤としてNaClO (次亜塩素酸ナトリウム) を注入 → [原水槽] → 凝集剤としてポリ塩化アルミニウム (PAC) を注入 → 凝集濾過 [塔] → 凝集処理 [水槽] → 前段活性炭 [塔] → イオン交換 [塔] → NaClO注入 → 純水 [貯槽] → 後段活性炭 [塔] → 紫外線 (UV) 殺菌 [塔] → 生産用水 (純水)。(*注 [ ] 内は、プラント設備を示す)

工場見学に行くと、係りの人が 「私達は、先ず水を磨くところから始めています」 と訳の分からないことを言い出すのは、このためである。

キャップは、白地ベースに濃い灰色で 「SAPPORO」 の社名ロゴ+下段にイタリックで小さく 「Drink it, Taste it and Satisfy your thirst」 のメッセージが入っている [注4]。サッポロ飲料では最近、社名ロゴ+メッセージのこの組合せのキャップを各種使用している。一見して区別が付かない。ところで、英文メッセージには何が書かれているかというと 「飲みたまえ、味わいたまえ、しかる後、汝の渇きは癒されん(超訳)」 と宣っているのだ。おお、何という神々しい御託宣であることか。民よ、大いに飲み、喉の渇きを癒そうぞ! ビールもよろしく、ということなのか。

■ 商品表示データ ■
(a) 『リボンシトロン アクアクリア』 (5脚ボトル500mL)
<原材料名> 糖類 (果糖ぶどう糖液糖)、香料、酸味料、酸化防止剤(ビタミンC)
(b) 『リボンナポリン アクアクリア』 (5脚ボトル500mL)
<原材料名> 糖類 (果糖ぶどう糖液糖)、コチニール色素、酸味料、香料

■ 参照キャップデータ ■
(a) 『リボンシトロン アクアクリア』 (5脚ボトル500mL) の賞味期限+製造所固有記号: 「071118/ISB」。賞味期限は約6カ月(未開栓)。キャップは、恐らくNCC社製 「フィンロック」 ライナー付き2ピースキャップ [ノーマルタイプ] (ロット番号:<本体>36-50、<ライナー>9-37)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:P8)。
(b) 『リボンナポリン アクアクリア』 (5脚ボトル500mL) の賞味期限+製造所固有記号: 「071110/ISB」。賞味期限は約6カ月(未開栓)。キャップは、恐らくNCC社製 「フィンロック」 ライナー付き2ピースキャップ [ノーマルタイプ] (ロット番号:<本体>36-35、<ライナー>9-44)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:P10)。

注1) サッポロ飲料 『アクアクリア
注2) 「リボンヒストリー
注3) 「リボンちゃんスペシャルサイト
注4) KUMA氏の運営する 『ペットボトルキャップコレクションの旅』 「日本のプラキャップ」 <サッポロ編> の中のキャップ< 「リボン・ナポリン-01」 >を参照のこと

« ポッカコーポレーションの 『ポッカ350PETキレートレモン』 はレギュラーキャップ | トップページ | ディスカウントショップはペットボトルキャップのタイムカプセル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192015/15443688

この記事へのトラックバック一覧です: リボンちゃんとの再会:

» なめらか杏仁&マンゴー [マンゴー食べ歩き日記]
今日ご紹介するのは、 ファミリーマートで発売中の「なめらか杏仁&マンゴー」です。 前々から思ってたことなんだけど マンゴーと生クリームって どうしてこんなに合うんだろうね!? お陰でお口の中が幸せでいっぱいですo(*^_^*)o [続きを読む]

« ポッカコーポレーションの 『ポッカ350PETキレートレモン』 はレギュラーキャップ | トップページ | ディスカウントショップはペットボトルキャップのタイムカプセル »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ