« らくらく注げる手にピタ!ボトルの 『ファンタ (R)』 にオリジナルロゴキャップ復活 | トップページ | 伊藤園 『お~いお茶 お抹茶』 のへんてこりんなキャップ (追補) »

2008/07/01

伊藤園 『お~いお茶 お抹茶』 のへんてこりんなキャップ

伊藤園は、2008年6月30日 (月)、抹茶と天然水を飲用時に混合するPETボトル入り製品 『お~いお茶 お抹茶』 (275mL PET) を発売した [注1]。当製品は、1都9県 (東京、神奈川、千葉、埼玉、栃木、茨城、群馬、山梨、長野、静岡) にて先行販売される様子である (2008年7月1日、ファミリーマート店頭にて確認、税込み198円)。

これは全く新しいコンセプトの製品と言える。購入時点では、ナチュラルミネラルウォーター [a] と抹茶 [b] とが完全に容器を隔てて分離しているため、ただの水の入ったPETボトルにしか見えない。ただ、キャップがへんてこりんな形状をしているため、普通の水ではないことは直ぐに分かる。通常は白いキャップだけなのに、更に 「屋上屋を架す」 ような格好で、深緑色のラチェット式キャップが乗っている。従って、キャップ部分が異常に長い (伊藤園のニュースリリース [注1] の写真を参照)。

ラベルに飲み方の指示がある (指示の概要は以下の通り)。

 [1] あける: 緑色のキャップを左回りに回す。抹茶と内フタが下に落ちる。
 [2] しめる: 緑色のキャップをしっかり閉める。
 [3] ふる: ボトルをよく振り、緑色のキャップを開けて飲む。

キャップ部分が長いのは、深緑色のキャップの内側に直径15mm×高さ45mmの円筒状のカプセルが、丁度ボトルの口栓部に差し込まれた形で格納されているためである。これが 「抹茶入りカプセル」 と呼ばれるものの正体である。このカプセルの中に抹茶1.2gが仕込まれており、ラチェット式キャップを開封 (開栓) することで、底部の内蓋が破断され、ボトル内に落下するメカニズムになっている。ところで、白いキャップ形状の部分は、口栓部のネジを挟み込むような形状で嵌め込まれているため、いくら回しても開けることが出来ない。

こうしたコンセプトの飲料用混合容器の特許は過去に何件も出願されている [注2]。今回のキャップがそれに該当するものかどうかは不明であるが、こうして実際に製品として出現するとは思わなかった (驚きである)。

この製品の醍醐味は、抹茶を自分で作る (シェイクする) 楽しみと、新鮮な抹茶の風味が味わえることにある。ただ、抹茶は温度の関係からか、完全には溶け切らない場合がある。そういったときは、いったん飲み干した後に水を継ぎ足して、もう半分の量を作ることが出来る。味はかなり薄くなるが、ちょっと得した気分になれる。

今回のキャップは、通常の27mm径もしくは28mm径のキャップでもなく、また深緑色とはいえ無地キャップであるため、コレクションの対象にするかどうか迷うところである。カプセルの機能も担っている点で、純粋なキャップとは言い難い。

サンガリア社の製品に、PETボトル入りラムネ飲料 (『かわいいラムネ240mlペット』 と 『ビーコロラムネ250mlペット』) がある。これは 「屋上屋」 という点で似ていなくもない。このキャップも、コレクションとするかどうかで迷っている。

ということで、今回のキャップに関する評価は留保したい。

■ 商品表示データ ■
『お~いお茶 お抹茶』 (275mL耐熱PETボトル)
<品名[a]> ナチュラルミネラルウォーター
<品名[b]> 抹茶 (国産)
<原材料名[a]> 水 (鉱水)|<内容量> 275mL
<採水地[a]> 山形県酒田市
<原材料名[b]> 抹茶 (日本)|<内容量> 1.2g
<栄養成分> [表示なし]
<販売者> 株式会社伊藤園 (東京都渋谷区本町3-47-10)
<JAN>  4-901085-025406

■ 参照キャップデータ ■
『お~いお茶 お抹茶』 (275mL耐熱PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「081204/A65」。賞味期限は6カ月 (未開封)。キャップは、NCC社製 [抹茶入りキャップ] (ロット番号:1/5)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:G/16)。プリフォーム [白] (ロット番号:不明)。製品ロット番号: 133836

注1) 「当社初の 「抹茶入りキャップ」 を採用。新鮮で豊かな旨みの抹茶を手作りで味わえる 飲用時に抹茶と天然水を混ぜ合わせて作る抹茶飲料 「お~いお茶 お抹茶」 6月30日(月)より発売開始」 伊藤園 ニュースリリース(2008/06/26)
注2) 日本高圧電気株式会社・株式会社ジャテックス: 「飲料容器のキャップ構造」 特開2006-103781 (2006年4月20日)、他

« らくらく注げる手にピタ!ボトルの 『ファンタ (R)』 にオリジナルロゴキャップ復活 | トップページ | 伊藤園 『お~いお茶 お抹茶』 のへんてこりんなキャップ (追補) »

コメント

時評、有り難く読みました。
ボトルキャプでしたらこんな物もアメリカで販売されております。ご参考まで
http://www.iloveflavor.com
近頃日本の飲料メーカとタイアップ。。

                    敬 具

JKA J様 はじめまして

『時評』 をご愛読頂きまして、誠にありがとうごさいます。稚拙な内容なので大変恐縮しております。

また、貴重な情報のご提供、ありがとうございます。

今回ご紹介頂きましたサイト (http://www.iloveflavor.com/) に収録されておりますビデオ拝見致しました。まさに、2液混合キャップそのものですね。特に 「S-Cap」 は、原理的にも類似していて、大変興味深いです。さらに、炭酸飲料用の 「Carbonated Cap」 まで存在することにも、驚いております。これらのキャップの存在は、商品開発の幅を確実に拡げるものと思います。

最近、日本の飲料メーカーと提携したとのことですが、今後の新製品の登場が楽しみです。

また、これらのキャップに関して、PTC特許として 「Method and structure for mixing different materials」 (WO 2005/044683 A1) が存在することも、ご紹介頂いたサイトをヒントにして、たどり着くことが出来ました。多謝!

本当に、世の中には知らないことばかりです。

OJ拝

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192015/41708423

この記事へのトラックバック一覧です: 伊藤園 『お~いお茶 お抹茶』 のへんてこりんなキャップ:

» 森永のカラフルラムネバーメロンソーダの口コミ [グルメ情報の日記ブログ]
森永のカラフルラムネバーメロンソーダを買いました♪森永のラムネがアイスバーに入っています。このラムネがじゅわっとして、これがたまらなく美味しいです。... [続きを読む]

« らくらく注げる手にピタ!ボトルの 『ファンタ (R)』 にオリジナルロゴキャップ復活 | トップページ | 伊藤園 『お~いお茶 お抹茶』 のへんてこりんなキャップ (追補) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ