« 『食物せんいのおいしい水』 に見るハウス食品のペットボトルキャップに対する見識 | トップページ | 『MINAQUA (R)』 一家のその後の消息について »

2007/08/11

富山の老舗製薬メーカー廣貫堂の汎用キャップ

廣貫堂とそのグループ企業である日本薬剤株式会社のペットボトル飲料3種類をドラッグストアで購入した。(a) 『黒部の名水 麦茶』、(b) 『アミノ酸スポーツドリンクプラス』、(c) 『ファイバー緑茶』 である。コンビニでは絶対的に目にすることのない商品とメーカーである。

廣貫堂のホームページ [注1] によると、富山の置き薬 (配置家庭薬業) の歴史は、富山藩2代目藩主前田正甫公によって300年以上前に始められたと言う。江戸時代、 「反魂丹」 は 「越中富山の薬売り」 により、その薬効を全国に知らしめるに至った。1876 (明治9) 年、「反魂丹役所」 は共同出資により製薬会社となり、「廣貫堂」 の礎を築いたとされている。その後、配置販売従事者を養成する共立薬学校を設立し、現在の富山医科薬科大学薬学部へとその伝統は継承されている。まさに、由緒正しい医薬品製造業者である。

キャップデザインは、ノーマルタイプの白色キャップ地に、緑と茶色の2色刷りである。図柄は、2枚の葉っぱのシルエットが部分的に重なりあっており、葉っぱの中に 「日本薬剤」 の頭字語である 「N」 と 「Y」 が各々欧文フォント 「Cooper Black」 書体で入っている。その葉っぱを2色の半円が外周を囲う形である [実際の図柄については注2を参照のこと]。

キャップの種類はいずれもNCC社製の 「28NCフラップ」 ワンピースキャップである。何れも、洗浄スリット入りであること、同一製造ライン (ロット番号:H42-nn) であること、製造時期もほぼ同じであることなどを勘案すると、使用キャップのデザインと種類を共通にすることで、2色刷りに掛かるコストを吸収し、一回の発注量を大量にすることにより、キャップの仕入原価を抑えていると思われる。富山のくすり屋300年のなせるワザである。

キャップにデザインを施したいと考えている飲料メーカーは、一考の余地があるのではないだろうか。

■ 商品表示データ ■
(a) 『黒部の名水 麦茶』 (6角型PETボトル500mL)
<品名> 麦茶 (清涼飲料水)
<原材料名> 六条大麦 (国産)、乳化剤
<栄養成分> [表示なし]
<販売者> 株式会社廣貫堂KN (富山市梅沢町2-9-1)
<JAN> 4-954097-902104

(b) 『アミノ酸スポーツドリンクプラス』 (6角型PETボトル500mL)
<品名> 清涼飲料水
<原材料名> 糖類 (果糖ぶどう糖液糖、グラニュー糖、トレハロース)、酸味料、アミノ酸 (アスパラギン酸Na、グルタミン酸Na、アルギニン、イソロイシン、バリン)、塩化K、塩化Na、乳酸Ca、塩化Mg、ビタミンC、香料
<栄養成分>* (100mL当たり) ●エネルギー:24kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:6.0g ●ナトリウム:17mg ●カルシウム:3mg ●カリウム:16mg ●マグネシウム:3mg
<電解質濃度> (単位:mEq/L) ●Na+:7 ●K+:4 ●Ca2+:1 ●Mg2+:1 ●Cl-:9 ●citrate3-:8 ●lactate-:1
<販売者> 株式会社廣貫堂KN (富山市梅沢町2-9-1)
<JAN> 4-954097-901404

* 分析:株式会社廣貫堂調べ

(c) 『ファイバー緑茶』 (4角型PETボトル500mL)
<品名> 緑茶 (清涼飲料水)
<原材料名> 水溶性食物繊維、緑茶、ビタミンC
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:8kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:2.0g ●ナトリウム:9.7mg ●カテキン:90mg ●カフェイン:21mg
<販売者> 日本薬剤株式会社NY (富山市東中野1-1-1)
<JAN> 4-954097-902807

■ 参照キャップデータ ■
(a) 『黒部の名水 麦茶』 (6角型PETボトル500mL) の賞味期限+製造所固有記号: 「2008.05.23/KN」。賞味期限は不明。キャップは、NCC社製 「28NCフラップ」 ワンピースキャップ (洗浄スリット入り) [ノーマルタイプ] (ロット番号:H42-18)。ボトル (ロット番号:10)。プリフォーム [白] (ロット番号:NT-3A)

(b) 『アミノ酸スポーツドリンクプラス』 (6角型PETボトル500mL) の賞味期限+製造所固有記号: 「2008.06.10/KN」。賞味期限は不明。キャップは、NCC社製 「28NCフラップ」 ワンピースキャップ (洗浄スリット入り) [ノーマルタイプ] (ロット番号:H42-36)。ボトル (ロット番号:7)。プリフォーム [白] (ロット番号:NT-4A)

(c) 『ファイバー緑茶』 (4角型PETボトル500mL) の賞味期限+製造所固有記号: 「2008.02.17/NY」。賞味期限は不明。キャップは、NCC社製 「28NCフラップ」 ワンピースキャップ (洗浄スリット入り) [ノーマルタイプ] (ロット番号:H42-44)。ボトル (ロット番号:9)。プリフォーム [白] (ロット番号:NT-31)

注1) 「株式会社廣貫堂」 (ホームページ)
注2) KUMA氏の運営する 『ペットボトルキャップコレクションの旅』 「日本のプラキャップ」 <お茶編><日本薬剤 (株) NYファイバー緑茶-01>を参照のこと

« 『食物せんいのおいしい水』 に見るハウス食品のペットボトルキャップに対する見識 | トップページ | 『MINAQUA (R)』 一家のその後の消息について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192015/16081645

この記事へのトラックバック一覧です: 富山の老舗製薬メーカー廣貫堂の汎用キャップ:

« 『食物せんいのおいしい水』 に見るハウス食品のペットボトルキャップに対する見識 | トップページ | 『MINAQUA (R)』 一家のその後の消息について »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ