« カゴメトマトジュースの 「国産 カゴメ 契約栽培」 PRキャップ | トップページ | へんてこりんキャップ後日譚 »

2008/08/22

トヨペットのペットボトルキャップ

ペットボトルキャップコレクターのKUMA氏より、ノベリティーキャップの情報を頂いた。トヨタ自動車のディーラーのひとつであるトヨペットの店頭で、キャップに 「TOYOPET」 の社名ロゴが入った備蓄水 (非売品) が配られるらしい、というものであった。

2008年8月22日 (金) ~2008年8月31日 (日) までの期間、全国のトヨペット各店 [注1] において、「うれしい特典がいっぱいの10日間 『スペシャル10days』」 キャンペーン実施と、ネットにも出ていた。

早速、近所のトヨペット店に出掛けてみた。はっきり言って、私はペーパードライバーなので、車には全く興味がない。従って、トヨペットの販売店にはこれまで足を踏み入れたことすらない。いきなり車を売り付けられはしまいかと、ほんの少し不安であったが、簡単なアンケートに応じるだけで、三角籤を引かせてくれた。来場者全員にもれなく何かが当たるという 「空くじなし」 のシステムらしい。A~Cまである各賞の末等 「C賞」 にお目当ての 「備蓄水」 が含まれている。祈るような想いが天に通じたのか、見事に 「C賞」 を引き当てた。C賞の口数は全国で305,000名分しかないというのにである。A賞の 「グルメカタログギフト」 は5,000名分、B賞のGivency社製 「ペアパスタ皿」 に至っては10,000名分も用意されているらしい。A賞やB賞でなくて、本当によかった。

なお、今回の 「備蓄水」 の一般配布は、『第1回トヨペットセーフティーキャンペーン (2008年8月~2009年8月)』 [注2] の一環である。『スペシャル10days』 は、9月1日の 「防災の日」 に日程を合わせた防災グッズの事前配布が目的である。従って、「C賞」 の内容には 「備蓄水」 の他にも、「オリジナルクッキー」 や 「缶入りソフトパン」 が含まれる。トヨタでは、自然災害発生時に被災地への供給を目的として、全国のトヨペット販売店に約10万本の飲料水を備蓄するという。

備蓄水の実体は、『富士ミネラルウォーター非常用保存飲料水 (保存期間5年)』 である [注3]。オリジナル製品のキャップには 「MINERAL ★FUJI★ WATER」 のロゴが入っているが、トヨペットキャンペーンボトルにはその代わりに 「TOYOPET」 のロゴが濃い緑色で控えめに入っている。

ペットボトルキャップに 「TOYOPET」、恐らくこれは駄洒落である。この手の地口は嫌いではない。むしろ、こうしたセンスこそが、現在のトヨタを世界のエクセレントカンパニーの地位に押し上げてきた原動力であったと思う。

コメディアンである小松政夫はかつて横浜トヨペットのトップセールスマンであった。自伝的小説 『のぼせもんやけん』 [注4] の中に、昭和30年代のセールスマン時代のエピソードが綴られている。彼の最初のお得意さまは、運転免許すら持っていなかった。それにもかかわらず、その人は彼の人柄に惚れ込んで、車を購入してくれる。それも、週末にはその家へ行き、夕餉を一緒に囲むというだけの条件でである。またある時、それまで順調な成績を維持して来た営業所であったが、営業所全体でノルマ達成までにあと1台足りないという緊急事態が発生する。このとき、小松政夫はこのお得意さまを深夜にもかかわらず訪問する。それもこの時点で、新車に買い換えて貰ってから3カ月も経っていないというムチャクチャなタイミングにである。それでも、彼の心中を察して、「力になれるなら」 とその人はまたしても、車を購入してくれる。これは、ひとえに小松政夫という希有な人物の人柄に依るところが大きい。ただ、高度成長期には、このエピソードと同様に、決して明文化される必要などない 「信義則」 のようなものが世の中にまだ息づいていたような気がする。

「備蓄水」 は、「社会から信頼される良き企業市民」 を標榜するトヨタのCSR活動を視覚化したものなのかも知れない。しかしながら、それはかつてそこにあったものとは明らかに異質なものである。

■ 商品表示データ ■
『富士ミネラルウォーター (非常用保存飲料水)』 [第1回トヨペットセーフティーキャンペーン・ボトル] (6角耐熱PETボトル1500mL)
<品名> ナチュラルミネラルウォーター
<原材料名> 鉱水
<採水地> 山梨県富士吉田市
<栄養成分> [表示なし]
<硬度> 28mg/L、<pH値> 8.0
<製造方法> ろ過後、加熱殺菌・ホット充填
<販売元> 富士ミネラルウォーター株式会社S (東京都渋谷区初台1-55-7)
<JAN> [表示なし]

■ 参照キャップデータ ■
『富士ミネラルウォーター (非常用保存飲料水)』 [第1回トヨペットセーフティーキャンペーン・ボトル] (6角耐熱PETボトル1500mL) の賞味期限:「2013.03.31」。賞味期限は60カ月 (未開栓)。製造所固有記号:「S」。キャップは、NCC社製 「Fin-Lok」 ライナー材使用の2ピースキャップ [ノーマルタイプ] (洗浄スリットなし)(ロット番号:<本体>30-11、<ライナー材>2-37)。ボトルは、吉野工業所製 (ロット番号:E-399/26)。リフォーム [白] (ロット番号:3926)

注1) 「トヨペット販売店一覧」 (ホームページ)
注2) 「第1回トヨペットセーフティーキャンペーン (2008年8月~2009年8月)」 (2008/08/30)
注3) 「富士ミネラルウォーター社の 『非常用保存飲料水』」 ペットボトルキャップ時評 (2007/07/25)
注4) 小松政夫著 『のぼせもんやけん ― 昭和三〇年代横浜セールスマン時代のこと。』 竹書房、2006、205頁 [ISBN: 4812427592]

« カゴメトマトジュースの 「国産 カゴメ 契約栽培」 PRキャップ | トップページ | へんてこりんキャップ後日譚 »

コメント

C賞でよかったですね。happy01

私もペーパーですがトヨペットに行ってみます。

TQYさん お久しぶりです

いつも、ブログをご愛読いただきありがとうございます。

今回ほど、本当にC賞でよかったと思ったことはありません。

KUMAさんの 「KUMAの日記風ボトルキャップ通信」 によれば、富士ミネラルウォーターのオリジナルボトルのこともあるようです。でも、景品は抽選箱の脇に並べてあるので、キャップの図柄は事前に確認できます。

ご武運をお祈りいたします。

OJ^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192015/42242518

この記事へのトラックバック一覧です: トヨペットのペットボトルキャップ:

« カゴメトマトジュースの 「国産 カゴメ 契約栽培」 PRキャップ | トップページ | へんてこりんキャップ後日譚 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ