« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008/02/29

新 『AQUARIUS(R)』 キャップの差異

『AQUARIUS(R)』 (ホワイトキャップ+青色文字) にも1Lミディペットが出ていたので購入した。キャップは、Alcoa社製であった。特にキャップ製造メーカーにより、キャップ地の色が分かれる訳ではなさそうである (2008年2月28日、サンクス店頭にて確認)。

このホワイトキャップ地に青色文字で 「AQUARIUS(R)」 + 五輪マーク + 「公式スポーツ飲料」 のキャンペーンキャップには、2種類のバージョンが存在する。(a) アルコア・クロージャー・システムズ社製のものと (b) 日本クラウンコルク社製のものである。違いを見分けるのは簡単で、(a)(b) ともに側面スカート部のギザギザに1本だけ短いインジケータマークが存在するが、(b) の日本クラウンコルク社製のもの方には、更にインジケータマークの近傍天面部にドットホールがある。開栓後、各々のキャップの裏面に、(a) 「P1/ALCOA/Lot#」、(b) 「H48/Lot#」の刻印が確認出来るはずである。そして最大のポイントは、「レジスターマーク(R)」 の大きさにある。(a) の方が (b) のものと較べて明らかに大きい。そして 「AQUARIUS」 の商品ロゴは (b) の方が (a) よりも1mm程大きく、文字も太っている。どうやら、同一の版下を使用していないようである。アルコア社の場合、印刷精度が若干あまい。このことが、「(R)」 を大きくしている理由かも知れない。しかしながら、これは一つの 「景色」 を成しており、一概に善し悪しの判断とは結びつかない。むしろ、こうした 「ゆらぎ」 こそが味わいであり、ペットボトルキャップの魅力の一つでもある。

■ 商品表示データ ■
(a) 『アクエリアス』 (1LミディPETボトル)
<品名> 清涼飲料水
<原材料名> 高果糖液糖、トレハロース、はちみつ、塩化Na、ローヤルゼリー、海藻エキス、クエン酸、クエン酸Na、香料、アルギニン、塩化K、塩化Mg、乳酸Ca、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(スクラロース)、イソロイシン、バリン、ロイシン
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:19kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:4.7g ●ナトリウム:46mg ●カリウム:8mg ●マグネシウム:1.2mg ●アルギニン:25mg ●イソロイシン:1mg ●バリン:1mg ●ロイシン:0.5mg
<販売者> コカ・コーラナショナルビバレッジ株式会社 (東京都港区六本木6-2-31)
<JAN> 4-902102-069311

(b) 『アクエリアス』 (2L PETボトル)
<JAN> 4-902102-069274

■ 参照キャップデータ ■
(a) 『アクエリアス』 (1LミディPETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「E 081122-EIB」。賞味期限は270日[約9カ月] (未開栓)。Alcoa社製ワンピースキャップ [PS-Lok] (リンスホール4カ所) (ロット番号:P1-30)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:G/10)。プリフォーム [白] (ロット番号:1-83)。製造ロット番号:n/a。

(b) 『アクエリアス』 (2L PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「L 081115-EEB」。賞味期限は270日[約9カ月] (未開栓)。キャップは、NCC社製ワンピースキャップ [NC28フラップホット] (洗浄スリット4カ所) (ロット番号:H48-60)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:Y8)。プリフォーム [白] (ロット番号:13C37)。製造ロット番号:03:24 037586

2008/02/27

新 『アクエリアス(R)』 ファミリーキャップ大量増殖中

昨日、2008年2月26日付けブログ 「北京オリンピック協賛キャップで 『AQUARIUS(R)』 をリニューアル」 において、(a) 『アクエリアス(R)』 (ブルーキャップ) と (b) 『アクエリアスビタミンガード(R)』 (レモンイエローキャップ) を色違いのキャンペーンキャップとともにリニューアル、と書いたばかりなのに、何と新 『アクエリアス(R)』 ファミリーには、兄と姉が存在していた。

(c) 『アクエリアス(R)』 (2L)(ホワイトキャップに青色文字) と (d) 『アクエリアスビタミンガード(R)』 (1Lミディペット)(ホワイトキャップに濃いオレンジ色文字) である (2008年2月27日、近所のスーパー店頭、am/pm店頭にてそれぞれ確認)。

キャップの図柄は、オリンピック協賛キャップである。

新 『アクエリアス(R)』 ファミリーの色構成を整理してみた。

 (a) 『アクエリアス(R)』 500mL
     キャップ地色:青
         文字色:白
 (b) 『アクエリアスビタミンガード(R)』 500mL
     キャップ地色:レモンイエロー
         文字色:赤 (濃いオレンジ?)
 (c) 『アクエリアス(R)』 2L
     キャップ地色:白
         文字色:青
 (d) 『アクエリアスビタミンガード(R)』 1Lミディペット
     キャップ地色:白
         文字色:濃いオレンジ

なお、今回入手した (a)(b) のキャップのはAlcoa CSI社製であるが、(c)(d) はNCC社製である。製造ラインや製品の容量により、PETボトル容器やキャップの種類、製造メーカーまで変更する必要があるとすれば、キャップ地の色や刷り色を製品別に変えることは、費用面からもそれほど問題にはならないはずである。なぜならば、キャップの印刷はキャップ製造メーカーごとに行われるため、必然的に仕入コストに含まれるからである。従って、同一ブランド多品種製造の場合、キャップの色分けは極めて効果的と言える。

『アクエリアス(R)』 ファミリーには、上記以外にも 『アクティブダイエット』、『シャープチャージ』、『フリースタイル』 などのラインナップが存在するはずである。もしかしたら、今後も増殖は続くのかも知れない。是非とも、CCNBC社には頑張ってもらいたいものである。

■ 商品表示データ ■
(a/c) 『アクエリアス』 (500mL四角PETボトル/2L PETボトル)
<品名> 清涼飲料水
<原材料名> 高果糖液糖、トレハロース、はちみつ、塩化Na、ローヤルゼリー、海藻エキス、クエン酸、クエン酸Na、香料、アルギニン、塩化K、塩化Mg、乳酸Ca、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(スクラロース)、イソロイシン、バリン、ロイシン
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:19kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:4.7g ●ナトリウム:46mg ●カリウム:8mg ●マグネシウム:1.2mg ●アルギニン:25mg ●イソロイシン:1mg ●バリン:1mg ●ロイシン:0.5mg
<販売者> コカ・コーラナショナルビバレッジ株式会社 (東京都港区六本木6-2-31)
<JAN> 4-902102-069359 / 4-902102-069274

(b/d) 『アクエリアスビタミンガード』 (500m四角LPETボトル/1LミディPETボトル)
<品名> 清涼飲料水
<原材料名> 高果糖液糖、はちみつ、塩化Na、V.C、香料、クエン酸、酢酸V.E、マリーゴールド色素、塩化K、乳酸Ca、甘味料(スクラロース)、ナイアシン、バリン、イソロイシン、ロイシン、ビオチン
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:17kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:4.3g ●ナトリウム:12mg ●ナイアシン:1.8mg ●ビオチン:9μg ●V.C [ビタミンC]:150mg ●V.E [ビタミンE]:1.2mg
<販売者> コカ・コーラナショナルビバレッジ株式会社 (東京都港区六本木6-2-31)
<JAN> 4-902102-069199 / 4-902102-069175

■ 参照キャップデータ ■
(a) 『アクエリアス』 (500mL四角PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「C 080918/SZA」。賞味期限は240日[約8カ月] (未開栓)。キャップは、Alcoa社製ワンピースキャップ [PS-LokII] (リンスホール**4カ所) (ロット番号:V6-14)。ボトルは、吉野工業所製 (ロット番号:37/41)。プリフォーム [白] (ロット番号:2A41)。製造ロット番号:0926A25

(b) 『アクエリアスビタミンガード』 (500mL四角PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「080728/SZA」。賞味期限は180日[約6カ月] (未開栓)。キャップは、Alcoa社製ワンピースキャップ [PS-LokII] (リンスホール4カ所) (ロット番号:V5-29)。ボトルは、吉野工業所製 (ロット番号:28/41)。プリフォーム [白] (ロット番号:2D41)。製造ロット番号:1435A31

(c) 『アクエリアス』 (2L PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「L 081115-EEB」。賞味期限は270日[約9カ月] (未開栓)。キャップは、NCC社製ワンピースキャップ [NC28フラップホット] (洗浄スリット4カ所) (ロット番号:H48-60)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:Y8)。プリフォーム [白] (ロット番号:13C37)。製造ロット番号:03:24 037586

(d) 『アクエリアスビタミンガード』 (1LミディPETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「081007-HTO」。賞味期限は240日[約8カ月] (未開栓)。キャップは、NCC社製ワンピースキャップ [NC28フラップホット] (洗浄スリット4カ所) (ロット番号:H48-60)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:G/15)。プリフォーム [白] (ロット番号:1-15)。製造ロット番号:A 2056B12

『キリン生茶』 新キャップ異聞

2008年2月25日付け当ブログ 「『キリン生茶』 新規設計の変則ナールキャップでリニューアル発売」 にて、今回リニューアル発売された 『キリン生茶』 のキャップは、「内側の構造から類推して、NCC社製の 『28NCフラップアセプ』 の改良型である」 と述べたが、その後、ベンダー対応商品や350mLボトルに、「28NCフラップホット」 の改良型も存在することが判明した。これは、キャップ内側にエコグリップキャップ (28NCフラップホット-SW) と同様の構造が、内径シール内に60度毎の縦横縦横縦横パターン ( | - | - | - ) の突起として認められる。一方、「28NCフラップアセプ」 改良型の方は、加ト吉やJTフーズ社が導入している 「28NCフラップアセプ-S」 と同様の構造が、内径シール内に直径4mm程の円形と少し離れて同心円上に位置する8本の放射線状突起 (子どもが描く太陽に近い) として見られる。

従って、新設計の変則ナールキャップ (この呼び方は、便宜的に行っているだけなので、他所では言わないように) は、粗ギザタイプが 「28NCフラップアセプ」 からの進化系であり、ノーマルタイプが 「28NCフラップホット」 からの進化系と言える。まさに、2系統が同時発生的に出現したことになる。まあ、ペットボトルキャップは生物ではないので、この表現は適当ではないが、説明上便利なので用いた。

なお、見分け方は簡単で、キャップ側面スカート部の 「洗浄スリット」 の有無により判別可能である。すなわち、スリット (切れ込み) のあるものが、ホット充填用ペットボトルに対応する 「28NCフラップホット」 改良型キャップである。なお、この 「洗浄スリット」 は、NCC社固有の呼称であり、アルコア社では 「リンスホール」、日本山村硝子社では 「ベントホール」と、各社異なる呼び方が存在する。ただ、使用目的は一緒である。一般的に、この側面に対して水平に入れられた細い切れ込みは、ボトル詰め工程において、溢れ出した内容液がキャップとボトル口栓部のネジ山との間に残留すること防ぐ役割のものである。実際には、ペットボトルにキャッピングをした後、真上から水を勢い良く流し掛け、毛細管現象を利用して排液する仕組みである。因みに、「リンス (rinse)」、「ベント (vent)」 とはそれぞれ、「洗浄」、「排液」 といった意味である。このことにより、飲み口にカビが発生するのを防止出来るという前世紀における画期的な発明である。

では、なぜ粗ギザタイプのキャップには、この洗浄用の切れ目が特に設けられていないかと言うと、ペットボトル口栓部の形状にその答えが見出せる。具体的な規格やスペックを知らないため、詳細な説明は省きたいが、アセプ充填用ボトルの口栓部は、透明のままで、ネジ山を鉛直方向に分断する溝が4本存在することが最大の特徴となっている。逆に、ホット充填用ボトルの口栓部では、強度を増強する目的で結晶化 (白化) 処理があらかじめプリフォーム製造段階で施されており、ネジ山は初めから終わりまで切れ目のない連続した1本の螺旋となっている。従って、粗ギザタイプのキャップの場合、4本ある溝から残留液が自動的に排液されるため、切れ込みが不要と考えられる。実際に、コンビニエンスストア店頭で確認したところ、キャップ下部のサポートリングの色とキャップのギザギザタイプの間には、一部例外を除き、以下のような共通点が認められた。

・ 「粗ギザタイプ」 のキャップでは、サポートリングが [透明]
・ 「ノーマルタイプ」 のキャップでは、サポートリングが [白]

なお、一部の例外として、サントリー社の 『胡麻麦茶』、『伊右衛門』 などに「粗ギザタイプ」 のキャップに対してサポートリングが [透明] の場合と [白] の場合の混在ケースが見受けられたが、極めて稀な例である。

さて、『キリン生茶』 の新設計変則ナールグリップキャップには、2系統のキャップが存在することから、このキャップは 「粗ギザ」 と 「ノーマル」 の何れに分類されるべきか、とうい論争 (?) に一定の結論が与えられたように思う。実に、<ハイブリッド>なのであった。従って、今後、当ブログ内では 「ハイブリッドナールグリップ」 と呼称していくことにする (なお、これは私的かつ便宜的な呼び方なので、他所では決して言わないように、恥ずかしいので)。

恐らく、「ハイブリッドナールグリップ」 は今後、キリンビバレッジの 「全PET容器」 に採用されるとのことなので、炭酸系飲料などの別系統の発生に期待したい。まるで、ドイツの生物学者エルンスト・ヘッケルが唱えた反復説 (「個体発生は系統発生を繰り返す」 というもの) のようで、愉しい。

ところで、リニューアルした 『キリン生茶』 のボトルデザインであるが、CCNBC社の 『綾鷹』 を意識してか、切子硝子 (カットグラス) のようなショルダーシェイプに仕上がっている。なお、これは、自社成形ボトルのみで、六角PETボトルには、北海製罐製と吉野工業所製のものが使用されている。伊藤園も最近、この手のボトルで高級感を演出していることから、飲料業界ではトレンドなのだろう。誠に、トホホな状況といえる。

■ 商品表示データ ■
(a) 『生茶』 (500mLオリジナル [カットグラス様] PETボトル)
<名称> 生茶 (清涼飲料水)
<原材料名> 煎茶 (国産)、玉露 (国産)、生茶葉抽出物 (国産)、ビタミンC
<栄養成分> (製品100mL当たり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:10mg
<販売者> キリンビバレッジ株式会社 (東京都千代田区神田和泉町1番地)
<JAN> 4-909411-030902

(b) 『生茶』 (500mL六角PETボトル)
<JAN> 4-909411-030920

(c) 『生茶』 (350mL六角PETボトル)
<JAN> 4-909411-030940

■ 参照キャップデータ ■
(a)『生茶』 (500mLオリジナルPETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「081030/NM」。賞味期限は8カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製 「28NCフラップアセプ」 改良型ワンピースキャップ (新設計変則ナールグリップ、洗浄スリットなし)(ロット番号:A10-63)。ボトルは自社 (KBC) 形成 (ロット番号:B29)。プリフォーム [透明] (ロット番号:D28-39)。

(b)『生茶』 (500mL六角PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「081105/KC」。賞味期限は8カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製 「28NCフラップホット」 改良型ワンピースキャップ (新設計変則ナールグリップ、洗浄スリット6個所)(ロット番号:H82-30)。ボトルは、北海製罐製 (ロット番号:Z07)。プリフォーム [白] (ロット番号:2386)。

(c)『生茶』 (350mL六角PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「081031/KC」。賞味期限は8カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製 「28NCフラップホット」 改良型ワンピースキャップ (新設計変則ナールグリップ、洗浄スリット6個所)(ロット番号:H82-46)。ボトルは、吉野工業所製 (ロット番号:21/53)。プリフォーム [白] (ロット番号:2053)。

2008/02/26

北京オリンピック協賛キャップで 『AQUARIUS(R)』 をリニューアル

CCNBC社は、(a) 『アクエリアス(R)』 (ブルーキャップ) と (b) 『アクエリアスビタミンガード(R)』 (レモンイエローキャップ) を色違いのキャンペーンキャップとともに、2008年2月25日 (月) リニューアル発売した [注1-2] (2008年2月26日、コンビニエンスストア (サンクス、ファミリーマート) 店頭、東京メトロ駅構内ベンダーにて、それぞれ確認)。

今回のキャンペーンは、2008年北京オリンピックにおける 「日本選手団公式スポーツ飲料」 に認定されたことをPRするために行われている。そのため、キャップの図案には、従来の商品ロゴである 「AQUERIUS(R)」 + 点対称の 「→あける」 に加えて、ロゴ下に 「五輪マーク」、更にその下に 「公式スポーツ飲料」 の小さな文字 (ゴジック体5.5ポイント程度の大きさ) から構成される実に情報満載の新キャップとなっている。ここまで、目的重視だと清々しい程である。常々、CCNBC社のデザインセンスについては、辛口コメントを吐いて来た私だが、この際、全面降伏を宣言することにする (どうも、すみませんでした)。

更に、今回CCNBC社のキャップ戦略におけるメルクマールは何と言っても、キャップのカラーリングを製品別に変えたことであろう。(a) 『アクエリアス(R)』 のブルーキャップ地には白色オペークインキ、(b) 『アクエリアスビタミンガード(R)』 のレモンイエローキャップ地には赤色インキが使用されている。刷り色はそれぞれ単色なのに、キャップの地色が加わるため、ディスプレーにカラフルな効果をもたらしている。

私は、かねてより同社には知恵者が存在することを指摘してきた訳であるが、今ここに至ってそれは確信へと変わった。今回投入された 『アクエリアス(R)』 ブランドファミリーのキャップも、『Coca-Cola(R)』 ブランドファミリーのキャップ同様、同一デザインの版下が使用されているにもかかわらず、キャップ地の色と印刷の際のインキの色を変更するだけで、全く異なる印象を与えることに成功している。この点が確信に至った理由である。同社はここ数年にわたり、全国各地の製造工場を閉鎖し、製造ラインの整理統合を推進し、ボトルやキャップの共通化をはかることで、着実にコスト削減を達成して来た。

キャップを例にとれば、あの茶色い炭酸入りの液体の固有名詞としての 『Coca-Cola(R)』 と販売者としての 「Coca-Cola(R)」 の呼称が同一であることの呪縛を 「From」 とうい呪文をキャップに刻むことで一挙に解決した。なお、『ジョージア(R)』 (コーヒー飲料)、『アクエリアス(R)』 (スポーツ飲料)、『爽健美茶(R)』 (茶系飲料) などは、基軸戦略商品であることから、オリジナルデザインのキャップとして残された。この判断は、あくまで対経済効果の問題である。換言すれば、「キリン」、「アサヒ」、「サッポロ」、「サントリー」 といったビールメーカー由来の飲料企業には、社名と同一の固有名詞を有する商品が存在しないことから、冠を付すことなく、コーポレートロゴをそのままキャップに刻印出来ていたのである。

また、2008年1月3日付け当ブログ 「CCNBC社3種類の 『Coca-Cola(R)』 のキャップデザインを統一」 でも言及したように、『Coca-Cola(R)』 ブランドファミリーのキャップが同一デザインで統一されるに至って、経費節減と商品の差別化という相反するテーマを一挙に解決するに至った。このフォーマットが今回、『アクエリアス(R)』 ブランドファミリーにも導入されたことになる。本当に、頭のいい人はいるものである。まさに 「深慮遠謀」 とは、同社の戦略にこそ当て嵌まる言葉である。畏るべし! コカ・コーラ。

何れにしても、新規キャップの登場はうれしい。

■ 商品表示データ ■
(a) 『アクエリアス』 (500mL四角PETボトル)
<品名> 清涼飲料水
<原材料名> 高果糖液糖、トレハロース、はちみつ、塩化Na、ローヤルゼリー、海藻エキス、クエン酸、クエン酸Na、香料、アルギニン、塩化K、塩化Mg、乳酸Ca、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(スクラロース)、イソロイシン、バリン、ロイシン
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:19kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:4.7g ●ナトリウム:46mg ●カリウム:8mg ●マグネシウム:1.2mg ●アルギニン:25mg ●イソロイシン:1mg ●バリン:1mg ●ロイシン:0.5mg
<販売者> コカ・コーラナショナルビバレッジ株式会社 (東京都港区六本木6-2-31)
<JAN> 4-902102-069359

(b) 『アクエリアスビタミンガード』 (500m四角LPETボトル*)
<品名> 清涼飲料水
<原材料名> 高果糖液糖、はちみつ、塩化Na、V.C、香料、クエン酸、酢酸V.E、マリーゴールド色素、塩化K、乳酸Ca、甘味料(スクラロース)、ナイアシン、バリン、イソロイシン、ロイシン、ビオチン
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:17kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:4.3g ●ナトリウム:12mg ●ナイアシン:1.8mg ●ビオチン:9μg ●V.C [ビタミンC]:150mg ●V.E [ビタミンE]:1.2mg
<販売者> コカ・コーラナショナルビバレッジ株式会社 (東京都港区六本木6-2-31)
<JAN> 4-902102-069199

■ 参照キャップデータ ■
(a) 『アクエリアス』 (500mL四角PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「C 080918/SZA」。賞味期限は240日[約8カ月] (未開栓)。キャップは、Alcoa社製ワンピースキャップ [PS-LokII] (リンスホール**4カ所) (ロット番号:V6-14)。ボトルは、吉野工業所製 (ロット番号:37/41)。プリフォーム [白] (ロット番号:2A41)。製造ロット番号:0926A25

(b) 『アクエリアスビタミンガード』 (500mL四角PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「080728/SZA」。賞味期限は180日[約6カ月] (未開栓)。キャップは、Alcoa社製ワンピースキャップ [PS-LokII] (リンスホール4カ所) (ロット番号:V5-29)。ボトルは、吉野工業所製 (ロット番号:28/41)。プリフォーム [白] (ロット番号:2D41)。製造ロット番号:1435A31

* ベンダー仕様のものには、吉野工業所製の六角PETボトルが使用されている (製造ライン:080801/EIB)。
** Alcoa CSI社では、キャップ側面のスリット状の切れ込みを 「リンスホール」 と呼称している。因みに、NCC社では 「洗浄スリット」、日本山村硝子では 「ベントホール」 と各社、呼び方が異なる。

注1) 「オリンピック日本選手団公式スポーツ飲料 新 「アクエリアス」 誕生 北京オリンピックへ向けて、本格始動!! ―2月25日 (月)より全国で新発売―/新 「アクエリアス」 2008年広告キャンペーンコンセプト 「ALL FOR JOY」! ―TVCM第1弾 『松坂のバッティング』 篇 (15秒/30秒) 2月27日 (水) よりオンエア開始―」 コカ・コーラナショナルビバレッジ ニュースリリース#344 (2008/02/22)
注2) 「“4 VITAMINS FOR JOY”新 「アクエリアス ビタミンガード」 誕生 ―2月25日 (月) より全国で新発売―/TVCM第1弾 『ビタミントレーナー登場』 篇 (15秒) 2月27日 (水) よりオンエア開始」 コカ・コーラナショナルビバレッジ ニュースリリース#345 (2008/02/22)

2008/02/25

『キリン生茶』 新規設計の変則ナールキャップでリニューアル発売

2008年1月21日付け当ブログ 「『キリン生茶』 リニューアルに伴い、グリップ性能を強化した新形状キャップを採用」 にて既報の通り、『キリン生茶』 [注1] がキャップデザインも新たにリニューアル発売された (2008年2月25日 (月) 夕方、セブンイレブン店頭にて確認)。

やはり、実物を見ないと分からないものである。前回は、ニュースリリースの写真に依拠して記事を書いたため、予測を大きく外す結果となってしまった (トホホ、この点につきましては読者諸氏に深くお詫び申しあげます)。

実物を手に取って感じたことは、意外に格好いい仕上がりになっていることである。キャップスカート部のナール (knurl) 形状は、やはり 「粗ギザ」 タイプと 「ノーマルギザ」 タイプの折衷であったが、 「広い溝」 と 「狭い溝」 の組は2セットの循環ではなく、3セットの循環であった。具体的には、60度毎に 「細い山1本 + 広い溝1本」 のエレメント10個と 「細い山1本 + 狭い溝1本」 のエレメント20個が交互に3回循環している。なお、インジケータマークは 「広い溝」 の最初の山の1本のみが他の山の長さに較べ約20%程短くなっている。天面部にもドットホールがあるため、簡単に判別出来る。ただし、実際には 「広い溝10本に対して粗ギザ様の山9本」 → 「狭い溝20本に対してノーマル様の山21本」 のセットが3回循環し、元に戻るように見える。これは、広い溝の方は60度角の間を 「溝」 から始まり 「溝」 で終わるパターンであるのに対して、狭い溝の方は60度角の間を 「山」 から始まり 「山」 で終わるパターンで構成されているためである。あたかも山の数が9本対21本であるような印象を与えている。どちらかと言えば、この説明の方が分かりやすいのかも知れない。何れにせよ、粗ギザの間隔は 「6°」、ノーマルギザの間隔は 「3°」、ナール (山) の総数は90本と言うことになる。

また、前回ブログでは、「天面部は楕円に近い視覚的効果をもたらすのではないだろうか」 と大胆不敵かつ不遜な予測を行ったが、実際にはギザギザの山の突起は天面部までは達していないため、天面部のデザイン領域 (印刷面) を毀損するものではない。従って、従来からのノーマルキャップ同様のデザイン効果をもたらすと考えられる。

今回のキャップは、内側の構造から類推して、日本クラウンコルク (NCC) 社製の 「28NCフラップアセプ」 の改良型である。「開けやすい新キャップ」 をコンセプトとしたユニバーサルデザインの展開を意図したものであり、NCC社とキリンビバレッジ社の共同開発になるものである (特許出願中) [注2]。キリンビバレッジ社では今後、この新規設計の変則ナール形状グリップキャップを 「全PET容器」 に展開していく予定であるという [注2]。

リニューアルされた 『生茶』 キャップ天面部の図案について、前回ブログにおいて 「ラベルの商品ロゴが従来のままであり、キャップ地の色も、煎茶をイメージした明るい緑色のままであることから、変更はないような気がする」 と予測したが、これも大ハズレであった (トホホ)。実際には、キャップ地の色は従来からの明るい緑色のままであるが、図案は 『生茶』 で使用されて来た濃い緑色の葉っぱのデザインのみを中心に大きく配した非常にシンプルなものに変わった。以前葉っぱの脇にあった 「生茶」 の商品ロゴを敢えて外すことで、茶葉のイメージをアイコンのみでストレートに伝達することを意図したものと思われる。『生茶』 の商品戦略が次のステップに入ったことの決意の表れであろう。

この動きに対抗するかように、変形 (変則) グリップでは先行するアサヒ飲料もウェーブナール形状の 「エコグリップキャップ」 の使用範囲を拡大しつつある。2008年2月現在、以下製品において、その使用が確認されている。

 『アジアンウォーター』
  (2008年2月19日新発売)
 『べにふうき緑茶』
  (2008年1月頃からキャップのみ併用使用)
 『ぎゅぎゅっとしみこむコラーゲンウォーター + ビタミンC』
  (2008年2月5日リニューアル発売)
 『バヤリースとろける白桃プレミアム』
  (2008年1月22日新発売)*
 『バヤリースとろけるマンゴープレミアム』
  (2007年12月18日新発売)*
 『赤いビタミンウォーター』
  (2007年8月14月新発売)
 『ぎゅぎゅっとしみこむコラーゲンウォーター』
  (2007年6月26日リニューアル発売)
 * 注) バヤリースブランド以外は白地キャップ + 灰色文字 「Asahi」 + 「あける→」 である。また、アサヒ飲料の発売日は特に断りのない限り、火曜日である。

なお、最近似たような変則グリップのキャップをスーパー店頭で見かけたので、今日の変則グリップキャップの動向とともに言及したい。

このキャップは、加藤物産株式会社が南アフリカ共和国から輸入している 『果汁100%濃縮還元フルーツブレンド<Guava Blend>』 [注3] という製品に付けられているものである。恐らく、Tetra Pak社の 『Tetra Brik Aseptic』 [注4] の改良型変則グリップと考えられる。ただし、これは所謂ペットボトルキャップではなく、プルキャップのカバーとしての役目を果たすものである。構造としては、カートンパックにプラスチック製の注ぎ口を付けたもので、注ぎ口の一部がスクリューキャップとなっている。開け方は、スクリューキャップを外した後、更に中のリングに人差し指を引っ掛けて開栓するタイプのものである。本邦における 「醤油」 や 「食用油」 によく見かけるタイプの栓をカートンパックに付けた様子を想像して頂きたい。従って、再栓による気密保持が目的ではないため、構造は比較的簡便である。高さ8mm、φ27mm、三条ねじ、素材は白色のHDPEである。天面部に開栓方向を示すデザイン化された1対の矢印がエンボシング加工にて施されている。

このTetra Pak社製の変則グリップのパターンは、スカート部を細かいピッチと広いピッチが4セットで一周しているものであり、今回キリンビバレッジ社が投入したキャップのコンセプトに近いものである。細かいピッチは、山8本で構成されており、必然的に谷 (溝) は7本となる。広いピッチは山7本で構成されているが、「太い山と細い山」 が交互に3回繰り返し、最後の7本目が太い山で終わる。あたかも、バーコードのようである。細い山を 「|」 で、太い山を 「■」 (実際にはこんなに太くない) で表せば、概ね以下のように視覚化することが出来る。|||||||| ■|■|■|■ 。このパターンを4回循環して元に戻る。この意匠の目的は、手指とキャップの接地面積が少ないローハイトキャップであっても開栓しやすくすることにある。

こうしたローハイトキャップの特長は、これまでは開栓角度が浅く、開栓に力を要しない三条ネジ (3-start) 構造であったが、現在、国際飲料技術者協会 (ISBT) PCO-1881小委員会が策定作業を進めている新規ローハイトキャップ (ボトル口部の規格である 「PCO 1881」 に対応したもの) は、一般的な一条ネジになる予定である。従って、Tetra Pak社のこのキャップの位置づけは、従来の三条ネジキャップの域を出るものではないが、キャップのグリップ性能に着目した製品であることに変わりはない。

こうしたキャップの世界的規模での登場からも明らかなように、ローハイトキャップ化ないし軽量化の波は確実にそこまで迫っている。ただ、何れにしても、新規キャップの登場は素直にうれしい。

■ 商品表示データ ■
『生茶』 (500mLPETボトル)
<名称> 生茶 (清涼飲料水)
<原材料名> 煎茶 (国産)、玉露 (国産)、生茶葉抽出物 (国産)、ビタミンC
<栄養成分> (製品100mL当たり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:10mg
<販売者> キリンビバレッジ株式会社 (東京都千代田区神田和泉町1番地)
<JAN> 4-909411-030902

■ 参照キャップデータ ■
『生茶』 (500mLPETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「081030/NM」。賞味期限は8カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製 「28NCフラップアセプ」 改良型ワンピースキャップ (新規設計変則グリップ、洗浄スリットなし)(ロット番号:A10-63)。ボトルは自社 (KBC) 形成 (ロット番号:B29)。プリフォーム [透明] (ロット番号:D28-39)。

注1) 「『キリン生茶』 2月26日 (火) リニューアル新発売 鮮度茶葉の香りと甘みでリフレッシュできる現代緑茶へ」 キリンビバレッジ株式会社 ニュースリリース (2008/01/16)
注2) キリンビバレッジ株式会社 『2008年2、3月新商品のご案内』 (パンフレット)
注3) 『果汁100%濃縮還元フルーツブレンド Guava Blend』、製造業者:Capespan (Pty) Ltd. Parc du Cap, Bellvillem South Africa、輸入業者:加藤物産株式会社(兵庫県西宮市松原町9-20)
注4) Tetra Brik Aseptic

2008/02/06

アプト社 『プラチナウォーターAPt』 白地に紺色ロゴのキャップでリニューアル

アプト社が、2007年3月1日に発売した茄子紺 + メタリックカラーのパッケージでお馴染みの 『プラチナウォーターAPt (アプト)』 のキャップは確か白地に薄い灰色のコーポレートロゴであった [注1]。最近、このキャップのコーポレートロゴの色が紺色に変更されたことに気付いた (2008年2月6日、品川駅高輪口 「成城石井ルミネ品川店」 にて確認)。

紺色 + 灰色の配色は決して悪くはない。むしろ、通好みのセンスの良い組み合わせだと思う。恐らく、薄いメタリックカラーで表現された灰色は 「プラチナ (白金)」 のメタファーとして使用されいるはずである。きちんと意味を考慮したうえでの色遣いであり、グラフィックデザイナーの見識の高さが伺える。

一般的なミネラルウォーターが 「天然」 を前面に打ち出すことに躍起となる余り、「富士山」 (あるいは山を想起させるものであれば何でも可) や 「森林」、更にはより直截的に 「水の流れ」 とかをイメージさせることに主眼をおいているが、「白金ナノコロイド配合」 のボトルドウォーターのパッケージデザインには、そうした要素は微塵もない (すがすがしい程だ)。当ブロクの2007年7月2日付 「アプト株式会社の 『Platinum Water』 赤色キャップでも登場」 で触れた通り、アプト社は、<谷川水系>、<富士山>、<月夜野> というように、日本各地の名水を使用し、それに <白金ナノコロイド> を配合するというコンセプトで製品開発を行っている [注2]。それにもかかわらず、<ナチュラル> というイメージをかなぐり捨て、敢えて無機質なタイポグラフィカルなデザインコンセプトで統一することで、「おしゃれ感」 を演出しているかのようである。ターゲットは恐らく、都会的センスを指向する30歳前後の女性に絞り込まれているのであろう。コスメと共通するパッケージデザインのテイストにそうした意図が滲む。

ただ、これまでも同製品のパッケージに使われて来た 「濃い紺色」 と 「薄い灰色」 の配色自体に変更はない。ところが、キャップを 「薄い灰色」 からラベルの基調色である 「濃い紺色」 に入れ替えたことで、商品の印象がガラリと変わった。キャップが商品の販売戦略上、重要な 「アイキャッチ」 であることにようやく気付いたと思われる。

最近、キャップの配色において、白地にグレーを使用することで、<シックさ> を醸し出そうとする傾向が見受けられるが、商品販売の観点からは全く意味がない。ここは、基本に立ち戻り、たとえ野暮臭くとも、インパクトを与える方向で行くべきではないだろうか。

更に今回気付いたことがある。『プラチナウォーターAPt』 には、難消化性デキストリンとL-カルニチンが成分として含まれる。このことから、当商品が、所謂ミネラルウォーターとは趣を異とする機能性食品を標榜したものであることが伺える。これも、顧客層のダイエット指向を意識した結果と言える。はっきり言って、プラチナナノコロイドの有効性には今なお疑念が残る。私の知る限りでは、安全性や有効性に関するデータが決定的に不足しているからだ。ただ、同社の商品戦略は侮り難い。

■ 商品表示データ ■
『プラチナウォーター APt (Platinum Water APt)』 (6角PETボトル500mL)
<名称> 清涼飲料水
<原材料名> ナチュラルウォーター、難消化性デキストリン、L-カルニチン、白金 *
<栄養成分> (500mLあたり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:6.5mg ●カルシウム:10mg ●マグネシウム:2.3mg ●カリウム:0.55mg
<販売者> アプト株式会社 (東京都渋谷区代々木1-14-2)
<JANコード> 4-582173-552037

* パッケージに 「6μg白金ナノコロイド配合」 と表記

■ 参照キャップデータ ■
『プラチナウォーター APt (Platinum Water APt)』 (6角PETボトル500mL) の賞味期限 + 製造所固有記号: 「091130/ST1」。賞味期限は24カ月(未開栓)。キャップは、NCC社製 「28NCフラップ」 ノーマルタイプ、洗浄スリット (4カ所入り) (ロット番号:H8-31)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:Y/57)。プリフォーム [白] (ロット番号:11-43)

注1) KUMA氏の運営する 『ペットボトルキャップコレクションの旅』 「日本のプラキャップ」 <水編> の中の <アプト (株) PLATI-NANO LIFE プラチナ ウォーター-01> を参照のこと
注2) アプト株式会社ホームページ 「APt アプトオンラインショップ

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ