« 『爽健美茶(R)』 のベースノート | トップページ | キリンテクノシステム社の 「キャップ回転角度検査機」 »

2007/06/21

違いが分かる 『ネスカフェ(R)』 のキャップ

近所のディスカウントショップで 『ネスカフェ(R)クリアテイスト(NESCAFE (R) CLEAR TASTE<低糖45%減>)』 (900mL) を購入した。当然、賞味期限を3カ月ばかり残した見切品である。うれしいことに、(a) 「角丸」 タイプと (b) 「粗ギザ」 タイプの両方のキャップが一緒に並んでいた。賞味期限も、わずか1週間違いである。と言うことは製造日もほぼ同じ時期と言うことになる。製造工場が異なるとキャップの種類も異なることが実証出来た希有な例である。新規キャップではなかったが、安かったので即購入した。通常、コンビニではこうした現象は起こらない。並べてあると、違いが分かりやすい。

キャップは、白地に灰色ベタ丸 + 白抜きで「NESCAFE」の商品ロゴである。ネスレ日本は、一貫して、キャップには、社名+商品の合成語のロゴを記している[注1]。コーヒーには「NESCAFE」、お茶には「NESTEA」である。非常に分かりやすい。

「ネスレ日本」は、以前、「ネッスル日本」と呼ばれていた。1977年に読み方をフランス語に戻した。

■ 商品表示データ ■
『ネスカフェ(R)クリアテイスト<低糖45%減>』 (4角型900mLペットボトル)
<名称> コーヒー飲料
<原材料名> コーヒー、砂糖
<栄養成分> (100mL当たり) ●熱量[カロリー]:20kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:4.7g ●ナトリウム:5-45mg ●糖質:3.8g*

* 通常品(7.5g/100mL)比:45%減

■ 参照キャップデータ ■
(a) 『ネスカフェ(R)クリアテイスト<低糖45%減>』 (4角型900mLペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「071001/SG」。キャップは、大和ノーベンバル社製ワンピースキャップ [角丸タイプ] (ロット番号:428)。ボトルは、大和製罐社製 (ロット番号:A/7/4L)。プリフォーム [透明]:A1-17。

(b) 『ネスカフェ(R)クリアテイスト<低糖45%減>』 (4角型900mLペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「071007/NS」。キャップは、NCC社製ワンピースキャップ [粗ギザタイプ] (ロット番号:N11-65)。ボトル (ロット番号:9)。プリフォーム [透明]:13/117。

注1) KUMA氏の運営する 『ペットボトルキャップコレクションの旅』 「日本のプラキャップ」 <ネスレ日本編> を参照のこと

« 『爽健美茶(R)』 のベースノート | トップページ | キリンテクノシステム社の 「キャップ回転角度検査機」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192015/15514157

この記事へのトラックバック一覧です: 違いが分かる 『ネスカフェ(R)』 のキャップ:

« 『爽健美茶(R)』 のベースノート | トップページ | キリンテクノシステム社の 「キャップ回転角度検査機」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ