« アサヒ飲料 『富士山のバナジウム天然水』 水色の汎用キャップでリニューアル | トップページ | サンガリア 『沖縄パインソーダ』 白地灰色ロゴ汎用キャップとその意味 »

2008/03/06

赤いキャップの 『ニチレイアセロラドリンク』 登場

『ニチレイアセロラドリンク』 のパッケージが変わった。ボトル肩部に貼られたキャンペーンタグに 「変わりました!」 と吹き出し付きではっきりと書かれているので、明らかである (2008年3月5日 (水) サティー店頭にて確認)。

全面リニューアル第1弾として発売された900mLボトル (2008年3月1日発売 [注1]) のパッケージは、ラベルもキャップも全て赤を基調にまとめられており、アセロラ果汁を含有する飲み物であることを全面にアピールしている。文字とアセロラを表す記号化されたマークのみが白抜きである。ただし、刷り色は赤と白のみと言う訳ではなく、それ以外にも印刷面積としてはごく一部分に過ぎないが、「黄」、「緑」、「黒」 も使用されている。従って、経費節減を目的とした類のものではない。また、キャップとラベルとアセロラ果汁入り飲料の 「赤」 に対して、サポートリングの 「白」 が絶妙なコントラストをなし、アクセントとなっている。

つい4カ月前の2007年11月8日付けブロクにおいて、「ニチレイ 『アセロラドリンク』 に赤頭巾姿の 「アセロラちゃん(C)」 キャラクターキャップ登場」 と書いたばかりであるが、「アセロラちゃん」 キャップが若年層を対象にしているのとは、明らかに一線を画する。パッケージ側面の 「私を磨こう。 | ニチレイ | アセロラ | ドリンク」 や 「恋にも。 | ストレス社会にも。 | コップ1杯で | 1日分のビタミンC」 というコピーが示すように、20~30歳代の大人の女性を対象とした商品らしい [注1]。

キャップの図柄は、赤色キャップ地に白色オペークインキで 「acerola」 の文字が控えめな大きさで入っているだけの極めてシンプルなデザインである。書体には 「Century Old Style」 系のごく標準的なフォントが使用されている。ダイドードリンコ社の 『simply design』 に近いテイストを持ったスタイリッシュなキャップという印象である。

カラーリングキャップを商品イメージに結び付けて使用することは、ここ最近の傾向となっている。非常に分かりやすい商品戦略といえよう。レモンにイエロー、アセロラに赤、緑茶に緑である。まるで絵に描いたような分かりやすさである。確か、ニチレイには、2007年5月発売の緑色の 『アセロラ早摘みC』 も存在するはずである。この商品にも是非グリーンキャップを登場させて貰いたいものである。

また、3月10日にはホワイトキャップの 『アセロラウォーター』 (500mL PET) の発売が予定されている。はたして赤白反転キャップとなるなのか、非常に楽しみである。

ところで、今月に入って、ニューキャップの投入ラッシュが続いている。これは、来週開催される 『FOODEX JAPAN 2008 (第33回国際食品・飲料展)』 (2008年3月11日 (火) ~14日 (金)、幕張メッセ) [注2] に焦点を合わせた動きなのだろうか、気になるところである。

■ 商品表示データ ■
『アセロラドリンク』 (4角型PETボトル900mL)
<名称> 清涼飲料水
<原材料名> アセロラ果汁、糖類 (果糖ぶどう糖液糖、オリゴ糖)、はちみつ、酸味料、香料、野菜色素、カロチノイド色素、甘味料 (ステビア)
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:30kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:7.4g ●ナトリウム:33mg ●ビタミンC:560mg
<販売者> 株式会社ニチレイフーズ (東京都中央区築地6-19-20)
<JAN> 4-902130-880872

■ 参照キャップデータ ■
『アセロラドリンク』 (4角型PETボトル900mL) の賞味期限/製造所固有記号: 「080814」/「NRAD/K11」。賞味期間は約6カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製 「28NCフラップ」 ワンピースキャップ [ノーマルタイプ] (洗浄スリット4個所) (ロット番号:H50-59)。ボトルは、東洋製罐製 (ロット番号:G/2)。プリフォーム [白] (ロット番号:1-54)。

注1) 「ニチレイフーズ アセロラドリンク全面リニューアルのお知らせ」 株式会社ニチレイフーズ プレスリリース (2008/01/21)
注2) 「FOODEX JAPAN 2008」 公式サイト

« アサヒ飲料 『富士山のバナジウム天然水』 水色の汎用キャップでリニューアル | トップページ | サンガリア 『沖縄パインソーダ』 白地灰色ロゴ汎用キャップとその意味 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192015/40390423

この記事へのトラックバック一覧です: 赤いキャップの 『ニチレイアセロラドリンク』 登場:

» 塩の公正競争規約について [うず塩ブログ]
塩の公正競争規約の最終案が出来上がりました。 予定ではおそらくこの最終案通りに 3月中には官報告示され4月に施行の見込みです。 塩における自然塩(自然海塩)・天然塩といった表示についての問題点は 以前以下のURLにて述べました。 http://ameblo.jp/uzushio/entry-1007... [続きを読む]

« アサヒ飲料 『富士山のバナジウム天然水』 水色の汎用キャップでリニューアル | トップページ | サンガリア 『沖縄パインソーダ』 白地灰色ロゴ汎用キャップとその意味 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ