« 『爽健美茶(R)』 URL入り新キャップの導入時期 | トップページ | グレーキャップの 『爽健美茶 黒冴』 »

2009/08/25

経営統合後の飲料用キャップのあり方

「明治製菓」 と 「明治乳業」 は、本年2009年4月1日 (水) に経営統合され、共同持株会社 「明治ホールディングス」 が設立された [注1]。経営統合に伴い、ブランドマークも両社共通のものに統合され、デザインも一新された [注2-3]。なお、この新しいブランドマークは順次、商品に採用されているとアナウンスされてる [注2]。

そこで、この季節に唯一コンビニで見掛けることが出来る明治乳業のPETボトル製品 『明治プロビオ(R) ヨーグルトLG21 (ドリンク112mL)』 [注4] を朝晩監視 (watch) することにした。当然、新しいブランドマークに変わるものと思うのがマニア心と言うものである。ドキドキ、ワクワクしながら待っていた。ところがどっこい、2009年8月25日朝、セブンイレブン店頭の既に見慣れた陳列棚を観て愕然とした。キャップからは、明治乳業の赤い大文字ロゴ 「MEIJI」 すらも消え、何とただの 「白蓋」 になっていたのだ。

でも、良く考えてみたら、φ25mm径スモールキャップの 「白蓋」 は、これまでの私のコレクションには無かった。ある意味、結果オーライなのかも知れない。

このスモールキャップは、日本クラウンコルク (NCC) 社が、チルド製品 (ヨーグルトなどの乳製品) に対して、100mL~120mL前後の小容量PETボトル (飲みきりサイズ) 用に開発したものである。正式には、「25NCフラップ-SH」 と呼ばれている。特徴は、開栓角度が浅い3条ネジで、簡単に開けられることである。こうしたローハイトキャップでは、3点固定式の3条ネジが最適である。

このNCC社製3条ネジキャップには、天面部辺縁にドットホールが3個所確認出来る。これは、3個所存在するネジの開始位置と一致する。因みに、φ38mm径の広口キャップは2条ネジであるため、ドットホールは2個所である。このように、ドットホールは、NCC社製以外のキャップには存在しないため、外観からキャップ製造メーカーを判断するうえでの、文字通り指標となり得る。

スペックは、ポリエチレン (PE) 製ワンピースキャップ、ナール数80線 (ナール間角度4.5度)、ブリッジ数20個所、フラップ数8枚、キャップ全高15mm (内、TEバンド高4mm)、外径約29mmである。

一般的に、それまでのロゴやイラストの入ったキャップを 「白蓋」 に変更する理由は、コストの削減にある。最近の例では、博水社の 『ハイサワー』 シリーズがこれに該当する (ような気がする)。これらの製品は、目線よりも下方に陳列されることが多いため、キャップから図柄が消えたことは、販売戦略上、極めてマイナスである。似たような色の液体をいちいちラベルを読んで確認しなければならない煩雑さは、購買意欲の低下に繋がりかねない。早急に、あのキッチュで味わい深い 「ハイサワー」 ロゴのキャップに戻して頂きたいものである。

さて、今回 『明治プロビオ(R) ヨーグルトLG21』 のキャップを 新規ブランドマークの 「meiji」 としなかったことの理由がコストの削減にあるとは思えない。なぜなら、キャップはCI戦略上、最も有効な宣伝媒体となり得るからである。その好機を逃してまで、「白蓋」 にすることの理由が見当たらない。もしかしたら、先頃8月14日に発表された、サッポロホールディングスとポッカコーポレーションとの資本業務提携と何か関連する動きでもあるのだろうか、実に気になるところである。

ことほど左様に、半可通な邪推や憶測を呼んでしまうため、業務提携や企業統合後の 「白蓋」 使用は極力控えたいものである。ブーブー。

■ 商品表示データ ■
『明治プロビオ(R) ヨーグルトLG21 (ドリンク112mL)』 (オリジナルシェイプ丸型112mLペットボトル)
<種類別名称> はっ酵乳
<無脂乳固形分> 8.0%、<乳脂肪分> 0.5%
<原材料名> 乳製品、ぶどう糖果糖液糖、砂糖、安定剤(ペクチン)、香料、茶抽出物
<栄養成分> [1本 (112mL) 当たり] ●エネルギー:78kcal ●たんぱく質:3.5g ●脂質:0.66g ●炭水化物:14.6g ●ナトリウム:46mg ●カルシウム:129mg ●糖類:14.4g
<保存方法> 10℃以下で保存してください。
<製造者> 明治乳業株式会社 KA (東京都江東区新砂1-2-10)
<JAN> 4972-2963

■ 参照キャップデータ ■
(旧明治乳業ブランドマーク版) 『明治プロビオ(R) ヨーグルトLG21 (ドリンク112mL)』 (オリジナルシェイプ丸型112mLペットボトル)  の賞味期限+ロット番号: 「090905/LY:」。キャップは、NCC社製ワンピースキャップ 「25NCフラップ-SH」 (ロット番号:39)。ボトルは、自社成型 (ロット番号:2)。製品製造ロット番号:「LY:」。プリフォーム [透明]: 14B。

(白蓋版) 『明治プロビオ(R) ヨーグルトLG21 (ドリンク112mL)』 (オリジナルシェイプ丸型112mLペットボトル)  の賞味期限+ロット番号: 「090907/T4」。キャップは、NCC社製ワンピースキャップ 「25NCフラップ-SH」 (ロット番号:33)。ボトルは、自社成型 (ロット番号:3)。製品製造ロット番号:「T4」。プリフォーム [透明]: 15O。

注1) 「明治ホールディングス株式会社」 (ホームページ)
注2) 「パッケージブランドマークの統一について」 明治乳業/明治製菓 プレスリリース (2009/04/01)
注3) 「明治製菓と明治乳業の新しいブランドマークについて」 明治ホールディングス プレスリリース (2009/08/03)
注4) 「明治プロビオヨーグルトLG21」 (製品サイト)

« 『爽健美茶(R)』 URL入り新キャップの導入時期 | トップページ | グレーキャップの 『爽健美茶 黒冴』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192015/46027894

この記事へのトラックバック一覧です: 経営統合後の飲料用キャップのあり方:

« 『爽健美茶(R)』 URL入り新キャップの導入時期 | トップページ | グレーキャップの 『爽健美茶 黒冴』 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ