« ロッテ 『うるアップコラーゲン』 のニューキャップ | トップページ | 限りなく白に近い 『PUWATER』 のキャップ »

2011/04/24

サークルKサンクスのプライベートブランド飲料 『麦茶』 にロゴ入り 「ヘソあり」 キャップ出現

ちょうど1年前の2010年4月下旬、サークルKサンクスは30周年の節目に際して、PETボトル入りプライベートブランド飲料の 『緑茶』(500mL) および 『烏龍茶』(500mL) にサークルKサンクスのロゴを印刷したノーマルキャップを投入した [注1]。その2カ月後の6月下旬には、『麦茶』(500mL、2L) にもコーポレートロゴ入りの粗ギザキャップを投入している [注2]。

今回の東日本大震災の影響により、キャップ製造メーカーが被災したことで、キャップの 「白無地共通化」 が飲料業界内で合意されるに至った。ところが、実際には合意のあった4月13日には既に、サークルKサンクスのロゴ入りキャップは姿を消しており、『緑茶』(500mL) は 「白無地」 ノーマルキャップに、また 『麦茶』(500mL) は 「白無地」 粗ギザキャップに衣替えしていた。製造時期は、TEバンドに印字された賞味期限の日付 (『緑茶』:2012. 3.29、『麦茶』:2011.12.29) から逆算して、震災発生以降の4月3日~4月4日頃であることが分かる。従って、プライベートブランド製品のキャップに関しては 「共通化」 が実質的に先行実施されていたと言える。

さて今回、そうした状況下にあって、突如、 『麦茶』(2L) に、サークルKサンクスのロゴ入り 「ヘソあり」 キャップが出現した。2011年4月23日 (土) 深夜、サンクス店頭にて確認、税込み178円。こちらも、賞味期限の日付から逆算して4月12日前後に製造されたものであることが分かる。既に 「白無地共通化」 の方針が検討されている最中に製造されたということは、震災発生前に企画された製品の可能性が高い。

また、「ヘソあり」 キャップは、正式には 「Uni-Lok」 と呼ばれる無菌充填専用キャップである。専ら日本クラウンコルク社の石岡工場で製造されていることから、当印刷キャップの出現が既定方針であったことの左証とも言える。

キャップの図柄は、一年前と同様、白地キャップに明るい黄土色の刷り色で 「CircleKSunkus」 のコーポレート・ロゴと、下方に 「→あける」 表示が入ったものであるが、キャップの構造上、天面部中央に 「臍 (ヘソ)」 に見立てられることのある射出注入孔が存在するため、ロゴはこの孔を避けるように、上方にシフトして配置されている。

実は、「麦茶飲料」 における 「ヘソあり」 キャップの出現は、今年に入ってから2例目である。1例目は、2010年3月23日 (火)、伊藤園の 『天然ミネラルむぎ茶』(2L) において確認されている。それまで 『天然ミネラルむぎ茶』 には、緑色の四つ葉マーク + 黒色の 「→あける」 の図柄の粗ギザキャップが使用されて来た。今回の 「ヘソあり」 キャップの出現は 「→あける」 表示の導入以降初となるものである。因みに、図柄は、天面部中央の射出孔を回避して、孔の上方に緑色の四つ葉マーク (スペースの関係上、マークは縮小されている)、孔の下方に黒色で 「伊藤園」 のロゴ、その下に 「→あける」 表示である。通常 「→あける」 表示導入後、漢字表記の 「伊藤園」 のロゴが使用されることは無かったが、無菌充填用粗ギザキャップのように、マークと 「→あける」 だけの組み合わせだと、孔の下のスペースがブランクのままになり、デザイン上間抜けた感じになってしまう。かと言って、黒色欧文表記の 「ITO EN」 は果汁入り炭酸飲料用キャップの指定アイテムである。そこで、本社住所入り 「ヘソあり」 キャップ時代のフォーマットを踏襲する結果になったと考えられる。「→あける 」 導入以降、伊藤園のキャップには充填方式管理用コードとしての体系的枠組みに齟齬が生じている。

サークルKサンクスの 『麦茶』(2L) と、伊藤園の 『天然ミネラルむぎ茶』(2L) は、容器も、賞味期限の表示スタイルも、製造所固有記号の印字フォーマットも、全て同一である。恐らく同一ラインで製造されたものと考えられる。また、「→あける」 のデザインが酷似していることも単なる偶然ではない。ただし、原材料が異なることは言うまでもない。

以上のことから、今回市場に投入された 「ヘソあり」 キャップは、震災発生前に製造されたものであり、キャップの在庫が無くなり次第、粗ギザ 「白無地」 キャップの製品に代替されると考えられる。

ところで、昨年2010年12月21日、カゴメ 『六条麦茶』 ブランドが、アサヒ飲料に売却され、2011年4月から販売元がアサヒ飲料に移転される [注3] ということであったが、その後、キャップから 「KAGOME」 のロゴが消えたという報告を聞かない。気になるところである。

今年の 「麦茶飲料」 は思ったより熱い。

■ 商品表示データ ■
(a) CKS 『麦茶』 (方形耐圧PETボトル2000mL)
<品名> 麦茶 (清涼飲料水)
<原材料名> 六条麦茶、ビタミンC
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:10mg
<販売者> オーウイル株式会社 (東京都港区北青山1-2-3)
<JAN> 4-542023-000064

(b) 伊藤園 『天然ミネラルむぎ茶』 (方形耐圧PETボトル2000mL)
<品名> 麦茶 (清涼飲料水)
<原材料名> 大麦 (カナダ、アメリカ)、飲用海洋深層水 (日本)、麦芽 (オーストラリア)、ビタミンC
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:0mg ●マグネシウム:0.5mg ●亜鉛:0~0.1mg ●カリウム:18.0mg ●リン:1.0mg ●マンガン:3.0μg | ●カフェイン:0mg
<販売者> 株式会社伊藤園 (東京都渋谷区本町3-47ー10)
<JAN> 4-901085-044414

■ 参照キャップデータ ■
(a) CKS 『麦茶』 (方形耐圧PETボトル2000mL) の賞味期限「2012. 4. 6」。製造所固有記号:CS7* [容器上部上段に記載]。賞味期間は約12カ月 (未開栓)。キャップは、日本クラウンコルク社製 「Uni-Lok」 ワンピースキャップ [120線ナール、通称 「ヘソあり**」] (ロット番号:17-29)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:F7)。プリフォーム [透明] (ロット番号:4A-17)。製品ロット番号:05:04 [容器上部下段に記載]

(b) 伊藤園 『天然ミネラルむぎ茶』 (方形耐圧PETボトル2000mL) の賞味期限 「2012. 2.22」。製造所固有記号:A73* [容器上部上段に記載]。賞味期間は約12カ月 (未開栓)。キャップは、日本クラウンコルク社製 「Uni-Lok」 ワンピースキャップ [120線ナール、通称 「ヘソあり**」] (ロット番号:17-8)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:F9)。プリフォーム [透明] (ロット番号:4D-35)。製品ロット番号:11:02 [容器上部下段に記載]

* (a) 「CS7」、(b) 「A73」 は各々、株式会社ニッセイ (静岡県焼津市) 第7工場 (2002年4月稼働の無菌充填ライン) と思われる

** 「ヘソあり」 と呼んでいるのは恐らく、私たちキャップコレクターだけである。正式には 「Uni-Lok」 と呼ばれるアセプティック充填専用キャップである。通常、日本クラウンコルク社の石岡工場 (茨城県石岡市) において主に製造されている。

注1) 「サークルKサンクスのプライベートブランドPET飲料にロゴ入りキャップ登場」 ペットボトルキャップ時評 (2010/04/24)
注2) 「サークルKサンクスのプライベートブランド飲料 『麦茶』 にもロゴ入り粗ギザキャップ出現」 ペットボトルキャップ時評 (2010/06/26)
注3) 「カゴメ株式会社からアサヒ飲料株式会社への 『六条麦茶』 ブランドの譲渡に関するお知らせ」 アサヒ飲料/カゴメ株式会社 ニュースリリース (2010/12/21)

« ロッテ 『うるアップコラーゲン』 のニューキャップ | トップページ | 限りなく白に近い 『PUWATER』 のキャップ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロッテ 『うるアップコラーゲン』 のニューキャップ | トップページ | 限りなく白に近い 『PUWATER』 のキャップ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ