« 2008年11月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009/01/28

『XYZ』 キャップ、粗ギザに変更

ボトルドウォーター 『XYZ Size』 のキャップが、いつの間にか、ノーマルから粗ギザに変更されていた。2008年1月27日、「iro・mi・ne by ITS'DEMO」 小田急新宿ミロード店にて購入した。1本399円とかなりお高めである。ただし、価格は据え置きである [注1-2]。

「iro・mi・ne」 及び 「ITS'DEMO」 は、千葉、埼玉、神奈川を含む首都圏を中心に展開されるファッションバラエティセレクトショップである。具体的には、20歳代のアーバンライフを指向する女性を主な購買層としたアンテナショップ的要素を色濃く持つ衣料品と生活雑貨の小売店である。従って、比較的目新しい商品が並ぶことが多く、ペットボトルキャップコレクターにとっては、有用な入手チャネルの一つと成っている。少なくとも、月2回程度は巡回したいものである。なお、首都圏以外では、水戸、宇都宮、高崎、静岡、豊橋、名古屋、新潟、梅田、博多などに店舗展開している [注3]。

『XYZ Size』 には、<ピンクダイア> と <アクアマリン> の2種類の色のパッケージが存在するが、今回は、<ピンクダイア> のみの販売であった。なお、<ピンクダイア> と <アクアマリン> はボトル胴体のラベルの色が異なるだけであり、内容物もキャップも恐らく同一と思われる。

今回、キャップが日本クラウンコルク (NCC) 社製 「Fin-Lok」 (ノーマルギザ) からアルコア・クロージャー・システムズ(ACS)社製 「AS-Lok」 (粗ギザ) に変更されたことに伴い、キャップの図柄から (R) が消えた。白色キャップ地に黒色で、「XYZ」 + 小さく 「Size」 のみである [以前の図柄に関しては、注4を参照のこと]。ただし、ラベルには依然として 「XYZ(R)」 と印刷されており、(R) が存在することから、この変更はキャップ印刷上の制約に伴うものと考えられる。

例えば、これはあくまで憶測であるが、小さなマークは印刷回数を重ねて行くうちに ○ の中がインキで潰れて見え難くなるとか、ポリエチレン (PE) 製の 「AS-Lok」 の印刷面はポリプロピレン (PP) 製の 「Fin-Lok」 と比較してインキが滲みやすいと言ったような、極めて技術的な問題ではないだろうか。ただし、(R) が無くなった分だけ、デザイン的にはすっきりして、非常に好感が持てる。また、このキャップは 「Fin-Lok」 に較べて、天面部が平滑で、かつマット状のため、図柄とキャップの一体感が醸成されやすい気がする。

今回、キャップのナール形状が変更された主な理由は、採水地の変更にある。以前のノーマルギザでは、「山形県田川郡庄内町立谷沢字西山」 であったが、今回の粗ギザキャップに代わってからは、「山梨県甲州市塩山上萩原」 が採水地として表示されている。従って、製造工場の充填方式が異なることに起因する変更と言える。

水の成分が変わっても、製品名は変わらない。実に日本的な商品である。

■ 商品表示データ ■
『XYZ Size <ピンクダイア>』 (角型耐熱PETボトル500mL)
<名称> ボトルドウォーター (サイズ)
<原材料名> 水
<採水地> 山梨県甲州市塩山上萩原
<栄養成分> (100mLあたり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:1.1mg  ●カリウム:0.1mg ●マグネシウム:0.1mg ●カルシウム:0.5mg
<硬度> 13mg/L、<pH値> 9.3
<販売者> グローブサイエンス株式会社GS
<JAN> 4-560134-630789

■ 参照キャップデータ ■
『XYZ Size <ピンクダイア>』 (角型耐熱PETボトル500mL) の賞味期限/製造所固有記号:「101122/KA」。賞味期限は12カ月 (未開栓)。キャップは、アルコア・クロージャー・ システムズ (ACS) 社製 「AS-Lok」 ワンピースキャップ [粗ギザタイプ] (ロット番号:W1-26)。ボトル (ロット番号:Y/5)。プリフォーム [白] (ロット番号:247)

注1) グローブサイエンス株式会社XYZ」 (製品サイト)
注2) 「ボトルドウォーター 『XYZ (R) Size』 のキャップ」 ペットボトルキャップ時評 (2007/08/25)
注3) 「IT'S DEMO」 (ホームページ)
注4) KUMA氏の運営する 『ペットボトルキャップコレクションの旅』 「 日本のプラキャップ」 <水編> 「グローブサイエンス (株) XYZ Size-01」

2009/01/26

キリン 『生茶』 加温器キャップにSKナール出現

前回のブログで、伊藤園の変わったナール形状のキャップについて取り上げたところ、 「M's blog」 のまさお氏から 「KIRINのホット用キャップでSKナールのものを発見しました」 という情報を頂いた。加温器キャップは常に注意深く観察しているつもりでも、見落としがまだまだあるものである。従って、こうした情報は本当にありがたい。

さて、「SKナール」 とは何か。私も、つい最近まで名前すら知らなかった。これは、キリンビバレッジ社が、昨年2008年2月26日と2008年3月11日に各々リニューアル発売した 『生茶』 [注1-3] と 『キリンレモン』 [注4-5] に付けられた変則ナール形状のキャップの正式名称である。因みに、キリンビバレッジ社では、一般消費者向けには、「開けやすいキャップ」 と呼称している。日本クラウンコルク社との共同開発のため、他社キャップメーカーのものは存在しない。また、現在のところキリンビバレッジ社の製品専用に使用されている。

早速、まさお氏の情報 (『製品名:生茶 玉露入り280mLホット、入手日:2009年1月13日、入手場所:神奈川県』) を手掛かりに、キリンビバレッジ社の加温器販売専用 『ホット 生茶』 の捜索に出掛けた。ところが、コンビニでは発見に至らなかった。でも、大丈夫。こういう時は前回の経験から、「自販機を探せ」 が鉄則である。意外に潜伏しているものである。果たして、それは2009年1月22日、池袋駅周辺に設置された自販機にて捕獲された。

『ホット 生茶』 は2種類並んでいた。その自販機では、『ホット 生茶 香ばしい深入り』 [注6] のキャップが 「SKナール」 (090918/KCA) であり、『ホット 生茶 玉露入り』 [注7] は 「粗ギザ」 (090922/K13) のままであった。ただし、これは製造ラインの違いによるものと思われる。その後、地元の自販機で 『ホット 生茶 玉露入り』 (090731/KC) のSKナールを見つけることが出来た。恐らく、ニュースリリース [注7] の写真で確認する限り、『ホット 生茶 玉露入り』 と 『ホット 生茶 香ばしい深入り』 は、発売開始当初、「粗ギザ」 キャップであったと思われる。

さて、『キリン ホット 生茶』 の加温器用オレンジキャップへの 「SKナール」 の使用拡大により、図柄で3種類、形状との組合せで4種類となった。製品名 (商品名)、販売方式、充填方式によるキャップ形態、ナール形状の違いは以下の通りである。(a1) と (a2) の外観上の違いは、「洗浄スリット」 (キリンビバレッジ社ではベントスリットと呼んでいる) の有無である。サポートリングが白化処理されているホット充填用キャップには 「洗浄スリット」 が存在するので、見ただけで直ぐ分かる。

▼ a1) 『キリン 生茶』
      コールド販売用
      アセプチック充填
      「28NCフラップアセプ-S」 ベースの 「SKナール」
      (初出: 2008年2月26日、火曜日)
▼ a2) 『キリン 生茶』
      コールド販売用
      ホット充填
      「28NCフラップホット-SW」 ベースの 「SKナール」
      (初出: 2008年2月26日、火曜日)
▼ b)  『キリンレモン』
      コールド販売用
      炭酸充填
      「フィンロック」 ベースの 「SKナール」
      (初出: 2008年3月11日、火曜日)
▼ c)  『ホット 生茶 玉露入り』 『ホット 生茶 香ばしい深入り』
      ホット販売用
      ホット充填
      「28NCフラップホット-SW」 ベースの 「SKナール」
      (初出: 不明 [2009年1月上旬?])

因みに、図柄は、(a1) (a2) が黄緑地に緑色の茶葉、(b) が白地に矩形の水色を背景に 「キリンレモン」 の2段組ロゴ、(c) がオレンジベース地に赤色で中央に 「KIRIN」 の統一コーポレートロゴ+周縁部に 「この商品は加温器で販売できる商品です。」 の販売店向け指示である。

厳密に言えば、ホット販売用オレンジキャップの 「SKナール」 の天板部 (天面部) は、ナール形状が異なることに起因する周縁部の装飾上の処理のため、キャップの縁に大きなアールが付けられえいる。このため、「ノーマルギザ」 や 「粗ギザ」キャップと比較して、印刷可能域に制約を受けるため、図柄が約95%程度縮小されている。「KIRIN」 のロゴ幅を例に取れば、「ノーマルギザ」 と 「粗ギザ」 が約17mm、「SKナール」 が約16mmである。

さて、SKナールについては、2006年8月11日付で、麒麟麦酒から出願された公開特許公報において、開発経緯の一端を垣間見ることが出来る [文献1-2]。文献2 (「プラスチックキャップ及びそれを用いた製品又は容器」、特開2008-044630) が、今回のSKナールに関する特許で、文献1 (「プラスチックキャップ及びそれを用いた製品又は容器」、特開2008-044629) が、ナール (当該特許内では 「凸条」) 形状や本数の変化と易開封性 (易開栓性、イージーオープン性) に関する根拠を示すものとなっている。

グループ企業のキリンビールパッケージング研究所が行ったこれら研究では、「開栓のし難さの原因」 を 「手の痛み」 と 「手の滑り易さ」 の2要因であるとしている。文献1の特許において、その解決手段として、凸条間隔が0.95~1.15mm、凸条高さが0.2~0.3mmの形状を提唱している。また、その評価方法として、評価者17名からなる官能試験が実施された。実際に28mm径のキャップが用意され、実施例に 「90線」 (凸条間角度=4°)、比較例に 「60線」 (6°) 及び 「120線」 (3°) のものが用いられた。評価者各人は、1位を3点、2位を2点、3位を1点とサンプル毎に評点し、結果は相加平均として求められた。以下はその抜粋である。


表1. 28mm径キャップにおける比較例 「60線」 「120線」を対照とした実施例 「90線」の官能試験評価結果
60線 90線 120線
「手の痛くなさ」 1.35 2.12 2.76
「手の滑り易さ」 2.29 2.35 1.14
「開栓しやすさ」 1.47 2.35 2.24

● 出典: 特開2008-44630 [文献1]


この結果、「90線」 のものが、比較的 「手が痛くなく」、「開栓しやすい」 という結果が示された。なお、官能試験の正確さに関しては一応、フリードマンの順位差検定により有意差5%以下が証明されているらしい (それが何かはよく分からないが)。

そして、文献2の特許において、第2の解決手段として、2種類の凸条間隔を持つ領域を相互に配置したキャップが提唱されている。すなわち、「120線」 (3°) 間隔と 「60線」 (6°) 間隔のナール形状の繰り返しパターンである。これについても同様に 「手の痛くなさ」、「手の滑り易さ」、「開栓し易さ」 の3項目に関して官能試験が実施された。実施例として、28mm径の90線キャップ2種類 (1)(2) が、また比較例として 「60線」 と 「120線」 が各々用意された。

 (1) 四分割: 「120線」1/4周+「60線」1/4周
            +「120線」1/4周+「60線」1/4周
          =30線+15線+30線+15線
          =90線
 (2) 六分割: 「120線」1/6周+「60線」1/6周+「120線」1/6周
            +「60線」1/6周+「120線」1/6周+「60線」1/6周
          =20線+10線+20線+10線+20線+10線
          =90線

評価者は30名、評価段階は0点 (痛くない/滑り易い) ~5点 (痛い/滑り難い) の6段階である。結果は同様に相加平均により求められた。残念ながら、「開栓し易さ」 に関する評点は明示されていないが、「四分割」「六分割」 ともに 「60線」「120線」 よりも高い評点が得られたと記述されている。


表2. 28mm径キャップにおける比較例 「60線」 「120線」 を対照とした実施例 「90線四分割」「90線六分割」の官能試験評価結果
60線         90線(四分割) 90線(六分割) 120線    
「手の痛くなさ」 1.51 2.79 2.93 3.86
「手の滑り難さ」 4.00 3.48 3.68 2.37
「開栓し易さ」 n/d n/d n/d n/d
● 出典:特開2008-44629 [文献1]。 注: n/d=データ提示なし

今後、人口構成の高齢化傾向が進に連れ、キャップの 「開け易さ」 の問題は更に多様性を見せていくものと思われる。恐らく、飲料メーカー、食品包装メーカー各社は、現在も研究・開発にしのぎを削っているものと思われる。果たして、次はどのようなキャップを私たちに提示してくれるのであろうか、非常に楽しみである。

■ 商品表示データ ■
(c1) 『生茶 玉露入り』 (280mL六角耐熱PETボトル)
<名称> 生茶 (清涼飲料水)
<原材料名> 煎茶 (国産)、玉露 (国産)、生茶葉抽出物 (国産)、ビタミンC
<栄養成分> (製品100mL当たり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:15mg
<販売者> キリンビバレッジ株式会社 (東京都千代田区神田和泉町1番地)
<JAN> 4-909411-034481

(c2) 『生茶 香ばし深煎り』 (280mL六角耐熱PETボトル)
<名称> 生茶 (清涼飲料水)
<原材料名> 煎茶 (国産)、玉露 (国産)、生茶葉抽出物 (国産)、ビタミンC
<栄養成分> (製品100mL当たり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:12mg
<販売者> キリンビバレッジ株式会社 (東京都千代田区神田和泉町1番地)
<JAN> 4-909411-035235

■ 参照キャップデータ ■
(c1) 『生茶 玉露入り』 (280mL六角耐熱PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「090731/KC」。賞味期限は不明。キャップは、NCC社製 「28NCフラップアセプ-SW」 改良型ワンピースキャップ (SKナール)、(洗浄スリット6カ所)(ロット番号:H82-12)。ボトルは北海製罐社製 (ロット番号:1/X24)。プリフォーム [白] (ロット番号:28311)。製造ロット番号:090731/KC .11:53

(c2) 『生茶 香ばし深煎り』 (280mL六角耐熱PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「090918/KCA」。賞味期限は不明。キャップは、NCC社製 「28NCフラップホット-SW」 改良型ワンピースキャップ (SKナール)、(洗浄スリット6個所)(ロット番号:H82-32)。ボトルは北海製罐社製 (ロット番号:AB/32)。プリフォーム [白] (ロット番号:2007)。製造ロット番号:090918/KCA 23:18:

注1) 「『キリン 生茶』 2月26日 (火) リニューアル新発売 鮮度茶葉の香りと甘みでリフレッシュできる現代緑茶へ」 キリンビバレッジ ニュースリリース (2008/01/16)
注2) 「『キリン生茶』 新規設計の変則ナールキャップでリニューアル発売」 ペットボトルキャップ時評 (2008/02/25)
注3) 「『キリン生茶』 新キャップ異聞  」 ペットボトルキャップ時評 (2008/02/27)
注4) 「発売80周年! 家族揃って楽しめる、さわやかな透明レモン炭酸 『キリンレモン』 3月11日 (火) リニューアル新発売」 キリンビバレッジ ニュースリリース (2008/01/16)
注5) 「『キリンレモン』 変則ナールのグリップキャップでリニューアル」 ペットボトルキャップ時評 (2008/03/11)
注6) 「伸張するホット専用飲料市場に向け、今年もホット商品のラインナップを充実 キリンビバレッジ ホット専用商品各種発売 [10月7日 (火)]」 キリンビバレッジ ニュースリリース (2008/09/25)
注7) 「伸張するホット専用飲料市場への2008年第1弾新商品 『キリン ホット 生茶』 『キリン 午後の紅茶 ホットストレートティー』 9月2日 (火) 新発売」 キリンビバレッジ ニュースリリース (2008/08/20)

■ 参考文献 ■
文献1) 中津宏隆、名取園実. 「プラスチックキャップ及びそれを用いた製品又は容器」 特開2008-044630 (麒麟麦酒株式会社、2008/02/28)
文献2) 中津宏隆、名取園実. 「プラスチックキャップ及びそれを用いた製品又は容器」 特開2008-044629 (麒麟麦酒株式会社、2008/02/28)

2009/01/13

『天然水で割った300%のビタミン』 変則形状ナールキャップに矢印バージョン出現

当ブログの2008年10月30日付け記事 [注1] にて、伊藤園の 『天然水で割った300%のビタミン』 [注2] の変則形状ナールキャップについて言及した。これは、キャップ側面のナール (ギザギザ) 形状が、「5本-1本抜き-3本-1本抜き」 という間歇的な規則性を有した新規キャップである。第一印象は、靴下や下着によく見られる 「メリヤス編み」 の生地パターンを連想させる。

キャップの開発を行った日本クラウンコルク (NCC) 社では、『エコグリップキャップ』 の開発以来これまでに、ナール形状に工夫を加えた変則ナールキャップを4種類市場に投入しているが、今回の 「メリヤスキャップ」 が最もグリップ性に優れていると思われる (当ブログ内ではこれまで 「5-3間歇キャップ」 などと個人的に呼称して来たが、今ひとつなので、今後この呼称に変更する。ただし、余所では通用しないため、取り扱いは慎重に)。同社の新規キャップの開発は、主に神奈川県平塚市にある 「技術開発センター」 にて行われており、同一サイト内に 「金型事業センター」 を有することの強みがいかんなく発揮されている。

伊藤園ではこの間、キャップの開栓方法に関して、集中的に問題解決の糸口を探る試みが行われている。2008年8月25日、「『お~いお茶』 の茶殻入りお茶犬ボトルキャップオープナー」 キャンペーンの開始 [注3]。2008年9月、キャップの図柄に 「→あける」 表示の導入。2008年12月、NEWDAYS限定 「リラックマボトルキャップオープナー」 首掛けキャンペーンの実施、等々である。また、今回の変則ナールキャップの試験的導入も、この試みの一環と言える。

前回、この第4の変則グリップに言及した時点では、キャップ天面部の図柄は、長年親しまれて来た従来バージョンのままであった。すなわち、緑色の 「四つ葉」 + 黒色の 「伊藤園」 のコーポレートロゴのものである。今回購入したものは、現在、伊藤園がデザインの変更を進めている新規バージョンであった。キャップ中央に緑色の 「四つ葉」 マーク、周囲に 緑色で 「賞味期限は、キャップの横に表示。」 + 黒色で 「→あける」 の指示である。

『天然水で割った300%のビタミン』 は、主に自販機販売が中心であるため、頻繁にチェックすることが出来ないでいた。従って、投入時期を特定することは困難であるが、都内遠隔地にある別々の自販機で購入したところ、同一の賞味期限 [20090812/P13] であったことから、製造時期は昨年2008年11月15日(中旬)頃、市場投入時期は正月休み明けの8009年1月上旬頃と考えられる。これで伊藤園が販売する主要製品のラインナップは、ほぼキャップデザインの変更を完了したことになる。「→あける」 表示の未装填のものは、加温器用オレンジキャップ (もしくは、凍結用ブルーキャップ) と 『濃い味』 以外の38mm径キャップを残すのみとなった (あれれ、かなり残ってるじゃん)。

さて、「メリヤスキャップ」 も新規図柄に統一されたため、従来からの 「伊藤園」 社名入りデザインの図柄の存在が、かなり稀少性を帯びて来た。「メリヤスキャップ」 であり、かつ 「伊藤園」 の社名ロゴが入ったキャップの製造期間はわずか3カ月間であるからだ。丁度、図柄変更時期に試験的導入が重なった形である。まだ、自販機や販売地域によっては、これらのキャップが残っている可能性が高いので、今から探すなら今後4カ月以内が勝負である。

ペットボトルキャップコレクターと言っても、いろいろな蒐集テーマを持っているため、一概には言えないが、ナール形状の違いを気にする人の割合は意外に低いのではないだろうか。私は、かねがねキャップコレクションと切手収集には共通点が多いと考えている。さしずめ、キャップの 「ナール形状」 は、切手の 「目打ち」 に相当すると思われる。コレクションも、こうした違いに着目すると楽しさが増すものである。

■ 商品表示データ ■
『天然水で割った300%のビタミン』 (6角500mL耐熱PETボトル)
<品名> 清涼飲料水
<原材料名> 糖類 (果糖ぶどう糖液糖、果糖、高果糖液糖)、酸味料、香料、ビタミンC、ナイアシン、マリーゴールド色素、ビタミンB6、ビオチン、ビタミンB12
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:20kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:5g ●ナトリウム:18mg ●ビタミンC:48mg ●ナイアシン:6.6mg ●ビタミンB6:0.6mg ●ビオチン:27μg ●ビタミンB12:1.2μg [(1本500mL当たり) ●ビタミンC:240mg ●ナイアシン:33mg ●ビタミンB6:3mg ●ビオチン:135μg ●ビタミンB12:6μg]
<販売者> 株式会社伊藤園 (東京都渋谷区本町3-47-10)
<JAN> 4-901085-054888

■ 参照キャップデータ ■
『天然水で割った 300%のビタミン』 (6角500mL耐熱PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「090812/P13」。賞味期限は9カ月 (未開封)。キャップは、NCC社製 「28NCフラップホット」 改良型ワンピースキャップ (新規設計変則グリップ、洗浄スリット6個所)(ロット番号:H54-60)。ボトルは東洋製罐社製 (ロット番号:G/16)。プリフォーム [白] (ロット番号:3A43)。製造ロット番号:13:43:

注1) 「『天然水で割った 300%のビタミン』 に第4の変則形状グリップ登場」 ペットボトルキャップ時評 (2008/10/30)
注2) 「レモン風味のニアウォーター 『300%のビタミン』 に新たにビオチン (ビタミンB群の一種) が加わり、栄養機能食品としてリニューアル 天然水使用でおいしさが一層アップしました 『天然水で割った 300%のビタミン』 3月上旬より販売開始」 伊藤園 ニュースリリース (2008/03/06)
注3) 「『お茶犬』 の新しい仲間、“ほうじ茶犬”も新登場! 『お~いお茶の茶殻入り お茶犬ボトルキャップオープナー』 が付いてくる (株)伊藤園「お~いお茶」の首かけキャンペーン、8月25日(月)よりスタート!」 株式会社セガトイズ ニュースリリース (2008/08/25)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年2月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ