« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010/07/31

伊藤園 『お~いお茶』 日の丸粗ギザキャップの導入時期

前回のブログ記事において、現行の 『お~いお茶』 日の丸キャップに、3つの形状が存在することに触れた。更に、その中で、日の丸キャップに 「粗ギザ (60線ナール) キャップ」 があることにも言及した。しかしながら、その出現時期については、敢えて触れずにいた。いつもなら、出現日の特定を欠かすことはないのだが、今回は自らの未熟さや不注意により、出現タイミングを見逃していたこともあり、事実関係の確認を行っていなかった。

私は、ペットボトルキャップコレクターを僭称している割には、事前の予習を怠る傾向がある。本来ならば、各飲料メーカーのプレスリリースに事前に目を通し、新規キャップの出現に備えるべきであるが、正直面倒臭い。ついつい、現場主義 (行き当たりばったり) に陥ってしまう。今回も、伊藤園のニュースリリースに当たっておけば、防げたミスである。

実は、伊藤園の2010年6月10日付けの2つの報道用資料 [注1-2] に、今回のことが下記のように記載されていた。

曰く、「軽量化・薄肉化した環境配慮型ペットボトルと同時に、常温充填が可能であり、かつ、ボトルの殺菌処理に殺菌剤を使用しない、独自の充填方式 『NSシステム』 を開発しました。『NSシステム』 では殺菌剤の代わりとして温水を使用しますが、温水 [ママ] 充填方式と比較してボトルが高温にさらされるのは殺菌時のみのため、ボトルに要求される耐熱性が低くすみます。これにより、環境配慮型ペットボトルを採用しつつ、殺菌剤の使用量を削減して環境負荷を軽減することを可能にしました」 [注1より抜粋引用]。

あるいは、「500mLペットボトル製品について、関東地区の一部の地区で、従来よりも約30%軽量化した環境配慮型ペットボトルを先行採用します。このボトルでは、あわせてラベルも薄肉化し、さらにボトルの殺菌処理に使用する殺菌剤の使用量を削減した 『NSシステム』 を開発・導入しています」 [注2より抜粋引用]。

すなわち、『お~いお茶』 のボリュームゾーンである500mL製品のボトルを環境配慮型PETボトルに変更するに際して、新規の無菌充填方式 『NSシステム』 が開発され、導入されたということである。

実際に都内のコンビニやスーパーを巡回したところ、『お~いお茶 緑茶』 (500mL PET) では、新規無菌充填方式 『NSシステム』 が用いられた環境配慮型PETボトル製品に完全に置き換えられていた。ただし、『お~いお茶 濃い味』 は従来型のボトルのままである。従って、キャップは前者が 「粗ギザ」、後者が 「ノーマルギザ」 というように、製品の種類により完全に区分された格好である。

なお、新規の環境配慮型PETボトルは、一見しただけでは見分けが付かないが、シュリンクラベルを剥がすと、耐圧パネルが10角形であることが分かる。これは縦方向の強度を保つため、支柱の本数を増やした結果と考えられる。また、ボトル底部の構造も、広い設置面積を持つ構造に変更されている。これは、ボトル重量が30%軽減された結果、19gと軽量になったことから、自立性が低下したためである。すなわち、従来の6角形のボトルをそのまま使用した場合、底面の設置面積が狭いため、内容物を飲み進むに連れて、バランスが崩れ、ボトルがちょっとした弾みで倒れてしまう。そこで、最後まで内容物が底部に残留し、内容物の自重でバランスを保つように工夫されている。潜水艦のバラストタンクのような働きだと思って差し支えない。

さて、「粗ギザキャップ」 の導入時期であるが、『お~いお茶 緑茶』 と 『お~いお茶 濃い味』 がリニューアル発売された2010年6月14日 (月) と考えるのが、最も合理的である。しかしながら、都内で見かける 『お~いお茶 緑茶』 の 「粗ギザキャップ」 の付いた製品の賞味期限で最も古いものは 「2011. 3.15」、最も新しいもので 「2011. 3.31」 であった。リニューアル発売から、既に1カ月半が経過しているにもかかわらずである。TEバンドの日付から見た場合、わずか半月のスパンでしかない。

考えられることは、今回のリニューアルは、新製法である 「ナチュラル・クリアー製法2010」 [注1] に伴うものであり、「環境配慮型PETボトル」 の導入とは別の事柄ではないかということである。そう仮定した場合、「粗ギザキャップ」 の出現は、7月中旬頃と推定される。また、現在のところ関東地区限定の可能性がある。いずれにしても、出現の瞬間を見逃していたことにかわりはない (トホホな結果である)。

注1) 「伊藤園 『お~いお茶』 の日の丸キャップ 「→あける」 バージョンにおける3つの形状」 ペットボトルキャップ時評 (2010/07/26)
注2) 「発売22年目、挑戦・進化し続ける 『お~いお茶』 新製法により、味わい、香り、後味が向上、ひときわ味わい豊かに 『お~いお茶 緑茶』 ひときわ濃くておいしい 『お~いお茶 濃い味』 6月14日 (月) 新登場」 伊藤園 ニュースリリース (2010/06/10)
注3) 「環境配慮型ペットボトルと 『NSシステム』 を新導入 | 東洋製罐株式会社と共同開発した、殺菌剤の使用量を削減した無菌充填方式 『NSシステム』 と軽量化した環境配慮型ペットボトルなどにより環境負荷の低減を図ります」 伊藤園 ニュースリリース (2010/06/10)

2010/07/26

伊藤園 『お~いお茶』 の日の丸キャップ 「→あける」 バージョンにおける3つの形状

私は今、修行の旅に出ている。

とは言うものの、修験道者のように深山に分け入ったり、瀧に打たれたりしているわけではない。会社帰りに、新しいペットボトルキャップはないかなと、コンビニやスーパーを 「遍路」 するだけである。当ブログの読者ならご存知の通り、普段のコンビニ巡回と何ら変わらない。でも、その気概が異なるのである (フンガー!)。

まさに霊験あらたかなり! 早くも修行の成果が現れた。伊藤園の 『お~いお茶』 の日の丸キャップ 「→あける」 バージョンに粗ギザキャップがあることに気付いたからである。

因みに、「日の丸キャップ」 というのは、国産茶葉100%使用をアピールする目的で、伊藤園が 『お~いお茶』 ブランドに用いている、赤ベタ日の丸に 「日本のお茶」 という白抜きロゴの入った汎用キャップのことである [注1]。現行キャップは、この日の丸ロゴ + 「いいお茶は、いい畑から」 のメッセージ入りのものに、「→あける」 表示が更に追加されたものである [注2]。

『お~いお茶』 は緑茶であることから、基本的にはホット充填である。従って、キャップには 「ノーマルキャップ (120線ナール)」 が使用されて来た。ところが、最近、『お~いお茶』 にもアセプチック充填 (常温充填) のものが出回るようになって来た。当然、使用キャップは 「粗ギザキャップ (60線ナール)」 である。

コンビニの陳列棚において、久しく日常的風景に埋没していたため、『お~いお茶』 のキャップの変化には留意していなかった。ところが、この間、緑茶飲料の充填方法に大きな変化の兆しが見えていることから、汎用キャップに着目するように努めた。例えば、日本コカ・コーラ社の 『綾鷹』 は、本来高級煎茶の風味を大切にするため発売当初、敢えてアセプティック充填が用いられて来た。ところが、ここ1~2年、『綾鷹』 にもホット充填の製品を自販機やスーパーで見かけるようになった。もちろん、これは製品の市場ライフサイクルや生産体制の見直し、あるいは依託工場 (パッカー) の設備などの諸要因が重層的に絡み合った結果といえるだろう。

また、伊藤園の 『Naturalジャスミンティー』 などでは発売当初より、500mLボトルには 「粗ギザ」、280mLや2Lボトルには 「ノーマルギザ」 というように、各々充填方式が異なるケースも存在する。同じ製品であっても、このように充填方式が異なることで、味や風味に影響はないのだろうかと危惧する程である。ただし、飲み比べてみた結果、ほとんど味に変化は感じられない。人間の味覚は、さほど官能的には出来ていないようである。あるいは、私の味覚に問題があるのかも知れないが。

さて、現在 『お~いお茶』 日の丸キャップ 「→あける」 バージョンには、以下の3種類のキャップ形状が存在する (コールド販売製品に限定)。

(a) 『お~いお茶』 (ホット充填)
    キャップ名称: 28NCフラップホット
    キャップ形状: ノーマルギザ (120線ナール)
    特徴①: 天面部とスカート部の境界に
          「ドットホール」
    特徴②: スカート部上部に
          「洗浄スリット」 6箇所
    特徴③: 製造ロット番号がホット充填を表す
          「H4x」などで始まる
    特徴④: インナープラグ内のリブ構造
          「米」 の字状

(b) 『お~いお茶』 (ホット充填)
    キャップ名称: 28NCフラップホット-S
    キャップ形状: ノーマルギザ(120線ナール)
    特徴①: キャップの角が若干丸みを帯びたアール
    特徴②: スカート部上部に
          「洗浄スリット」 6箇所
    特徴③: 製造ロット番号がホット充填を表す
          「H9x」 などで始まる
    特徴④: インナープラグ内のリブ構造
          「垂れ目顔」 状

(c) 『お~いお茶』 (アセプティック充填)
    キャップ名称: 28NCフラップアセプ
    キャップ形状: 粗ギザ (60線ナール)
    特徴①: 天面部とスカート部の境界に
          「ドットホール」
    特徴②: 製造ロット番号が常温充填を表す
          「N7x」 などで始まる

先ず、(a、b) と (c) の違いは、充填方式の違いであることは上述した通りである。では、(a) と (b) の違いは何かというと、環境負荷を目的として改良されたものか否かの違いである。伊藤園の場合、使用される樹脂キャップのほぼ全量が日本クラウンコルク (NCC) 社製である。NCC社ではここ数年、段階的に 「28NCフラップホット-S」 シリーズと呼ばれる軽量化キャップを市場に投入して来ている。アサヒ飲料がはじめて採用したウェーブナール形状の 「エコグリップキャップ」 などがその代表例である。

この 「Sシリーズ」 のキャップの特徴は、使用される樹脂の量が従来品に較べ低減されていることにある。そのため、キャップの強度を維持するためのリブ構造やフラップ構造が可能な限り省略されている。従来品の (a) の天板部を支えるリブ構造はインナープラグ内に 「米」 の字状に配置することで、縦横斜めの 「はり構造」 を持つのに対し、環境負荷改良型の (b) のリブ構造はインナープラグの中心に対して縦方向と横方向の突起を120度毎に配置することで、多方向に対する強度を保持するように設計されている。

私は、(b) の環境負荷改良型キャップを角に少しだけ丸みを帯びた形をしていることから、密かに 「ちょい丸キャップ」 と呼んでいる。このキャップの減量ポイントは、リブ構造のみにとどまらず、ねじ山 (スレッド) の間歇的削減から、ブリッジ数の減少にまで及ぶものである。ブリッジの数は、従来品 (a) が22箇所であるのに対し、環境負荷改良型の (b) ではわずか8箇所である。ただし、この環境負荷改良型の 「ちょい丸キャップ」 は、伊藤園の 「日の丸」 キャップと 「四葉」 キャップでしか見掛けたことがない。また、ボリュームゾーンである500mLでの使用は稀で、その殆どが大型PETボトルか、特保マーク付きの製品である。この点を考慮すると、「ちょい丸キャップ」 は、現在市販後調査段階にあるといえる。

なお、(a)、(b)、(c) の図柄は全く同じである。キャップコレクターの中には、このようなギザギザの形状には拘らないも人も見受けられる。切手収集で、ミシン目の違い (例えば、コイル切手のようなもの) を気にしないのと同じである。

しかしながら、多少の違いであってもコレクターズアイテムと見做す向きにあっては、(a) と (b) の差異は重要なポイントとなる。環境負荷改良型の (b) の方は、キャップの角に余分なアールが設けられているため印刷可能域が小さくなっている。同じように見える図柄であっても、実は約95%縮小されている。

<今回のブログのポイント>

● 伊藤園 『お~いお茶』 の日の丸キャップ 「→あける」 バージョンに粗ギザキャップが存在する
● 伊藤園の環境付加低減型 「ちょい丸キャップ」 の図柄は95%縮小されている

■ 商品表示データ ■
(a) 『お~いお茶』 (500mL 6角耐熱PETボトル)
<品名> 緑茶 (清涼飲料水)
<原材料名> 緑茶 (日本)、ビタミンC
<栄養成分> (1本 (500mL) 当たり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:45mg | ●カテキン:160mg
<販売者> 株式会社伊藤園 (東京都渋谷区本町3-47-10)
<JAN> 4-901085-050002

(b) 『お~いお茶』 (2L角形耐熱PETボトル 「らくらくボトル」)
<品名> 緑茶 (清涼飲料水)
<原材料名> 緑茶 (日本)、ビタミンC
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:9.0mg | ●カテキン:32mg
<販売者> 株式会社伊藤園 (東京都渋谷区本町3-47-10)
<JAN> 4-901085-089347

(c)『お~いお茶』 (500mL 10角耐圧PETボトル)
<品名> 緑茶 (清涼飲料水)
<原材料名> 緑茶 (日本)、ビタミンC
<栄養成分> (1本 (500mL) 当たり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:45mg | ●カテキン:160mg
<販売者> 株式会社伊藤園 (東京都渋谷区本町3-47-10)
<JAN> 4-901085-050002

■ 参照キャップデータ ■
(a) 『お~いお茶』 (500mL6角耐熱PETボトル) の賞味期限: 「2011. 3.18」。造所固有記号 [容器上部上段に記載]: 「A5」。賞味期限は9カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製 「28NCフラップホット」 ワンピースキャップ [ノーマルタイプ] (洗浄スリット6個所) (ロット番号:H48-17)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:F/3)。プリフォーム [白] (ロット番号:18-91)。製造ロット番号 [容器上部下段に記載]: 05:21

(b) 『お~いお茶』 (2L角形耐熱PETボトル 「らくらくボトル」) の賞味期限: 「2011. 5.24」。造所固有記号 [容器上部上段に記載]: 「A13」。賞味期限は12カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製 「28NCフラップホット-Sシリーズ」 ワンピースキャップ [ノーマルタイプ] (洗浄スリット6個所) (ロット番号:H90-34)。ボトルは東洋製罐社製 (ロット番号:J/22)。プリフォーム [白] (ロット番号:12-70)。製造ロット番号 [容器上部下段に記載]: 01:25

(c) 『お~いお茶』 (500mL6角耐熱PETボトル) の賞味期限: 「2011. 3.16」。造所固有記号 [容器上部上段に記載]: 「K50」。賞味期限は9カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製 「28NCフラップアセプ」 ワンピースキャップ [粗ギザタイプ] (洗浄スリット無し) (ロット番号:N70-02)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:G/21)。プリフォーム [透明*] (ロット番号:1-46)。製造ロット番号: 02:47

* 『お~いお茶』 アセプティック充填用ボトルの口栓部のスレッド形状は、キャップのスレッドが間歇的に削られているのに対して、ボトルの方はベントスロットを持たない連続したスムースなスレッドが切られている。

注1) 伊藤園 「お~いお茶 ブランドヒストリー」 (2010年7月26日現在)
注2) 「伊藤園 『お~いお茶 焼きたての香り 玄米茶』 の日の丸キャップにも 「→あける」 登場」 『ペットボトルキャップ時評』 (2008/09/22)

2010/07/15

チェリオジャパン 『ライフガード(R)』 キャップに新図柄を追加

チェリジャパンは、約4カ月前の2010年3月22日 (月) に、7種類のビタミン類、7種類のアミノ酸、はちみつ、更にはロイヤルゼリーまでも贅沢に配合した 『(新) ライフガード(R)』 を新発売している [注1]。その際に、キャップに 「LIFEGUARD」 のウサギのキャラクターであるウダサーの顔面を大胆にデザインしたキャップを投入した。これは、『ライフガード(R) ブラック』 の 「目玉キャップ」 と同様、強いインパクトを与えるものであった。

今回、内容もパッケージデザインもJANコードすら同一の 『(新) ライフガード(R)』 に、新たな 「迷彩背景キャップ」 がお目見えした [注2]。2010年7月15日 (木)、セブンイレブン店頭にて確認、500mL入り1本147円。

図柄は、以前使用されていた白地に黒と緑の 「迷彩柄」 パターンに、新たにファイヤー (フレイム) パターンが 「LIFEGUARD」 の商品ロゴを挟み込むようなデザインに進化したものである。このファイヤーパターンは、ウサダーが操るマシンのボディーにペインティングされているものであるが、恐らくスピード感の演出なのだろう。なお、チェリオジャパン社のホームページ [注2] には、「顔面デザイン」 と 「ファイヤーデザイン」 のキャップが並列して掲載されていることから、今後も平行使用されて行く気がする。このようなキャップ使用の多様化は大歓迎である。

因みに、クリント・イーストウッドが監督・主演した2008年の映画 『グラン・トリノ』 のラストシーンで、頑固ものの主人公コワルスキーは、愛車 「グラン・トリノ」 を仲良くなったモン族の少年タオにプレゼントする際の条件の一項目として、車体にファイヤーパターンを使用することを禁じている。どうやら、ファイヤーパターンに対する嗜好には、世代間ギャップが存在するようである。比較的新たらしいデコレーションパターンなのであろう。1960年代のデザイン様式では見かけたことがない。明らかにサイケデリックとは一線を画するものである。

なお、ブランドサイト [注3] において、チェリオジャパンの先見性に関する記述を発見した。以下、全文を引用させていただく。

「ペットボトルの出現は容器革命といわれました。ライフガードはいち早くペットボトルを採用し、1990年に香港の飲料メーカーに製造を委託、輸入という形態で国内での販売を開始しました。1996年には国内での生産をスタートし、同時にそれまでのアルミキャップ、ベースカップ付の容器から樹脂キャップ、ワンピースボトルにリニューアルをしました」 (「ライフガード」 ブランドサイト [注3] より引用)。

これらの事実は、飲料キャップの歴史における証言として非常に重要である。本邦においては、小型PETボトルに関する業界団体自主規制が解禁された1996年をもって、ペットボトルキャップの本格的な歴史が始まったと言えるからである。わずか15年ほどの歳月しか経っていないことを思えば、キャップコレクターを自認するのに遅過ぎるということは決してない。私の知るコレクターの中には、この1年間だけで800種類以上のキャップを収集したというニューカマーが存在する。私のように10年間、コツコツと集めてきたことの意味が揺るぎかねないほどの進捗度である。要は熱意である。

何れにしても、新規キャップの登場はうれしい。チェリオジャパンの今後のキャップ戦略に注目したい。

■ 商品表示データ ■
『ライフガード(R)』 (丸型ペタロイド脚耐圧ボトル 「ハニーカムボトル」 500mL)
<名称> 炭酸飲料
<原材料名> 糖類 (砂糖、果糖ぶどう糖液糖)、はつみつ、ローヤルゼリー、酸味料、香料、V.C、保存料 (安息香酸Na)、カフェイン、ナイアシン、グルタミン酸Na、グリシン、アスパラギン酸Na、アラニン、イソロイシン、フェニルアラニン、V.P、V.B2、V.B6、スレオニン、V.A
<成分分析表> (製品100mLあたり) ●エネルギー:36kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:9g ●ナトリウム:25mg ●V.C:29mg ●ナイアシン:2mg ●V.P:0.8mg ●V.B2:0.7mg ●V.B6:0.6mg ●V.A:90μg ●葉酸:15μg ●グルタミン酸Na:2mg ●グリシン:1.7mg ●アスパラギン酸Na:1.6mg ●アラニン:1.3mg ●イソロイシン:1.2mg ●フェニルアラニン:1mg ●スレオニン:0.6mg ●ローヤルゼリー:2mg
<販売者> 株式会社チェリオジャパン (東京都千代田区丸の内2-4-1)
<JAN> 4-902074-008370

■ 参照キャップデータ ■
『ライフガード(R)』 (丸型ペタロイド脚耐圧ボトル 「ハニーカムボトル」 500mL) の賞味期限:「2010.12.30」+製造所固有記号:「CHK」。賞味期間は6カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製 「Fin-Lok」 青色ライナー材使用のツーピースキャップ [ノーマルタイプ] (ロット番号:<シェル本体>[不明]、<ライナー材>26)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:F/19)。プリフォーム [透明/PCO] (ロット番号:18-86)。製品ロット番号: 0721

注1) 「チェリオジャパン 『ライフガード(R)』 の 「顔面」 キャップ」 ペットボトルキャップ時評 (2010/03/23)
注2) 「チェリオジャパン」 (ホームページ) [2010年7月15日現在]
注3) 「ライフガード」 (ブランドサイト) [2010年7月15日現在]

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ