« 自販機用ラインナップとしてのスポーツウォーター | トップページ | 大塚ベバレジ社のスマイルキャップ »

2007/09/08

ハワイのボトルドウォーター 『Ultra-Pure Hawaii Water (R)』 の社名入りキャップ

2007年8月29日付けの当ブログで「ハワイのボトルドウォーター 『Ultra-Pure Hawaii Water (R)』 の白色無地キャップ」 について言及したばかりであるが、本日、輸入雑貨店 「MINIPLA」 [注1] で購入した、 『Ultra-Pure Hawaii Water (R)』 [注2] (240mL=8FL OZ) のボトルのキャップには社名が入っていた。レシートによれば、容量は280mLではなく、330mLらしい。1本168円(税込み)。ちょっとお高めである。

プラスチックラベルのデザインは既にお馴染みの 「椰子の木とダイヤモンドヘッド」 のイラストであるが、輸入業者が異なっている。新規代理店開業と広報の窓口を行っている有限会社ミネフネウォータージャパンが輸入元となっている。同社では、日本国内をエリア毎に分け、5ガロンボトルの販売サービス店のフランチャイズ展開をはかっている。

キャップは、米国のミネラルウォーターではお馴染みのTHC社の汎用無地キャップではなく、米国ALCOA社製の 「Wing-Lok」 が用いられている。TEバンド部に、ウイング17カ所、ブリッジ14カ所のものものである。

キャップデザインは、白色キャップ地 (天面部マット仕立て) に青色で、外周辺縁部上部に 「WATER MENEHUNE COMPANY」 + 下部に 「BOTTLED IN HAWAII」、更にその内側に 「AIEA, HAWAII」 + 「(808) 487-7777」 の電話番号、そして真ん中に 「5ガロンボトルを肩に担ぐカメハメハ大王」 のイラストである [図柄については注3を参照]。イラストは、鯛を担う恵比寿様のようである。

5ガロン [約19リットル] ボトルは、専用ウォーターサーバーに填め込んで使用するタイプである。水道水がそのまま飲める日本では、これまで余り普及しなかったが、オフィスなどでの需要が増えているようである。

はっきり言って、水の味も分からない人間が多いこの国では、スタイルの方が重要なので、この手の商品は意外に普及すると思われる。重ねて言うが、目を閉じて、よく冷えた水道水を飲んでみてほしい。軟水と比較した場合、大して味は変わらない筈である。実は、水道水は、この間の水処理技術のイノベーションにより、格段にピュアで美味しくなって来ている。先ず、飲む前にカルキ分を除去する工夫を施せば完璧である。

■ 商品表示データ ■
『Ultra-Pure Hawaii Water (R)』 (4角PETボトル240mL)
<品名> 清涼飲料水 (ピュアウォーター)
<原材料名> 深井戸水 (深さ200m)
<採水地> ハラワ水源 (ハワイ州)
<原産国名> アメリカ合衆国 (ハワイ州)
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g
<輸入者> 有限会社ミネフネウォータージャパン (神奈川県川崎市幸区小向西町2-28)
<UPC> 0-81533-71711-5

■ 参照キャップデータ ■
『Ultra-Pure Hawaii Water (R)』 (4角PETボトル240mL) の賞味期限:「PROD022007EXP062008/008889HIS¢」。賞味期限は不明。キャップは、ALCOA社製ワンピースキャップ [ノーマルタイプ] (ロット番号:AH363)。ボトル (ロット番号:G3)。プリフォーム [透明] (ロット番号:I9-21-50/KIMPET)

注1) プラザスタイル株式会社MINIPLA」 (ホームページ)
注2) 「Menehune Water Company」 (ホームページ、英文)
注3) KUMA氏の運営する 『ペットボトルキャップコレクションの旅』 「外国のプラキャップ」 <USA編>の 「メネフネウォータージャパンHAWAII WATER-01」 を参照のこと

« 自販機用ラインナップとしてのスポーツウォーター | トップページ | 大塚ベバレジ社のスマイルキャップ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192015/16386928

この記事へのトラックバック一覧です: ハワイのボトルドウォーター 『Ultra-Pure Hawaii Water (R)』 の社名入りキャップ:

» NF膜とは!! [NF膜とは!!NF膜による膜処理法!!|ナノろ過膜!!]
NF膜は最近では、環境や食品分野の複雑な分離技術にNF膜(ナノ膜)の応用が注目されている。NF膜は分子量が数百〜数千程度をおもに分離することを対象にした低圧逆浸透膜法である。 [続きを読む]

» ハワイ ミネラルウォーター [コントレックスとかミネラルウォーターを]
ハワイのボトルドウォーター 『Ultra-Pure Hawaii Water (R)』 の ...キャップは、米国のミネラルウォーターではお馴染みのTHC社の汎用無地キャップではなく、米国ALCOA社製の 「Wing-Lok」 が用いられている。TEバンド部に、ウイング17カ所、ブリッジ14カ所のものものであ..... [続きを読む]

« 自販機用ラインナップとしてのスポーツウォーター | トップページ | 大塚ベバレジ社のスマイルキャップ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ