« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009/04/29

アサヒ飲料 『アサヒ香る緑茶 いぶき』 2Lボトルのグリーンキャップ新書体バージョンに 「ユニロック」 登場

アサヒ飲料は、2009年2月10日 (火)、「べにふうき種」 の茶葉を配合した 『アサヒ 香る緑茶 いぶき』 を発売した [注1]。この4年ぶりとなる新緑茶ブランドの発売に合わせて、キャップの 「茶」 の字の書体も一新された [注2-3]。

ただし、同時発売された2Lボトルに関しては、以前の古い書体のキャップのままであった。恐らく、キャップの在庫調整のためと考えられる。

果たせるかな、発売から約2カ月以上経った2009年4月下旬、近所の大型食品スーパーにて、新書体バージョンの2Lボトルを発見した。使用されているのはラチェット式タンパーエビデントバンドを有するφ27mm径 「ユニロック」 である。なお 「ユニロック」 とは、ペットボトルコレクターの間で、天面部中央に直径3~4mm程の凹みがあることから身体になぞらえて 「へそ有り」 「ヘソあり」 (表記は様々) などと呼称されているキャップのことである。これらは、ハウス食品の 『六甲のおいしい水』 (1983年発売*) や 『サントリー烏龍茶』 (1981年発売*) などの比較的歴史の古い飲料製品の容器に散見される。

*注) 発売当初は未だPETボトルではなかったと言われている。実際にPETボトルにより製造されるのは、1993年頃からのようである。

キャップの図柄は、グリーンキャップ地に、墨一色で中央の凹部を回避するようにキャップ径の下半分以下のサイズで 「茶」 の文字が入り、キャップ上部辺縁部に沿って 「←あける」 である。

なお、『アサヒ 香る緑茶 いぶき』 のニュースリリースに掲載されている2Lボトルの写真 [注1] には、500mLのものと同様の 「粗ギザ」 キャップが写っている [注1]。しかしながら、発売日当日、店頭に並んだものは旧書体の 「ユニロック」 キャップであった。宣材写真が余り当てにならないことの左証である。あるいは販売地域により、キャップ形状も異なっていたのかも知れない。

当ブログでは、こうしたどうでもいいような瑣末な出来事を敢えて記録している。同時代の人々にとっては重要とも思えない情報ばかりであるが、潰え去る記憶を日々記録に留め、後世に残すことも、コレクターに担わされた使命の一つであると考える。何と高邁なる理想であることか。たかがペットボトルキャップなのにね。

■ 商品表示データ ■
『アサヒ 香る緑茶 いぶき』 (2L長角アセプティックPETボトル 「持ちやすいくぼみボトル」)
<品名> 緑茶 (清涼飲料水)
<原材料名> 緑茶 (国産)(べにふうき12%)、ビタミンC
<成分分析表> (100mL当たり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:2~15mg
<製造者> アサヒ飲料株式会社 (東京都墨田区吾妻橋1-23-1)
<JAN> 4-514603-167313

■ 参照キャップデータ ■
『アサヒ 香る緑茶 いぶき』 (2L長角アセプティックPETボトル 「持ちやすいくぼみボトル」) の賞味期限+製造所固有記号:「091218/T」。賞味期間は9カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製 「Uni-Lok*」 φ27mm径ワンピースキャップ [ヘソあり] (ロット番号:17-28)。ボトルは、自社 [Asahi] 成形 (ロット番号:T/13)。プリフォーム [透明] (ロット番号:a1-37)

* Uni-Lokの特徴は、φ27mm径であることと、2条ネジであることである。また、ラチェット式タンパーエビデントバンドの利点は、(1) タンパーエビデント性に優れていること、(2) 飲料を注ぐ際にボトルを傾けてもTEバンドが落下しないこと、(3) PETボトル処理時点でTEバンドが簡単に除去出来ること、(4) ローハイトキャップであるため環境負荷が低減出来ること、などである。

注1) 「4年ぶりに発売する新緑茶ブランド 希少品種「べにふうき」茶葉配合 『アサヒ 香る緑茶 いぶき』 2009年2月10日(火) 新発売  」 アサヒ飲料 ニュースリリース#0828 (2009/01/22)
注2) 「アサヒ飲料 『アサヒ香る緑茶 いぶき』 の茶系飲料用グリーンキャップ、書体を変更  」 ペットボトルキャップ時評 (2009/02/10)
注3) KUMA氏の運営する 『ペットボトルキャップコレクションの旅』 「日本のプラキャップ」 <アサヒ編> 「アサヒ飲料 (株) いぶき-01」

2009/04/28

『お~いお茶 初摘み新茶』 の汎用グリーンキャップにも 「→あける」 バージョン出現

今週末の5月2日は八十八夜である。新茶の季節である。

伊藤園は、2009年4月27日 (月)、『お~いお茶 初摘み新茶』 を今年もコンビニエンスストア限定で発売した [注1]。2009年4月27日、ファミリーマート店頭にて確認。500mL入り1本147円。

伊藤園は通常版 『お~いお茶』 には、日の丸キャップを使用しているが、新茶用、冷凍ボトル用には、それぞれ、グリーン、ブルーの四つ葉コーポレートマーク付き汎用キャップを使用している。これらは、特別な目的を示すキャップである。毎年この季節には 「新茶」 であることをアピールするため、グリーンキャップが用いられる。今回は、2008年9月の 「→あける」 導入以降始めての出番につき、新たに 「→あける」 バージョンが加わった。

キャップの図柄は、黄緑色のキャップ地に、緑色でキャップ周囲に 「賞味期限は、キャップの横に表示。」 のメッセージが入り、キャップ中央に緑色の四つ葉コーポレートマークの入った一般的なデザインのものである。当然、黒文字で 「→あける」 が入っている。

パッケージには 「大走り」 の文字が踊る。「大走り」 とは、旬の走りの時期、最も早く手摘みされる新芽のみを用いた新茶のことを指す。渋みも少なく、口中に香りも立ち、非常に飲みやすい。旬のものはその時期に味わいたい。従って、遅くとも5月中に、キャップを開けたら直ぐ飲むことをお勧めする。

同じく、スーパーなどで販売されているグリーンキャップの 『お~いお茶 新茶』 と飲み較べてみるのも一興かも知れない。

いよいよ、今後の関心は、オレンジキャップ3種類 (日の丸 「ノーマル」、四つ葉 「ノーマル」、四つ葉 「粗ギザ」) とブルーキャップ1種類 (四つ葉 「ノーマル」) に何時 「あける→」 が入るかに移ってきた。伊藤園からは、まだまだ目が離せない。

■ 商品表示データ ■
『お~いお茶 初摘み新茶』 (500m六角型LPETボトル)
<品名> 緑茶 (清涼飲料水)
<原材料名> 緑茶 (日本)、ビタミンC
<栄養成分> [表示なし]
<販売者> 株式会社伊藤園 (東京都渋谷区本町3-47-10)
<JAN> 4-901085-099742

■ 参照キャップデータ ■
『お~いお茶 初摘み新茶』 (500m六角型LPETボトル) の賞味期限/製造所固有記号: 「100110/K6」。賞味期限は9カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製 「28NCフラップ-アセプ」 ワンピースキャップ [ノーマルタイプ] (洗浄スリット6個所) (ロット番号:H53-55)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:Y/3)。プリフォーム [白] (ロット番号:11-1)。製造ロット番号: 08:35A.

注1) 「この時季のお楽しみ! 緑茶飲料のトップブランド 『お~いお茶』 から 今年もいち早く2009年産新茶をお届けします 『お~いお茶 新茶』 シリーズ 4月20日 (月) よりリーフ製品、4月27日 (月) よりドリンク製品を数量限定販売」 伊藤園 ニュースリリース (2009/04/16)

『Volvic FruitKiss』 に朱色キャップのピンクグレープフルーツ登場

キリンMCダノンウォーターズ (販売:キリンビバレッジ) は、2009年4月28日 (火) より、 『ボルヴィックフルーツキッス Volvic FruitKiss』 シリーズに本邦第3弾となる <Pink Grapefruit> [注1-2] を本家おフランスより数量限定にて導入し、販売を開始した。2009年4月28日、セブンイレブン、サンクス各店頭にて確認、500mL入り1本税込み157円。

現在、『Volvic FruitKiss Lemon』 は定番商品として定着しているが、朱色キャップの <ピンクグレープフルーツ> の方は、グリーンキャップの <グリーンアップル> の代替品として市場投入されるものであり、数量のみならず期限も限定である。下の表によれば約1年周期でニューカマーと入れ替わる計算である。


表.本邦における 『Volvic FruitKiss』 の導入の歴史

▼ 2007/05/01 『Volvic FruitKiss Lemon』
  イエローキャップ
▼ 2008/07/29 『Volvic FruitKiss Green Apple』
  グリーンキャップ
▼ 2009/04/28 『Volvic FruitKiss Pink Grapefruit』
  朱色キャップ


キャップが朱色地のエンボシングキャップであることを除けば、基本的フォーマットはレモンフレーバーと同じである (注4参照)。

なお、実際のピンクグレープフルーツの果肉は、ホワイトグレープフルーツとルビーグレープフルーツの中間の色であるが、キャップの方は、ルビーグレープフルーツの果肉をイメージさせる朱色である。更に言えば、本製品はミネラルウォーターに香料を加えただけの無果汁かつ無色透明なフレーバードウォーターに過ぎない。キャップのな色がなければ、全く意味不明である。実に戦略的なキャップ選びと言える。

このようなシリーズ製品の場合、各色並んだ方が相乗効果が望めるというのに、2製品のみとは勿体ない話である。況わんや、白地キャップが優勢な日本に於いてをや、である。あたかも信号機のように 「緑・黄・赤」 と3色のキャップが一同に会すればこその賑わいというものである。誠に残念である。

因みに、「青信号」 の色は、実際には 「青緑」 である。これは、赤の陰性残像 (補色) が青緑としてヒトに認知されることに由来する。手術着が青緑なのも同様の理由である (蘊蓄)。

キャップの色の重要性は、同日発売された 『クリスタルガイザー・スパークリングウォーター』 の <オレンジ> フレーバーのキャップの色が、これまでの <レモン> フレーバーと全く同じネイビーブルーのキャップであることと比較すれば、その効果の程は歴然としている。『クリスタルガイザー』 の方は、ラベルの片隅に添えられたアイキャッチにより、その違いがやっと認識できる程に、見分けが付き難い。

■ 商品表示データ ■
『ボルヴィックフルーツキス <ピンクグレープフルーツ>』 (4角型PETボトル500mL)
<名称> 清涼飲料水
<原材料名> ミネラルウォーター、転化糖・砂糖、酸味料、香料、保存料 (安息香酸Na)
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:17kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:4.2g ●ナトリウム:5.6mg
<原産国> フランス
<輸入者> キリンMCダノンウォーターズ株式会社 (東京都千代田区神田和泉町1番地)
<販売者> キリンビバレッジ株式会社 (東京都千代田区神田和泉町1番地)
<JAN> 4-909411-036386

■参照キャップデータ■
『Volvic Fruit Kiss <Pink Grapefruit> 500mL』 の賞味期限: 「2010 01 12 616 07:19 012」。賞味期限は9カ月(未開封)。製造所表記は、本製品が輸入品であるため適用外 (輸入者:キリンMCダノンウォーターズ、販売者:キリンビバレッジ)。キャップは、Bericap社製34.5mm径 「3スタートスレッド」 タイプ、1ピースキャップ (ロット番号:209)。ボトルは 「VOLVIC」 自社成型 (ロット番号:A2)。プリフォーム [透明] (ロット番号:AMCOR/439-43)。ラベル: 10087457 50JP-PAM1

注1) 「ナチュラルミネラルウォーター 『ボルヴィック』 から2009年数量限定フレーバーウォーター 『Volvic FruitKiss Pink Grapefruit (ボルヴィック フルーツキス ピンクグレープフルーツ)』 4月28日 (火) より数量限定で全国発売!」 キリンMCダノンウォーターズ株式会社 (2009/03/31)
注2) 「Volvic FruitKiss」 (ブランドサイト)
注3) 「『Volvic FruitKiss』 にグリーンキャップの青リンゴ登場」 ペットボトルキャップ時評 (2008/07/29)
注4) 「『Volvic FruitKiss Lemon』 広口キャップで登場」 ペットボトルキャップ時評 (2007/05/11)

2009/04/23

伊藤園の緑文字 「ITO EN」 汎用キャップにも 「→あける」 バージョン出現

伊藤園は、2009年春、ビタミンCを1000mg配合したナチュラルミネラルウォーター使用の炭酸飲料 『天然水サイダー+ビタミンC 1000mg』 を発売した [注1]。ニュースリリースが出ていなのいで、これ以上詳細なことは不明である。2009年4月22日、三平ストア新宿店店頭にて確認。500mL入り1本147円のところ105円 (29%OFF) であった。

伊藤園のキャップは、果汁を含まない炭酸飲料の場合、緑色の四つ葉コーポレートマークの下に、社名が緑文字イタリック体で 「ITO EN」 と入る汎用キャップが用いられる。これは、「キャップ飛び」 に対する注意喚起を目的とした製品管理用アイコンである。なお、果汁を含有する炭酸飲料の場合は、イタリック体の欧文社名ロゴである 「ITO EN」 が黒色となる [注2]。

今回の 『天然水サイダー+ビタミンC 1000mg』 は、2009年3月23日付けブログ記事 「伊藤園の 『スパークリングベジ』 の黒文字 「ITO EN」 汎用キャップにも 「→あける」 バージョン出現」 [注2] で言及した黒文字 「ITO EN」 の汎用キャップと対をなすものである。

キャップの図柄は、キャップ周囲に 「賞味期限は、キャップの横に表示。」 のメッセージが入り、キャップ中央に緑色の四つ葉コーポレートマーク + 緑文字で 「ITO EN」 の欧文社名ロゴの入ったものである [図柄については注3を参照]。

話は変わるが、最近伊藤園では、従来TEバンドに印字されていた 「賞味期限」 と 「製造所固有記号」 の記載方法を一部製品から試験的に変更し始めている。従来は、一括して 「090912/K61」 と表示していたところを、2009年春頃から、TEバンドには賞味期限のみの 「2009. 9.12」 と印字するようになった。製造工場を示す暗号の 「製造所固有記号」 は製造時刻と一緒にキャップにではなく、ボトル肩部に 「K61」 「10:07」 というように上下2段で印字されている。

理由は、「賞味期限は、キャップの横に西暦下二桁、月日の順で表示。」 という以前のメッセージが、昨年2008年9月の 「あける→」 の登場により、「賞味期限は、キャップの横に表示。」 と簡略化されてしまったことに起因する。すなわち、「あける→」 の登場以降 「090912」 という説明不足の略式表記が使えないと伊藤園は考えているのである。何と生真面目な対応であることか。また、TEバンド部の印字文字数がスペースの制約上約10文字であることも一因としてあげられる。「2009. 9.12」 は、スペース、ピリオド込みで、丁度10文字である。

ただ、あまりにも消費者を無知蒙昧な輩として見下しているようで、はっきり言って不愉快である。

日付の 「090912」 と言う表記は、日本工業規格 「JIS X 0301:2002 情報交換のためのデータ要素及び交換形式 ― 日付及び時刻の表記」 においても、「上位省略表記」 として正式に規定された日付型表現である。今日、一般の製造メーカーのみならず、日常生活のシーンでも普通に使われているお約束事の一つである。わざわざ 「賞味期限」 と 「製造所固有記号」 を切り離してまで、「あける→」 に拘ることの意味が分からない。

この問題に拘っているにはむしろ私の方であるが。

■ 商品表示データ ■
『天然水サイダー+ビタミンC 1000mg』 (500mLペタロイド脚耐圧PETボトル)
<品名> 炭酸飲料
<原材料名> 果糖ぶどう糖液糖、ビタミンC、香料、酸味料、ベニバナ黄色素
<栄養成分> 1本 (100mL当たり) ●エネルギー:33kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:8.1g ●ナトリウム:1~20mg ●カルシウム0.5mg~6.0mg ●マグネシウム:0mg~3.0mg ●ビタミンC:200mg
<販売者> 株式会社伊藤園 (東京都渋谷区本町3-47-10)
<JAN> 4-901085-050491

■ 参照キャップデータ ■
『天然水サイダー+ビタミンC 1000mg』 (500mLペタロイド脚耐圧PETボトル) の賞味期限: 「2009. 9.12」。製造所固有記号: 「K61」。賞味期限は6カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製 「Fin-Lok」 ライナー材使用の2ピースキャップ [ノーマルタイプ] (洗浄スリットなし) (ロット番号:<シェル本体>30-24、<ライナー材>12・)。ボトルは、吉野工業所製 (ロット番号:14/H25)。プリフォーム [透明/PCO] (ロット番号:H525)。製造ロット番号: 10:07

注1) 「商品一覧 (炭酸飲料)」 伊藤園 (アクセス日:2009/04/22)
注2) 「伊藤園の 『スパークリングベジ』 の黒文字 「ITO EN」 汎用キャップにも 「→あける」 バージョン出現」 ペットボトルキャップ時評 (2009/03/23)
注3) KUMA氏の運営する 『ペットボトルキャップコレクションの旅』 「日本のプラキャップ」 <伊藤園編> 「スパークリンブベジ-01」
注4) 日本工業規格 「JIS X 0301:2002  情報交換のためのデータ要素及び交換形式 ― 日付及び時刻の表記」

2009/04/21

『C.C.Lemon』 キャップシェル、レモンイエローへの変身の意味

サントリーフーズ社は、2009年4月21日 (火)、『C.C.Lemon』 の中身はそのままで、パッケージのみをリニューアルした [注1]。2009年4月20日 (月)、ファミリーマート店頭及びスーパー店頭にて確認。前者が1本500mL税込み147円であるのに対して、後者は税込み98円 (33%OFF) であった。

キャップの図柄については、KUMA氏の2009年4月20日付けブログ記事 「サントリーのシーシー・レモン リニューアル」 [注2] を参照して頂くと判る通り、これまでのデザインとほぼ一緒である。相違点は、キャップのシェル本体の色が白地からレモンイエロー地に変更されたことである。このことにより、店頭での製品イメージに対する訴求力が増した。キャップ全体がレモンイエローに変身したことで、上からだけでなく、横からも 「レモン」 を連想させることが出来るようになった。

更に、今回の変更に伴い、刷色も、黄色+緑色の2色から緑色1色に減った。すなわち、白色キャップを使用していた頃は、直径29mmの白地天面部にマージンを2.5mm取って、直径24mmの丸い黄色ベタを先ず印刷 (→紫外線硬化) してから、「suntory / C.C. Lemon / シーシーレモン」 の緑色の文字を重ね刷りするという工程を踏んでいた。これが、キャップシェルの色をレモンイエローに変えるだけで、印刷は一色だけで済んでしまう。実に画期的な変更である。

今日ではキャップの印刷インキには紫外線硬化型インキが使用されているため、重ね刷りであっても技術的に問題となることはない。ただし、「C.C.レモン」 のような販売量が多い製品では、工程が1つ省かれることは、確実なコスト削減に繋がる。

でも、なぜこんな簡単なことにこれまで気付かなかったのだろう。

ニュースリリースによると、「C.C.レモン」 は1994年の発売以来、<街の健康炭酸>として幅広い層から親しまれているという [注1]。ここにその謎を解くヒントが隠されている。

我々はすっかり忘れているけれど、500mL入りの小型PETボトル飲料が、日常生活の中に登場し始めたのは1996年以降のことである。それまでは、PETボトルのリサイクル処理の体制が整備されていなかったという事情から、飲料業界内の自主規制が存在していた。自主規制廃止に呼応するかのように、翌年1997年4月には 「容器包装リサイクル法」 が施行されている。当時は、アルミキャップからプラスチックキャップの移行期でもあり、小型PETボトルの登場により、プラスチックキャップの需要が一挙に拡大した。

その頃のキャップは総じて、白色キャップ地であった。ノーベンバル社が日本のキャップ市場に参入するにあたり、白色キャップしか受け入れない日本人の 「潔癖性」 に驚いたというエピソードが残されている。白色キャップというのは極めて日本的な現象なのである。

今日のように、色とりどりのキャップが出回るのは、2001年に加温器専用のオレンジキャップが登場し、一般に認知されるようになった後のことである。2008年、コカ・コーラが 「赤」 「白」 「グレー」 の3色揃い踏みキャップなったことがメルクマールと言えなくもない。

「C.C.レモン」 は、そうした時代背景の中で登場している。白地に黄色ベタとなったのには、必然的な理由があったのである。

キャップは時として時代を映す鏡となる。「C.C.レモン」 は、キャップシェルの色を変更したことで、新たな 「時代性」 を纏ったのかも知れない。

■ 商品表示データ ■
(黄色地キャップ) 『C.C. Lemon』 (500mLオリジナルシェイプ耐圧PETボトル)
<品名> 炭酸飲料
<原材料名> 糖類 (果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、レモン果汁、ビタミンC、香料、酸味料、ベニバナ色素、パントテン酸カルシウム、ビタミンB6、カロチン色素
<栄養成分> (100mLあたり) ●エネルギー:40kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:10.1g ●ナトリウム:19mg ●ビタミンB6:0.3mg ●ビタミンC:286mg ●パントテン酸:0.1~1.4mg
<販売者> サントリーフーズ株式会社 (東京都港区台場2-3-3)
<JAN> 4-901777-194243

(白色地キャップ) 『C.C. Lemon』 (500mLオリジナルシェイプ耐圧PETボトル)
<品名> 炭酸飲料
<原材料名> 糖類 (果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、レモン果汁、ビタミンC、香料、酸味料、ベニバナ色素、パントテン酸カルシウム、ビタミンB6、カロチン色素
<栄養成分> (100mLあたり) ●エネルギー:40kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:10.1g ●ナトリウム:19mg ●ビタミンB6:0.3mg ●ビタミンC:286mg ●パントテン酸:0.1~1.4mg
<販売者> サントリーフーズ株式会社 (東京都港区台場2-3-3)
<JAN> 4-901777-182585

■ 参照キャップデータ ■
(黄色地キャップ) 『C.C. Lemon』 (500mLオリジナルシェイプ耐圧PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号:「090927/WB」。賞味期限は180日 (未開栓)。キャップは、NCC社製青色着色ライナー材使用の 「Fin-Lok」 2ピースキャップ (洗浄スリット4カ所) (ロット番号:<シェル本体>K4-23、<ライナー材>41・)。ボトルは吉野工業所製 (ロット番号:A10/H57)。プリフォーム [白/PCO] (ロット番号:H557)。製品ロット番号: L112FK

(白色地キャップ) 『C.C. Lemon』 (500mLオリジナルシェイプ耐圧PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号:「090925/K」。賞味期限は180日 (未開栓)。キャップは、NCC社製青色着色ライナー材使用の 「Fin-Lok」 2ピースキャップ (洗浄スリット4カ所) (ロット番号:<シェル本体>K5-28、<ライナー材>1・)。ボトルは吉野工業所製 (ロット番号:B11/H107)。プリフォーム [白/PCO] (ロット番号:H4107)。製品ロット番号: 02:50

注1) 「『サントリー C.C.レモン』―“街の健康炭酸”『C.C.レモン』 がパッケージをリニューアル ―」 サントリー ニュースリリース No.10316 (2009/01/20)
注2) 「サントリーのシーシー・レモン リニューアル」 『KUMAの日記風ボトルキャップ通信』 (2009/04/20)

2009/04/09

『姫とのちゃ』 のキャップ

もうすぐ新茶の季節である。という訳でもないが、2009年4月8日(水)、イロミネ新宿ミロード店にて 『姫とのちゃ』 という緑茶を購入した。275mL1本税込み126円。

ネットで調べてみると、宮崎県都城 (みやこのじょう) 市の 「島津茶園」 というやんごとなき製茶メーカーと、東京にあるワンハートという自動販売機企画会社及び 「girlswaker.com」 とのコラボにより開発された製品らしい。ターゲットを10~20代の若年女性に絞り込んだらしく、渋みのない飲み口がライトな製品に仕上がっている。製造には、島津茶園の茶葉を用い、伊藤園の依託製造工場の一つである長野県下の工場で製品化されたという [注1]。

既に、2008年12月から、都城市や全国のアミューズメント施設などに設置された300台近くの自販機により販売が開始されいる (らしい) [注1]。若者の文化や流行に疎いため、全く気付かなかった。

ラベルには、都城島津家の家紋 「丸に十字紋」 が入り、格調高い(気がする)。ラベルの説明文には以下のように記されている。全文引用する。曰く、「今から約230年前 (宝暦年間、桃園天皇)、都城島津藩主島津筑後守久茂公 (第20代) が藩士池田貞記を山城宇治に派遣して、製茶を研究させて以来、気候・風土に恵まれた霧深いこの地方の特産として名声を博するに至り、こうして先人の偉業と地域特産のつながりから、戦後都城盆地に津島茶園が開かれた」 とある。あれれ、来歴の割には、歴史の新しい茶園であることを自ら語っている。誠に正直な会社である。現在の当主は29代である。

キャップの図柄は、白色キャップ地にマゼンタ1色で、キャップ中央に60ポイント位のフォントサイズで 「g」 のアイコン、キャップ周囲上部に10ポイントで 「girlswaker.com」、下部に8ポイントで 「HOT&COLD」 である。基本的な書体は、「Century Old」 系フォントであるが、中央の 「g」 に関しては、くるんとなったケルン部分を独自にデザインし直しいる。

なお、キャップに印刷されている 「girlswaker.com」 にアクセスしても、「girlswaker.com」 には繋がらない。現在は、URLが 「http://gw.tv/」 に変更されているからである。単純に 「girlswalker」 で検索するとヒットする。このサイトに関する簡単な説明では 「ファッション、通販、占イ、ゲーム、ブランド、SNS、検索、モデル、ブログなどの、無料で遊べる日本最大級の総合女性サイト」 らしい。そして、「g」 の文字はこのサイトのロゴであることが判明した。

果たして、キャップに印刷されたURLアドレスが変更される日は来るのであろうか。

■ 商品表示データ ■
『姫とのちゃ』 (275mL耐熱耐圧六角形PETボトル)
<名称> 緑茶 (清涼飲料水)
<原材料名> 緑茶 (日本)、ビタミンC
<栄養成分> [記載なし]
<販売者> 株式会社ONE heart (東京都港区芝大門2-8-15)
<JAN> 4-562298-771018

■ 参照キャップデータ ■
『姫とのちゃ』 (275mL耐熱耐圧六角形PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「090807/OH1」。賞味期間は不明。キャップは、日本クラウンコルク社製 「Fin-Lok」 ライナー材使用の2ピースキャップ (ロット番号:<シェル本体> 30-64、<ライナー材> 2-45・・)。ボトルは東洋製罐社製 (ロット番号:E/2)。プリフォーム [白] (ロット番号:3B12)。製造ロット番号: 1828B

注1) 「篤姫ブームあやかれ 島津茶園が甘い飲み口の緑茶飲料販売」 宮崎日日新聞 (2008/11/22)

2009/04/08

DyDo 『葉の茶 朝摘み』 のリニューアルキャップ

ダイドードリンコ社は、2009年4月6日 (月)、『葉の茶』 ブランドシリーズとして、朝摘み緑茶の 『葉の茶 朝摘み』 とブレンド茶の 『葉の茶 七織』 の2製品を全国の自動販売機にて発売を開始した [注1]。関西方面では、発売日当日の報告例があるものの、都内では、2009年4月8日(水)、2日遅れで自動販売機に充填されたことを確認した。

私には、 当ブログではお馴染みの <そのPETボトルはどこそこに行けば買えるはずだよメモ> があるにも拘わらず、入手に手こずった。数少ないダイドードリンコ社の自販機8台目にして、ようやく 『葉の茶 朝摘み』 の方だけを入手することが出来た。450mL入り1本130円。まあ、その程度の <メモ> である。

今回の 『葉の茶 朝摘み』 は、リニューアル製品であるが、『葉の茶 七織』 の方は、アサヒ飲料の 『十六茶』 や 日本コカ・コーラ社の 『爽健美茶』 を意識した混合茶として新たに開発されたものである。ネーミングも、日本コカ・コーラ社の 『一 (はじめ) 茶織』 を意識している。こうしたなりふり構わない二番煎じ的感覚は嫌いではない。古来、商売とは所詮人まねである。

当然、リニューアルに伴い、ボトルシェイプ、パッケージ、キャップのすべてのデザインが変更された。ボトルシェイプは、胴の中央部が括れた形で持ちやすい。ただし、価格設定上、通常容量500mLから50mL減らした分、ネック部分がスッポンのように長くなっており、へんちくりんなボトルシェイプになってしまっている。洗練さからはほど遠い。

キャップの図柄は、今回 『葉の茶 朝摘み』 についてのみであるが、大和ノーベンバル社製 「カド丸」 白色キャップ地に、オリーブ色と深緑色の2色刷で、「丸に釘抜」 と言われる家紋に似た装飾の中に、前回使用されていた手書きロゴ 「茶の葉」 を縦位置に配したものである。円に内接する正方菱形の外側と子持ち罫がオリーブ色のベタ、「茶の葉」 ロゴが深緑色である。なお、今回のキャップに 「あける→」 表示はない。まずは一安心である。

未だ見ぬ 『葉の茶 七織』 のキャップの図柄が、果たして同じものかどうか、気になるところである。探索は続く。

■ 商品表示データ ■
『葉の茶 朝摘み』 (450mLオリジナルシェイプPETボトル)
<名称> 緑茶 (清涼飲料水)
<原材料名> 緑茶 (静岡産)、ビタミンC
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:9mg
<販売者> ダイドードリンコ株式会社 (大阪市北区中之島2-2-7)
<JAN> 4-904910-224661

■ 参照キャップデータ ■
『葉の茶 朝摘み』 (450mLオリジナルシェイプPETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「031130/D04C」。賞味期間は約9カ月 (未開栓)。キャップは、大和ノーベンバル社製ワンピースキャップ* (ロット番号:307)。ボトルは大和製罐社製 (ロット番号:B/12/R)。プリフォーム [透明/PCO] (ロット番号:B2-12)。製造ロット番号: 2014417026

* 第一世代キャップ

注1) 「『葉の茶』 素材と製法にこだわった 『葉の茶』 シリーズ 無糖ブレンド茶の登場でラインアップ拡充 朝のうちに丁寧に摘み取った茶処静岡産茶葉を100%使用 香り豊かで味わい爽やかに仕上げたこだわりの緑茶飲料 『葉の茶 朝摘み』 七種類の厳選茶葉をバランスよく使用 茶葉の恵みが織りなす華やかな香り立ちの無糖ブレンド茶 『葉の茶 七織』」 DyDo Release No.590 (2009/03/31)

『キリンヌューダ』 の白地銀文字汎用キャップに 「SKナール」 出現

キリンビバレッジ社は、2009年4月7日 (火)、『キリンヌューダ (KIRIN NUDA)』 シリーズに (a) 「Clear Sparkling」 と (b) 「Cooling GrapeFruit」 の2種類のフレーバーの製品を新発売した [注1-2]。同日、成城石井店頭にて確認、500mL入り1本税込み130円のところ、125円であった。

SKナールには、「アセプティック充填」、「ホット充填」、「炭酸充填」 の3系統のキャップが存在する [注3]。今回のキャップは、『キリンレモン』 に次いで、炭酸充填用としては2番目となる。また、SKナールはこれで全6種類となった。


表. SKナールキャップ一覧表

▼ 1a) 『キリン 生茶』 [くちびるバージョン]
      コールド販売用 | アセプチック充填
      「28NCフラップアセプ-S」 ベース
      (初出: 2008年2月26日、火曜日)

▼ 1b) 『キリン 生茶』 [くちびるバージョン]
      コールド販売用 | ホット充填
      「28NCフラップホット-SW」 ベース
      (初出: 2008年2月26日、火曜日)

▼ 2)  『キリンレモン』 [青黄2色刷ブランドロゴバージョン]
      コールド販売用 | 炭酸充填
      「フィンロック」 ベース
      (初出: 2008年3月11日、火曜日)

▼ 3)  『ホット 生茶 玉露入り』 『ホット 生茶 香ばしい深入り』
      [加温器用オレンジ汎用キャップ]
      ホット販売用 | ホット充填
      「28NCフラップホット-SW」 ベース
      (初出: 不明 [2009年1月上旬頃])

▼ 4a) 『キリン 生茶』 [ツチノコバージョン]
      コールド販売用 | アセプチック充填
      「28NCフラップアセプ-S」 ベース
      (初出: 2008年2月26日、火曜日)

▼ 4b) 『キリン 生茶』 [ツチノコバージョン]
      コールド販売用 | ホット充填
      「28NCフラップホット-SW」 ベース
      (初出: 2008年2月26日、火曜日)

▼ 5)  『キリン 潤る茶』 [白色地茶色刷 「KIRIN」 汎用キャップ]
      コールド販売用 | アセプティック充填
      「28NCフラップアセプ-S」 ベース
      (初出: 不明 [2009年3月12日頃])

▼ 6)  『キリン ヌューダ』 [白色地銀色刷 「KIRIN」 汎用キャップ]
      コールド販売用 | 炭酸充填
      「フィンロック」 ベース
      (初出: 2009年4月7日、火曜日)


これでまた暫くはナール形状から目が離せなくなった。何れにしても新規キャップの登場はうれしい。

■ 商品表示データ ■
(a) 『キリンヌューダ Clear Sparkling』 (ペタロイド脚 [耐圧] オリジナルダイヤカットPETボトル500mL)
<名称> 炭酸飲料
<原材料名> 水溶性食物繊維、食塩、酸味料、香料、乳酸Ca、化Mg、テアニン、塩化K
<栄養成分> (製品100mL当たり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●食物繊維:0.55g ●ナトリウム:15mg ●マグネシウム:0.6mg ●カリウム:1.1mg ●カルシウム:1.2mg ●糖類:0g | ●テアニン:3mg
<販売者> キリンビバレッジ株式会社 (東京都千代田区神田和泉町1番地)
<JAN> 4-909411-038076

(b) 『キリンヌューダ Cooling GrapeFruit』 (ペタロイド脚 [耐圧] オリジナルダイヤカットPETボトル500mL)
<名称> 炭酸飲料
<原材料名> 水溶性食物繊維、食塩、香料、酸味料、テアニン
<栄養成分> (製品100mL当たり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●食物繊維:0.55g ●ナトリウム:23mg ●糖類:0g | ●テアニン:3mg
<販売者> キリンビバレッジ株式会社 (東京都千代田区神田和泉町1番地)
<JAN> 4-909411-038090

■ 参照キャップデータ ■
(a) 『キリンヌューダ Clear Sparkling』 (ペタロイド脚 [耐圧] オリジナルダイヤカットPETボトル500mL) の賞味期限+製造所固有記号: 「090908/KJF」。賞味期限は約6カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製ライナー材付き2ピースキャップ 「フィンロック」 ベースの 「SKナール」 (ロット番号:<本体>37-4、<ライナー材>4-8)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:G/21)。プリフォーム: [透明/PCO規格] (ロット番号:3-51/CDOp)。製品ロット番号:090908/KJF 02:52

(b) 『キリンヌューダ Cooling GrapeFruit』 (ペタロイド脚 [耐圧] オリジナルダイヤカットPETボトル500mL) の賞味期限+製造所固有記号: 「090909/KJF」。賞味期限は約6カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製ライナー材付き2ピースキャップ 「フィンロック」 ベースの 「SKナール」 (ロット番号:<本体>37-41、<ライナー材>4-30)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:G/6)。プリフォーム: [透明/PCO規格] (ロット番号:3-4/CEWA)。製品ロット番号:090909/KJF 03:49

注1) 「爽快な刺激でリフレッシュできるカロリーゼロの無糖炭酸 『キリンヌューダ クリアスパークリング』 『キリンヌューダ クーリンググレープフルーツ』 4月7日 (火) 新発売」 キリンビバレッジ ニュースリリース (2009/03/27)
注2) 「KIRIN NUDA」 (ブランドサイト)
注3) 「キリンビバレッジ 『潤る茶』、SKナール出現の意味」 ペットボトルキャップ時評 (2009/03/14)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ