« Qooキャラクターキャップの復活! | トップページ | いたずら防止バンドのチェック »

2008/04/02

CCNBC社 『Minute Maid(R)』 のキャップをオリジナルロゴに変更

2008年3月31日、CCNBC社は2種類の 『Minute Maid(R) ミニッツメイド』 製品の新発売 [注1-2] を期に、キャップデザインをオリジナルロゴのものに変更した (2008年4月2日、ナチュラルローソン、成城石井の各店頭にて確認)。

これまで、『Minute Maid(R)』 のPETボトル製品のキャップには 「From Coca-Cola」 の汎用キャップが使用されていた。汎用キャップ導入前には、丸い黒ベタに白抜き文字で 「Minute Maid(R)」 のロゴの入ったデザインのキャップが用いられていた。

今回の新規キャップには当然、点対称の 「→あける」 が上下に入るため、以前のような丸い黒ベタではない。上下に余白を残した横長の矩形で、右上角と左下角にアールが付けられた黒ベタを背景に、白抜き文字で上2段に「Minute Maid(R)」のブランドロゴ + 下1段にフリガナで 「ミニッツ メイド」 と小さく入る。

配色は、白色キャップ地に黒色であるが、「Minute Maid」 の2つの 「i」 の点 (ヘッド) の部分のみが緑色である。緑色の印刷面積があまりに小さいため、注意深く観察しないと、ほぼ黒1色にしか見えない。実に贅沢な2色刷りである。

この間のCCNBC社のキャップデザイン戦略を観ていると 「1ブランド1デザイン」 の時代に回帰しているかのような錯覚を覚える。今後の展開に期待は高まるばかりである。

■ 商品表示データ ■
(a) 『ミニッツメイド ピンクグレープフルーツブレンド ビューティーミックス』 (350mLスリム正角耐熱PETボトル)
<品名> 果実ミックスジュース (濃縮還元)
<原材料名> 果実 (グレープフルーツ、りんご、ぶどう、レモン、ライム、アセロラ)、香料、ビタミンE、酸化防止剤 (ビタミンC)、着色料 (アントシアニン、カラメル)
<栄養成分>(100mL当たり) ●エネルギー:48kcal ●たんぱく質:0.3g ●脂質:0g ●炭水化物:11.8g ●ナトリウム:0mg ●ビタミンE:1mg
<販売者> コカ・コーラナショナルビバレッジ株式会社 (東京都港区六本木6-2-31)
<JAN> 4-902102-070706

(b) 『ミニッツメイド マンダリンオレンジブレンド パワーミックス』 (350mLスリム正角耐熱PETボトル)
<品名> 果実ミックスジュース (濃縮還元)
<原材料名> 果実 (うんしゅうみかん、ぶどう、りんご、オレンジ、レモン)、香料
<栄養成分>(100mL当たり) ●エネルギー:45kcal ●たんぱく質:0.3g ●脂質:0g ●炭水化物:11g ●ナトリウム:0mg
<販売者> コカ・コーラナショナルビバレッジ株式会社 (東京都港区六本木6-2-31)
<JAN> 4-902102-070720

■ 参照キャップデータ ■
(a) 『ミニッツメイド ピンク・グレープフルーツ・ブレンド ビューティーミックス』 (350mLスリム正角耐熱PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「080906-SA3」。賞味期間は180日 [約6カ月] (未開栓)。キャップは、Alcoa CSI社製ワンピースキャップ [PS-LokII] [ノーマルタイプ] (リンスホール4個所)(ロット番号:V6-42)。ボトルは、吉野工業所製 (ロット番号:39/64)。プリフォーム [白] (ロット番号:H1164)。製造ロット番号:C 00:40

(b) 『ミニッツメイド マンダリンオレンジブレンド パワーミックス』 (350mLスリム正角耐熱PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「080905-SA3」。賞味期間は180日 [約6カ月] (未開栓)。キャップは、Alcoa CSI社製ワンピースキャップ [PS-LokII] [ノーマルタイプ] (リンスホール4個所)(ロット番号:V5-13)。ボトルは、吉野工業所製 (ロット番号:30/86)。プリフォーム [白] (ロット番号:H1186)。製造ロット番号:C 03:42

注1) 「世界の果汁飲料ブランド 『ミニッツメイド』 から “おいしさ”と“健康”をお届けする100%果汁飲料2種類が新登場! 『ミニッツメイド マンダリンオレンジブレンド パワーミックス』 『ミニッツメイド ピンク・グレープフルーツ・ブレンド ビューティーミックス』 -3月31日 (月) から全国で新発売-」 日本コカ・コーラ株式会社 ニュースリリース#383 (2008/03/31)
注2) Minute Maid (ブランドサイト)

« Qooキャラクターキャップの復活! | トップページ | いたずら防止バンドのチェック »

コメント

いつも楽しく読ませてもらっています。
ちなみにコカ・コーラ社製品デザインは全て日本コカ・コーラ社が行っており、
CCNBC社はすでに決定しているデザインのキャップをどのメーカーに注文するかを決定しているに過ぎません。
つまりCCNBCの戦略ではなくCCJCの戦略になります。
これがなかなかうまく行っていないみたいですが・・。

羅美夜さま こんにちは

コメントありがとうございます。

CCNBCとCCJCの違いをご指摘いただきありがとうございます。

コカ・コーラ社は、いにしえの頃より資本関係が複雑で、外から見る限り、その実体的違いがよくわかりませんでした。私などは、てっきり、日本コカ・コーラ社が各ボトラーを経営統合して、コカ・コーラナショナルベバリッジ社になったような印象を受けていましたが、認識不足だったようですね。今後、認識を改めていきたいと思います。今後とも、ご教示のほど宜しくお願いします。

>これがなかなかうまく行っていないみたいですが・・。

これには全く同感です。キャンペーンの手法も今ひとつな感じがします。

OJ拝

関西の自販機ベンダーがやっと専用キャップ商品に切り替わりました。

これで、ミニッツメイドの2色キャップがどんどんたまります。

ぜいたくな2色刷りなんですが、もう少し黄緑版を効果的に使えたのではとも思います。白抜きのスミ版がべたっとして太って見えるせいでしょうかね。

ものによってまちまちだし。

中央が少し膨れているし表面にツヤがあるので、従来と同じ製版では感じが異なるのかなと思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192015/40742476

この記事へのトラックバック一覧です: CCNBC社 『Minute Maid(R)』 のキャップをオリジナルロゴに変更:

« Qooキャラクターキャップの復活! | トップページ | いたずら防止バンドのチェック »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ