« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008/10/30

『天然水で割った 300%のビタミン』 に第4の変則形状グリップ登場

形状違いキャップの第3弾である。

伊藤園の 『天然水で割った300%のビタミン』 に第4の変則形状グリップのキャップが登場した。この情報は昨晩、国内有数のペットボトルキャップコレクターであるKUMA氏を経由してもたらされたものである。KUMA氏の情報の早さと、ネットワークの広さにはいつもながら感服させられる。早速このキャップを探しにコンビニを巡るため深夜の街を徘徊した。結局コンビニでは見付からなかった。諦めかけたまさにその時、自宅前のベンダー (自販機) にて、それを発見した。メーテルリンクの 『青い鳥』 の寓話のような展開である。当然、徘徊中、パン屑を撒きながら歩いたことで、無事に帰宅出来たことは言うまでもない。幸福は、1本150円であった。

この製品は、2006年4月に発売された 『300%のビタミン』 をベースとして、2008年3月上旬より、リニューアル販売されていたものである [注1]。ただし、この時点でのキャップ形状は 「ノーマルギザ」 のままであったと思われる。残念ならが、自販機販売のため、投入時期は不明である。

今回登場したキャップは、ホット充填用の日本クラウンコルク社製の 「28NCフラップホット」 をベースとし、スカート部のナール形状 (ギザギザのこと) を間歇的に排列したものである。縦棒のパターンは、「||||| ||| 」 のように、「5本連続1本抜き、3本連続1本抜き」 を1セットとして、キャップ周囲を12セットで一周する。本来120本あるべきところが、1セットにつき2本抜けているので、ナールの総本数は96本である。ただし、1山分の角度は3°であり、均等である。また、5本連続個所と較べて、3本連続個所が若干浅めに設計されていることで、5本連続部分にモーメントが掛かるように工夫されている。指の掛かり具合が良い。確かに、24本分の山が削られていることから、量目が節約されたエコグリップキャップではあるが、ユニバーサルデザイン的要素が強いキャップとしても評価出来る。

呼称であるが、当ブログ内では暫定的に 「5-3間歇グリップ」 と勝手に呼ぶことにする。あるいは、「インターミッテントナール」 と呼ぶかも知れない。

今回の 「5-3間歇グリップ (当ブログ内での仮称)」 の登場で、変則形状のグリップキャップは全部で4種類となった。


表. 国内飲料キャップにおける変則形状グリップキャップ一覧 (発現時期遡及順)

▼ 「5-3間歇グリップ」 *1 (初出: 2008年10月頃)
  伊藤園 『天然水で割った 300%のビタミン』
▼ SKナール *2 (初出: 2008年1月16日)
  『キリン生茶』
  『キリンレモン』
▼ 「変則グリップキャップ」 *1 (初出: 2007年10月~11月頃)
  加ト吉 『一の倉の天然水』
  JTフーズ社 『DOUTOR』
  加ト吉 『越後の名水』
  加ト吉 『谷川水系の岩清水』 (白蓋)
▼ ウェーブナール *3 (初出: 2007年6月26日)
  ヤクルト本社 『蕃爽麗茶』
  ファミリーマート 『RICH & PREMIUM』
  JTフーズ 「URLアドレス+JT」 金色ロゴ汎用キャップの一連商品
  アサヒ飲料 「Bireley's」 ブランドロゴの一連商品
  アサヒ飲料 「Asahi」 銀色ロゴ汎用キャップの一連商品

*1) 当ブログ内でに暫定的な呼称、「変則グリップキャップ」 を 「エコグリップ様キャップ」 と記述している場合もある
*2) キリンベバレッジ社及びNCC社での呼称、キリンベバレッジ社では 「開けやすいキャップ」 と曖昧に表現している。このキャップはキリンビバレッジ社専用である
*3) アサヒ飲料及びNCC社での呼称、通称 「エコグリップキャップ」 と呼ばれている


キャップの図柄は、「→ あける」 表示のない従来のものである。すなわち、中央に伊藤園のコーポレートマークである緑色の四つ葉、その下に黒色で 「伊藤園」 の社名ロゴ、キャップ周囲を緑色の 「賞味期限は、キャップの横に西暦下二桁、月日の順で表示。」 メッセージが取り巻いたレイアウトのものである。伊藤園キャップ史上最も多く使用されている意匠である。しかしながら、徐々に 「→ あける」 バージョンに切り替わりつつある今、新規の変則形状グリップを投入した意図は何処にあるのであろうか。謎である。

ペットボトル飲料のキャップが開け難いと言うことは、とりもなおさず、製品が安全に保たれていることの証明である。反面、高齢者や若年者にとっては、そのことが障碍となっていることも事実である。製造者はこの点に配慮し、「→ あける」 表示を入れたり、今回のようにグリップ性能を強化する工夫を重ねている。だか、本当にそれが求めているものの正体なのだろうか。我々消費者が 「食の安全」 を求めるならば、多少の開け難さは、その代償として甘受すべきではないだろうか。利便性を追求するばかりが、人間の営為ではない筈である。

■ 商品表示データ ■
『天然水で割った 300%のビタミン』 (6角500mL耐熱PETボトル)
<品名> 清涼飲料水
<原材料名> 糖類 (果糖ぶどう糖液糖、果糖、高果糖液糖)、酸味料、香料、ビタミンC、ナイアシン、マリーゴールド色素、ビタミンB6、ビオチン、ビタミンB12
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:20kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:5g ●ナトリウム:18mg ●ビタミンC:48mg ●ナイアシン:6.6mg ●ビタミンB6:0.6mg ●ビオチン:27μg ●ビタミンB12:1.2μg [(1本500mL当たり) ●ビタミンC:240mg ●ナイアシン:33mg ●ビタミンB6:3mg ●ビオチン:135μg ●ビタミンB12:6μg]
<販売者> 株式会社伊藤園 (東京都渋谷区本町3-47-10)
<JAN> 4-901085-054888

■ 参照キャップデータ ■
『天然水で割った 300%のビタミン』 (6角500mL耐熱PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「090522/P13」。賞味期限は9カ月 (未開封)。キャップは、NCC社製 「28NCフラップホット」 改良型ワンピースキャップ (新規設計変則グリップ、洗浄スリット6個所)(ロット番号:H54-24)。ボトルは東洋製罐社製 (ロット番号:G/2)。プリフォーム [白] (ロット番号:2B29)。製造ロット番号: 11:06:

注1) 「レモン風味のニアウォーター 『300%のビタミン』 に新たにビオチン (ビタミンB群の一種) が加わり、栄養機能食品としてリニューアル 天然水使用でおいしさが一層アップしました 『天然水で割った300%のビタミン』 3月上旬より販売開始」 伊藤園 ニュースリリース (2008/03/06)

2008/10/28

『蕃爽麗茶』 (2000mL PET) にエコグリップキャップ登場

形状違いキャップの第2弾である。

株式会社ヤクルト本社は、2008年10月1日 (水)、『蕃爽麗茶』 発売10周年を記念してパッケージデザインを一新した [注1]。ラインナップは、ペットボトル (400mL、500mL、2000mL) と缶 (190g)、カートン (200mL) の5種類である [注1-2]。2008年10月26日、近所のスーパーにて、2000mLボトルを購入した。希望小売価格税込み1本630円のところ、特価税込み627円であった。かなりお高めである。

この2000mL PETボトルのキャップに、このほどエコグリップキャップが採用された。因みに、その他の400mL及び500mLのPETボトルは、従来からの 「ノーマルギザ」 タイプのものである。これには理由があり、本来は 「2L」 と表記すべきところを敢えて 「2000mL」 としていることからも分かるように、グァバ葉ポリフェノールを含有する当保健機能食品 (特定保健用食品) は、「血糖値が気になる方」 が食後200mLを目安に飲むことが推奨されているからである [注3-4]。すなわち、約10回分である。そのため、グリップ性能を重視して、「エコグリップキャップ」 が採用されるに至ったものと推察される。

今回のヤクルト本社の参入で、エコグリップキャップの図柄は全部で4社5種類となった。

  ▼ アサヒ飲料
    『Asahi』 銀色ロゴ汎用キャップ
  ▼ アサヒ飲料
    『Bireley's』 ブランドロゴ汎用キャップ
  ▼ JTフーズ
    『URLアドレス+JT』 金色ロゴ汎用キャップ
  ▼ ファミリーマート
    『RICH & PREMIUM』 金色ロゴオリジナルキャップ
  ▼ ヤクルト本社
    『Yakult』 赤色ロゴ汎用キャップ

ペットボトルの利便性の一つに、キャップの再栓可能性が挙げられる。缶入り飲料が飲み切りサイズなのは再栓が出来ないからである。そこで、一つ覚えておくと便利なことがある。再栓する場合、これ以上キャップが閉まらなくなるまで、キャップをきつく回す人をよく見掛ける。これにはあまり意味がない。たとえ直接飲み口に口を付けなくても、PETボトル飲料はいったん開封した段階で外気がボトル内に入り込んでいるため、出来るだけ早めに飲み切ることが必要である。いったん飲むのを中断する場合でも、ネジ山が隠れる程度にキャップを閉めれば充分である。それでも機密性は充分に保たれるからである。あまりきつく締めると、その後の開閉が困難となり、万一飲み忘れていた場合など、二次発酵時に発生するガスの逃げ路を塞ぐことになり、かえって危険である。

さて、キャップの図柄は、白色キャップ地に赤色で 「Yakult」 のコーポレートロゴである [注5]。最近、ヤクルトのPETボトル飲料は、『ソーピード[TM]』 を含め、全てこの汎用キャップに切り替えられている。

お世辞にも美味いとは言えないこの飲み物が 「血糖値が気になり始めた方の食品 (飲料) 部門 (寡聞にしてそのようなものがあることを知らなかった) で、「10年連続売上高No.1」 ということにも正直驚いている。いかに糖尿病予備軍が多く、人知れずこの不味さに耐えているかである。実は、私も一時ペットボトル症候群のため糖尿病になり、血糖値が600mg/dLを超えた時期があった。現在は食事制限と軽い運動 (ウォーキング) で何とか正常値を維持している。ペットボトルキャップのコレクションも命懸けなのである。

■ 商品表示データ ■
『蕃爽麗茶』 (2000mL角型耐熱PETボトル)
<品名> 清涼飲料水 (グァバ茶)
<原材料名> グァバ葉、蕃果エキス*、ビタミンC
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:9mg | <関与物質> ●グァバ葉ポリフェノール:35mg以上
<販売者> 株式会社ヤクルト本社 (東京都港区東新橋1-1-19)
<JAN> 4-903080-113300

* 蕃果 (ばんか) エキス: 乾燥したグァバの未成熟な果実から抽出したエキス [注1]

■ 参照キャップデータ ■
『蕃爽麗茶』 (2000mL角型耐熱PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号+ロット記号:「090314/YM11/SACA」。賞味期間は約6カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製 「28NCフラップホット-SW」 (通称:エコグリップキャップ) (洗浄スリット6個所) (ロット番号:H81-41)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:J/36)。プリフォーム [白] (ロット番号:12-83)。

注1) 「特定保健用食品 『蕃爽麗茶』 のパッケージデザインをリニューアル ~発売10周年を記念し、プレゼントキャンペーンを実施~」 Yakult News Release (2008/09/12)
注2) 株式会社ヤクルト本社蕃爽麗茶」 (ブランドサイト)
注3) 出口ヨリ子、長田邦子、内田和美、木村広子、芳川雅樹、工藤辰幸、保井久子、綿貫雅章. 「グァバ葉熱水抽出物のdb/dbマウスにおける抗糖尿病効果およびヒト飲用試験による食後血糖値上昇抑制効果」. 日本農芸化学会誌, 72 (8):923-931 (1998). [論文内容
注4) 出口ヨリ子、長田邦子、長南 治、小林邦子、大橋あけみ、橘川俊明、綿貫雅章、大荷満生、中島久実子、秦葭哉. 「ヒト対象者におけるグァバ葉熱水抽出物の断続飲用および過剰摂取の有効性と安全性」. 日本食品新素材研究会誌, 3 (1):19-28 (2000). [論文内容
注5) KUMA氏の運営する 『ペットボトルキャップコレクションの旅』 「日本のプラキャップ」 <その他編> 「(株) ヤクルト本社 Yakult-01」

2008/10/27

『アミノバイタル』 の 「粗ギザ」 キャップ

『AJINOMOTO (R) 「アミノバイタル(R)」 ボディリフレッシュ』 にも 「粗ギザ」 キャップがあった (2008年10月26日、ショップ99にて確認、1本税込み104円)。またもや迂闊にも見逃していた可能性が高い。

同製品 (『ボディリフレッシュ』) は、カルピス社のプレスリリースによれば、2008年3月10日 (月) に全国発売されたことになっている [注1-2]。ラインナップには、「500mLペットボトル」 (税別150円)、「500mLペットボトル自販機用」 (税別150円)、「900mLペットボトル」 (税別250円) の3種類がある。これは、2007年6月11日に、味の素株式会社がカルピス株式会社を完全子会社化 [注3] して以来初めての 「アミノバイタル(R)」 シリーズのリニューアルとなる。味の素が販売していた頃の 『「アミノバイタル(R)」 ハイポトニックチャージ』 に較べて、味の素との業務提携によりカルピス社で製造された 『「アミノバイタル(R)」 ボディリフレッシュ』 においては、分岐鎖アミノ酸 (BCAA) の配合量が100mL当たり2倍となっている。

ただし、当発売時点で、キャップはまだ 「ノーマルギザ」 タイプであった筈である。そのことは、プレスリリースに収載されている製品の写真にも示されている。注意深く観察すれば分かるが、キャップのTEバンドより下のサポートリングに、耐熱ボトル用の白化 (結晶化) 処理が施されている。ただし、プレスリリースの写真は、ときとして嘘をつく場合がある。従って、あくまで傍証の一つに過ぎない。

さて、今回対象とする 「粗ギザ」 キャップの製品は、「500mLペットボトル」 の店頭販売用であり、TEバンドの刻印 「090910/KC」 によれば、製造工場はカルピス株式会社群馬工場であることが分かる。群馬工場のアセプティック充填ラインが本格的に稼働するのは2008年7月1日になってからのことである [注4-5]。従って、『ボディリフレッシュ』 の 「粗ギザ」 バージョンの出現時期は、早くても2008年8月頃と考えられる。遅ければ9月頃にずれ込んでいたかも知れない。

図柄は、白色キャップ地に紺色で、3段組の 「amino | VITAL(R) | アミノバイタル(R) 」と、商品ロゴの脇に全力疾走する陸上アスリートの上半身のシルエットである [注6]。比較すれば分かるように、「ノーマルギザ」 の時のものと全く同じ図柄が使用されている [注6]。

長年販売され続けていた製品のキャップが、ある日突然その形状のみを変更した場合、出現日を特定することは物理的に困難である。全ての販売チャネルをウォッチすることが出来ないからである。ましてやしばらくの間、出現したことにすら気づかなかった場合は、尚更である。既存のキャップには、常に翻弄されっぱなしである (トホホホ・ホホホホ・ホ)。

■ 商品表示データ ■
『「アミノバイタル(R)」 ボディリフレッシュ』 (500mL角形ペットボトル)
<品名> 清涼飲料水
<原材料名> 果糖、塩化Na、クエン酸、香料、アルギニン、ロイシン、イソロイシン、バリン、乳酸Ca、リン酸K、塩化K、甘味料 (アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:17kcal ●たんぱく質:0.4g* ●脂質:0g ●炭水化物:3.8g ●ナトリウム:12mg | ●アミノ酸:0.4g* (●ロイシン:110mg ●イソロイシン:90mg ●バリン:74mg ●アルギニン:126mg) ●クエン酸:200mg | ※ 「たんぱく質として分析された全てがアミノ酸です。」
<製造者> カルピス株式会社 (東京都渋谷区恵比寿南2-4-1)
<JAN> 4-901340-100725

■ 参照キャップデータ ■
『「アミノバイタル(R)」 ボディリフレッシュ』 (500mL角形ペットボトル)』 の賞味期限 「090910/KC」。賞味期限は約12カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製ワンピースキャップ 「28NCフラップアセプ」 日本山村硝子社製ワンピースキャップ* [粗ギザタイプ] (ロット番号:NY-119)。ボトルは、自社成形 (ロット番号:KC1-20)。プリフォーム [透明/PCO規格] (ロット番号:D28-105)。製品ロット番号:08:33A

* 2009/02/22、読者よりのご指摘により訂正。

注1) 「アミノ酸 (BCAA・アルギニン) をおいしく手軽に補給できる スポーツドリンク 『アミノバイタル(R)』 ボディリフレッシュ 新発売 -合計12,345名様に当たる 『あなたにエール!キャンペーン』 を実施-」 カルピス社 プレスリリース#280 (2008/02)
注2) 味の素株式会社アミノバイタル(R) 倶楽部マガジン」 商品オリジナルサイト
注3) 味の素株式会社味の素株式会社とカルピス株式会社の経営統合について ~“健康”と“海外”で成長を加速~」 味の素株式会社 プレスリリース (2007/06/11)
注4) 「『カルピスウォーター』 の 「粗ギザ」 キャップ」 ペットボトルキャップ時評 (2008/08/08)
注5) 「『カルピスウォーター』 「粗ギザ」 キャップ投入の背景」 ペットボトルキャップ時評  (2008/08/10)
注6) KUMA氏の運営する 『 ペットボトルキャップコレクションの旅』 「日本のプラキャップ」 <味の素ゼネラルフーヅ編> 「アミノバイタル amino VITAL-01」 を参照のこと

2008/10/22

ドトール 『カフェ・オ・レ ホット』 の加温器キャップ

オレンジキャップの季節の第4弾である。

JT飲料は、2008年9月22日 (月)、ドトール 『カフェ・オ・レ ホット』 (275mL PET) を発売した [注1]。税抜き希望小売価格140円である。私は2008年10月21日、「ショップ99」 にて税込み価格104円で購入した。同じ商品でも、「ローソンストア100」 では、税込み105円となるので、お店選びは今後重要なテーマとなる。いずれ、この両社は統合されるようであるが [注2]。

さて、今回の加温器キャップの図柄であるが、やはり微妙に異なっている。現在、オレンジキャップの図柄は、間違い探しの様相を呈しはじめている。以前まで、ドトールブランドのオレンジキャップは、オレンジ地に赤一色で、「DOUTOR」 のコーヒー豆様フォントを用いたコーポレートロゴに、周囲のメッセージが 「この製品は、加温器で販売できる製品です。」 と入ったものであった [注3]。なお、今回も日本有数のペットボトルキャップコレクターであるKUMA氏のサイトを参照させて頂いた (多謝!)。因みに、このメッセージはJT飲料の他の製品 (例えば、『味わいレモン』 など) では従来型のままである。

今回、ドトール 『カフェ・オ・レ ホット』 のメッセージ表示が、「こ の 製 品 は 加 温 機 器 で 販 売 で き ま す。」 に変更された。これは、従来型ショートバージョンとしての表示 「この製品は加温器で販売できる製品です。」 の変型と考えられる。「加温器」 を 「加温機器」 とし、短いフレーズに2度も出現する 「製品」 という単語を一つに集約した当たりに、発案者の苦悩が垣間見られる。

確かに、オレンジキャップが登場して7年も経過した現在、オレンジキャップが加温器販売可能製品であることの周知期間は完了している気がする。ましてや、この色のキャップを加温器に入れて販売することは、あくまで販売サイドの事情であり、購買者には関係のないことである。であれば、単純に 「HOT」 だけの表示でも事足りる筈である。もうそろそろ、新たな表示の工夫がなされてもいい時期に来ているのではないだろうか。日本型経営の横並び体質は実質上のカルテルであり、業界の発展の妨げともなりかねないリスクを包含するものである。飲料メーカーにはより柔軟な発想を期待したい。

■ 商品表示データ ■
『ドトール カフェ・オ・レ ホット』 (275mL六角耐熱PETボトル)
<品名> コーヒー飲料
<原材料名> 砂糖、濃縮乳、コーヒー、水飴、脱脂粉乳、乳化剤、香料、酸化防止剤 (V.C、V.E)、安定剤 (ガラギナン)
<栄養成分> (100mLあたり) ●エネルギー:40kcal ●たんぱく質:0.7g ●脂質:0.7g ●炭水化物:7.6g ●ナトリウム:38.5mg
<販売者> ジェイティー飲料株式会社 (東京都品川区大井1-28-1)
<JAN> 4-902210-508399

■ 参照キャップデータ ■
『ドトール カフェ・オ・レ ホット』 (275mL六角耐熱PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号:「090514/HTA」。賞味期間は約8カ月 (未開栓)。キャップは、日本クラウンコルク社製 「28NCフラップアセプ」 ワンピースキャップ [粗ギザタイプ] (ロット番号:N21-37)。ボトルは、北海製罐社製 (ロット番号:H38)。プリフォーム [白] (ロット番号:1888)。製造ロット番号: 1704.

注1) 「街のカフェショップ 『ドトール』 から ショップで人気の定番メニューを商品化 ドトール 『カフェ・オ・レ』 ドトール 『ロイヤルミルクティー』 9月8日よりリニューアル発売 / ドトール 『カフェ・オ・レ ホット』 9月22日より全国で新発売」 JT News Release (2008/09/03)
注2) 「統一PBブランド 「VL」 商品発売&統合目指した試験店展開 ~業務・資本提携したローソン、バリューローソンとの取り組みについて~」 SHOP 99 プレスリリース#402 (2008/02/18)
注3) KUMA氏の運営する 『ペットボトルキャップコレクションの旅』 「日本のプラキャップ」 <加温器キャップ編> 「ジェイティフーズ (株) DOUTOR ドトールカフェ・オ・レ-01」

『ヘルシアあったか緑茶』 の加温器キャップ、2008年大文字ロゴバージョンで登場

オレンジキャップの季節の第3弾である。

今年も、花王からホット専用の 『ヘルシアあったか緑茶』 が店頭に並ぶ季節となった (2008年10月21日、セブンイレブン、ミニストップ各店頭にて確認、1本税込み189円)。

パッケージデザインがほんの少し変更された。ボトルの肩に 「茶カテキン540mg」 の表示が目立つように入った。ただ、明らかに今年のキャップには、去年までのものと異なる点がある。『ヘルシア』 ブランドは、2008年4月~5月にかけて、ブランドロゴを発売当初からの全て小文字の 「healthya」 から、頭字のみ大文字で始まる 「Healthya」 に変更していたからである [注1]。

図柄は、オレンジキャップ地に緑茶を連想させる深緑色で、中央に 「Healthya」 の製品ブランドロゴ、キャップ周囲を 「オレンジキャップは加温器販売が出来る製品の目印です。」 の加温器キャップメッセージがぐるりと取り巻く。お馴染みのスタイルのものもである (基本的な図柄は [注2] を参照のこと)。なお、このキャップでは、キャップ内側の丸いインナーシール構造が天面部にそのまま浮き上がるアンジュレーションを十分考慮したデザインとなっている。丁度、円環状に盛り上がった個所をメッセージ文字列のベースラインとして設定している。そのため、仮想ベースラインに陰影が生じ、更に文字列とキャップ辺縁部との間に約2~3mm程度のマージンが出来ることも併せて、全体的に引き締まったコンパクトな仕上がりとなっている。また、文字にボリューム感のある 「H」 の左横をメッセージの開始点及び終了点とすることにより、1全角分の間隙が出来、ロゴに方向性とリズム感を与えている。実に計算された構図となっている。

ここ数日間、加温器キャップのマイナーチェンジを見掛ける頻度が高い。今年は、オレンジキャップの当たり年かも知れない。と言う訳で、おちおち寝てはいられない。

■ 商品表示データ ■
『ヘルシアあったか緑茶』 (4角耐熱PETボトル345mL)
<品名> 緑茶 (清涼飲料水)
<原材料名> 緑茶 (国産)、茶抽出物 (茶カテキン)、環状オリゴ糖、ビタミンC、香料
<成分分析表> (1本 (345mL) あたり) ●熱量:14kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:3.5g ●ナトリウム:35mg | <関与成分> ●茶カテキン:540mg
<販売者> 花王株式会社 (東京都中央区日本橋茅場町1-14-10)
<JAN> 4-901301-154125

■ 参照キャップデータ ■
『ヘルシアあったか緑茶』 (4角耐熱PETボトル345mL) の賞味期限+製造所固有記号:「090331/KIL」。賞味期間は6カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製 「28NCフラップホット」 ワンピースキャップ [ノーマルタイプ] (洗浄スリット6個所) (ロット番号:H53-43)。ボトルは、北海製罐社製 (ロット番号:2/S27)。プリフォーム [白] (ロット番号:1917)

注1) 「花王のヘルシア緑茶」 『KUMAの日記風ボトルキャップ通信』 (2008/05/05)
注2) KUMA氏の運営する 『ペットボトルキャップコレクションの旅』 「日本のプラキャップ」 <加温器キャップ編> 「花王 (株) healthya あたたかいヘルシア緑茶-01」

2008/10/21

リプトンリモーネ 『ホットレモンティー』 の加温器キャップ

オレンジキャップの季節の続編である。

加温器キャップの主なメッセージには、以下の2種類があることは前回ブログで述べた通りである。

 (a) 「オレンジキャップは加温器販売が出来る製品の目印です。」
 (b) 「この製品は加温器で販売できる製品です。」

また、「出来る」 の部分は 「できる」 のこともある、と言う類のことも述べた。今回はその最適な例について紹介したい。

サントリーフーズ社には、『Lipton LIMONE』 というレモン果汁入りの紅茶飲料がある。それに対応する加温器販売製品は、『[リモーネ] ホットレモンティー』 (280mL PET) である (2008年9月23日、火曜日発売) [注1]。コールド販売製品には、赤い 「Lipton」 ブランドロゴの入ったキャップが使用されている。だが、加温器販売製品では、販売会社の社名入りの汎用オレンジキャップである。こうした状況は、他社でも変わらない。今回、サントリーフーズ社のオレンジキャップに、現行メッセージの文字列と異なるバージョンが出現した。まさに 「できる」 が 「出来る」 になった例である。

歴史的検証のため、今回も日本有数のペットボトルキャップコレクターであるKUMA氏のサイト [注2] を参照させて頂いた。これを見ると、これまで出現したサントリー社及びサントリーフーズ社の加温器キャップは、全部で6種類存在する。すなわち、28mm径4種類+38mm径2種類である。この6種類の内訳は、2004年10月のサントリーフーズ社のコーポレートロゴの変更を分岐点として、旧サンセリフフォント3種類と現行ロゴ3種類にきっちり2分されている。そして、新旧2種類のロゴは、各々、28mm径 「ノーマールギザ」、28mm径 「粗ギザ」、38mm径 「広口キャップ」 の各形状に対応している。

また、メッセージについて、28mm径キャップに限れば、文字列の一部が当初 「出来る」 と漢字交じり表記であったものが、ロゴの変更に伴い 「できる」 のひらがな表記に変更されたことが分かる。広口キャップについては、ロゴの切り替え時期と相前後していたため、最初から 「できる」 表記である。

さて、今回の 『[リモーネ] ホットレモンティー』 (280mL PET) のオレンジキャップのメッセージ文字列であるが、現行の 「できる」 表記から、過去の 「出来る」 表記に戻っている [注3]。因みに、キャップは日本山村硝子社製 「TENキャップ」 である。ただし、『烏龍茶 贅沢銘茶』 の38mm径広口キャップも、日本山村硝子社製 「TENキャップ」 であるにもかかわらず、こちらは 「できる」 表記で統一されている。

その他のサントリーフーズ社の現行加温器製品のキャップはそのほとんどが 「できる」 表記であることから、この違いに特に意味は無い。日本語表記の 「ブレ」 の範囲内である。

表. サントリーフーズ社販売の現行オレンジキャップの使用例 (一部)*

 ▼ 『伊右衛門あったかい石臼挽き茶葉の旨み』 (345mL六角PET)
   「粗ギザ」 |SE
   日本クラウンコルク社製 「NC28フラップアセプ」
 ▼ 『伊右衛門香ばしいほうじ茶』 (345mL六角PET)
   「粗ギザ」 |WK07
   アルコア社製 「AS-Lok」
 ▼ 『BOSS 朝のオレ』 (280L六角PET)
   「粗ギザ」 |WWW
   日本クラウンコルク社製 「NC28フラップアセプ」
 ▼ 『BOSS コクダブル カフェオレ』 (280L六角PET)
   「粗ギザ」 |WWW
   日本クラウンコルク社製 「NC28フラップアセプ」
 ▼ 『黒烏龍茶OTPP』 (350mL四角PET)
   「ノーマルギザ」 |K
   アルコア社製 「PS-Lok」
 ▼ 『[リモーネ] ホットエモンティー』 (280mL六角PET)
   「ノーマルギザ」 |WP
   日本山村硝子社製28mm径 「TENキャップ」**
 ▼ 『烏龍茶 贅沢銘茶』 (350mL六角PET)
   「広口キャップ」 |NN11
   日本山村硝子社製38mm径 「TENキャップ」

注) * 製造ラインの充填方式の違いにより、使用キャップの形状やメーカーが異なる; ** 表示が 「出来る」 バージョンのもの; キャップ形状の後のアルファベットは、製造所固有記号

検索エンジンGoogleで 「できる」 と 「出来る」 のそれぞれのヒット件数を比較してみると、その使用頻度は <3対1> であることが分かる。従って、明確に 「かな表記」 が優勢ではあるが、「漢字交じり表記」 も4人に1人 (あるいは、4回に1回) の割合で存在するため、微妙な均衡が成立していると言える。こうした状況下では、どちらか一方に表記を統一するというコンセンサスは得られ難い。これは、キャップにも、そうした言葉の歴史的変遷の過程を垣間見ることが出来る (できる) いう証左である。

■ 商品表示データ ■
『[リモーネ] ホットレモンティー』(280mL六角耐熱PETボトル)
<品名> 紅茶飲料
<原材料名> 砂糖、レモン果汁、香料、ビタミンC、酸味料
<栄養成分> (100mLあたり) ●エネルギー:33kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:8.2g ●ナトリウム:6mg
<販売者> サントリーフーズ株式会社 (東京都港区台場2-3-3)
<JAN> 4-901777-188334

■ 参照キャップデータ ■
『[リモーネ]ホットレモンティー』(280mL六角耐熱PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号:「090306/WP」。賞味期間は約8カ月 (未開栓)。キャップは、日本山村硝子社製 「TENキャップ」 中栓付きの2ピースキャップ [ノーマルタイプ] (ベントホール4個所) (ロット番号:c10-9)。ボトルは、吉野工業所製 (ロット番号:222/9)。プリフォーム [白] (ロット番号:009)

注1) 「『ボス 贅沢ミルクと生クリームのコクダブルカフェオレ』 『ホット伊右衛門』など 秋のホット用清涼飲料10品目 新発売」 サントリー ニュースリリース#20306 (2008/08/25)
注2) KUMA氏の運営する 『ペットボトルキャップコレクションの旅』 「日本のプラキャップ」 <加温器キャップ編> 「リモーネホット-01、他」 を参照のこと
注3) 「ホットなオレンジキャップ」 『KUMAの日記風ボトルキャップ通信』 (2008/10/21)

2008/10/20

『ぽっかぽかレモン』 の加温器キャップ、刷り色を変更

オレンジキャップの季節である。

世界的な気候変動に伴い、日本が雨季と乾季の2シーズン制に移行して久しい。そんな錯覚すら覚えるここ数年の気候であるが、やはり10月ともなると朝晩冷え込むことがあり、秋を実感する。加温器販売可能な製品は、今では年間を通じて販売されているため、特にこの季節に限ったことではないが、誰が何と言おうと、オレンジキャップの季節である。理由は、この季節にキャップのデザインが微妙に変更されることが多いからである。節目節目を大切にする日本の風土に根ざしたキャップとも言える。

オレンジ色の加温器キャップの出現は、ホット対応PETボトルの登場に伴うものである。2001年秋、飲料メーカー各社が一斉に参入した。ちょうど 「9/11アメリカ同時多発テロ」 のあった頃であり、鮮烈な影像とともに記憶に焼き付けられている。あれから7年が経過した。

通常、加温器キャップといえばオレンジキャップである。日本コカ・コーラ社の自販機販売のホット専用製品にイエローキャップが例外的に存在するのみである。その意匠の特徴は、オレンジ色のキャップ地の中央にコーポレートロゴが置かれ、その周囲をホット専用製品であることを示すメッセージがくるりと取り巻いていることにある。このメッセージには主に、「オレンジキャップは加温器販売が出来る製品の目印です。」 と 「この製品は加温器で販売できる製品です。」 の2種類がある (なお、「出来る」 が 「できる」 のこともある)。使い分けの基準はよく分からない。「目印」 とあるように、キャップそのものの素材はコールド専用製品で使用されるものと全く変わりがない。因みに、PP (ポリプロピレン) と PE (ポリエチレン) である。前者は、ホット充填用の 「ノーマルギザ」 タイプ、後者は、アセプティック充填用の 「粗ギザ」 タイプである。よく分からないが、加温器販売出来ることと、製造時の充填方式とは関係ないようである。即ち、アセプティック充填で、加温器販売可能な製品があるということである。

さて、今回はポッカコーポレーションの 『ぽっかぽかレモン』 (280mL PET)のキャップである (2008年10月18日、ファミリーマート、サンクス店頭にて確認)。このキャップの図柄は、2008年3月24日付けブログ 「加温器キャップの書体の差異」 において言及したものと全く同一のものである [注1]。恐らく、同じ版下が使用されていると思われる。図柄は、ポッカコーポレーションの <白抜きP> マークと 「POKKA」 のコーポレートロゴを中央に配し、外周にお馴染みの 「オレンジキャップは加温器販売が出来る製品の目印です。」 のメッセージがぐるりと一周取り巻くスタイルのものである。ところが今回のキャップでは、刷り色が 「黒」 から 「赤」 に変更されている。あるいは、本来の 『ぽっかぽかレモン』 のキャップの配色に戻ったと言うべきかも知れない。38mm径の広口キャップでは、オレンジ地に赤の組み合わせがずっと使用されているからである。

オレンジキャップはどれも、これと言った特徴がない。多少の変化くらいでは見過ごしてしまいそうである。従って、これからも暫く、気が抜けない日々が続く。

■ 商品表示データ ■
『ぽっかぽかレモン』 (6角耐熱PETボトル280mL)
<品名> 清涼飲料水
<原材料名> 砂糖、レモン果汁、還元澱粉糖化物、はちみつ、レモンピール、レモン果皮エキス、酸味料、香料、ビタミンC、マリーゴールド色素、甘味料 (スクラロース)
<栄養成分> (100mLあたり) ●エネルギー:40kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:10.2g ●ナトリウム:64mg ●ビタミンC:22mg
<販売者> 株式会社ポッカコーポレーション (名古屋市中区栄4-2-29)
<JAN> 4-902471-028247

■ 参照キャップデータ ■
『ぽっかぽかレモン』 (6角耐熱PETボトル280mL) の賞味期限+製造所固有記号:「090609/PLL」。賞味期間は9カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製 「Fin-Lok」 青色着色ライナー材使用の2ピースキャップ [ノーマルタイプ] (洗浄スリット4個所) (ロット番号:<本体>32-2、<ライナー材>24)。ボトルは、北海製罐社製 (ロット番号:V36)。プリフォーム [白] (ロット番号:1777)

注1) KUMA氏の運営する 『ペットボトルキャップコレクションの旅 』 「日本のプラキャップ」 <加温器キャップ編> 「(株) ポッカコーポレーション POKKA ぽっかぽかレモン-03」 を参照のこと

2008/10/12

『Welch's』 製品の汎用キャップの使用基準

前回、2008年10月10日付けブログ 「深紅の 『Welch's』 汎用キャップの差異」 にて、「カルピス社ではこれまで、500mL以下の小型PETボトルの 『Welch's』 製品の場合、白地に紺色の 『カラダにピース』 汎用キャップを用いて来た」 と記述してしまったが、事実誤認であった。同社のプレスリリースを過去に遡って丹念に調べてみたところ、実に単純な法則が存在することが判明した。概ね以下の通りである。

● 法則1. 『Welch's』 製品のうち果汁100%の 「果実ジュース」 及び 「果実ミックスジュース」 に対しては、『Welch's 』 のブランドロゴの入った深紅の汎用キャップが使用されている

● 法則2. 『Welch's』 製品であっても、果汁10%~100%未満の 「果汁入り飲料」 に対しては、『カラダにピース』 のカルピス社の白地汎用キャップが使用されている

すなわち、ジュースか否かにより使い分けられていたことになる。

一般には、缶やPETボトルに入ったものや、瓶詰め飲料のことを 「喉渇いたから、何かジュース買って来て」 と言うように曖昧に使用する場合がある。ところが、ジュースについては法律上、厳格な定義がなされている。ネット上で調べてみるとその根拠が、 「『農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律』 (通称 『JAS法』) による」 とだけ書かれたものが多い。そして、「果汁100%のもの以外は 『ジュース』 という名称で販売できない」 旨が記載されていることがほとんどである。ところが、JAS法自体にこの記述は見当たらない。実際には、JAS法はその大枠を定めているだけなので、具体的な条文は 「果実飲料等の表示に関する公正競争規約」 及び 「果実飲料等の表示に関する公正競争規約施行規則」 [注2]、もしくはJAS規格の 「果実飲料の日本農林規格」 [注3] を参照する必要がある。その中で、パッケージに 「果実の切り口」 を表示出来るのは、果汁100%のものだけ、というようなことが細かく規定されている。

さて、カルピス社がこれまで発売して来た 『Welch's』 製品について、PETボトル入り限定で一覧表にまとめてみた (従って、120g口栓付きパウチなどの製品は含まれない)。大まかに分類すると、(a) 果汁100% (「果実ジュース」 及び 「果実ミックスジュース」) の350mLペットボトルと800gペットボトルの2つのシリーズと (b) 果汁20%~40%までの500mLペットボトル入り季節商品とに分かれる。価格はそれぞれメーカー希望小売価格・税込みで、350mL = 186円、800g = 399円、500mL = 158円である。当然、キャップの色は、上記基準に基づき、(a) = 深紅キャップ、(b) = 白色キャップとなる (なお、2007年5月以前は、「CALPIS co.」 のみの白地汎用キャップである)。


表. 『Welch's』 製品一覧表 (シリーズ別、販売日遡及順)

▼ (a1) 「Welch's」 HEALTHY SQUEEZE グレープフルーツ100シリーズ <350mLペットボトル> (深紅キャップ)
  ◎ 「Welch's」 HEALTHY SQUEEZE グレープフルーツ100
     発売日: 2008/09/29 (月) | #329
  ◎ 「Welch's」 HEALTHY SQUEEZE グレープ100
     発売日: 2008/03/24 (月) | #281

▼ (a2) 「Welch's」 100 (800g) シリーズ <800gペットボトル> (深紅キャップ)
  ◎ 「Welch's」 オレンジ100
     発売日: 2007/09/03 (月) | #232
  ◆ 「Welch's」 オレンジ&ピーチ100
     発売日: 2007/03/19 (月) | #190
  ◆ 「Welch's」タンジェリンブレンド100
     発売日: 2006/12/04 (月) | #167
  ◎ 「Welch's」 グレープ100
     発売日: 2006/03/27 (月) | #110
  ◎ 「Welch's」 ピンクグレープフルーツ100
     発売日: 2006/03/27 (月) | #110
  ◎ 「Welch's」 アップル100
     発売日: 2006/03/27 (月) | #110

▼ (b) 500mLペットボトル (白地キャップ)
  ◆ 「Welch's」 ホワイトグレープロワイヤル [果汁: 30%]
     発売日: 2007/08/06 (月) | #229
  ◆ 「Welch's」 ダークスイートチェリーブレンド [果汁: 23%]
     発売日: 2007/05/14 (月) | #209     
  ◆ 「Welch's」 ホワイト&レッドグレープフルーツ [果汁: 30%]
     発売日: 2007/02/13 (火) | #181     
  ◆ 「Welch's」 フルーツフェスティバル [果汁: 40%]
     発売日: 2006/12/11 (月) | #170     
  ◆ 「Welch's」 グレープ&ベリー [果汁: 20%]
     発売日: 2006/10/30 (月) | #156     
  ◆ 「Welch's」 ゴールデングレープ [果汁: 40%]
     発売日: 2006/08/07 (月) | #137     
  ◆ 「Welch's」 サマーマンゴーブレンド [果汁: 20%]
     発売日: 2006/05/15 (月) | #118     
  ◆ 「Welch's」 カシス&オレンジ [果汁: 40%]
     発売日: 2006/02/13 (月) | #091     

注: ◎=2008年10月現在発売中、◆=現在終売、#=プレスリリース番号


この表を見ると、500mL入り製品は、旬のフルーツをその都度セレクトし、ブレンドした 「季節限定商品」 であることが分かる。また、その発売頻度は、2006年が2~4カ月置きの年5回、2007年が4カ月置きの年3回であるが、2008年には製品投入そのものが皆無となっている。代わりに、果汁100%の350mL入り製品に切り替えられたことが分かる。なお、800gボトルは定番商品としての位置づけがなされており、6製品中4製品 (2006年3月27日同時発売の 『グレープ100』 『ピンクグレープフルーツ100』 『アップル100』 の3製品に、2007年9月3日発売の 『オレンジ100』 の1製品を加えたラインナップ) が現在も販売されている。

なお、前回のブログの内容に関する補足であるが、使用キャップの製造メーカーとカルピス社の製造工場との間に明確な相関があるわけではない。従って、「岡山工場 (BC)」 と 「群馬工場 (KC)」 のいかんを問わず、「TENキャップ」 も 「PS-Lok」 も使用される可能性がある。

ところで、Welch's社の本家米国のサイト [注4] を見ると、『Welch's』 のブランドロゴが変更されていることに気付く。現在、日本のカルピス社が使用しているブランドロゴには 「W」 「l」 「h」 のフォントの全ての終端部に 「セリフ」 と呼ばれる横棒の装飾エレメントが付いている。ところが、米国のサイトに表示されているブランドロゴには、「乳癌撲滅キャンペーン」 のピンクリボンが添えられていることも含め、「W」 「l」 「h」 の各フォントの終端部がすべて 「ケルン」 または 「テール」 (尻尾のようにクルっとはね上がっている) と呼ばれる装飾エレメントに変更されている。詳しく調べてみると、米国Welch Food Inc.社は、2007年6月に、それまで12年間使用されて来たお馴染みの 「Welch's SINCE 1869」 のバナーを市場調査の結果を踏まえて、デザイン変更を施したらしい [注5-6]。

日本では、米国Welch Food Inc.社との販売契約上、直ぐには新しいブランドロゴに変更出来ない事情があるのだろうが、ある日突然、キャップのロゴが変わる日がやって来ないとも限らない。その日に備えて、新規ロゴには 「ケルン」 や 「テール」 の他にも、決定的な違いがあることを覚えておくと便利である。これまでのバナーには、 「SINCE 1869」 の両脇にロングダッシュと呼ばれる横棒 「-」 が付いていたが、新規のロゴにはそれがない [注6]。かなりスッキリした印象になている。でも、本当にそんな日は来るのだろうか。万一、担当者間の連絡の行き違いであるならば、至急知らせてあげて欲しいものである。

注1) カルピス株式会社 「プレスリリース
注2) 社団法人全国構成取引協議会連合会『果実飲料等の表示に関する公正競争規約 (昭和46年3月5日、公取引委員会告示第11号)』 及び 『果実飲料等の表示に関する公正競争規約施行規則 (昭和46年9月1日、公取景第901号)』
注3) 農林水産省果実飲料の日本農林規格 (平成18年8月8日改正、農水告第1127号)
注4) 「Welch Foods Inc.」 (英文サイト)
注5) 「Welch's rolls out new look and label design [ウェルチ社、新規ラベルデザインを発表]」 Welch's in the News (June 1, 1997).
注6) U.S. Trademark 78,813,579 「WELCH'S SINCE 1869」 (January 2, 2007).

2008/10/10

深紅の 『Welch's』 汎用キャップの差異

カルピス社は、2008年9月29日 (月)、『ウェルチヘルシースクイーズグレープフルーツ100』 (350mL PET) を発売した [注1]。2008年10月8日、都内のファミリーマートにて購入 (メーカー希望小売価格税別160円、税込み168円)。

「Welch's」 のロゴの入った深紅のキャップはこれまでも、同社のウェルチブランド製品には頻繁に使用されて来たものであったため、特段気に留めることもなかった。ところが、雰囲気が異なるキャップの付いた製品が2本同時に並んで販売されていることで、その違いにやっと気付いた。TEバンドには、各々賞味期限と製造工場を示す (a) 「090614/KC」 と (b) 「090609/BC」 の印字がある。すなわち、カルピス社の 「群馬工場」 と 「岡山工場」 において、それぞれ9月16日と9月11日頃に製造された製品ということである [注2]。発売1週間にして、東西の両拠点工場で製造された製品が一同に会する光景がかつてあっただろうか (いやない)。驚きである。

カルピス社ではこれまで、500mL以下の小型PETボトルの 「Welch's」 製品の場合、白地に紺色の 「カラダにピース」 汎用キャップを用いて来た。今年は、2008年3月24日に発売された 「Healthy Squeeze」 シリーズの 『グレープ100』 から、ラベルとキャップのブランドが統一され、深紅の 『Welch's』 汎用キャップが用いられている。図柄は、深紅のキャップ地に、白色オペークインキで、お馴染みのスクロールに 「Welch's (R) - SINCE 1869 -」 の文字の入ったブランドロゴである [注3]。スクロールリボンの右端下に小さくサービスマークの [TM] が添えられている。

因みに、Welch's社の歴史は同社サイト [注4] によると、1869年、ニュージャージー州バインランドの開業医であり歯科医でもあったトーマス・ブラムウェル・ウェルチと息子のチャールズが、教会の聖餐式に供するノンアルコール飲料としての 「非発酵ワイン」 の瓶詰処理に成功したことに始まる。その後、Welch's社は、1952年、カナダを含む北米1,400戸の栽培農家で構成される 「全米葡萄協同組合 (National Grape Cooperative Association Inc.)」 に買収され、今日に至っている。

全くの余談であるが、「創業1869年」 と言えば、日本では明治2年に当たる。梶井基次郎が、積み上げた画集の上に 「檸檬」 を置き去りにして来たことで有名な 「丸善」 の前身である 「丸屋商社」 (丸善の社史に曰く、日本での 「株式会社」 第一号) とほぼ同じ歴史を有することになる。

さて、キャップの差異であるが、よく見ても版下の違いはほどんど分からない。強いて言えば、図柄において、「- SINCE 1869 -」 の横棒の長さが (a) と (b) を較べた場合、(b) の方が若干長いかなと思う程度である。実際には、「Welch」 の最後の 「h」 の下の横棒に着目することで、その違いが確認出来る。(a) の横棒が 「h」 より内側に収まっているのに対し、(b) の横棒は外側にはみ出している。そんなことよりも、視覚的印象の方がその差は大きい。(a) よりも (b) のキャップの文字や線の方が明らかに太い。これはキャップの形状の違いに起因するもので、印刷の仕上がりに影響を与えている。

使用されているボトルは、両工場とも吉野工業所製であるが、キャップは、(a) 「群馬工場 (KC)」 では日本山村硝子社製の 「TENキャップ」 が使用され、(b) 「岡山工場 (BC)」 ではアルコア・クロージャー・システムズ社製の 「PS-Lok」 が使用されている。(a) の 「TENキャップ」 は天面部が緩やかにカーブしているもののほぼ平滑であるのに対し、(b) の 「PS-Lok」 はキャップの辺縁から中央部に掛けて内側のインナーシール構造を反映して、微妙なアンジュレーション (起伏) が存在する。天面部中心点を通過する横断面を想像した場合、洋弓のようなカーブを描くことになる。そのため、(b) の方では、印刷面の正常なコンタクトが得られ難く、より強い印圧をかける必要が生じる。このことは必然的に、描線部が 「太る」 という現象に帰着する (仮説)。

白色オペークインキの場合、印刷精度は圧倒的に (a) の方が優っており、解像度も高い。細かい文字の 「SINCE 1869」 や 「TM」 において、その違いは歴然としている。(b) ではそれらが辛うじて判読出来る程度にまで文字が潰れてしまっている。ただし、ロゴ自体のインパクトは (b) の方が圧倒的であり、訴求性に優れている (嗜好の問題ではあるが)。

外国製のキャップに較べ、日本製のキャップは異常なまでに精度が要求されている気がする。どちらかと言えば、綺麗過ぎる仕上がりの印刷よりも、「かすれ」 や 「にじみ」、「印刷ズレ」 などがあった方が味わい深い。私は、パソコンが簡易な印刷ツールとして、芋版やプリントゴッコにとって変えられてから久しく、年賀状を出していない。そこに、インプレッション (impression) の発露を感じ取れなくなってしまったからである。

■ 商品表示データ ■
『ウェルチヘルシースクイーズグレープフルーツ100』 (350mL四角耐熱スリムPETボトル)
<名称> グレープフルーツ (濃縮還元)
<原材料名> グレープフルーツ、香料
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:45kcal ●たんぱく質:0.4~1.0g ●脂質:0g ●炭水化物:10.4g ●ナトリウム:0mg ●ビタミンC:17~75mg | ●リコピン:270~1350mg
<製造者> カルピス株式会社 (東京都渋谷区恵比寿南2-4-1)
<JAN> 4-901340-111721

■ 参照キャップデータ ■
(a) 『ウェルチヘルシースクイーズグレープフルーツ100』 (350mL四角耐熱スリムPETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「090613/KC」。賞味期限は約9カ月 (未開栓)。キャップは日本山村硝子社製中栓付き2ピースの 「TENキャップ」 (ロット番号:c4-02) (ベントホール4個所)*。ボトルは吉野工業所製 (ロット番号:11/H80)。プリフォーム [白] (ロット番号:H5080)。製品ロット番号:LOT 10:11

(b) 『ウェルチヘルシースクイーズグレープフルーツ100』 (350mL四角耐熱スリムPETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「090609/BC」。賞味期間は約9カ月 (未開栓)。キャップはアルコア・クロージャー・システムズ社製 「PS Lok」 ワンピースキャップ (ロット番号:V7-19) [ノーマルタイプ] (リンスホール6個所)*。ボトルは吉野工業所製 (ロット番号:33/33)。プリフォーム [白] (ロット番号:33)。製造ロット番号:LOT 16:11

* キャップのスカート部上端から1~2mmの位置に、水平に4~6個所に穿たれた溝 (スリット) の呼び方であるが、アルコア社では 「リンスホール」、日本山村硝子社では 「ベントホール」 と呼称している。これは充填時に口栓部から溢れ出た果汁がキャップとボトルフィニッシュの間のスレッド (ネジ) 部分に残留し、カビが発生するのを防止するための仕掛けである。製造工程でキャップの上から水を流し掛けることで、細い溝 (スリット) が毛細管現象を起こすことを利用して、残留液を排液する機構である。

注1) 「厳選した3種のグレープフルーツ果汁をブレンドした 濃厚で本格的な味わいの100%果汁 『「Welch's」 HEALTHY SQUEEZEグレープフルーツ100』 新発売 -グレープフルーツに含まれる健康成分リコピンとビタミンCも摂取できる-」 カルピス社 プレスリリース#329 (2008/09)
注2) 「『カルピスウォーター』 「粗ギザ」 キャップ投入の背景」 『ペットボトルキャップ時評』 (2008/08/10)
注3) KUMA氏の運営する 『ペットボトルキャップコレクションの旅』 「日本のプラキャップ」 <カルピス編>の 「Welch's APPLE 100ウェルチアップル100-01」 を参照のこと
注4) Welch'sWelch's - Hisory」 (Welch's社英文サイト)

2008/10/07

伊藤園の新規 「→あける」 バージョンに 「粗ギザ」 汎用キャップ登場

2008年6月23日に発売された伊藤園の 『香ばしい健康茶 そば茶』 [注1] の天然ルチンの含有量が1.5倍の45mgになり、パッケージも一新されてリニューアル販売されていた (2008年10月6日、都内ファミリーマート店頭にて確認、1本税込み147円)。

今回のキャップは、アセプティック充填用キャップである。従って、「粗ギザ」 である。

キャップの意匠は、白色キャップ地に従来の緑と黒の2色の配色で、中央に伊藤園の緑色のコーポレートマークの 「四つ葉」、キャップの外周に沿って、緑色で 「賞味期限は、キャップの横に表示。」、マークの下方に、黒色で、長い矢印マーク 「→」 と 「あける」 である。漢字の社名ロゴの 「伊藤園」 は入っていない。ここまでは、「ノーマル」 タイプのキャップの場合と同様である [注2]。だたし、「→あける」 の矢印がほんの少し濃く、「四つ葉」 を取り巻く緑色の文字列と黒色の矢印の間隔が若干狭い。これは、キャップの素材と有効印刷領域の違いに起因するものである。

今回の 「粗ギザ」 の登場により、28mm径の 「矢印付き四つ葉」 汎用キャップは2種類となった。残るは、「炭酸用」 と 「炭酸+果汁用」 であるが、キャップに社名を入れない方針が規定路線であるとするならば、緑色 「ITO EN」 バージョンと黒色 「ITO EN」 バージョンの行方が気になるところである。

■ 商品表示データ ■
『香ばしい健康茶 そば茶 <天然ルチン45mg>』 (500mL角型PETボトル)
<品名> そば茶 (清涼飲料水)
<原材料名> ダッタンそばの実 (6割)、そばの実、ビタミンC
<栄養成分> (1本 (500mL) 当たり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:36mg | ●ルチン:45mg
<販売者> 株式会社伊藤園 (東京都渋谷区本町3-47-10)
<JAN> 4-901085-066218

■ 参照キャップデータ ■
『香ばしい健康茶 そば茶 <天然ルチン45mg>』 (500mL角型PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「090616/P13」。賞味期限は9カ月 (未開封)。キャップは、NCC社製 「28NCフラップアセプ」 ワンピースキャップ [粗ギザタイプ] (ロット番号:N14-27)。ボトルは、北海製罐社製 (ロット番号:39)。プリフォーム [透明/PCO規格] (ロット番号:1174)。製造ロット番号: 20:45

注1) 「そばの実を焙煎度別にブレンドし、甘く香ばしい香りとコクのある味わいを実現 天然ルチンをおいしく手軽に補給できる健康茶飲料 『香ばしい健康茶 そば茶』 6月23日 (月) より販売開始」 伊藤園ニュースリリース (2008/06/17)
注2) 「伊藤園の汎用キャップにも 「→あける」 登場」 『ペットボトルキャップ時評』 (2008/09/21)

2008/10/06

ニューボトルの 『C1000 レモンウォーター』 のキャップにレジスターマーク登場

ハウスウェルネスフーズは、2008年9月22日 (月)、『C1000 レモンウォーター』 (500mL PETボトル) をリニューアル発売した [注1]。既報の通りである。

ニューボトルに変わり、ラベルの 「C1000」 ロゴにもレジスターマーク (R) が新たに追加された。にもかかわらず、キャップは従来通り、(R) の付かない 「青色ロゴ」 のままである。実際、女優の榮倉奈々 [注2] をフィーチャーしたTVCF [注3] では、ペットボトルキャップがシズル感を存分に湛えながら、TV画面全体に写し出されて来る。でも、そこにレジスターマーク (R) の存在はない。通常、キャップの図柄が、新聞・雑誌・TV等の広告媒体において、ここまで明瞭に提示されることはない。事ここに至っては、「青色ロゴキャップに(R)なし」 と、半ば諦め掛けていた。ところが、本日レジスターマーク (R) 付きキャップを発見した (2008年10月6日、都内セブンイレブン店頭、ショップ99店頭にて確認)。

やはり、これはキャップの在庫調整によるものであった。かつ、製造ラインの違いによるものでもあった。現在、『C1000 レモンウォーター (500mL)』 に関しては、外観の異なる3種類の製品が同時に市場に出回っている。各々のキャップは、以下ような対応になっている。

 (a) 角形PETボトル (従来のボトルシェイプ)
    ラベル:(R) なし/キャップ:(R) なし
 (b) ニューボトル(中腹部が緩やかなカーブを描くボトルシェイプ)
    ラベル:(R) 付き/キャップ:(R) なし
 (c) ニューボトル(中腹部が緩やかなカーブを描くボトルシェイプ)
    ラベル:(R) 付き/キャップ:(R) 付き

レジスターマーク導入以降の (b) と (c) の決定的違いは 「製造者」 の違いにある。(b) のTEバンドには 「090529 /C」 の印字があり、ラベルにはハウスウェルネスフーズ株式会社が 「販売者」 として表示されている [注4]。それに対して、(c) のTEバンドには賞味期限 「090606」 のみで 「製造所固有記号」 の印字がない。更に、ラベルにはハウスウェルネスフーズ株式会社が 「製造者」 として表示されている。すなわち、(c) は自社工場である 「伊丹工場」 で製造されたものであり、(b) は委託製造された製品である。従って、これはあくまで過渡的状況であり、キャップの在庫が無くなり次第、レジスターマーク付きキャップに順次切り替わって行くことを物語っている。なお、地理的条件を考慮すれば、関西方面では、リニューアル発売当初から、(R) 付きキャップが出回っていた可能性がある (今となっては、確かめようがないが)。

今回の教訓は、「広告に騙されてはならない」 である。いわんや、『ペットボトルキャップ時評』 においておや。

■ 商品表示データ ■
『C1000 レモンウォーター』 (500mLオリジナルシェイプ耐熱PETボトル)
<品名> 清涼飲料水
<原材料名> 高果糖液糖、レモン果汁、還元水飴、塩化ナトリウム、ビタミンC、香料、乳酸カルシウム、酸味料、ベニバナ黄色素、塩化マグネシウム、酸化防止剤 (酵素処理ルチン)、甘味料 (スクラロース)、リン酸カリウム
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:20kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:5.6g ●ナトリウム:13mg ●カルシウム:2.1mg ●カリウム:3.1mg ●マグネシウム:0.6mg ●ビタミンC:200mg
<製造者> ハウスウェルネスフーズ株式会社 (兵庫県伊丹市鋳物師3-20)
<JAN> 4-350503-025225

■ 参照キャップデータ ■
『C1000 レモンウォーター』 (500mLオリジナルシェイプ耐熱PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号:「090606」。賞味期限は9カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製 「28NCフラップホット」 ワンピースキャップ [ノーマルタイプ] (洗浄スリット4個所) (ロット番号:H7-60)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:F/18)。プリフォーム [白] (ロット番号:4-47)。製品ロット番号:0509

注1) 「『明日への健康なくらしに奉仕する』 ハウスウェルネスフーズより 『C1000レモンウォーター』 がフレッシュアップして新発売 スタイリッシュなボトルになって新登場!」 ハウスウェルネスフーズ株式会社 ニュースリリース (2008/09/08)
注2) 2002年 『SEVENTEEN』 誌の専属モデルとしてデビューし、現在女優として活躍中。「榮倉奈々-OFFICIAL WEB SITE-」 も参照のこと
注3) 「C1000 レモンウォーター <登場編>」 ハウスウェルネスフーズ株式会社 CMライブラリー (2008年10現在)
注4) 「ハウスウェルネスフーズの新 『C1000 レモンウォーター』 のキャップにレジスターマークなし (前承)」 『ペットボトルキャップ時評』 (2008/09/25)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ