« 『アクエリアス (R) スパークリングレモン』 イエローシェルにグリーンベタではじける | トップページ | AGF 『<マキシム> ちょっと贅沢な珈琲店』 に 「フレンドリーボトル」 マーク入り粗ギザキャップ出現 »

2012/03/06

JR東日本の 『FROM AQUA』 に、本邦初となる 「落ちないキャップ」 登場!

先週、当ブログの読者の方から、テレビ東京系列で放送されている 『ガイアの夜明け』 で、JR東日本ウォータービジネス社と日本クラウンコルク社の共同開発となる新機軸キャップが出現するという情報を頂いた [注1]。私は、2011年7月24日の地デジ完全移行に伴い、難民としての生き方を選択して久しい。情報チャネルはもっぱら電車の中吊り広告である。そのため、こうした情報が頂けることは本当にありがたい。

テレビ東京の番組アーカイブスによると、2011年9月にJR東日本管内に設置された次世代型自販機である <客の好みが分かる自販機> [注2-3] では、購買者の膨大なデータを収集・蓄積しているという。そんな恐ろしいことになっていたとは、露ほども知らなかった私は、暢気にペットボトル飲料を買い続けていた。多分中年男性としてカウントされているのだろう。JR東日本ウォータービジネス社では、このデータを用いて新たな商品開発を進めているという。その中のひとつが、女性を購買対象とした 「落ちないキャップ」 付きミネラルウォーター 『FROM AQUA』 の市場投入である。新たな販売層の掘り起こしが狙いらしい。

既に、2012年2月20日から2週間にわたり、15万本ものサンプル配布が行われていたようであるが、残念ながらそうしたシーンに遭遇することはなかった。また、KUMA氏は上京の際、自販機で購入したと言うが、私が対面した自販機は白無地キャップの従来品ばかりであった。従って、2012年3月6日 (火) の発売日当日になって、エキナカ・コンビニ 「NEWDAYS」 にて、ようやく入手することが出来た。定価は、500mL入り1本105円、280mL入り1本100円である。

さて、キャップが落ちない秘密であるが、キャップ本体 (シェル) とTEバンドの一部にヒンジ (蝶番) を設けたことにある。ただし、これまでも海外のミネラルウォーターに散見されたような、ミシン目の一カ所だけに切れ目を入れない、というような姑息な手段ではない。画期的なところは、折りたたみ式のアームでキャップ本体を支え、なおかつキャップの下端から突き出したベロ状突起がキャップを180度折り返すことで、突っ張り棒の役目を果たし、開栓状態を保持出来る仕組みになっている。ただ、固定するには、TEバンドを少しだけ引っ張りながら挙上する必要があり、初心者にはコツをつかむまでの学習期間が必要かも知れない。

飲用中にキャップがブラブラしないため、心理的ストレスがない。ただし、キャップを真正面にもって来ると鼻の頭に当たってしまう。また、キャップが鼻先に来るため、ついつい寄り目がちになってしまう。キャップ位置は横向きが望ましい。

こうした複雑な構造のため、製造方法は天面部中央から樹脂を注入し、造作の隅々にまで樹脂が行き渡るように、射出成形が用いられている。従って、φ28mm径にもかかわらず、「ヘソあり」 キャップの外観を呈している。ただし、ロック機構は、ラチェット式の 「ユニロック」 ではなく、通常のフラップ構造である。恐らく、「28NCフラップ-ホット」 をベースに改良されたものと思われる。

キャップの図柄は、水色キャップ地の天面辺縁部周囲にエンボシング加工で 「キャップは切らずにおのみください。」 の注意事項が反時計回りに刻印されている。これは、天面部中心の直径2mmの射出成形用注入孔 (いわゆるヘソ) を回避するための方便である。キャップ天面全体がマット (つや消し) 仕上げであるのに対して、凹状の文字がグロス (光沢) 仕上げになっているため、光を当てると文字の存在が際立つ。またフォントサイズも12ポイントと、かなり目立つ大きさである。

今回の 『FROM AQUA』 リニューアルに伴う変更点は、キャップが 「落ちない」 ことを除くと、大きく分けて3つある。先ず、① キャップ供給メーカーが日本山村硝子プラスチックカンパニー社より日本クラウンコルク社に変更されたこと。② キャップの印字方法が印刷からエンボシング加工に変更されたこと。③ ブリッジが成形後ミシン目加工からモールド一体成形に変更されたことである。

これらの変更は、本格的なミネラルウォーターを指向したものであることが分かる。サントリーの 『南アルプスの天然水』 におけるエンボシングキャップに対抗しつつ、更なる先進性を示すことで、販売シェアを拡大する戦略が読み取れる。

ただし、キャップのリサイクルのために、飲用後キャップを捻りながらむしり取るという方法 [注2] は、あまりにも野蛮な印象を与える。折角ここまで工夫したのだから、もう一息である。もっと簡便にTEバンドごとキャップが外せると、「エコロジー参画感」 がいっそう増すというものである。

ところで、私にはキャップが 「落ちない」 ことにそれ程の意義が見出せない。キャップに自由度がないため、締める際に、逆に不便さを感じるからである。キャップの役割は再栓可能性にあり、内容物の漏洩防止に尽きる。キャップを手で持つことは開栓状態であることを身体的に自覚する手段でもある。開栓状態でボトルをうっかりバッグに仕舞うことによる悲惨さを思えば、多少の不便さは享受すべきではないだろうか。利便性の追求は、諸刃の剣である。

■ 商品表示データ ■
『FROM AQUA ~谷川連峰の天然水~』 (6角形耐熱PETボトル500mL)
<品名> ナチュラルミネラルウォーター
<原材料名> 水 (湧水)
<採水地> 群馬県利根郡みなかみ町
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:0.35mg ●カルシウム:0.71mg ●マグネシウム:0.12mg ●カリウム:0.04mg
<硬度>20mg/L [軟水]
<販売者> 株式会社JR東日本ウォータービジネス (東京都渋谷区恵比寿南1-5-5)
<JAN> 45-71207-73022-0 (500mL)、45-71507-73023-7 (280mL)

■ 参照キャップデータ ■
『FROM AQUA ~谷川連峰の天然水~』 (6角形オリジナルシェイプ耐熱PETボトル500mL) の賞味期限+製造所固有記号: 「130110/JR0」。賞味期限は[約12カ月] (未開栓)。キャップは、日本クラウンコルク社製 「落ちないキャップ」 (ロット番号:102)。ボトルは東洋製罐社製 (ロット番号:02 3/1-11)。プリフォーム [白色(結晶化)/PCO-1816] (ロット番号:5C20)。製造ロット番号:130110/JR0 20:34

注1) 「買う気にさせる極意~客の 『情報』 を制する者が勝つ~」 テレビ東京 日経スペシャル 『ガイアの夜明け』 第501回 (2012年1月24日放送)
注2) 「 “落ちないキャップ”の「フロムアクア」3月6日 (火) 登場 ~これでキャップを落とすことがなくなります~」 株式会社JR東日本ウォータービジネス ニュースリリース (2012/03/05)
注3) 「エキナカで話題の次世代自販機に新機能搭載 ~次世代自販機のマーケティング頭脳がますます進化~」 株式会社JR東日本ウォータービジネス ニュースリリース (2011/08/29)

« 『アクエリアス (R) スパークリングレモン』 イエローシェルにグリーンベタではじける | トップページ | AGF 『<マキシム> ちょっと贅沢な珈琲店』 に 「フレンドリーボトル」 マーク入り粗ギザキャップ出現 »

コメント

数日前,このミネラルウォーターを駅で購入した者です。

キャップを閉めたつもりでバッグの中に入れたのですが,きちんと閉まってなかったらしく,水が漏れてバッグの中が水浸しになりました。
お陰で,バッグの中に入れていた携帯オーディオプレイヤーなどの電子機器が動かなくなり思わぬ出費を強いられそうです。

「キャップの役割は再栓可能性にあり,内容物の漏洩防止に尽きる」という言葉,本当におっしゃるとおりだと思います。

作った側は気を利かせたつもりでしょうが,キャップは変に工夫を凝らさないのが一番だと思いました。

やられた・・ さま こんばんは/こんにちは

このたびの惨事、こころよりお見舞い申し上げます。

本当に、キャップ製造メーカーは思い付きで、余計なことしないで貰いたいと、率直に思います。

ひも付きの自由なんて要らない! と声を大にして叫びたい。

ところで、砂糖入りコーヒーなどと異なり、真水に水没した電子機器は十分に乾燥させることで、復活する可能があるみたいですよ。大切なデータの復旧を祈念いたします。

OJ拝^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『アクエリアス (R) スパークリングレモン』 イエローシェルにグリーンベタではじける | トップページ | AGF 『<マキシム> ちょっと贅沢な珈琲店』 に 「フレンドリーボトル」 マーク入り粗ギザキャップ出現 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ