« 経営統合後の飲料用キャップのあり方 | トップページ | 『FAUCHON BEAUTE』 の 「←あける ・ ←あける」 キャップにエコグリップ採用 »

2009/08/31

グレーキャップの 『爽健美茶 黒冴』

コカ・コーラシステムは、2009年8月31日 (月)、「爽健美茶」 シリーズの新たなラインナップとして 『爽健美茶 黒冴』 を全国発売した [注1-2]。ファミリーマート、セブンイレブン各店頭にて確認、500mL入り1本147円であった。

通常の 『爽健美茶』 が、ハトムギ茶ベースのブレンド茶であるのに対して、今回の 『爽健美茶 黒冴』 は、烏龍茶をベースノートとし、「黒豆・黒ごま・黒米」 をブレンドしている。『爽健美茶』 は今日、混合茶市場において1位の地位を占めており、 2位の 『十六茶』 を大きく引き離している。ただし歴史的に見ると、『十六茶』 は今年で16周年を迎えたが、『爽健美茶』 は15周年である。この1年の差は、『爽健美茶』 が本質的には永遠のフォロワーであることを意味する。しかしながら、両社は互いを強く意識しながら、製品開発を行うことで、相互に補完し合う関係にあるような気がする [表1]。

表1. 『十六茶』 と 『爽健美茶』 の原材料比較 (順不同)

▼ 『贅沢ブレンド十六茶 黒五穀』 (2008年6月17日、新発売、現在終売)
[01]大麦、[02]ハトムギ、[03]ハブ茶、[04]玄米、[05]黒豆、[06]黒米、[07]黒ごま、[08]黒あわ、[09]黒きび、[10]びわの葉、[11]熊笹、[12]桑の葉、[13]昆布、[14]霊芝、[15]柿の葉、[16]シソの葉、[*]ビタミンC

▼ 『贅沢ブレンド十六茶 七福豆』 (2008年8月12日、新発売)
[01]黒豆、[02]ハトムギ、[03]大麦、[04]大豆、[05]えんどう、[06]ハブ茶、[07]玄米、[08]あずき、[09]ささげ、[10]いんげん豆 (白いんげん)、[11]そら豆、[12]ゴマ、[13]桑の葉、[14]霊芝、[15]柿の葉、[16]シソの葉、[*]ビタミンC

▼ 『爽健美茶 五穀』 (2008年8月18日、新発売)
[01]大麦、[02]玄米 (赤米1%、黒米1%)、[03]大豆、[04]あわ、[05]きび、[*]ビタミンC

▼ (新) 『十六茶』 (2009年3月31日、原材料ブレンドリニューアル)
[01]ハトムギ、[02]大麦、[03]玄米、[04]ハブ茶、[05]黒豆 (大豆)、[06]びわの葉、[07]昆布、[08]熊笹、[09]ゴマ、[10]柿の葉、[11]アマチャヅル、[12]桑の葉、[13]霊芝、[14]ミカンの皮、[15]杜仲葉、[16]シソの葉、[*]ビタミンC

▼ (新) 『爽健美茶』 (2009年4月20日、原材料ブレンドリニューアル)
[01]ハトムギ、[02]玄米(発芽玄米3%)、[03]緑茶、[04]大麦、[05]プーアル茶、[06]どくだみ、[07]はぶ茶、[08]チコリー、[09]月見草、[10]ナンバンキビ、[11]ビワの葉、[12]小豆、[13]杜仲、[14]タンポポの根、[*]ビタミンC

▼ 『爽健美茶 黒冴』(2009年8月31日、新発売)
[01]烏龍茶 (武夷岩茶)、[02]プーアル茶、[03]緑茶、[04]玄米 (発芽玄米68%、黒米2.5%)、[05]チコリー、[06]黒豆 (大豆)、[07]黒ごま、[*]ビタミンC

[注*] 原材料のうち、「ビタミンC」 は保存料として使用されているため、通常員数には含めない。

キャップの図柄は、白地粗ギザキャップにグレーの直径約24mmの丸ベタ白抜きで、「爽健美茶(R)」 のブランドロゴ、その下に、URLアドレスの 「sokenbicha.jp」、そして点対称で一対の 「→あける」 表示である。このURL表示入りキャップは、2009年8月中旬にペールグリーンのキャップとして、導入されたばかりのものである [注3]。今回の色違いグレーキャップの登場により、「爽健美茶(R)」 のキャップ戦略がより鮮明となった。

『爽健美茶』 は、季節毎に趣の異なる新製品を投入している。しかしながら、ボトルシェイプがオリジナルの鼓型であることと、キャップの色が同一ブランドで共通であったことから、新製品の違いを見出し難かった。

今回のグレーキャップの投入は、新製品であることを強力に印象付け、販売対象を明確化することに成功している。既に、『コカ・コーラゼロ』 において明かされているように、コカ・コーラ社にとって、<グレー>ないし<黒>は男性色として定義されているようである。

これを機に、『爽健美茶 五穀』 にも色違いキャップが出現することを望みたい。色は薄茶色で。

■ 商品表示データ ■
『爽健美茶(R) 黒冴』 (500mL鼓型ペットボトル)
<品名> 清涼飲料水
<原材料名> 烏龍茶 (武夷岩茶)、プーアル茶、緑茶、玄米 (発芽玄米68%)、黒米2.5%)、チコリー、黒豆 (大豆)、黒ごま、ビタミンC
<栄養成分> (100mL当り) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:7.5mg
<販売者> コカ・コーラカスタマーマーケッティング株式会社 (東京都港区六本木6-2-31)
<JAN> 4-902102-082358

■ 参照キャップデータ ■
『爽健美茶(R) 黒冴』 (500mL鼓型ペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「100601-TGO」。キャップは、アルコア・クロージャー・システムズ社製ワンピースキャップ 「AS-Lok」 [粗ギザタイプ] (ロット番号:A11-14)。ボトルは、自社 (CCNBC) 成型 (ロット番号:T/15)。製品製造ロット番号:「E0058H10 482439」。プリフォーム [透明/PCO]: NI51057。

注1) 「-発売15周年を迎える「爽健美茶」から、男性向けの新商品が登場- 『爽健美茶 黒冴 (くろさえ)』 8月31日 (月) 新発売 健康黒素材を配合、カラダをしゃきっと冴えさせる烏龍ブレンド茶」 日本コカ・コーラ ニュースリリース (2009/07/17)
注2) 「爽健美茶 黒冴」 (ブランドサイト、2009年8月31日現在確認)
注3) 「『爽健美茶(R)』 URL入り新キャップの導入時期」 ペトボトルキャップ時評 (2009/08/17)

« 経営統合後の飲料用キャップのあり方 | トップページ | 『FAUCHON BEAUTE』 の 「←あける ・ ←あける」 キャップにエコグリップ採用 »

コメント

遅くなりましたがグレーキャップ入手しました。
9月頭には店頭で確認していましたので、最近は本当に地方と流通の差を感じないですね。

キティさま

連続でのコメントありがとうございます。

日本コカ・コーラ社のキャップの色遣いには、いつも驚かされます。今回のグレーキャップも、もう少し明度を下げたほうが文字が見やすい気もしますが、印刷の滲みなどを考慮すると、これが最善なのかも知れません。特に、ナールが60線の粗ギザタイプのキャップには撥水処理がなされており、インキのノリがいまいちなため、なおさらのことと思われます。

OJ拝^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192015/46084606

この記事へのトラックバック一覧です: グレーキャップの 『爽健美茶 黒冴』:

« 経営統合後の飲料用キャップのあり方 | トップページ | 『FAUCHON BEAUTE』 の 「←あける ・ ←あける」 キャップにエコグリップ採用 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ