« JTフーズ 『リオレッドグレープフルーツ100%』 にエコグリップキャップ登場 | トップページ | ファミリーマート限定 『RICH & PREMIUM』 エコグリップのニューキャップで登場 »

2008/04/30

DyDo 『聘珍茶寮』 のキャップ

ダイドードリンコ社は2008年4月14日 (月)、『聘珍茶寮 (Heichin Sario) ジャスミン茶』 を発売した [注1]。発売日から2週間遅れの2008年4月30日になってやっとJR東日本系コンビニエンスストア 「NEWDAYS」 店頭にて入手することが出来た。ニュースリリースによれば、販売チャネルはコンビニエンスストアと量販店であるとのことであったが、なかなか見つからなかった。やはり、ダイドードリンコ社のペットボトルキャップの蒐集は思い通りにはいかないものである (トホホホホ)。

味はクリアで、雑味が一切なく飲みやすい。反面、ジャスミン特有の香りに欠ける気がする。

キャップの図柄は、120年の歴史を持つ広東料理の老舗 「聘珍樓」 [注2] とのコラボレートによる製品のため 「聘珍茶寮*」 と 「DyDo」 のダブルネームになっている。レイアウトは、白色キャップ地に1辺16.5mmの矩形マゼンタ色金赤ベタに白抜き横組2段で 「聘珍茶寮」 の文字が行書体で入り、その下に幅7.5mm程度のサイズで灰色の 「DyDo」 のコーポレートロゴが控えめに添えられている。因みに、矩形の輪郭は最近のダイドードリンコ社のパッケージデザインに共通する傾向であるが、フリーハンドの線が用いられており、非常にsimplyな造形にもかかわらず、実にスタイリッシュな仕上がりになっている。

*注) 今回のキャップの商品ロゴは飲料用にデザインされたものであり、「聘珍樓」 の運営する 「SARIO聘珍茶寮」 [注3] のロゴとは異なる。
[注: 赤字取消線部分は、2009年5月18日付読者よりのご指摘により、「マゼンタ色」 を 「金赤」 と訂正致しました。コメント欄を参照のこと]

今回もまた、入手までに時間が掛かったものの、新規キャップの出現はうれしい。

■ 商品表示データ ■
『聘珍茶寮 ジャスミン茶』 (500mL六角耐熱PETボトル)
<名称> ジャスミン茶 (清涼飲料水)
<原材料名> ジャスミン茶、ビタミンC
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:5mg
<販売者> ダイドードリンコ株式会社 (大阪市北区中之島2-2-7)
<JAN> 4-904910-220403

■ 参照キャップデータ ■
『聘珍茶寮 ジャスミン茶』 (500mL六角耐熱PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「090111/D04A」。賞味期間は約10カ月 (未開栓)。キャップは、日本クラウンコルク社製 「28NCフラップホット」 ワンピースキャップ (ロット番号:H77-18)[ノーマルタイプ](洗浄スリット6個所)。ボトルは東洋製罐社製 (ロット番号:F/3)。プリフォーム [白] (ロット番号:18-76)。製造ロット番号:LOT TAA7

注1) 「ダイドードリンコ 2008年春夏の新商品 120年の歴史を持つ広東料理の名店 『聘珍樓』 とコラボレーション 上質なリラックスタイムを提供するジャスミンティーが登場! 『聘珍茶寮 (ヘイチンサリョウ) ジャスミン茶』」 DyDo Release No.510 (2008/04/08)
注2) 「聘珍樓」 (ホームページ)
注3) 「Sario聘珍茶寮」 (ホームページ)

« JTフーズ 『リオレッドグレープフルーツ100%』 にエコグリップキャップ登場 | トップページ | ファミリーマート限定 『RICH & PREMIUM』 エコグリップのニューキャップで登場 »

コメント

>16.5mmの矩形マゼンタ色ベタに白抜き横組2段

マゼンダではなくY100M100だと思いますよ

匿名の注釈者様 はじめまして

拙い内容のブログをご精読頂きまして恐縮です。また、貴重なご指摘、ありがとうございました。

仰る通り、M100+Y100の金赤だと思います。
恐らく半可通な知識のため、CMYKとRGBを混同していたようです。R255をM100と思い込んでおりました。

関係者並びに読者の皆様には、お詫びのうえ訂正いたします。誠に申し訳ございませんでした。

実際に 『聘珍茶寮』 のキャップを撮影したものを 「PhotoShop」 で簡易解析したところ、以下のような値を得ました。

CMYK値: C=3%、M=99%、Y=100%、K=1%
RGB値: R=232、G=22、B=7

まさに、ご指摘通りの値でした。

なお、DIC565番 (R255G26B0) の金赤より、若干DIC200番 (R236G22B7) の赤に近いようにも思われますが、印刷条件の違いやインキの配合誤差の範囲内と思われます。

今後とも、お気付きのことがありましたら、匿名で構いませんので、ご遠慮なくご指摘頂きたいと存じます。今回のように、専門の方から直接アドバイスを頂けるのは、コレクター冥利に尽きます。本当にありがとうございました。

今後とも、ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

『ペットボトルキャップ時評』
編集主幹
OJ拝

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192015/41049679

この記事へのトラックバック一覧です: DyDo 『聘珍茶寮』 のキャップ:

« JTフーズ 『リオレッドグレープフルーツ100%』 にエコグリップキャップ登場 | トップページ | ファミリーマート限定 『RICH & PREMIUM』 エコグリップのニューキャップで登場 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ