« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009/02/28

『Coca-Cola (R)』 赤キャップにも新機軸キャンペーンキャップ出現

2009年2月26日(木)、コカ・コーラシステムは、レコチョクとのパートナーシップの下、2009年度の 「コカ・コーラ」 の年間プロモーションとして 「コカ・コーラ ハッピーミュージック」 というキャンペーンを展開することを発表した [注1]。このキャンペーンに伴い、レギュラーコークの赤キャップにキャンペーンバージョンが出現した。これは、2009年2月11日付けブログ 「『Coca-Cola ZERO(R)』 に新機軸キャンペーンキャップ登場」 [注2] において紹介した新機軸キャンペーンの図柄の赤キャップバージョンである。

関西及び中京方面では、2009年2月27日前後の報告が相次いでいるが、都内では2009年2月28日 (土) になってから、店頭に並び始めた。サンクス、ミニ・ストップ、ローソンストア各店頭にて確認。500mL1本、前者2店では147円、後者1店では105円であった。キャップのみの変更の場合、切り替わり時期が分かり難い。こうした製品の場合は、商品の回転率が高い大型スーパーやディスカウントショップの方が、入手タイミングが早い気がする。

コカ・コーラシステムは、最近の米国ペプシコ (Pepsico) 社の健康食品指向路線への転換に触発されたかどうかは知らないが、『Coca-Cola』 シリーズ製品から、相次いで保存料である安息香酸ナトリウムや合成甘味料であるアスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK、スクラロース等の使用中止に踏み切っている [成分については、注2を参照のこと]。食の安全への関心の高まりの結果と言える。

なお、販売者欄が最近、「コカ・コーラナショナルビバレッジ株式会社」 (CCNBC) から 「コカ・コーラカスタマーマーケティング株式会社」 (CCCMC) に変更された。前者がこれまで製品製造から販売までを担っていたものを 「製品製造」「物流」 を前者が、「販売」 を後者が分担する体制に変更したようである [注4]。

何れにしても、最近のニューキャップ出現スピードの速さにはついていけない。うれしい悲鳴である。

■ 商品表示データ ■
『Coca-Cola(R)』 [キャンペーンキャップ付き] (500mLペタロイド脚耐圧PETボトル)
<品名> 炭酸飲料
<原材料名> 糖類 (果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、カラメル色素、酸味料、香料、カフェイン
<栄養成分>(100mL当り) ●エネルギー:45kcal ●たんぱく質:0g ● 脂質:0g ●炭水化物:11.3g ●ナトリウム:0mg
<販売者> コカ・コーラ カスタマーマーケティング株式会社 (東京都港区六本木6-2-31)
<JAN> 4-902102-020244

■ 参照キャップデータ ■
『Coca-Cola(R)』 [キャンペーンキャップ付き] (500mLペタロイド脚耐圧PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「F 090708-EIW」。賞味期限5カ月、製造所は岩城工場。キャップはAlcoa社製 「Wing-Lok」 (ロット番号:<ライナー材> 07 <本体>CCB ???)。ボトルは自社 [CCEJP] 成形 (ロット番号:IA-08B)。プリフォーム [透明/PCO] (ロット番号:14-70)。

注1) 「『コカ・コーラ』 で、『着うた(R)』 を50万曲プレゼント! 『コカ・コーラ』 と 『レコチョク』 が強力なコラボレーションを実現 - “音楽”・“ケータイ” をキーワードにタッグを組んで、日本の音楽シーンを盛り上げる! -」 ニュースリリース (2009/02/26)
注2) 「『Coca-Cola ZERO(R)』 に新機軸キャンペーンキャップ登場」 ペットボトルキャップ時評 (2008/02/11)
注3) 「CCNBC社3種類の 『Coca-Cola(R)』 のキャップデザインを統一」 ペットボトルキャップ時評 (2008/01/03)
注4) 日本コカ・コーラコカ・コーラシステムについて」 (ホームページ)

2009/02/26

『GEORGIA (R)』 キャップのロゴを変更

コカ・コーラシステムは、2009年1月26日 (月)、缶コーヒーの 『ジョージア エメラルドマウンテンブレンド』 シリーズのリニューアル発売に伴いブランドロゴを変更した [注1]。プレスリリース [注2] によると、『GEORGIA』 のスペル 「O」 に、豆から立ち上るアロマの動きを加えることで、コーヒーから溢れ出る至福の “アロマ” が空高く香る様子を表現しました」 と言うことらしい。

そこで、PETボトル製品のキャップのロゴがいつ変更になるかをウォッチしていたら、2009年2月25日 (水)、西武新宿駅高架下にあるディスカウントショップで、新規ロゴのキャップの付いた製品を入手することが出来た。今や、コンビニよりも早い入手チャネルと言える。

賞味期限の 「090802」 から逆算すると、製造日は2月3日前後と言うことになる。図柄は、白色キャップ地に、新規ロゴの 「GEORGIA (R)」 + 点対称の 「→あける」 が灰色一色で印刷されている。コーヒーカップとソーサーの意匠はもうない。今回は、白色バージョンであるが、早くも黒色キャップの出現が期待される [注3]。

このところ、日本コカ・コーラ社は、汎用キャップからオリジナルブランドキャップへの戦略的回帰を模索しているかのようである。今後も動向に目が離せない (ワクワク)。

■ 商品表示データ ■
『ジョージア エメラルドマウンテンブレンド カフェオレ』 (410mLオリジナルシェイプPETボトル)
<品名> コーヒー
<原材料名> 牛乳、コーヒー、香料、乳化剤、カゼインNa、安定剤 (カラギナン)、甘味料 (アセスルファムK、スクラロース)
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:18kcal ●たんぱく質:0.8g ●脂質:0.9g ●炭水化物:1.6g ●ナトリウム:37mg ●ショ糖:0g
<販売者> コカ・コーラカスタマーマーティング株式会社 (東京都港区六本木6-2-31)
<JAN> 4-902102-077002

■ 参照キャップデータ ■
『ジョージア エメラルドマウンテンブレンド カフェオレ』 (410mLオリジナルシェイプPETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「090802/SZA」*。賞味期間は180日 [約6カ月] (未開栓)。NCC社製 [28NCフラップアセプ」 ワンピースキャップ (ロット番号:N30-22)。ボトルは自社成形 (ロット番号:60/Z)。プリフォーム [透明/PCO] (ロット番号:NT820009)。製造ロット番号:0659B04 182753

* SZA = 仙台コカ・コーラボトリング株式会社 蔵王工場 (989-0701 宮城県刈田郡蔵王町宮字南川添1-1)

注1) 「GEORGIA (R)」 (ブランドサイト)
注2) 「『ジョ-ジア』 が市場シェア・消費者満足度共に、缶コーヒーNo.1* ブランドに!! 人気シリーズ 『ジョージア エメラルドマウンテンブレンド』 の3製品がリニューアル 確かな “品質” と豊かな “アロマ” をお届け 『ジョージア エメラルドマウンテンブレンド』 『ジョージア エメラルドマウンテンブレンドブラック』 『ジョージア エメラルドマウンテンブレンドカフェオレ』 -1月26日 (月) から全国でリニューアル新発売-」 日本コカ・コーラ ニュースリリース (2009/01/23)
注3) 「黒と白の 『GEORGIA(R)EMERALD MOUNTAIN BLEND』 登場」 ペットボトルキャップ時評 (2008/04/01)

2009/02/25

「POM (R)」 汎用キャップの変則ナール

「愛媛のまじめなジュースです」 のポンジュースでお馴染みのえひめ飲料には、『日本のお茶』 という静岡産茶葉100%使用の緑茶飲料がある [注1]。キャップは白地に赤で 「POM (R)」 の汎用キャップである。このキャップに変則ナールバージョンが存在することを、まさお氏の運営するコレクターズサイト 「M's blog」 のブログ記事で昨晩知った。ナール形状に関する情報では、前回も大変お世話になった。あらためて感謝の意をあらわしたい。また、ニューキャップ情報では目が離せないサイトでもある。

早速、都内の100円ショップに走った。今回もやはり、メモ帳が役立った。100円ショップ 「シルク新宿中央口店」 では、混合茶である 『七彩果茶』 [注2] も一緒に販売されていたが、こちらは通常の 「粗ギザ」 であった。なお、TEバンドに表示されている賞味期限には 「090615」 とある。と言うことは、既に3カ月~6カ月前には販売されていたことになる。今後、ディスカウントショップは、重要な入手チャネルとして注目である。

さて、変則ナールキャップであるが、環境負荷にも、開け易さにも、配慮したエコロジカルなキャップなのに、なかなか普及しない。大手飲料メーカーの導入が待たれるところである。

■ 商品表示データ ■
『日本のお茶』 (500m六角型PETボトル)
<品名> 緑茶 (清涼飲料水)
<原材料名> 緑茶、ビタミンC
<栄養成分> [表示なし]
<製造者> 株式会社えひめ飲料 (愛媛県松山市安城寺町478番地)
<JAN> 4-908729-102998

『七彩果茶』 (500m六角型PETボトル)
<品名> 清涼飲料水
<原材料名> ハトムギ、玄米、大麦、緑茶、どくだみ、みかんの皮、チコリー、ビタミンC
<栄養成分> [表示なし]
<製造者> 株式会社えひめ飲料 (愛媛県松山市安城寺町478番地)
<JAN> 4-908729-104763

■ 参照キャップデータ ■
『日本のお茶』 (500m六角型PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号:「090615/IB23」。賞味期限は不明。キャップは、日本クラウンコルク社製 「28NCフラップアセプ-S」 ワンピースキャップ [環境負荷軽減型軽量化キャップ] (ロット番号:A3-59)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:J/4)。プリフォーム [透明/PCO] (ロット番号:10-11/HISg)。製品ロット番号:16:14

『七彩果茶』 (500m六角型PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号:「090413/IB23」。賞味期限は不明。キャップは、日本クラウンコルク社製 「28NCフラップアセプ」 ワンピースキャップ [粗ギザタイプ] (ロット番号:N8-35)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:C/27)。プリフォーム [透明/PCO] (ロット番号:5-92/FP0Z)。製品ロット番号:16:14

注1) 株式会社えひめ飲料POM 『日本のお茶』 (500mlペット)」 (商品サイト)
注2) 株式会社えひめ飲料POM 『七彩果茶』 (500mlペット)」 (商品サイト)

2009/02/24

『カナダドライ』 のキャップ、オリジナルロゴで復活!

2009年2月23日 (月)、コカ・コーラシステムは、「Canada Dry」 ブイランドである 『カナダドライ ジンジャーエール』 『カナダドライ クラブソーダ』 『カナダドライ トニックウォーター』 の3製品のボトルとパッケージのデザインを一新し、2009年2月23日 (月) より全国発売した [注1-2]。2008年2月24日、スリーエフ、ファミリーマート、各店頭にて確認。500mL/1本147円。

今回のリニューアルに伴って、キャップのデザインもオリジナルロゴに戻された。

キャップの図柄は、白色キャップ地に、王冠を戴く北米地図をデザインした 「Canada Dry」 のオリジナルロゴが焦げ茶色一色で印刷されている。そして、お洒落とは相容れない上下点対称の 「→あける」 表示である。恐らく、2007年に日本コカ・コーラ社が 「→あける」 表示を導入するようになってから、初めての 「Canada Dry」 オリジナルロゴの復活ではないだろうか。従って、「From Coca-Cola」 汎用キャップ時代が長かった 『カナダドライ』 にとって、初めての 「→あける」 バージョンである。

私は近頃、オーセンティックなバーに行くことがなくなったので、『Canada Dry』 のお洒落な使用方法を知らない。今回のボトルデザインの変更は、「洗練された大人の時間 『チルタイム (Chill Time)』 をスタイリッシュに演出する」 [注1-2] ためらしい。確かに、PETボトルに高級感は微塵もない。そこで、新規ボトルには、表面に細かなダイヤモンドカットパターンがあしらわれている。ちょっぴりお洒落になった。でも、カクテルを作ってもらうなら、やはり、ガラス瓶 (207mLリターナブルボトル) に限るのではないだろうか。王冠を栓抜きで 「シュポン」 と開け、グラスに注ぐ瞬間がとてもセクシーである。

■ 商品表示データ ■
『カナダドライ ジンジャーエール』 (オリジナルシェイプ耐圧PETボトル500mL)
<品名> 炭酸飲料
<原材料名> 果糖ぶどう糖液糖、香料、酸味料、カラメル色素、酸化防止剤 (ビタミンC)
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:35kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:8.7g ●ナトリウム:0mg
<販売者> コカ・コーラ カスタマーマーケッティング(株) (東京都港区六本木6-2-31)
<JAN> 4-902102-077354

■ 参照キャップデータ ■
『カナダドライ ジンジャーエール』 (オリジナルシェイプ耐圧PETボトル500mL) の賞味期限+製造所固有記号: 「D 2090624-ETA」(製造所は多摩工場)。賞味期限5カ月、キャップは、NCC社製 「Fin-Lok」 (ロット番号:<本体>34-21 <ライナー材>40)。ボトルは東洋製罐社製 (ロット番号:C/19)。プリフォーム [透明/PCO]:5-70 [AXN1]

注1) 「大人向け炭酸飲料 『カナダドライ』 ブランドの3製品が 更に洗練された新ボトルで登場! 『カナダドライ ジンジャーエール』 『カナダドライ クラブソーダ』 『カナダドライ トニックウォーター』 -2009年2月23日 (月) より全国で発売-」 日本コカ・コーラ ニュースリリース (2009/02/16)
注2) 「Canada Dry」 (ブランドサイト)

なっちゃん、涙を拭いて 「ペコちゃん」 になるの巻

前回のブログ 「なっちゃん、黄緑色キャップに衣替え」 において、キャップの色の変更について触れたが、実は、図柄の変更もあった。

従来の白地キャップの図柄は以下の4種類である [注2]。

 (a) 「プンプン」 バージョン
 (b) 「ウインク」 バージョン
 (c) 「おセンチ」 バージョン 
 (d) 「スマイル」 バージョン

今回店頭にて確認出来た図柄は、(a) 「プンプン」、(b) 「ウインク」、(d) 「スマイル」 の従来バージョン3種類と、(c) の 「おセンチ」 バージョンの代わりかどうかは不明であるが、いわゆる 「ペコちゃんスマイル」 の舌を横にぺろんと出した新規バージョン (e) 「ペロリン」 を加えた合計4種類であった。

なお、今回の黄緑色キャップは、『白いなっちゃん レモンキス』 だけでなく、『なっちゃん まろやかりんご』 と 『なっちゃんオレンジ』 にも共通して使用されるようなので、旧バージョンの白色キャップ4種類をまだコンプリートしていない人は、市場に在庫が出回っているうちにゲットしておくことをお強く推奨する (実は、私のことであるが)。

「ペコちゃんスマイル」 のなっちゃんの意味が、涙を拭いたちょっぴり大人のなっちゃんをこれからも宜しくということなのか、それとも、「嘘泣きだピョ~ン!」 ということなのか、定かではないが、乙女心は永遠に謎である。

■ 商品表示データ ■
『白いなっちゃん レモンキス』 (500mL四角型耐熱PETボトル)
<品名> 清涼飲料水
<原材料名> 果糖ぶどう糖液糖、レモン果汁、脱脂粉乳、乳清はっ酵液、酸味料、香料、安定剤 (大豆多糖類)、乳化剤
<栄養成分> (100mLあたり) ●エネルギー:47kcal ●たんぱく質:0.2~0.4g ●脂質:0g ●炭水化物:11.4g ●ナトリウム:16mg ●ショ糖:0g
<販売者> サントリーフーズ株式会社 (東京都港区台場2-3-3)
<JAN> 4-901777-192829

■ 参照キャップデータ ■
(d) 『白いなっちゃん レモンキス』 (500mL四角型耐熱PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号:「090811/NN11」。賞味期限は6カ月 (未開栓)。キャップは、日本山村硝子社製 「TENキャップ」 中栓付き2ピースキャップ [ノーマルタイプ](ベントホール4個所) (ロット番号:<中栓>c9-21)。ボトルは、吉野工業所製 (ロット番号:5/76)。プリフォーム [白] (ロット番号:1076)。製品ロット番号:L055B

(e) 『白いなっちゃん レモンキス』 (500mL四角型耐熱PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号:「090811/NN11」。賞味期限は6カ月 (未開栓)。キャップは、日本山村硝子社製 「TENキャップ」 中栓付き2ピースキャップ [ノーマルタイプ](ベントホール4個所) (ロット番号:<中栓>c9-37)。ボトルは、吉野工業所製 (ロット番号:3/36)。プリフォーム [白] (ロット番号:1036)。製品ロット番号:L055B

注1) 「白いなっちゃん レモンキス ― 爽やかなレモン果汁入り乳性飲料としてリニューアル ―」 サントリー株式会社 ニュースリリース No. 10316 (2009/01/20)
注2) KUMA氏の運営する 『ペットボトルキャップコレクションの旅』 「日本のプラキャップ」 <サントリー編> 「なっちゃん-01~-04」

なっちゃん、黄緑色キャップに衣替え

2009年2月24日 (火)、サントリーフーズ社は、『白いなっちゃん』 をレモン果汁入り乳性飲料として1年ぶりにリニューアルし、『白いなっちゃん レモンキス』 として新発売した [注1]。2009年2月23日、ファミリーマート、サンクス各店店頭にて確認、500mL1本税込み147円。

リニューアルに伴い、パッケージとキャップの色が変更された。

キャップは、これまでの白地から黄緑色ベース地に変わり、刷り色も茶色から緑色に変更された。図柄はこれまでの鉛筆描きイラスト風 「なっちゃん」 [注2] のままである。今回は、(a) 「プンプン」 バージョンと (b) 「ウインク」 バージョンの2種類しかゲット出来なかったが、従来のキャップと図柄が同様 [注3] ならば、あと2種類、(c) 「だって女の子だもん (おセンチ)」 バージョンと (d) 「スマイル」 バージョンが存在する筈である。なお、バージョン名は識別のため、勝手に付けただけなので、余所では通用しません。

これまでのパッケージは、白地にグレーでシックな感じであったが、今回のパッケージは、白を基調に紺、緑、黄色、水色が差し色として遣われており、ちょっぴり春めいた装いとなっている。キャップの黄緑色も、若葉のイメージで清々しい印象を与えてくれる。

リーマンショック以降の経済不況下、新規キャップの出現がここ暫く途絶えていたが、たとえ今回のようなマーナーチェンジであっても、こうして気分を明るくしてくれる色合いのキャップが登場してくれることは、正直うれしい。

■ 商品表示データ ■
『白いなっちゃん レモンキス』 (500mL四角型耐熱PETボトル)
<品名> 清涼飲料水
<原材料名> 果糖ぶどう糖液糖、レモン果汁、脱脂粉乳、乳清はっ酵液、酸味料、香料、安定剤 (大豆多糖類)、乳化剤
<栄養成分> (100mLあたり) ●エネルギー:47kcal ●たんぱく質:0.2~0.4g ●脂質:0g ●炭水化物:11.4g ●ナトリウム:16mg ●ショ糖:0g
<販売者> サントリーフーズ株式会社 (東京都港区台場2-3-3)
<JAN> 4-901777-192829

■ 参照キャップデータ ■
(a) 『白いなっちゃん レモンキス』 (500mL四角型耐熱PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号:「090811/NN11」。賞味期限は6カ月 (未開栓)。キャップは、日本山村硝子社製 「TENキャップ」 中栓付き2ピースキャップ [ノーマルタイプ](ベントホール4個所) (ロット番号:<中栓>c10-17)。ボトルは、吉野工業所製 (ロット番号:6/44)。プリフォーム [白] (ロット番号:1044)。製品ロット番号:L024A

(b) 『白いなっちゃん レモンキス』 (500mL四角型耐熱PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号:「090811/NN11」。賞味期限は6カ月 (未開栓)。キャップは、日本山村硝子社製 「TENキャップ」 中栓付き2ピースキャップ [ノーマルタイプ](ベントホール4個所) (ロット番号:<中栓>c10-37)。ボトルは、吉野工業所製 (ロット番号:2/122)。プリフォーム [白] (ロット番号:1122)。製品ロット番号:L024A

注1) 「白いなっちゃん レモンキス ― 爽やかなレモン果汁入り乳性飲料としてリニューアル ―」 サントリー株式会社 ニュースリリース No. 10316 (2009/01/20)
注2) 加藤芳夫、サントリーデザイン部 [著] 『なっちゃんの秘密 ―商品デザインは人間を見つめることから始まる。』東京:六耀社、2001.3
注3) KUMA氏の運営する 『ペットボトルキャップコレクションの旅』 「日本のプラキャップ」 <サントリー編> 「なっちゃん-01~-04」

2009/02/22

「粗ギザ」 キャップ製造メーカーの見分け方

2009年2月21日付けブログ 「AGF 『<マキシム>カプチーノ』 に粗ギザキャップ出現」 の記事の末尾に、通常付録として掲載している 「参照キャップデータ」 の内容に関して、事情通の方から事実誤認とのご指摘を頂いた。『MAXIM カプチーノ』 の「粗ギザ」 キャップの製造メーカーを 「NCC社製 『28NCフラップアセプ』 (ロット番号:NY-112)」 としていたところ、ロット番号として刻印されている 「『NY』 は 『日本山村』 の略である」 というご指摘内容であった。確かに、考えてみればその通りである。この情報により、これまでの疑問が一挙に氷解した思いであった。本当に貴重なご指摘を頂き感謝するばかりである。

実は、これまで以下の点において、若干の疑念を抱いていた。

すなわち、(1) 天板部のドットホールの形状が、「ホール」 形状ではなく、馬蹄形に近い 「切れ込み」 形状であり、ナール切れ込み部分と一体化していること、(2) キャップのロット番号の付与の方法や刻印の几帳面さが、通常のNCC社製のものとは明らかに異なること、(3) 日本山村硝子社には2ピースの 「TENキャップ」 は存在するが、アセプ充填に対応したワンピースキャップが存在しないこと、等々であった。

私のブログは全て、ネット上及び公共の図書館で入手可能な公開情報に基づいている。これは、可能な限りの公平性を担保するためである。従って、ブログ末尾の付録データも、現物を自力で入手した上で記事を書いていることに対する 「証拠 (エビデンス)」 として掲載している。だが、ペットボトルキャップに関する技術的情報はその専門性ゆえにか、なかなか一般に公開される機会がない。従って、今回のような 「事実誤認」 が生じやすい。ただし、文責は全て執筆者である私に存在する。今回の事実誤認により、ご迷惑をお掛けした関係者のみな様には、この場を借りて深謝したい。

現在、日本国内には、PETボトル飲料用キャップを製造する主要メーカーが4社存在する。すなわち、(a) 日本クラウンコルク株式会社 (本社:東京都千代田区、NCC)、(b) 株式会社アルコア・クロージャー・システムズ (本社:東京都港区、ACS)、(c) 日本山村硝子株式会社プラスチックカンパニー (本社:兵庫県西宮市、NYG)、(d) 大和ノーベンバル株式会社 (大阪府茨木市) である。この4社で、PETボトル飲料用クロージャー (キャップ) 製造のほぼ90%以上のシェアを占めると言われている。この中で、(d) の大和ノーベンバル社のみ、アセプチック (無菌) 充填用に、いわゆる 「カド丸」 タイプのキャップを製造しているため、「粗ギザ」 タイプのキャップの製造メーカーは実質的には、3社ということになる。

さて、「粗ギザ」 キャップの製造メーカーの見分け方であるが、最も確実なのは、キャップを開けて、裏の刻印を確認することである。(a) のNCC社の場合、ロット番号が 「Nn-」 もしくは 「Hn-」、「An-」 のいずれかで始まる。(b) のACS社の場合、ロット番号の如何を問わず、中央に 「ALCOA」 社のマークとロゴが刻印されている。そして、今回ご指摘のあった (c) のNYG社の場合は、ロット番号が 「NY-」 で始まる。

ただし、開栓しなくても判断出来ることが、今回の情報により判明した。判断基準は以下の通りである。(1) ナール数が60線であること (当然である)、(2) スカート部に1本だけ短いナール線が存在すること (これは必須ではない)、(3) 天面部もしくは天板部のインジケータマークの有無である。(3) の基準こそが、メーカーを外観から峻別可能な最も簡便な方法と言える。

(a) NCC: インジケータマーク有り
      → ドットホール (丸い孔として認識可能、孔径よりも深い穴)
(b) ACS: インジケータマーク無し
      → 一切の凹みなし
(c) NYG: インジケータマーク有り
      → 円~馬蹄形の凹み (スカート部のナール欠損部とほぼ一体化、NCC社のドットホールと較べ、孔径が大きく、孔径より浅い穴)

しかしながら、実際に日本山村硝子社製の 「粗ギザ」 キャップを見掛ける機会はさほど多くはない。これまで、当ブログで扱った記事でも、AGF社の 『Blendy』 と 『<MAXIM>カプチーノ』、サントリーフーズ社の 『伊右衛門』 の一部に使用されている程度であった。

なお、今回 「NY-」 が 「日本山村」 の略であることを最終的に検証出来た根拠は何かといえば、日本山村硝子社製であることが既に自明である 「TENキャップ」 の中栓パッキンを分解して確認したからである。実際には、サントリーフーズ社の 『烏龍茶』 に使用されている 「TENキャップ」 の中栓を分解し、これまでベールに包まれていたシェル材本体にある刻印を確認した。そこには、果たして 「NY-E257」 の刻印があった。真実とは見えない所に在るものである。

2009/02/21

AGF 『<マキシム>カプチーノ』 に粗ギザキャップ出現

味の素ゼネラルフーヅ (AGF) は、2009年2月20日 (金)、ミルク入りコーヒー飲料である 『<マキシム>カプチーノ』 と 『<マキシム>カプチーノ カロリーハーフ』 の2種類のボトルコーヒーを全国発売した [注1]。2009年2月20日、JR新宿駅構内 (南口) にある成城石井アネックス店にて購入した。400mL1本税込み129円であった。でも、地元の地域密着型スーパーでは、400mL1本税込み99円の特価で販売されていた。オープンプライスとは、得てしてこうしたものである。

キャップの図柄は2種類とも、白色キャップ地に、きつね色 (金色のメタファー) で、キャップ中央に 「AGF」 のコーポレートロゴ、キャップ辺縁部付近に細かい文字で 「AJINOMOTO GENERAL FOODS, INC. AJINOMOTO GENERAL FOODS, INC.」 と英文社名が2回、まるでおまじないのように結界として張り巡らされている。一見ラーメン丼の内側に描かれている四角い渦巻き模様の 「雷文」 に見えなくもない。従来からある 「AGF」 の汎用キャップである。味の素ゼネラルフーヅ社には、コーヒーに関して 「MAXIM」 と 「Blendy」 の2つのブランドが存在するが、ここ数年 「MAXIM」 に関しては 「AGF」 汎用キャップが用いられている。あたかも 「MAXIM」 専用キャップであるかのようである。ただ、この 「AGF」 汎用キャップに従来のものと異なるところがある。それは 「ノーマルギザ」 でなく 「粗ギザ」 になったことである。

以前、日本有数のペットボトルキャップコレクターであるKUMA氏が運営するコレクションサイトにおいて、「AGF」 汎用キャップで周囲の英文社名がキャップの縁から随分と内側に位置するものを見たことがある [注2]。掲載の写真のハイライトが強調されているため、ディテールが不明であるが、恐らく 「カド丸」 タイプのものではないかと思われる。もしそうであるなら、今回の 「粗ギザ」 への変更も頷ける。アセプティック (無菌) 充填の場合、「カド丸」 と 「粗ギザ」 との間にはキャップの用途としての互換性が存在するからである。すなわち、混合茶などの茶系飲料やコーヒー飲料などの場合には、この何れかのタイプのキャップが使用される可能性があるということである。

このことは裏返せば、製造依託を受けたファブリックの持つ設備により、使用されるキャップのタイプが決まることを意味する。キャップデザイン変更の大きな理由となっている。従って、こうした変更に伴い、見慣れたキャップにも思わぬ新種や亜種 (バリアント) が出現することになる。ペットボトルキャップデザイナーにとっては、頭の痛い問題かも知れないが、コレクターにとっては悩ましい出来事である (ウッフン)。

■ 商品表示データ ■
(a) 『MAXIM* カプチーノ』 (400mLオリジナルシェイプ [方形鐘塔型] PETボトル)
<種類別名称> コーヒー飲料
<原材料名> 牛乳、砂糖、コーヒー、乳化剤、香料
<栄養成分> (100mLあたり) ●エネルギー:38kcal ●たんぱく質:0.7g ●脂質:0.7g ●炭水化物:7.3g ●ナトリウム:18mg ●糖類:6.9mg
<販売者> 味の素ゼネラルフー株式会社 (163-1440 東京都新宿区西新宿3-20-2)
<JAN> 4-901111-132122

(b) 『MAXIM* カプチーノ カロリーハーフ』 (400mLオリジナルシェイプ [方形鐘塔型] PETボトル)
<種類別名称> コーヒー飲料
<原材料名> 牛乳、砂糖、コーヒー、乳化剤、甘味料 (アセスルファムK、スクラロース、アスパルテーム・Lフェニルアラニン化合物)、香料
<栄養成分> (100mLあたり) ●エネルギー:14kcal ●たんぱく質:0.6g ●脂質:0.6g ●炭水化物:1.5g ●ナトリウム:17mg ●糖類:1.0mg [ダイエット甘味料使用]
<販売者> 味の素ゼネラルフー株式会社 (163-1440 東京都新宿区西新宿3-20-2)
<JAN> 4-901111-132146

* <MAXIM>商標権者、米国クラフトフーズ社との提携により製造。

■ 参照キャップデータ ■
(a) 『MAXIM カプチーノ』 (400mLオリジナルシェイプ [方形鐘塔型] PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「20091025/J」。賞味期間は270日 [約9カ月] (未開栓)。キャップは、NCC社製 「28NCフラップアセプ」 日本山村硝子社製ワンピースキャップ** (ロット番号:NY-112)。ボトルは東洋製罐社製 (ロット番号:9)。プリフォーム [透明/PCO] (ロット番号:4-32)。製造ロット番号: 172728A09/J062208

(b) 『MAXIM カプチーノ カロリーハーフ』 (400mLオリジナルシェイプ [方形鐘塔型] PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「20091026/J」。賞味期間は270日 [約9カ月] (未開栓)。キャップは、NCC社製 「28NCフラップアセプ」 日本山村硝子社製ワンピースキャップ** (ロット番号:NY-131)。ボトルは東洋製罐社製 (ロット番号:16)。プリフォーム [透明/PCO] (ロット番号:4-21)。製造ロット番号: 173429A09/J066517

** 2009/02/22、読者の方よりのご指摘に基づき訂正させて頂きました。コメント欄も併せてご覧下さい。

注1) 「ミルク入りボトルコーヒー 『〈マキシム〉カプチーノ』 新発売」 味の素ゼネラルフーヅ ニュースリリース #76 (2009/01/07)
注2) KUMA氏の運営する 『ペットボトルキャップコレクションの旅』 「日本のプラキャップ」 <味の素 (AGF) 編> 「AGF マキシム カプチーノ-01」

2009/02/19

DyDo 『miu』 に水色キャップ、「あける→」 表示を伴って登場

ダイドードリンコ社は、2009年3月16日 (月) より、『ミウ』 と 『ミウレモン』 を約2年ぶりにリニューアルし、全国発売すると発表した [注1]。

2009年2月19日 (木)、偶然にも都内のベンダーにて購入することが出来た (1本税込み110円)。『ミウ』 の場合、2年前もそうであったが、地域的には先行販売される場合がある。決して珍しいことではないようだ [注2-3]。残念ながら、『ミウレモン』 については、従来品のままであった。

今回のリニューアルに伴い、パッケージとキャップのデザインが変更された。

『ミウ』 についてのみ言及するが、キャップの図柄は、水色 (スカイブルー) 地に、ホワイトオペークインキで、上段に小さく 「DyDo」 のコーポレートロゴ (最近の定位置である)、中央にローマン系フォントのボールドイタリック体で 「miu」、下方キャップ辺縁部に 「あける→」 という構成である。既にお気付きと思うが、ダイドードリンコ社の飲用キャップにも史上初めて 「あける→」 が投入された [注4]。「あける」 表示は、既に時代の趨勢なのだろうか、ちょっぴり残念である。

水色 (スカイブルー) 地にホワイトオペークのロゴ入りキャップは、これまでにも、サントリーフーズの 『南アルプスの天然水』 (自販機バージョン)、アサヒ飲料の 『富士山のバナジウム天然水』 (店頭販売バージョン) などに使用されており、水を連想させる定番キャップの地歩を占めつつ。

なお、『ミウレモン』 の図柄は、黄色キャップ地に前回同様、紺色インキで 「miu」 のロゴが入るのではないだろうかと思われる (予測)。

ボトルシェイプは、グリップ部分は前回と同様のねじねじツイスト構造であるが、ショルダー部分とシュリンクラベル添付部分に、海を連想させる波形模様が入った。

また、リニューアルに伴う製品としての特徴は、(1) 内容量が500mLから480mLになったこと、(2) 原材料に 「純水」 が加えられたこと、(3) ナトリウムの含有料が100mL当たり、2.62mgから1.8mgと約半分に減ったことである。因みに、残りのミネラル分であるカルシウム(0.55mg)、マグネシウム(1.64mg)、カリウム(0.55mg)の含有料は前回製品と全く一緒である。味は、海洋深層水特有の味である。ほろ苦い後味が残る。

早く、イエローキャップにめぐり逢いたいものである。販売チャネルは 「自動販売機等」 [注1] とのことなので、刮目して待つことにする。

■ 商品表示データ ■
『miu』 (480mLオリジナルシェイプ耐熱PETボトル)
<名称> ボトルドウォーター
<原材料名> 水 (純水)、海洋深層水
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:1.8mg ●カルシウム:0.55mg ●マグネシウム:1.64mg ●カリウム:0.55mg
<硬度> 80mg/L (軟水) <pH値> 6.0
<販売者> ダイドードリンコ株式会社 (大阪市北区中之島2-2-7)
<JAN> 4-904910-224753
<高知県表示許諾番号> 14高海深第164号

■ 参照キャップデータ ■
『miu』 (480mLオリジナルシェイプ耐熱PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「110124/D40A」。賞味期間は約24カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製 「28NCフラップホット」 (洗浄スリット6個所)(ロット番号:H53-69)。ボトルは吉野工業所製 (ロット番号:20/41)。プリフォーム [白] (ロット番号:7041)。製造ロット番号: KED

注1) 「スタイリッシュな自然派ウォーターブランド 『ミウ』 / 海洋深層水由来の天然ミネラルを使用 口あたりがやわらかくすっきりとした味わいに仕上げました 『ミウ』 / 海洋深層水から生まれた天然海洋ミネラルをレモンフレーバーで仕上げました レモンの爽やかな香りが楽しめるフレーバーウォーター 『ミウレモン』」 DyDo Release No.578 (2009/02/19)
注2) 「『MiU』 ファミリー揃い踏み」 ペットボトルキャップ時評 (2007/05/18)
注3) 「室戸海洋深層水の真相」 ペットボトルキャップ時評 (2007/05/16)
注4) KUMA氏の運営する 『ペットボトルキャップコレクションの旅』 「日本のプラキャップ」 <ダイドードリンコ編

2009/02/11

『Coca-Cola ZERO(R)』 に新機軸キャンペーンキャップ登場

コカ・コーラシステムは、2009年2月9日 (月)、 『Coca-Cola ZERO (R)』 をリニューアルし、全国発売した [注1]。2009年2月10日、「サンクス」、「NEWDAYS」 の各店頭にて確認、500mL1本税込み147円。

『ノーカロリーコカ・コーラ(R)』 との違いが今ひとつ認識出来ずにいる私であるが、どうやら 『ノーカロリー』 が女性を顧客対象として設定しているのに対して、『コカ・コーラゼロ(R)』 は20~30代の男性を対象としているようである。

パッケージには 「NEW 保存料ゼロ」 の文字が踊っている。確かに、2007年6月4日の発売当初には使用されていた保存料としての 「安息香酸Na」 が使用されていない [注2]。そもそも炭酸飲料とは、炭酸の強い酸性により腐敗菌の増殖を抑制するというメカニズムにより成立する極めてシンプルな保存食品であったはずなのに、いつ頃から保存料を必要とするようになったのだろう。

今回のリニューアルコンセプトは、これまでの糖分ゼロに加えて、保存料ゼロの実現を記念して 「WILD HEALTH」 ということらしい。コーラ業界も健康志向が世界的トレンドとなって来ている昨今、ノンカロリーだけではなく、保存料にも配慮せざるを得なくなった結果である。「健康に良いジャンクフード」 = 「WILD HEALTH」 という構図である。TVCFには安室奈美恵を起用し、「糖分ゼロ」 をアピールしている [注3]。安室奈美恵と言えば、10年前、ロッテのミルクチョコレート 『シュガーレス 「ゼロ」』 (1996年) のCMにもフィーチャーされたことがある。日本コカ・コーラ社畏るべし。10年前、ノンシュガーチョコをほおばって育った20~30歳代の男性購買層にとっては、既に刷り込み済みのCMアイコンであったのだ (穿ち過ぎか)。

キャップの図柄は、チャコールグレーのキャップ地に、ホワイトオペークインキで、コカ・コーラ瓶のボトルシェイプを象ったお馴染みのアイコンに 「cocacola.jp」 のインターネットURLアドレスを重ねたものであるが、今回は、キャンペーン用に通常2個所にある 「あける→」 を1つに減らし、代わりに 「キャップ裏の番号を入力」 + でっかい矢印 (→) が上記URLを指し示すというレイアウトになっている。無理矢理メッセージを詰め込んだため、本来中心揃えで入っていた 「cocacola.jp」 の文字が左側にシフトしている。

キャップを開けてみると、パッキン用ライナー材に上下2段組みで8桁+8桁の数字が印字されている。これまでキャンペーンシールが担っていた役割である。海外ではよくあるキャンペーン手法であるが、本邦では恐らく初めての試みではないだろうか。この辺にコカ・コーラ社の先駆性を感じる。

この手法が他の製品にも使用されるかは、不明であるが、ペットボトルキャップコレクターとしては、素直にうれしい。

■ 商品表示データ ■
『Coca-Cola ZERO(R)』 (オリジナルシェイプ耐圧PETボトル500mL)
<品名> 炭酸飲料
<原材料名> カラメル色素、酸味料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK、スクラロース)、香料、カフェイン
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質・脂質・炭水化物:0mg ●ナトリウム:8mg ●糖類:0mg
<販売者> コカ・コーラ カスタマーマーケッティング(株) (東京都港区六本木6-2-31)
<JAN> 4-902102-077231

■ 参照キャップデータ ■
『Coca-Cola ZERO(R)』 (オリジナルシェイプ耐圧PETボトル500mL) の賞味期限+製造所固有記号: 「D 2090624-EIW」(製造所は岩城工場)。。賞味期限5カ月、キャップは、ALCOA社製 「Wing-Lok」 (ロット番号:<本体>CCB ??3 <ライナー材>02)。ボトルは自社 [CCEJP] 成形 (ロット番号:I/B-24A)。プリフォーム [透明/PCO]:10-14

注1) 「すべての人にとっての “No.1ゼロ飲料” を目指して 『コカ・コーラ ゼロ』 -2月9日 (月) から全国でリニューアル発売- 『コカ・コーラ』 ならではの美味しさを糖分ゼロ、さらに保存料ゼロで実現! “ワイルド (WILD)” でありながらも、“ヘルシー (HEALTH)” なライフスタイルを提案」 ニュースリリース (2009/01/30)
注2) 「CCNBC社 『Coca-Cola ZERO(R)』 満を持して投入」 ペットボトルキャップ時評 (2007/06/04)
注3) 「『コカ・コーラ ゼロ』 新CMに安室奈美恵さん!」 ニュースリリース(2009/02/08)

DyDo 『ゆずれもん』 のイラスト入りキャップ、図柄を変更

ダイドードリンコ社は、2009年2月9日 (月)、『ゆずれもん』 を1年ぶりにリニューアルし、全国発売した [注1、2]。リニューアルに伴い、パッケージとキャップのデザインが変更された。2009年2月10日 (火)、JR東日本系のコンビニエンスストア 「NEWDAYS」 店頭にて350mL広口PETを確認 (1本税込み147円)。

ダイドードリンコ社の製品の販売チャネルは主に、コンビニエンスストアと量販店とされているが、関東圏で確実に発売日にゲットするなら、「NEWDAYS」 に限る。ただし、今回のラインナップには、350mL広口PETの他にも、350mLスリムPET、1.5L PETが存在するので、通常の28mm径キャップをゲットするには、大型スーパーを回るのも忘れてはならない。

キャップの図柄は、38mm広口径の場合、白色キャップ地の上方に薄いオリーブ色で 「DyDo」 のコーポレートロゴ、中央に黄色い柚子の実2個が前後に重なりあったイラストとして添えられている。さらに、柚子のへたには葉っぱが1枚づつ付いており、柚子の下からも3枚つづ葉っぱの付いた枝2本が左右に延びている。葉っぱ、柚子の輪郭線、コーポレートロゴがオリーブ色、柚子果実が黄色と言うように、使用されている色は前回のビビッドな緑色と黄色からダルな薄いオリーブ色と黄色に変更され、落ち着いた印象となっている。なお、「ゆずれもん」 の製品ロゴとレモンのイラストは、キャップの意匠からは消えたが、パッケージには残されている。と言うか、『和みのひととき ゆずれもん』 という商品なのだから、当然である。

現時点では、まだ入手出来ていないが、28mm径キャップの図柄もほぼ同様と思われる。

また、新規キャップ出現ラッシュの季節が始まる。うかうかしてはいられない。刮目して待て!

■ 商品表示データ ■
『和みのひととき ゆずれもん』 (350mL広口耐熱PETボトル)
<名称> 清涼飲料水
<原材料名> 果糖ぶどう糖液糖、果糖、砂糖、ゆず果汁、レモン果汁、はちみつ、トレハロース、酸味料、香料、ビタミンC
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:36kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:8.9g ●ナトリウム:14.7mg
<販売者> ダイドードリンコ株式会社 (大阪市北区中之島2-2-7)
<JAN> 4-904910-224883

■ 参照キャップデータ ■
『和みのひととき ゆずれもん』 (350mL広口耐熱PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「091019/D25」。賞味期間は約8カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製 「38NCフラップアセプ」 (洗浄スリット6個所)(ロット番号:E3-38 [側面スカート部:NCC/338])。ボトルは吉野工業所製 (ロット番号:17/9)。プリフォーム [白] (ロット番号:2D)。製造ロット番号:LOT QEG。

注1) 「ダイドードリンコ2009年春夏の新商品 人気の “和み果汁飲料” が今年も登場! 心と体が癒されるゆずとレモンの爽やかな味わい 『ゆずれもん』」 DyDo Release No.489 (2009/01/29)
注2) 「DyDo 『ゆずれもん』 にイラスト入り広口キャップ登場」 ペットボトルキャップ時評 (2008/03/03)

2009/02/10

アサヒ飲料 『アサヒ香る緑茶 いぶき』 の茶系飲料用グリーンキャップ、書体を変更

アサヒ飲料は、2009年2月10日 (火)、茶葉として希少品種である 「べにふうき」 [注1] を12%配合する 『アサヒ 香る緑茶 いぶき』 を全国発売した [注2]。2009年2月9日 (月)、「ファミリーマート」、「ナチュラルローソン」 各店店頭にて確認、490mL PETボトル1本147円(税込み)。これは、アサヒ飲料が4年ぶりに市場投入する緑茶の新ブランドということである。TVCFには、女優の栗山千明を起用している [注3]。意気込みの程が伺える。

今回の新製品の投入に伴い、グリーンキャップの 「茶」 の字の書体が変更された。図柄は、緑色ベース地に黒色で 「茶」 + その上方に 「←あける」 である。厳密には、書体は以前と同じ楷書体であるが、よりバランスのよい筆致になったと言うべきかも知れない。前回の書体は、約2年前の2007年4月3日に 『若武者』 のリニューアルに伴い、隷書体から変更されたものであった [注4]。なお、図柄に関しては注5を参照のこと。今回の変更で3度目となる。アサヒ飲料は、定期的にキャップの書体を変更することで、商品イメージのリフレッシュを図っているのかも知れない。

因みに、今回は確認出来なかったが、『アサヒ 香る緑茶 いぶき』 には、スチール缶 (245g、340g)、アルミボトル缶 (275g)、PETボトル (275mL、490mL、500mL、2L)、スリムLL紙パック (250mL)と、ほぼ全ての規格に対応するラインナップが存在する。と言うことは、新書体バージョンでも、主に2L PETボトルに使用されるラチェット式の27mm径 「ユニロック」 が出現する可能性がある。なお 「ユニロック」 とはペットボトルコレクターの間で 「へそ有り」 と呼称されているものである。この新書体バージョンは恐らく、他のアサヒ飲料の茶系飲料にも汎用されることになるだろうから、意外に早く目にすることが出来るかも知れない。非常に楽しみなことである。

それにしても、以前の書体は余りにもバランスが悪く、「下手くそ」 のそしりを免れなかった [注4]。従って、今回の書体変更は大歓迎である。

■ 商品表示データ ■
『アサヒ 香る緑茶 いぶき』 (異形アセプティックPETボトル (ウェイビングボトル) 490mL)
<品名> 緑茶 (清涼飲料水)
<原材料名> 緑茶 (国産)(べにふうき12%)、ビタミンC
<成分分析表> (100mL当たり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:2~15mg
<製造者> アサヒ飲料株式会社 (東京都墨田区吾妻橋1-23-1)
<JAN> 4-514603-167511

■ 参照キャップデータ ■
『アサヒ 香る緑茶 いぶき』 (異形アセプティックPETボトル (ウェイビングボトル) 490mL) の賞味期限+製造所固有記号:「091012/F」。賞味期間は9カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製 「28NCフラップアセプ」 ワンピースキャップ [粗ギザ] (ロット番号:H9-42)。ボトルは、自社 [Asahi] 成形 (ロット番号:A03)。プリフォーム [透明/PCO規格] (ロット番号:1-105)

注1) 茶コンソーシアム 「生物系産業創出のための異分野融合研究支援事業コンソーシアム 「茶の抗アレルギー作用を利用した食品の開発」プロジェクト 「べにふうき」 緑茶に期待される健康機能 ~「メチル化カテキン」の抗アレルギー作用に関する研究成果まとまる~独立行政法人農業・生物系特定産業技術研究機構 野菜茶業研究所 報道発表 (2005/12/09)
注2) 「4年ぶりに発売する新緑茶ブランド 希少品種「べにふうき」茶葉配合 『アサヒ 香る緑茶 いぶき』 2009年2月10日(火) 新発売」 アサヒ飲料 ニュースリリース#0828 (2009/01/22)
注3) 「CMキャラクターに栗山 千明さんを起用! 新ブランド 『アサヒ 香る緑茶 いぶき』 TVCMのお知らせ 「いぶき 実感篇」 2月10日(火)放映開始」 アサヒ飲料 ニュースリリース#0836 (2009/02/09)
注4) 「アサヒ飲料 『若武者』 をリニューアル」 ペットボトルキャップ時評 (2007/04/05)
注5) KUMA氏の運営する 『ペットボトルキャップコレクションの旅』 「日本のプラキャップ」 <アサヒ編> 「アサヒ飲料 (株) 若武者-02~04」

2009/02/08

『ヘルシア』 のキャップに 「←あける」 バージョン出現

花王の 『ヘルシア』 [注1] のキャップに、最近、開栓方向を示す矢印が追加された。2009年2月7日 (土)、コンビニエンスストア 「99イチバ (サークルKサンクスグループ)」 にて確認、1本税込み188円)。市場投入時期は不明であるが、製造時期は2009年1月6日頃である。従って、今年になってから 「矢印バージョンキャップ」 付き製品の製造が開始されたものと考えられる。

昨年2008年の4月頃、ブランドロゴが、小文字の 「healthya」 から、頭字のみ大文字で始まる 「Healthya」 に変更された時は、迂闊にも気付かなかったが、今回は直ぐに判った。なぜなら、従来品と並んで販売されていたからである。因みに、都内を中心に展開するドラックストアの 「龍生堂薬局」 の新大久保店では、矢印バージョンの 『ヘルシアウォーター (グレープフルーツ味)』 も販売されていたことから、この春より、順次矢印キャップに切り替わって行くものと思われる。

図柄は、従来の白色キャップ地に緑色で中央に 「Healthya」 の製品ブランドロゴに、今回新たに追加されたキャップ上端の 「←あける」 である。

私は正直なところ、『ヘルシア』 のパッケージデザインは、全体的に説明文過剰で、垢抜けないと感じている。それは、「厚生労働省許可特定保健用食品」 (いわゆる 「特保」) としての 「ヘルシア」 の商品イメージ戦略なのだろうが、堅苦し過ぎて、もはや食品の域を超えている。単に、カテキンが通常の緑茶飲料に較べて、3~4倍含まれるというだけのことなのだから、もっと気軽に飲めるような広告宣伝にすべきである。

逆に、従来のキャップはブランドロゴのみで、余りにスッキリし過ぎており、カオスなパッケージデザインとのバランスを欠いていた。今回追加された 「←あける」 が意外にもキャップにひとつの景色を与え、デザイン的に引き締まった感じがする。通常、デザイナーにとって、キャップに矢印を追加する場合、機能性とデザイン性の二律背反的葛藤が生じるものである。折角、スタイリッシュにデザインを決めたのに、無粋な矢印を追加することになるからである (あっ、これは勝手な憶測ですから)。

それにもかかわらず、今回のキャップでは、「←あける」 をユニバーサルデザインのアイコンのように処理することで、見事にこの問題をクリアしている。そのために実に多くの工夫が凝らされている。先ず、矢印を片側墨付き矢印にしているのは他社の先例に倣ったものであるが、この描線をキャップの内側のインナーシールに重なるような同心円として配置していること。次に、矢印と 「あける」 の間、及び 「あける」 の文字間隔を詰め組みにしていること。最後に、「あける」 という文字列に平体変形をかけていること。これらの工夫で、「←あける」 が全体として横方向の一体感のある記号として認知可能となっている。

ただ、それ以上に重要なことがある。「Healthya」 というブランドロゴは、視覚的に言えば、可読性よりもデザイン性に重きを置いた設計になっている。それは、フォントを構成するエレメントに縦方向の直線が多用され、斜線や曲線の要素が極力排除され、同時にミーンラインとベースラインの間の割合がアセンダ (「H」、「lth」 の上の出っ張り部分) やディセンダ (「y」 の下の出っ張り部分) に較べ広く取られていることに起因する。このことは、文字数の多いロゴを一定の幅に収められると言う利点がある反面、縦棒の多さが視覚的煩雑さを与えてしまうという難点もある。今回導入された 「←あける」 は、ブランドロゴと一体となって、視覚的安定感を生んでいる。デザイン次第では、矢印も悪くない。好感の持てる仕上がりである。

ただし、「キャップに矢印なんかいらない」 という従来からの主張に変わりはない。人は、キャップの開栓方向など特段指示されなくとも、経験則として回す方向ぐらい見当が付くものである。一見、人にやさしいデザインというレトリックの中に、人間の潜在的能力への過小評価や侮りが潜んではいないか、批判的に捉え返してみることも必要ではないだろうか。「人にやさしい」 は、本当にやさしいことなのかと。それが人間の営為というものである。

■ 商品表示データ ■
『ヘルシア緑茶』 (4角耐熱PETボトル350mL)
<品名> 緑茶 (清涼飲料水)
<原材料名> 緑茶 (国産)、茶抽出物 (茶カテキン)、環状オリゴ糖、ビタミンC、香料
<成分分析表> (1本 (350mL) あたり) ●熱量:14kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:3.9g ●ナトリウム:35mg | <関与成分> ●茶カテキン:540mg
<販売者> 花王株式会社 (東京都中央区日本橋茅場町1-14-10)
<JAN> 4-901301-154019

■ 参照キャップデータ ■
『ヘルシア緑茶』 (4角耐熱PETボトル350mL) の賞味期限+製造所固有記号:「090705/KIL」。賞味期間は6カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製 「28NCフラップホット」 ワンピースキャップ [ノーマルタイプ] (洗浄スリット6個所) (ロット番号:H42-31)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:A/17)。プリフォーム [白] (ロット番号:10-38)

注1) 花王ヘルシア」 (ブランドサイト)

2009/02/02

『XYZ』 キャップ異聞

前回、2009年1月28日付けブログ 「『XYZ』 キャップ、粗ギザに変更」 [注1] にて、「キャップがノーマルギザから粗ギザに変更されたことに伴い、キャップの図柄から (R) が消えた」 と言う主旨のことを書いたところ、「ノーマルキャップにも、(R) 無しバージョンが存在しますよ」 と言う情報を頂いた。「ありゃま! またやっちまったよ」 的展開に、早速、事実関係確認のために、寒風吹き荒ぶ街に出掛けた (トホホ)。

こう言った状況では、過去のメモがとても役立つ。私は、購入したペットボトルの日付、購入店舗 (場所)、価格などをメモ帳に時系列順に記録している。そうすることで、主な製造メーカーや製品と販売店舗との関連性みたいなものがぼんやりと見えてくるものである。

今回は、高級食材を多く取り扱う 「紀ノ国屋」 新宿高島屋店にて、その答えを難なく見つけることが出来た。そこには、『XYZ Size』 の <ピンクダイア> と <アクアマリン> の2種類の色のパッケージ [注2] が並んで販売されていた。先ず、『XYZ Size <ピンクダイア>』 は粗ギザ、そして、『XYZ Size <アクアマリン>』 はノーマルギザであった。キャップの図柄は、両方とも、白色キャップ地に 「XYZ」 + Zの下に小さく 「Size」 の文字であり、いずれも (R) 無しバージョンである。

では、実質的違いは何かと言うと、実に、採水地の違いであった。以前は同一内容物 (すなわち、同一採水地) あったものが、パッケージの色に応じて、名実ともに別製品となった結果であった。なお、キャップ形状の違いは前回も触れた通り、製造ラインの違いである。

▼ 『XYZ Size <アクアマリン>』
   採水地: 山形県田川郡庄内町立谷沢字西山
   キャップ: ノーマルギザ (NCC社製 「Fin-Lok」)

▼ 『XYZ Size <ピンクダイア>』
   採水地: 山梨県甲州市塩山上萩原
   キャップ: 粗ギザ (ACS社製 「AS-Lok」 )

今回のキャップ形状の変更には、こうした背景があったのだ。では、キャップの 「XYZ」 のロゴから (R) が消えた理由は一体何だったんだろう。ありゃま! 謎はますます深まるばかりである (トホホ)。

■ 商品表示データ ■
『XYZ Size <アクアマリン>』 (角形耐熱PETボトル500mL)
<名称> ボトルドウォーター (サイズ)
<原材料名> 水
<採水地> 山形県田川郡庄内町立谷沢字西山
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:0.6mg ●カリウム:0.03mg ●マグネシウム:0.28mg ●カルシウム:0.75mg
<硬度> 30mg/L、<pH値> 7.0
<販売者> グローブサイエンス株式会社GJ (東京都中央区八丁堀4-1-4)
<JAN> 4-560134-630765

■ 参照キャップデータ ■
『XYZ Size <アクアマリン>』 (角形耐熱PETボトル500mL) の賞味期限:「10.11.18」。賞味期限は12カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製 「Fin-Lok」 ライナー材使用の2ピースキャップ [ノーマルタイプ] (ロット番号:<本体>10-63、<ライナー材>13・・)。ボトル (ロット番号:8/Y/-)。プリフォーム [白] (ロット番号:143)

注1) 「『XYZ』 キャップ、粗ギザに変更」 ペットボトルキャップ時評 (2009/01/28)
注2) 「ボトルドウォーター 『XYZ (R) Size』 のキャップ」 ペットボトルキャップ時評 (2007/08/25)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ