« キャップに天使の舞うイタリア産ナチュラルミネラルウォーター 『Beber』 | トップページ | 『銀座クレムリ』 の無地キャップの意義 »

2007/07/22

イタリア産ナチュラルミネラルウォーター 『Filette』 の無地キャップ

今回もイタリア産の炭酸入りナチュラルミネラルウォーター 『Filette Frizzante (フィレッテ フルザンテ)』 である [注1]。ラインナップとして、スチルウォーターの 『Filette Naturale (フィレッテ ナトゥラーレ)』 も存在する。近所の量販店では、希望小売価格500mL入り1本158円のところを53円 (税込み) [66%オフ] で販売されていた。賞味期限は 「2009/04」 であるので、未だ1年半以上も残っている。水の原価とは一体どうなっているのだろうと考えてしまう。これには理由があるみたいで、輸入業者の社名変更 (株式会社ユニパックス → 株式会社アクアグローブレックス) に関係があるようである。恐らく、在庫一掃が目的であろう。

同製品のホームページ [注1] によれば、フィレッテの水源は、イタリア中部アペニーニ山脈 (海抜2000m級) の広大な国立公園の中の 「グアルチーノ」 に位置する。アペニーニ山脈に降った雨や雪が、地層深く浸透し、約20年という歳月を掛けて濾過され、地層のミネラル成分を吸収した後、湧水となる。ラテン語で 「渓流」 を意味する 「Filette」 の水源は、ローマ時代、世界の首都と呼ばれたローマ市内に引かれていた11本もの水道の中でも最良の品質と讃えられた3本の水道の取水地であった。なお、ラベルに 「Acqua Minerale Naturale Oligominerale」 と表示のあるように イタリアの 「オリゴミネラルウォーター」 の認定を受けている。

別に、ミネラルウォーターに嵌っている訳ではないが、炭酸入りなのに飲みやすい。意外である。

キャップデザインは、紺色キャップ地の無地汎用キャップである。デパ地下で、輸入ボトルドウォーターを見ていると、その大半が無地の汎用キャップであることが分かる。この辺は、日本のミネラルウォーター事情と似ている気がする。

キャップの構造は、当ブログの2007年6月6日付け 「ナチュラルミネラルウォーター 『Azzurra』 の見分け方」 で触れたものと全く同様のものである。薄い透明なフライングディスク状のパッキン付きの2ピースキャップ (ポリエチレン (PE) 製) である。ローレット数は60山。天面部の裏側には [RV] という記号とロット番号が刻印されている。なお、TEバンドの構造は、台形プレート7枚分+3枚分のスペースが存在する。今回のキャップでは、3枚分のスペース部分はキャップ本体と一体化していないため、開栓時にTEバンドが残るタイプである。ブリッジ構造は8カ所である。

■ 商品表示データ ■
『Filette Decisamente Frizzante』 (5脚丸形PETボトル500mL)
<品名> 炭酸入りナチュラルミネラルウォーター
<原材料名> 水 (鉱水)、炭酸
<原産国名> イタリア
<採水地> グアルチーノ水源 (イタリア中部アペニーニ山脈)
<輸入者> 株式会社ユニパックス (東京都港区南青山3-12-11)
<栄養成分> (1L当たり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:3.3mg ●カルシウム:77.4mg ●マグネシウム:1.3mg
<硬度> 198mg/L、<pH値> 7.7
<JAN> 4-582167-880238 [日本向け輸出仕様]

■ 参照キャップデータ ■
『Filette Decisamente Frizzante』 (5脚丸形PETボトル500mL) の賞味期限: 「2009 04」。賞味期限24カ月。キャップは、パッキン着脱式2ピースキャップ (ロット番号:<本体>09、<パッキン> 23)。ボトル (ロット番号:1)。プリフォーム [濃い青] (ロット番号:PLS 31-45/S43-583)

注1) 株式会社アクアグローブレックス 「Filette

« キャップに天使の舞うイタリア産ナチュラルミネラルウォーター 『Beber』 | トップページ | 『銀座クレムリ』 の無地キャップの意義 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192015/15845015

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア産ナチュラルミネラルウォーター 『Filette』 の無地キャップ:

» ローマ [山形のブログ]
イタリアと言ったらやっぱりローマが好きです。 なぜならイタリアの首都であるローマは、イタリアで最も大きな都市であるだけでなく2000年以上の歴史を持っており、今だにその雰囲気を保っているからです [続きを読む]

« キャップに天使の舞うイタリア産ナチュラルミネラルウォーター 『Beber』 | トップページ | 『銀座クレムリ』 の無地キャップの意義 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ