« ペットボトルキャップの標準サイズについて | トップページ | JR東日本 『From AQUA』 のキャップ »

2007/07/16

カルピス 『カラダにピース』 入りキャップに 「販売者」 バージョン出現

カルピス社では、「製造者」 と 「販売者」 を明確に分ける必要があるようだ。表示欄中の 「製造者:キャップに記載」 とは別に、欄外に必ず 「又は販売者:キャップに記載」 とあることから、同一商品であっても、記載が異なる場合に備えていることが伺える。

『カラダにピース』 入りキャップ登場に伴い、『カルピスソーダ (R)』 系商品の住所表示付きキャップにも、「製造者住所表示」 バージョンが出現した。このことは、2007年6月27日付け 「カルピス、製造者住所表示キャップにも 『カラダにピース』 のメッセージを入れる」 に書いた通りである。その際、コメント欄において、KUMA氏より、「販売者」 バージョンの存在が示唆されていたが、本日 [2007年7月15日] やっと近くのスーパーで、それを入手することが出来た。

(a) 「製造者」 バージョンと (b) 「販売者」 バージョンの差異は、先ず、キャップとボトルの製造メーカーに顕著に現れている。(a) キャップ=NCC社 + ボトル=吉野工業所、(b) キャップ=日本山村硝子社 + ボトル=東洋製罐社である。また、製造所固有記号も、(a) が 「SC」、(b) が 「WK03」 と異なる。推測に過ぎないが、これらのバージョンの違いは、自社工場で製造されたか否かによるものと思慮する。

なお、今回の 『カラダにピース』 入りキャップ版では、同一の版下を改変して 「製造者」 と 「販売者」 の各々の版下を製作したことが分かる。従来版では、「製造者」 バージョンと 「販売者」 バージョンにおいて、住所表示部分の写植文字の級数、書体、字間 (詰め組の送り) に違いが見られた [注1]が、今回の版下にはそれらの差異は認められない。

■ 商品表示データ ■
(a) 『カルピスソーダ (R)』 (5脚PETボトル500mL)
<品名> 炭酸飲料
<原材料名> 糖類 (砂糖、果糖ぶどう糖液糖、ニゲロオリゴ糖)、脱脂粉乳、乳酸菌飲料、酸味料、香料、安定剤 (大豆多糖類)、甘味料 (アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムカリウム)
<JAN> 4-901340-069923

(b) 『カルピスソーダ (R)』 (6脚PETボトル1500mL)
<品名> 炭酸飲料
<原材料名> (a) に同じ
<JAN> 4-901340-070028

■ 参照キャップデータ ■
(a) 『カルピスソーダ (R)』 (5脚PETボトル500mL) の賞味期限+製造所固有記号: 「071112/SC」。賞味期限は約6カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製 「Fin-Lok」 ライナー材付き2ピースキャップ (洗浄スリット入り) [ノーマルタイプ] (ロット番号:<本体>K4-14、<ライナー材>40)。ボトルは、吉野工業所製 (ロット番号:118/37)。プリフォーム [白] (ロット番号:B049)

(b) 『カルピスソーダ (R)』 (6脚PETボトル1500mL) の賞味期限+製造所固有記号: 「071211/WK03」。賞味期限は約6カ月 (未開栓)。キャップは、日本山村硝子社製 「TEN-PH5RTキャップ」 (ベントホール付き) [ノーマルタイプ] (ロット番号:P1-33)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:G/7)。プリフォーム [白] (ロット番号:1-1/FDDk)

注1) KUMA氏の運営する 『ペットボトルキャップコレクションの旅』 「日本のプラキャップ」 <カルピス編>の中の<カルピスソーダ>を参照

« ペットボトルキャップの標準サイズについて | トップページ | JR東日本 『From AQUA』 のキャップ »

コメント

むふぅ。やっぱり出ましたか!
「販売者」 バージョンは、出るとしたら1.5Lボトルかと思っていましたが、そのようだったようですね。
やはり、製造ラインがまったく違うのでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192015/15783233

この記事へのトラックバック一覧です: カルピス 『カラダにピース』 入りキャップに 「販売者」 バージョン出現:

» より快適な住環境を [More joy, more style 新田水道]
この会社の窓のすぐ外に、街路樹の銀杏の木が見えます。春の訪れと共に芽が吹き始め、やがて青々と命を燃やす夏を迎えます。秋には眩しいほどに・・・ [続きを読む]

« ペットボトルキャップの標準サイズについて | トップページ | JR東日本 『From AQUA』 のキャップ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ