« サントリー 『C.C.Lemon』 にみる非常時対応キャップへの道 | トップページ | 『大人のキリンレモン』 「元気炭酸」 緑刷りキャップにもアンダーライン付き登場 »

2011/05/31

『六条麦茶』 の新キャップ

アサヒ飲料は、2011年5月31日 (火)、満を持して 『アサヒ 六条麦茶』 を全国発売した [注1-2]。同日夕刻、ローソン店頭にて確認、500mL入りPETボトル1本、税込み147円であった。これはこの3月まで、『カゴメ 六条麦茶』 と呼ばれていたものである。

アサヒ飲料は、2010年12月、カゴメ株式会社から 『六条麦茶』 ブランドの製造・販売権を取得した [注3]。本来ならば、これに伴い2011年4月よりアサヒ飲料から販売される予定であったが、この度の大震災の影響により、発売が延期されていたものである。因みに、2L入りの大型PETボトルについては、いまだに発売時期は未定である [注1]。

製品のパッケージデザインのコンセプトに大幅な変更はない。ブランドイメージを継承することにより、商品の継続性をアピールしている。キャッチコピーも、「ずっとやさしい、ずっと安心。」 とカゴメ時代のままである。

また、『六条麦茶』 のアイコンとして定着して久しい中村頼子さんの 「着物美人」 の切り絵が引き続き使用されていることが何よりもうれしい (本当に良かった)。ただし、図柄に若干の変更がある。「LL紙パック」 の250mL及び100mLは 「母子像」 のままであるが、「PET 500mL」 はプライベート層をターゲットとしてリブランドを試みたせいか、「着物美人」 に差し替えられている。

従来の伏せ目がちのポーズから、自立した女性を暗示するかのように、その眼差しは遥か遠方を見据え、未来に注がれている。三つ星小紋の柄をあしらった着物の襟元に添えられた左手がその意思の強さを表しているかのようである。

また、ブランドロゴもカゴメ時代と同様、リョービの明朝系書体 「ナウ-MB」 を用いたお馴染みのものである。

さて、キャップの図柄についてである。粗ギザ白色キャップ地にカゴメ時代と同じく、スミと茶色の2色の配色である。全体的なレイアウトに変更はみられないが、先ず上部のコーポレートロゴは当然ながら 「KAGOME」 から 「Asahi」 に変更された。ただ、刷り色は茶色のままである。「六条麦茶(R)」 のブランドロゴは、縦書き2段組み、スミ一色で変わりはない。右側に配されていた 「母子像」 は、今回から、凛として一人佇む 「着物美人」 の切り絵イラストに変更された。なお、『六条麦茶』 の図柄変遷の歴史については、当ブログのアーカイブスを参照して頂きたい [注4]。

ただ惜しむらくは、無粋な 「あける→」 表示がキャップ天面部下方に新たに追加されたことである。せっかくの作品世界を台無しにしていることにアサヒ飲料は恐らく気付いてはいない。人は、商品とともに年齢を重ね、それぞれの物語を育んでいる。『六条麦茶』 ほどのロングセラー商品ともなれば、もはや人生を彩る背景の一部である。ブランドを買収するということは、そうした人々の思いをもまとめて引き受けるということに他ならない。果たして、アサヒ飲料にその覚悟はあるのだろうか。

今回購入したボトルの製造ロット番号 「L0311C31」 を見て驚いた。この製品が、2011年3月11日のまさに震災当日に製造されていたことが分かったからである。今回の新キャップもまた、震災前に製造されたものである。今、2カ月半の時を経て、ようやく姿を現したといえる。感慨無量である。

大型PETボトルにおける 「母子像」 の図柄 (予測) の新キャップの登場が今から待ち遠しくはあるが、当分の間、白無地となることも覚悟しておく必要があるのかも知れない。

■ 商品表示データ ■
『アサヒ 六条麦茶』 (八角型耐圧PETボトル500mL)
<品名> 麦茶 (清涼飲料水)
<原材料名> 六条麦茶
<栄養成分> (100mL当り) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:6mg | ●カフェイン:0mg
<販売者> アサヒ飲料株式会社 (東京都墨田区吾妻橋1-23-1)
<JAN> 45-14603-22111-4

■ 参照キャップデータ ■
『アサヒ 六条麦茶』 (八角型耐圧PETボトル500mL) の賞味期限:「120304/NFS」。賞味期限は12カ月。キャップは、NCC社製 「28NCフラップアセプ」 (ロット番号:N15-2)。ボトルは、(M) (ロット番号:25)。プリフォーム [透明 (ロット番号:4130)。製造ロット番号: L0311C31

注1) 「ずっとやさしい、ずっと安心 『アサヒ 六条麦茶 PET500mL』 2011年5月31日 (火) 新発売!」 アサヒ飲料 ニュースリリース (2011/05/18)
注2) 「アサヒ六条麦茶」 (ホームページ) [アクセス日: 2011/05/25]
注3) 「カゴメ株式会社からアサヒ飲料株式会社への 「六条麦茶」 ブランドの譲渡に関するお知らせ」 アサヒ飲料株式会社・カゴメ株式会社 ニュースリリース (2010/12/21)
注4) 「カゴメ 『六条麦茶』、「団扇」 から 「母と子」 への図柄切り換え時期について」 ペットボトルキャップ時評 (2009/12/25)

« サントリー 『C.C.Lemon』 にみる非常時対応キャップへの道 | トップページ | 『大人のキリンレモン』 「元気炭酸」 緑刷りキャップにもアンダーライン付き登場 »

コメント

OJさん、こんばんは。

アサヒから六条麦茶ですか!?
歴史は変わって行くんですね。
大変楽しみな逸品です。

でも、名古屋のコンビニやスーパーでは
まだ見かけません。
製造数が少ないので販売地域も限定さ
れているかもしれませんね。

「母子像」 の図柄 の登場も楽しみです。^^

KUMAさま こんばんは

久しぶりにコメントを頂き、ありがとうございます。人気のない地味なブログなので、こうしてコメントをいただけるだけで感激です。

アサヒ飲料は昨年の 『六甲のおいしい水』 に引き続き、今年も、ロングセラーブランドの一つである 『六条麦茶』 を傘下に収めました。

サッポロHDがポッカコーポレーションと資本・業務提携を推し進める中、飲料業界の再編が加速度的に進んでいる気がします。

これは、フランスのダノングループや米国のペプシコ社のM&A手法に似ています。いよいよ業界は寡占化の時代を向かえたと言えます。

それにしても、『アサヒ 六条麦茶』、 生産ラインからボトルのプリフォームの供給メーカー、広告制作会社までそっくりそのまま、カゴメから引き継いでいるのには、驚きました。果たして、アサヒの企業カルチャーに、『六条麦茶』 の洗練されたブランドイメージが馴染めるのかどうか、非常に注目しているところです。

ところで、セブンイレブンで販売されている 『アサヒ六条麦茶』 は既に 「白無地」 キャップになっています。コンビニにより、製造時期にかなりのズレがあるようです。

名古屋でも早く見付かるといいですね。

OJ拝^^

お気遣いありがとうございました。

名古屋のセブンイレブンは不発でした。
幻のお宝になりそうな予感がします。
嬉しいような哀しいような。

今日の日経BPネットに気になる記事が出ていましたね。
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20110524/271100/
しばらくは、眠れぬ夜が続きそうです。

KUMAさま こんばんは

日経BPネット2011年5月25日付けの 「震災対応のペットボトル 『白キャップ』、『これがいい』 と意外な反応」 と題する記事、読みました。

本文中でも述べられているように、調査時点 (4月下旬) ではほとんどが 「白無地」 キャップに対応していない状況であったため、「仮の写真」 を見せて、アンケートに回答を求めるという手法を用いています。実物とイメージ写真では、印象が全く異なることを熟知しながら行った為にする調査と言わざるをえません。また、サンプル数が310人と少な過ぎる点も看過できません。また、インターネットでの調査という点も、明らかなバイアスを見越した手法といえます。何から何まで、全く科学的根拠もなく、統計学的にも有意なものではないと断言することが出来ます。道理に不案内な大衆をこうした形で誘導することは、犯罪的ですらあります。

何よりも、「女性の32.4%が 『白いキャップのままでいい』」 と回答していることをもって、「白無地」 が圧倒的に支持されているかのような印象を読者に与ええるのはどうなんでしょう。全く理解出来ません。わずか3分の1に全体を代表させているという、呆れかえった論法です。

逆に、「男性の19.2%、女性の14.1%が 『白いキャップに反対』」 を表明している事実には触れていません。 アンケート調査はレトリック次第でどうとでも取れてしまうところに危険性があるのにです。

この調査には、ものすごく作為的なものを感じます。明らかな世論誘導ではないかと思われます。

とすると、キャップ供給メーカーの被害は想像以上に甚大であったと勘ぐらざるをえません。復旧までに半年以上掛かるのでしょうか? ドイツのTAMPOPRINT AG社から船便でキャップ印刷用の大型印刷機が届くまでの時間稼ぎなのでしょうか。謎は深まるばかりです。

2011年6月2日現在、大手メーカーで 「白無地」 キャップに完全移行しているところは、1社も存在しません。日本コカ・コーラ社に至っては、4月18日製造分から、順次 「白無地」 切り替えとプレスリリースを出しておきながら、いまだに1本たりとも 「白無地」 キャップを見掛けることがありません。これは、明らかに 「変」 です。

何か、恐ろしい陰謀でもあるのでしょか。

くわばら! くわばら!

OJ拝××

OJさん、おはようございます。

名古屋でもやっと見つかりました。^^
ローソンでした。
でも、見つかったのはたった1件のローソンのみで、スーパーでは見つからず、セブンイレブンは白フタが1件で見つかったのみです。
これから、いろいろなところでも見かけるようになるのかもしれませんが、皆さんの所にも行き渡るまでもう少しの間流通していて欲しいものです。

KUMAさま おはようございます

ご指摘の通り、『アサヒ 六条麦茶』 の 「着物美人」 印刷キャップ、こちらでもローソンとナチュラルローソンの一部店舗でしか見掛けません。昨日 (6/4)、ナチュラルローソンにて、製造日ロット#が、L0509のものを発見しました。少なくとも、震災当日の他にも、5月上旬までは在庫キャップが残っていたと考えられます。

「着物美人」 は、ローソンにてお待ちしております、といったところでしょうか。お早めに。

OJ拝^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サントリー 『C.C.Lemon』 にみる非常時対応キャップへの道 | トップページ | 『大人のキリンレモン』 「元気炭酸」 緑刷りキャップにもアンダーライン付き登場 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ