« 『YOSHI-GO 緑茶』 の無地グリーンキャップ | トップページ | 伊藤園 『お~いお茶 焼きたての香り 玄米茶』 の日の丸キャップにも 「→あける」 登場 »

2008/09/21

伊藤園の汎用キャップにも 「→あける」 登場

日本有数のペットボトルキャップコレクターであるKUMA氏のブログを拝読していたら 「伊藤園のキャップにもついに 『←あける』 が登場しました」 との記述が目に飛び込んで来た [注1]。早速、この週末を利用して都内のコンビニとスーパーの探索に出掛けてみた。残念ながら、ハンドル付きの広口2Lポトルは、従来からのキャップデザインの 『お~いお茶/緑茶/おいしさは香り』 と 『天然ミネラルむぎ茶』 しかなく、『お~いお茶濃い味』 の 「→あける」 バージョンは見当たらなかった。ところが、ハンドルのない通常の2L角形ボトルの28mm径キャップにおいて 「→あける」 バージョンが見付かった (2008年9月21日、都内サティー店頭にて確認、1本税込み168円)。KUMA氏の予見通りである。

キャップの意匠は、白色キャップ地に従来の緑と黒の2色の配色で、中央に伊藤園の緑色のコーポレートマークの 「四つ葉」、キャップの外周に沿って、緑色で 「賞味期限は、キャップの横に表示。」、マークの下方に、黒色で、長い矢印マーク 「→」 と 「あける」 である。漢字の社名ロゴの 「伊藤園」 は今回入っていない。そのため、コーポレートマークの 「四つ葉」 の周辺に均等な余白が出来、完全なアイコンと化している。恐らく、これが今後、通常のホット充填用キャップの標準となっていくものと思われる。従って、アセプティック充填、炭酸充填などの製品では、ナール数の違いや配色を変えたキャップが出現する可能性がある。

今回の伊藤園のキャップデザインの変更は、正直驚きである。一瞬、「伊藤園よ、お前もか!」 の思いが脳裏を過ぎった。ただ、現実的な観点から言えば、確実に高齢化社会を迎えつつあるなか、キャップの開栓方向の指示はユニバーサルデザインの観点からも、もはや必須要件となって来ているのだと思う。実際に、ペットボトルのキャップが開けられずに、難渋するお年寄りの姿を何度か間近で見掛けたことがある。

ただし、矢印 (→) の追加が、この問題を根本的に解決するとは思えない。最近のキャップは、若者でも開栓し難い程、タイトになって来ている。それは、キャップ製造メーカーの技術的イノベーションの成果によるところが大きい。そもそも、キャップの主要な機能は容器の気密性の保持にある。このことは、開栓性の容易さとは相容れないものである。それは、瓶詰め製品における王冠を考えれば、容易に判断の付くことである。王冠を手で開ける人は滅多にいない。歯も同様である。そのために、人類は 「栓抜き (crown top bottle opener)」 を発明した。ところが、PETボトルの登場は、メタルキャップの過渡期を経て、現在のプラスチックキャップに至るまで、手による開栓を容易にした。「栓抜き」 を携帯しないで済み、更に再栓可能なことから、かつての水筒の役割までを取り込んでしまった。この利便性こそが、今日のPETボトルの隆盛を招いた最大の要因である。

従って、こうした利便性を選択した以上、握力の問題でキャップが開け難い場面に遭遇することは、やむを得ないことである。市販されているペットボトルキャップオープナーを使用すれば済むだけのことである。企業が人間の利便性のみに過剰に対応することが、本来の解決策ではないと思う。私は、お年寄りが、キャップが開けられずにいる時、「開けてくれ」 と言われるまで、手を貸さないようにしている。これは、人間の尊厳の問題だからである。敢えて、ユニバーサルデザインに拘泥するならば、ナール形状の改良こそが求められるべき課題ではないだろうか。

何れにしても、ここ暫くの間、伊藤園のキャップから目が離せない。

■ 商品表示データ ■
『天然ミネラルむぎ茶』 (2L角型PETボトル)
<品名> 麦茶 (清涼飲料水)
<原材料名> 大麦 (カナダ)、海洋深層水 (日本)、麦芽 (オーストラリア)、乳化剤、ビタミンC
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:0mg ●マグネシウム:0.5mg ●亜鉛:0~0.1mg ●カリウム:18.0mg ●リン:1.0mg ●マンガン:3.0μg | ●カフェイン:0mg
<販売者> 株式会社伊藤園 (東京都渋谷区本町3-47-10)
<JAN> 4-901085-094174

■ 参照キャップデータ ■
『天然ミネラルむぎ茶』 (2L角型PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「090827/K6」。賞味期限は12カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製 「28NCフラップホット」 ワンピースキャップ [ノーマルタイプ] (洗浄スリット6個所) (ロット番号:H45-09)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:Y9)。プリフォーム [白] (ロット番号:13811)。製造ロット番号: 23:35P

注1) 「お~いお茶濃い味 あける」 『KUMAの日記風ボトルキャップ通信』 (2008/09/18)

« 『YOSHI-GO 緑茶』 の無地グリーンキャップ | トップページ | 伊藤園 『お~いお茶 焼きたての香り 玄米茶』 の日の丸キャップにも 「→あける」 登場 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192015/42552143

この記事へのトラックバック一覧です: 伊藤園の汎用キャップにも 「→あける」 登場:

« 『YOSHI-GO 緑茶』 の無地グリーンキャップ | トップページ | 伊藤園 『お~いお茶 焼きたての香り 玄米茶』 の日の丸キャップにも 「→あける」 登場 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ