« アサヒ飲料 『アサヒ香る緑茶 いぶき』 2Lボトルのグリーンキャップ新書体バージョンに 「ユニロック」 登場 | トップページ | 和光堂の 「わこちゃん×4種類」 キャップに 「粗ギザ」 バージョン出現 »

2009/05/01

DyDo 『SIMPLY DESIGN』 大文字ロゴでリニューアル

ダイドードリンコ社は、2009年4月27日 (月)、『SIMPLY DESIGN COFFEE [CAFE-AU-LAIT] 』 をリニューアル発売した [注1]。関東圏では、3日遅れの2009年4月30日 (木) になってやっとJR東日本系列の 「エキナカ」 コンビニエンスストア 「NEWDAYS」 店頭にて確認出来た。450mL入り1本税込み157円であった。

今回のリニューアルに伴い、パッケージとキャップのデザインが変更された。2006年9月の発売以降3回目のリニューアルである [注2]。

パッケージデザイン変更の主な理由は、容量が500mLから450mLとなったことである。これにより、通常よく見掛ける四角型PETボトルから、新たにボトル胴部中央が肩部から底部にかけて緩やかに弧を描くように括れたボトルシェイプに変更された。

最近、飲料メーカーは、価格設定据え置きで、量目を減らすという方向でのコスト対策に打って出ている。実質的値上げであるが、清涼飲料水は嗜好品なので、特に問題にはならない。また、緑茶飲料などは、550mLや600mLボトルが登場し、お買い得感を煽る手法での攻防が静かに繰り広げられている (ような気がする)。

『SIMPLY DESIGN COFFEE [CAFE-AU-LAIT] 』 のキャップの図柄は、「粗ギザ」 白地キャップ中央に銀色インキ1色刷りで、18mm×8mmの範囲で両端揃えの商品ロゴが入る。上段に 「S I M P L Y」 + 下段に 「D E S I G N」 というレイアウトである。使用フォントは前回までの 「Lucida Sans Typewriter」 に替えて、「Lucida Sans Unicode」 のコンデンスドが使用されている。また、以前までの灰色ベタ文字白抜きから、銀色文字ノセに変わり、ロゴも小文字から大文字に変更されている。今回は、デザインをあくまでシンプルに保つため、同社が今年から導入した 「あける→」 表示は封印されている。

やはり、デザインを重視した場合、「あける→」 は不要である。

■ 商品表示データ ■
『SIMPLY DESIGN COFFEE [CAFE-AU-LAIT] 』 (450mLオリジナルシェイプ耐熱PETボトル)
<名称> コーヒー飲料
<原材料名> 牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、植物油脂、食塩、乳化剤、カゼインNa、安定剤 (カラギナン)、甘味料 (アセスルファムK)
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:38kcal ●たんぱく質:0.8g ●脂質:0.8g ●炭水化物:6.8g ●ナトリウム:35mg
<販売者> ダイドードリンコ株式会社 (大阪市北区中之島2-2-7)
<JAN> 4-904910-224852

■ 参照キャップデータ ■
『SIMPLY DESIGN COFFEE [CAFE-AU-LAIT] 』 (450mLオリジナルシェイプ耐熱PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「091225/D21」。賞味期間は約9カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製 「28NCフラップアセプ」 [粗ギザ] (ロット番号:N21-27)。ボトルは吉野工業所製 (ロット番号:18/243)。プリフォーム [白] (ロット番号:n/a)。製造ロット番号: LOT CAC

注1) 「ダイドードリンコ 2009年春夏の新商品 “シンプル”をテーマにユーザーの感性に訴求する新コンセプト飲料 『SIMPLY DESIGN COFFEE [CAFE‐AU‐LAIT] 』」 DyDo Release No.596 (2009/04/21)
注2) 「DyDo 『simply design』 マイナーチェンジで再登場」 ペットボトルキャップ時評 (2007/03/30)

« アサヒ飲料 『アサヒ香る緑茶 いぶき』 2Lボトルのグリーンキャップ新書体バージョンに 「ユニロック」 登場 | トップページ | 和光堂の 「わこちゃん×4種類」 キャップに 「粗ギザ」 バージョン出現 »

コメント

OJさん こんばんは
おかげ様で本日収穫しました!ありがとうございました。(@横浜駅NEWDAYS)
個人的には、1コ前のデザインの方が好きです。
ボトルをシェープさせちゃったので何だかちょっとシンプルさが欠けたような・・・。
ボトルは、素材が薄いようで、家に持ち帰るとベコベコでした^^。力学的?予算削減?

しかし、DyDoさんは次々おNEWとわかるものを出してくださるので大好きです!あー嬉し♪

まる子さま こんにちは

ホントに! DyDoドリンコは、コレクターの心を鷲掴みです。

それから、毎度細かいことをくどくどと言うようで何なんですが、DyDoさんの場合、「シンプルさ」 ではなく、「シンプリーさ」 と表現するのが正しいようです。その用法の違いがよく分かりませんが...

私が、飲料メーカーの社長なら、キャップのデザインの中に1~100迄のシリアル番号を忍び込ませて販売します。少なくとも、コンプリートを目指すようなアホなコレクター1人当たり、100本×147円=14,700の売上げを確実にあげられます (ウシャシャシャシャ! ←心の叫び)。

バナナラベルコレクターには、実際に 『Del Monte』 のシリアルナンバー入りシールをコンプリートしてる人がいます。確か、01~57位まであるはずです。因みに、バナナラベルは一房 (7~9本) に1~2枚の割合で貼られています。あのシールには品質保証の意味があるそうです。

牛乳の蓋の場合、1種類につき、日付の1~31までをコンプリートするコレクターがいます。曜日だと、日~土の7種類です。

切手収集には、わが愛すべき 「wikipedia」 によると、リコンストラクション (もしくはプレーティング) という収集ジャンルがあるそうです。これは、手彫りの版の時代の切手を対象として、その切手がシートのどの位置にあったものかを再現するものらしいです。さしずめ、ペットボトルキャップなら、裏に刻印されているロット番号から、射出成型機のどの金型から製造されたかを再現するといったところでしょうか。案外、楽しいかも知れません (私は絶対にやりませんが)。

以前、TVで、ケンタッキーフライドチキンの食べおわった骨から、鶏一羽分の骨格標本を再現した青年のVTRを観たことがあります。これには、ニワトリだけに、ケッコウな数のマニアがいるようです。お後がよろしいようで (ド、ドン、テケ、テンテンテンテンテ~ン)。

OJ拝^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192015/44851773

この記事へのトラックバック一覧です: DyDo 『SIMPLY DESIGN』 大文字ロゴでリニューアル:

« アサヒ飲料 『アサヒ香る緑茶 いぶき』 2Lボトルのグリーンキャップ新書体バージョンに 「ユニロック」 登場 | トップページ | 和光堂の 「わこちゃん×4種類」 キャップに 「粗ギザ」 バージョン出現 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ