« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012/04/26

『霧島の天然水』 ライトグリーンの無地キャップでリニューアル

2012年4月25日、ファミリーマート店頭でライトグリーンのキャップが付いた 『霧島天然水』 を購入した。500mL入り1本税込み通常価格100円のところ、特価95円であった。

つい10日はど前までは、「白無地」 キャップであった。キャップ供給メーカーの被災に伴う 「白無地共通化」 以前から 「白無地」 キャップであった。ファミリーマートの廉価版ミネラルウォーターとしての定席を得て久しい。それが、今回、キャップとシュリンクラベルの装いも新たにリニューアルを果たした。

  <白無地> 「140316/Q2」
  <緑無地> 「140327/T1」「140328/Q1」

クリーン・アクア・ビバレッジ社 [注1] の 『霧島の天然水』 はナチュラルミネラルウォーターなので成分が変わったわけではない。JANコードも同じ、ペットボトルも同じ、キャップの種類も同じ。変わったのはキャップとラベルの外装のみである。「霧島の天然水」 というロゴは以前、筆書き文字であった。今回のリニューアル品ではごくごく普通のゴジック体と明朝体のフォントに取って代わられた。背景も暗い青系の空から明るい水彩画の景色になり、視認性が向上した。背景と文字のコントラストが、商品名を読みやすくした (重要なことである)。

日本コカ・コーラ社の 『い・ろ・は・す』 を意識したキャップ、サントリーの 『南アルプスの天然水』 を意識した山のイラスト。でも、その意図に気づかせるには、今ひとつ工夫が足りない。すべてに、こぢんまりと纏まってしまった感が否めない (残念である)。

黄緑色シェルのキャップには印刷がない。でも、ミネラルウォーターなので、むしろ無地のままの方がほどよくマッチしている。数あるグリーンキャップの中で、最もライトな色合いに仕上がっている気がする。

このキャップは、若葉の芽吹く春を主張している。

■ 商品表示データ ■
『霧島の天然水』 (角形500mL耐熱PETボトル)
<品名> ナチュラルミネラルウォーター
<原材料名> 水 (鉱泉水)
<栄養成分> (100mL中) ●エネルギー:0kcal ●たん白質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:2.6mg ●カルシウム:3.2mg ●マグネシウム:1.8mg ●カリウム:0.8mg
<硬度> 160mg/L
<製造者> 株式会社クリーン・アクア・ビバレッジ* (宮崎県小林市大字細野1750)
<販売者> 株式会社ファミリーマート (東京都豊島区東池袋3-1-1)
<JAN> 45-968442-50210-9

* 株式会社クリーンアクアビバレッジ (886-0004 宮崎県小林市大字細野1750番地 | TEL:0984-25-1535 | FAX:0984-25-1536)

■ 参照キャップデータ ■
『霧島の天然水』 (角形500mL耐熱PETボトル) の賞味期限+製造ロット番号: 「140328/Q1」。賞味期間は約24カ月 (未開栓)。キャップは、CSIジャパン社製 「PS-Lok-II」 (リンスホール6カ所) [ノーマルタイプ] (Mold#/Cavity#:V8/ALCOA/54)。ボトルは東洋製罐社製凍結ボトル (ロット番号:W-19)。プリフォーム [白/PCO-1810] (ロット番号:13-68)。

注1) 「株式会社クリーン・アクア・ビバレッジ」 (ホームページ) [アクセス日: 2012年4月26日]

2012/04/24

アサヒ飲料 『三ツ矢のきれいな水 レモン』 凍結ボトルの水色汎用キャップ

アサヒ飲料は、2012年4月24日 (火)、『三ツ矢のきれいな水 レモン』 を全国新発売した [注1]。発売日前日深夜、ファミリーマート店頭にて確認。485mL入り1本126円也。

キャップの図柄は、水色キャップ地に白色オペークインキで中央に 「Asahi」 のコーポレートロゴ + 下方に 「あける→」 の開栓方向指示である。これは、2008年3月4日に発売された 『アサヒ富士山のバナジウム天然水』 と同じ汎用図柄である。

ただし、『三ツ矢のきれいな水 レモン』 は、ラベルに 「COLD & ICE」 の表示がある通り、凍らせてもいいように 「凍結ボトル」 が使用されている。容量が485mLなのは膨張分を考慮してのことである。どうやら、今年の 「凍結ボトル」 のトレンドは <冷・氷兼用> らしい。これは、日本サンガリアの 『氷晶 おいしいお茶』 の氷晶ボトル [注3] と同じ考え方である。従って、ブルーキャップでありながら、凍結ボトル用の専用メッセージがない。

実は、手許に 『アサヒ富士山のバナジウム天然水』 の水色汎用キャップがないため比較出来ないが、今回はキャップ製造メーカーが異なるので、キャップシェルの色味が若干異なる気がする (気のせいか)。

■ 商品表示データ ■
『三ツ矢のきれいな水 レモン』 (角形485mL耐熱PETボトル)
<品名> 清涼飲料水
<原材料名> 砂糖類 (果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、レモン果汁、酸味料、香料
<栄養成分> (100mL当り) ●エネルギー:18kcal ●たん白質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:4.5g ●ナトリウム:15~25mg
<販売者> アサヒ飲料株式会社 (東京都墨田区吾妻橋1-23-1)
<JAN> 45-14603-22721-5

■ 参照キャップデータ ■
『三ツ矢のきれいな水 レモン』 (角形485mL耐熱PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「12.10. 1/JF」。賞味期間は約6カ月 (未開栓)。キャップは、日本山村硝子プラスチックカンパニー社製中栓付 「TEN-Cap」 (ベントホール4カ所) [ノーマルタイプ] (Mold#・Cavity#:c3・-07)。ボトルは、東洋製罐社製凍結ボトル (ロット番号:04-27)。プリフォーム [白/PCO-1810] (ロット番号:5007)。製品製造ロット番号:「L0405Q55」

注1) 「『三ツ矢サイダー』 こだわりの 「磨かれた水」 でつくりました。 『三ツ矢のきれいな水 レモン PET485ml』 2012年4月24日 (火) 新発売!」 アサヒ飲料 ニュースリリース (2012/03/28)
注2) 「アサヒ飲料 『富士山のバナジウム天然水』 水色の汎用キャップでリニューアル」 ペットボトルキャップ時評 (2008/03/04)
注3) 「サンガリアのブルーキャップ」 KUMAの日記風ボトルキャップ通信 (2012/04/19)

2012/04/23

『GREEN DA・KA・RA』 半透明グリーンシェルのカラーキャップで新登場!

サントリーは、2012年4月24日 (火)、11種類の素材と純水から出来た水分補給飲料 『GREEN DA・KA・RA』 を新発売した [注1]。発売日前日夕方、セブンイレブン、ファミリーマート各店頭にて確認、500mL入り1本136円のところ、特価126円であった。

ボトルも肩部に 「DA・KA・RA」 シリーズのアイコンであるハート型レリーフをあしらったオリジナルシェイプである。梨地仕様の砲弾型ボトルに立体的なハートの覗き窓を3ヵ所付けたようなヘンテコな形である。

キャップの図柄は、粗ギザ半透明グリーンシェルキャップ地にホワイトオペークインキで中央横位置に 「SUNTORY」 のコーポレートロゴ、天面部上方に 「←あける」 の開栓方向指示の汎用キャップ共通図柄である。これは、『南アルプスの天然水』 の半透明ブルーシェルキャップと好対照をなすものである。

パッケージに印刷されたキャッチフレーズ 「果実、ミネラル、水分補給」 も、商品の性質を簡潔・明瞭に表している。同じく半透明のグリーンキャップを以前より使用している日本コカ・コーラ社の 『い・ろ・は・す』 のみかん味やりんご味とは、一味も二味も違うんだよ、と言うことを言外に訴えている (かのようである)。

確かに、単なるフレーバーウォーターとは異なるコンセプトの水分補給飲料である。どちらかといえば、『ポカリスエット』 や 『アクエリアス』 を半分くらい水で薄めた感じである。非常に飲みやすい。

ニュースリリース [注1] によれば、浸透圧は約310mOsm/kgに調整されているらしい。これは一般的な0.9%生理食塩水 (生食) とほぼ同じ値である。たとえるならば、緑黄色野菜の成分を含むアイソトニック飲料と言える。液体が若干懸濁していることからもそのことが伺える。ちゃっかり、財団法人日本学校保健会 [注2] の推薦まで取り付けているあたりは、流石サントリー、抜け目がない。

■ 商品表示データ ■
『GREEN DA・KA・RA』 (500mLオリジナルシェイプPETボトル)
<品名> 清涼飲料水
<原材料名> 果汁 (グレープフルーツ、レモン)、果糖、はちみつ、食塩、海藻エキス、黒糖蜜、キダチアロエエキス、ドライトマトエキス、黒ごまエキス、ゆずピールエキス、レモンピールエキス、グレープフルーツ香料
<栄養成分> (100mLあたり) ●エネルギー:17kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:4.4g ●ナトリウム:40mg ●カリウム:11mg ●カルシウム:0.2~1.0mg ●マグネシウム:0.2~1.0mg | ●アミノ酸:5~20mg ●ぶどう糖:300mg ●クエン酸:100mg
<販売者> サントリーフーズ株式会社 (東京都港区台場2-3-3)
<JAN> 49-01777-22283-0

■ 参照キャップデータ ■
『GREEN DA・KA・RA』 (500mLオリジナルシェイプPETボトル) の賞味期限+製造所固有記号:「2012.12.17/AJ」。賞味期間は約9カ月 (未開栓)。キャップは、日本クラウンコルク社製 「28NCフラップアセプ-E」 ワンピースキャップ [粗ギザタイプ] (Mold#-Cavity#:A49-34)。ボトルは、自社成形 (ロット番号:SUNTORY AJ 2-16)。プリフォーム [透明/PCO-1810] (ロット番号:1-14)。製品ロット番号: 001B0856510

注1) 「『GREEN DA・KA・RA』 新発売 ―果実などの11種類の素材を使った“水分補給飲料”―」 サントリー ニュースリリース #11332 (2012/02/28)
注2) 「財団法人日本学校保健会」 (ホームページ)

2012/04/15

大塚製薬 『ION WATER』、粗ギザ印刷キャップ出現で陽圧ボトル4兄弟 (姉妹) 揃い踏み

大塚製薬の 『ION WATER』 (500mL PET) に粗ギザ印刷キャップが出現した [注1]。

2012年4月15日夕方5時近く、Dozenさんからの緊急電話連絡で知った。いくら休日とは言え、もうこの時刻には起きている。早速、探索に出かけた。

存在しないものを探すのは大変な労力を要するが、存在することが分かっているものを探すのは意外と簡単である。私の場合、「虎の巻」 [注2] を頼りに、ほぼルーチンに沿って探せば済むからである。そうした意味でも、ペットボトルキャップコレクションにとって、<情報> こそが全てといっても過言ではない。Dozenさんには、いつも貴重な情報を頂き、感謝である。多謝!

今回の探索場所は、前回と同じ。電話連絡から、30分後には、地下鉄に通じる地下コンコース設置のベンダーで無事入手することが出来た。500mL入り1本150円也。

ところで消費税についてである。自販機の場合、店頭手売り商品と異なり、3円のつり銭が貰えない。毎度自販機と相対したとき思うことであるが、消費税3%導入時点で10円値上げされた。5%導入時点で更に10円値上げされた。その結果、実質物価上昇率を敢えて無視すれば、消費税は20%となる計算である。この上、消費税10%時代が到来した暁には、標準的な500mL入りPETボトル飲料の価格は、現在より20円値上げされ、定価160円となる。税込みでは何と! 168円である。更に、自販機では1本170円となる。恐ろしいことである (くわばら! くわばら!)。

私は、基本的には、税率引き上げ云々以前に、消費税そのものの存在に反対の立場である。世間では、「将来的には消費税10%でなければやっていけなくなる」 というデマゴーグにまんまと乗せられて、「値上げも止む無し」 の意見が大勢を占めつつあるようであるが、きちんと自分の頭で考えているのだろうかと、常々思う。この国の人々は 「お人好し過ぎる」。直ぐに世論操作に絡め取られてしまう。反論を敢えて覚悟で言わせて貰えば、ミーイズムの蔓延で、「特別な私」 意識は人一倍強いくせに、批判的に物事を思考したりすることには不慣れなようである。

少しだけ考えてみて欲しい、消費税が導入されてから、経済活動が停滞し始めたことを。消費マインドが冷え込み、消費税の経理処理が煩雑さを増し、不公平税制 (大企業への輸出戻し税、一般消費者の負担の逆進性、大企業の中小企業への消費税の転嫁、益税による国庫歳入不足、等々) の恒常化が起こった。消費税は、真っ当な経済活動における阻害要因でしかない。正常な経済活動が、社会を豊かにする筈なのに、これでは富の一極集中が進むのは当然の成り行きである。第二次大戦後、経済的ダイナミズムから脱落し、没落したヨーロッパの税制に範を得た消費税そのものが、悪なのである。

話が、私憤の方向にずれ、読者との間に軋轢を生じそうなので、本題に戻る。

さて、キャップの図柄であるが、従来から使用されているものと基本的には同じである。白色キャップ地に水色の刷り色で、小さく 「POCARI SWEAT」 のシリーズ名、2行目と3行目に 「ION」 と 「WATER」 の商品名、その下に波を表現したポカリウェーブ、更に下方に 「OPEN→」 の開栓方向指示から構成される。図柄に変更はないが、陽圧ボトルに切り替えられたことから、キャップは粗ギザとなった。

『ION WATER』 の粗ギザ印刷キャップ出現も、前回の 『energen』 と全く同様の段階を踏襲している。先ず、ボトルの変更が、2011年の秋頃実施され、「白無地キャップ」 期を経て、今回の印刷キャップへ至る [注2]。

従って、今回の粗ギザ印刷キャップの導入時期も前回の 『energen』 とほぼ同時期と考えられる。2012年4月15日 (日)、Dozenさんがスーパー店頭で発見した 『ION WATER』 と、その情報をもとにして私が自販機で購入した 『ION WATER』 の賞味期限+製造所固有記号は以下の通りである。


表1. 『ION WATER』 と 『energen』 の賞味期限+製造所固有記号と推定製造日

▼ 陽圧ボトル 『ION WATER』 の賞味期間=360日、約12カ月
  「13.01.21 OJT」 (自動販売機)
    → 推定製造日: 2012/01/27
  「13.02.18 OJT」 (スーパー店頭)
    → 推定製造日: 2012/02/24
▼ 陽圧ボトル 『energen』 の賞味期間=180日、約6カ月
  「12.07.23 OJT」 (自動販売機)
    → 推定製造日: 2012/01/24
  「12.08.18 OJT」 (スーパー店頭)
    → 推定製造日: 2012/02/19


陽圧ボトルの 『ION WATER』 (500mL PET) の賞味期間が約1年であることから、印刷キャップ付きの製品は、少なくとも2012年1月27日頃には既に製造されていると推測される。『energen』 の製造時期とほぼ一緒である。スーパー店頭への投入が5日遅れであった理由も、これで説明が付く。

『ION WATER』 の粗ギザの出現で、セプタロイド (7脚) 陽圧ボトル (500mL) の粗ギザキャップは全て出揃ったことになる。『ポカリスエット』、『アミノバリュー』、『エネルゲン』、そして 『ポカリスエットイオンウォーター』 の4兄弟 (姉妹) である。


表2. セプタロイド (7脚) 陽圧ボトル充填製品の粗ギザ印刷キャップ出現時期一覧

▼ 『ポカリスエット』 [注4]
   出現時期: 2007年4月上旬頃

▼ 『アミノバリュー4000』 [注3]
   出現時期: 2009年11月2日

▼ 『エネルゲン』 [注2]
   出現時期: 2012年4月上旬頃

▼ 『ポカリスエットイオンウォーター』
   出現時期: 2012年4月上旬頃

注) これは 「粗ギザキャップ」 の出現時期ではなく、「粗ギザ印刷キャップ」 のものであることに留意。


今後の関心事は、『アミノバリュー』、『エネルゲン』、『ポカリスエットイオンウォーター』 の弟 (妹) 達に、いつカド丸キャップが出現するかであるが、こればかりは気長に待つしかない。

■ 商品表示データ ■
『ION WATER』 (30%軽量化丸形7脚500mL陽圧ペットボトル)
<名称> 清涼飲料水
<原材料名> 果糖、果汁、食塩、酸味料、香料、塩化K、乳酸Ca、塩化Mg、甘味料 (アセスルファムK、スクラロース)
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:8kcal ●タンパク質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:2.1g ●ナトリウム:49mg ●カリウム:20mg ●カルシウム:2mg ●マグネシウム:0.6mg
<電解質濃度> [陽イオン (mEq/L)]:Na+:21、K+:5、Ca2+:1、Mg2+:0.5、[陰イオン (mEq/L)]:Cl-:16.5、citrate3-:10、lactate-:1
<製造者> 大塚製薬株式会社 (東京都千代田区神田司町2-9)
<JAN> 4508-1187

■ 参照キャップデータ ■
『ION WATER』 (30%軽量化丸形7脚500mL陽圧ペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「13.01.21 OJT」*。賞味期限約12カ月。キャップは、日本クラウンコルク社製ワンピースキャップ 「28NCフラップ-アセプ」 [粗ギザタイプ] (Mold#-Cavity#:N52-71)。ボトルは自社成型 (ロット番号:T2-0C)。プリフォーム [透明/PCO-1810] (ロット番号:AS3 A3278)。製造ロット番号: 07:03 F

* ボトル肩部に印字、OJT = 大塚製薬株式会社 高崎工場 (370-0021 群馬県高崎市西横手町351-1)

注1) 大塚製薬 「あたらしい水。ION WATER」 (商品情報) [アクセス日: 2012年4月15日]
注2) 「大塚製薬 『energen』、陽圧ボトルへの切り替えと粗ギザ印刷キャップの出現」 ペットボトルキャップ時評 (2012/04/11)
注3) 「 大塚製薬 『アミノバリュー4000』 に陽圧ボトル用粗ギザキャップ出現」 ペットボトルキャップ時評 (2009/11/04)
注4) 「大塚製薬 『POCARI SWEAT』 のボトルとキャップを軽量化」 ペットボトルキャップ時評 (2007/06/05)

2012/04/11

大塚製薬 『energen』、陽圧ボトルへの切り替えと粗ギザ印刷キャップの出現

大塚製薬の 『energen』 に粗ギザ印刷キャップが出現した [注1]。

2012年4月10日深夜、Dozenさんからの突然のメールで知った。でも既に夜も深々と更け、夜の帳も下り切っていたので、夜間徘徊は中止し、探索は翌朝に延期した。

今回の探索でも、一子相伝の 「そのPETボトルはどこそこに行けば買えるはずだよメモ」 が大いに役立った。虎の巻といっても、特段ズルをしている訳ではない。前回購入したPETボトルの日付と場所をメモしているに過ぎない。でも、これが侮れない。同じメーカーの同様の製品は、ほぼ同じ売り場に出現する確立が高い。激烈な市場競争の結果、流通チャネルや市場占有率がほぼメーカー毎に決まっている現状では当然のことなのかも知れない。でも、ペットボトルコレクターにとっては、こうした情報の積み重ねが後でジワジワ効いて来る。まるで、冷酒や親父の小言の様である。

果たせるかな、翌日の4月11日、地下鉄に通じる地下コンコース設置のベンダーで無事入手することが出来た。500mL入り1本150円也 (自販機なので、3円のつり銭なし)。

ところで 『energen (エネルゲン)』 という名称についてである。大塚製薬のホームページによると、そのネーミングの由来は 「持久運動時のエネルギー源 (補給) を目的とした」 ことから命名されたという [注2]。知らなかった。私はてっきり、「精力、気力、元気」 を表す 「energy」 の語幹 「ener-」 とギリシャ語の接尾辞 [-gen] (「~を生じるもの」 の意) を繋げて、<活力を生み出すもの> の意味で使われているのかと勝手に解釈していた。でも、偶然でも意味が似ているのはうれしい。

さて、キャップの図柄であるが、従来から使用されているものと基本的には同じである。白色キャップ地に直径24mmのゴールドイエローの丸ベタ、その上にスミノセで 「energen」 の台形ロゴ、下方に 「OPEN→」 の開栓方向指示である。若干色味が濃くなったことと線が太くなったことが、従来のキャップとの違いである。

今回の粗ギザキャップの出現には、幾つかの段階がある。どうやら、いきなり粗ギザ印刷キャップが出現した訳ではないみたいである。

先ず、ボトルの変更が、2011年の秋頃に実施されたと思われる。2011年6月23日更新の 『エネルゲン』 のホームページでは、まだ6角耐熱ボトルが使用されていた (キャップはノーマルギザ)。また、2011年9月発行の 『大塚製薬環境社会報告書2011 <ハイライト版>』 の表紙には、「陽圧無菌充填方式」 で製造された 『energen』 のボトルが掲載されている [注3]。それは、「陽圧無菌充填方式」 で同様に製造されている 『ポカリスウエット』、『アミノバリュー4000』 と同じボトルシェイプである。当然、対応するキャップは粗ギザである [注3]。

次いで、キャップの印刷の有無についてであるが、大塚製薬はこの時期、在庫キャップとの兼ね合いで 「白無地統一キャップ」 への切り替えが他社と比較して、2~3カ月程度後ろにずれ込んでいたため、使用キャップは必然的に 「白蓋」 となった。そのことは、Dozenさんの報告で、「よく行く近所のスーパー店頭で購入したが、まだ白蓋との混在であった」 とうい証言とも符合する。

さて、粗ギザ印刷キャップの導入時期であるが、Dozenさんがスーパー店頭で購入した 『energen』 の賞味期限+製造所固有記号が 「12.08.18 OJT」 であり、私が自販機で購入したものが 「12.07.23 OJT」 であること、そして、『energen』 (500mL PET) の賞味期間が180日 (約6カ月) であるという事実から推測して、印刷キャップ付きの製品は、少なくとも2012年1月25日には既に製造されており、遅くとも4月上旬には市場に投入されたものと考えられる (恐らく自販機先行であったと思われるが)。その正確な投入時期を特定出来なかったことは、残念であるが、こうして印刷キャップが復活したことは素直にうれしい。

『energen』 のゴールデンイエローに黒の配色は、今は亡きコダック社のフィルムパッケージを彷彿とさせる。それは、アメリカがまだ元気だった頃の郷愁に通じている。

■ 商品表示データ ■
『エネルゲン』* (30%軽量化丸形7脚500mL陽圧ペットボトル)
<品名> 清涼飲料水
<原材料名> 果糖、果汁、食塩、酸味料、ビタミンC、塩化K、乳酸Ca、塩化Mg、香料、調味料 (アミノ酸)、β-カロテン、ビタミンE
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:24kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:5.5g ●ナトリウム:49mg ●カリウム:20mg ●カルシウム:2mg ●マグネシウム:0.6mg ●ビタミンC:100mg ●β-カロテン:0.6mg ●ビタミンE:0.2mg ●アルギニン:200mg | ●クエン酸:380mg
<電解質濃度> [陽イオン (mEq/L)]:Na+:21、K+:5、Ca2+:1、Mg2+:0.5、[陰イオン (mEq/L)]:Cl-:16.5、citrate3-:10、lactate-:1
<製造者> 大塚製薬株式会社 (東京都千代田区神田司町2-9)
<JAN> 4501-9524

* (財) 日本体育協会推奨品(JASA-CVI-07003)

■ 参照キャップデータ ■
『エネルゲン』 (30%軽量化丸形7脚500mL陽圧ペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「12.07.23 OJT」**。賞味期限6カ月。キャップは、日本クラウンコルク社製ワンピースキャップ 「28NCフラップ-アセプ」 [粗ギザタイプ] (Mold#-Cavity#:N52-16)。ボトルは自社成型 (ロット番号:T2-1L)。プリフォーム [透明/PCO-1810] (ロット番号:AS3 A2101)。製造ロット番号: 05:18 G

** ボトル肩部に印字、OJT = 大塚製薬株式会社 高崎工場 (370-0021 群馬県高崎市西横手町351-1)

注1) 大塚製薬 「エネルゲン」 (商品情報) [アクセス日: 2012年4月11日]
注2) 「エネルゲンに関するよくあるご質問」 (お問い合わせ窓口) [アクセス日: 2012年4月11日]
注3) 『大塚製薬 環境社会報告書2011
注4) 「大塚製薬 『アミノバリュー4000』 に陽圧ボトル用粗ギザキャップ出現」 ペットボトルキャップ時評 (2009/11/04)

2012/04/09

『ヘルシア 五穀めぐみ茶』、茶色 「Healthya」 ロゴの粗ギザキャップで新発売

花王の 『ヘルシア 五穀めぐみ茶』 の粗ギザキャップに 「Healthya」 ロゴが茶色で印刷されたキャップが出現した。2012年4月9日 (月) 夕方、セブンイレブン店頭にて確認。500mL入り1本税込み189円であった。

ただし、同社サイト 「ヘルシア製品一覧」[注1-2] によれば、正式の発売日は、2012年4月12日 (木) となっている。地域的に先行販売されているのかも知れない。

遂に、「ヘルシア」 のラインナップにブレンド茶 (混合茶) が加わった。茶カテキン540mgを含有することに変わりはないが、いろんなバリエーションが楽しめることは、消費者にとってありがたい。いくら健康に良くても、毎日同じ味の飲料では飽きてしまうからだ。今回の混合茶の追加で、「ヘルシア」 のラインナップは4系統 (4色)、7種類、9製品となった。



表.現行 「ヘルシア」 ラインナップと対応キャップ一覧 [2012年4月現在]

▼ 緑茶
   『ヘルシア緑茶』(350mL)
   『ヘルシア緑茶』(1L)
    キャップ: 白地/ノーマル
    刷り色: 緑色
   『ヘルシア緑茶すっきり』(350mL)
    キャップ: 白地/粗ギザ
    刷り色: 緑色
   『ヘルシアあったか緑茶』(345mL)
    キャップ: オレンジ地/粗ギザ
    刷り色: 緑色

▼ ブレンド茶
   『ヘルシア五穀めぐみ茶』(500mL)
    キャップ: 白地/粗ギザ
    刷り色: 茶色

▼ フレーバードウォーター
   『ヘルシアウォーター グレープフルーツ味』(500mL)
   『ヘルシアウォーター グレープフルーツ味』(1L)
   『ヘルシアウォーター ゆず&ジンジャー』(500mL)
    キャップ: 白地/ノーマル
    刷り色: 水色
   
▼ 炭酸飲料
   『ヘルシアスパークリング』
    キャップ: 白地/ノーマル(炭酸充填)
    刷り色: 薄茶色



キャップの図柄は、粗ギザ白色キャップ地に、茶色で中央に 「Healthya」 の製品ブランドロゴ + キャップ上部の 「←あける」 開栓方向表示である。今回の茶色は一見、小豆色にも見えるくらい、濃い茶色であり、視認性にも優れている。

なお、使用されている粗ギザキャップは、従来品の 「28NCフラップアセプ」 である。今日一般的に使用されている環境負荷軽減型の「28NCフラップアセプ-E」の一世代前のスペックのものであるが、堅牢さと天面部の平滑性に優れており、印刷の仕上がりも綺麗なので、このチョイスには納得である [注3]。

また、「ヘルシア」 のように、茶カテキンで勝負しているような商品の場合、キャップのロゴの色で中身が瞬時に判別が付くことは重要である。それ程までに、「ヘルシア」 には、<渋い味の飲み物> という一定のイメージが付き纏っている。今では、かなり飲みやすく工夫されて来ているが、「やはり健康のためには我慢が必要」 みたいな雰囲気がある。もう少し普通の飲み物を標榜してもいいような気がする。いつも、ちょっと力み過ぎである。恐らく生真面目なのだと思う。

ところで、今回の 『ヘルシア 五穀めぐみ茶』 のネーミングはいかがなものであろうか。2006年5月に発売された日本コカ・コーラ社の 『からだ巡茶』 と2008年8月に発売された日本コカ・コーラ社の 『爽健美茶 五穀』 を容易に連想させる。これでは、後発品にありがちな、<先発品イメージタダ乗り感> が否めない。

私は、縦書きにした際に感じる 『お~いお茶』 (伊藤園) に対する 『おいしいお茶』 (日本サンガリア) のような <けれんみ> は決して嫌いではない。むしろ、その商魂逞しさにシンパシーすら覚えるくらいである。でもそれはある種、判官贔屓的な意味合いであって、一流メーカーに求めるものではない。ネーミングには、もう一捻りあって欲しかった気がする。

とは言うものの、新しいキャップの出現は、素直にうれしい。

■ 商品表示データ ■
『ヘルシア 五穀めぐみ茶』 (4角耐圧PETボトル500mL)
<品名> 清涼飲料水
<原材料名> 茶抽出物 (茶カテキン)、発芽玄米、大麦、麦芽エキス、とうもろこし、はと麦、大豆、ルイボス、環状オリゴ糖、ビタミンC、香料
<成分分析表> (1本 (500mL) 当たり) ●熱量:25kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:6.5g ●ナトリウム:52mg | <関与成分> ●茶カテキン:540mg
<販売者> 花王株式会社 (東京都中央区日本橋茅場町1-14-10)
<JAN> 49-01301-26379-7

■ 参照キャップデータ ■
『ヘルシア 五穀めぐみ茶』 (4角耐圧PETボトル500mL) の賞味期限+製造所固有記号:「2012.09.11/P」*。賞味期間は6カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製 「28NCフラップアセプ」 ワンピースキャップ [粗ギザタイプ] (Mold#-Cavity#:N16-43)。ボトルは、北海製罐社製** (ロット番号:54)。プリフォーム [透明/PCO-1810] (ロット番号:1104)。製造ロット番号: P0752 16A24

* P = 日本キャンパック群馬工場 (370-0712 群馬県邑楽郡明和町矢島1230)
** 株式会社日本キャンパックは、持株会社であるホッカンホールディングス株式会社の3事業会社の一つであるため、PET容器には北海製罐株式会社製のものが使用される

注1) 花王株式会社 「ヘルシア五穀めぐみ茶 500mL」 (ヘルシア製品一覧) [アクセス日:2012/04/09]
注2) 花王株式会社 「ヘルシア 五穀めぐみ茶」 (ブランドサイト) [アクセス日:2012/04/09]
注3) 「『ヘルシア』 にロゴ付き粗ギザキャップ出現」 ペットボトルキャップ時評 (2011/10/25)

2012/04/06

『くまのがっこう 森のおいしい水』 の 「Jackie」 キャップ

かわいい小熊の顔が印刷されたキャップのミネラルウォーターがナチュラルローソン店頭に並んだ。2012年4月5日 (木) 夜、確認。460mL入り1本税込み158円であった (10円ほどお高め)。

商品ラインナップは、460mLの他に、2L入りペットボトルがあるが、キャップは同じである。

これは、インタラクティブ・ブルー社が、2012年1月23日に発売した製品である [注1]。ナチュラルローソンでは、2012年4月1日より販売されている [注1]。とは言うものの、4月2日の月曜日に巡回した時点では、全く見掛けなかった。恐らく、ここ数日中に並んだものと思われる。

因みに、インタラクティブ・ブルー社がこれまで、ナチュラルローソンで販売していたナチュラルミネラルウォーターは、キャップに 「NATURAL LAWSON」 のマークとロゴが入った 『O2 NATURAL WATER』 であった。当製品が後継商品であるか否かは不明であるが、現在、同じ棚には並んでいない。

プレスリリース [注1] によれば、昨年2011年12月26日に 「ジャッキーズマルシェ (キディランド大阪梅田店)」 で先行発売されたと言う。「くまのがっこう」 [注2-3] の熱烈なファンの間では、既に周知の情報であったのかも知れない。

残念ながら、「くまのがっこう」 も、この愛くるしいキャラクターが 「Jackie」 と呼ばれていることも、寡聞にして知らなかった。更に驚くべきことに、「くまのがっこう」 は今年、10周年を迎えるという。既にそのファンタジーの世界は多くの人々に共有されている様子である。

ところで、「Jackie」 であるが、12人兄弟 (12匹兄弟) の末っ子である。上の兄弟11匹は全員男の子という強引な設定からも薄々分かるように、どうやらこのことが物語の肝のような気がする。まだ、絵本もアニメも全く観ていない段階で断言するのも、いかがとは思うが。

さて、肝腎のキャップの図柄である。粗ギザ白色キャップ地に、茶色とスミの2色刷りである。先ず、茶色で線描のJackieの大きな顔、顔の下に黒色の手書き文字で 「Jackie」 と名前が添えられている。恐らく、Jackieは縫いぐるみの擬人化 (擬熊化) ではないかと思われる。耳の付け根から鼻の稜線に掛けて左右に2本、ステッチ状の点線が入っている。実際のキャラクターのイラストでは、顔全体が茶色で鼻と口の部分が肌色に塗り分けられている。従って、このステッチも濃い茶色のため、さほど目立たない。しかしながら、ミネラルウォーターのキャップでは輪郭のみが茶色の線で描かれているため、ちょっと別のキャラクターに見えなくもない。顔はオリジナル通り、ベタ刷りの方が良かった気がする。

参考までに、12匹も存在するくまの兄弟達を個体識別するために、各々の名前と特徴を挙げておく [注2]。暗記しておくと、便利である (多分)。

01 長男 Dickie (ディッキー)
  耳が縦長。顔が下膨れ。額が広い。

02 次男 Wulli (ウーリー)
  耳が丸い。顔が横広。おデブちゃん。

03 三男 Anton (アントン)
  耳がすごく大きい。読書家。

04 四男 Albert (アルバート)
  耳が丸い。目が寄っている。二番目の泣き虫。

05 五男 Max (マックス)
  耳が丸い。鼻の周りが横広。

06 六男 Toffe (トフィー)
  耳が丸い。いつも舌を出している。食いしん坊。

07 七男 Harry (ハリー)
  耳が丸い。鼻の周りが大きい。いつも虫めがねを離さない。

08 八男 Bernard (ベルナルド)
  耳が小さい。一番ののっぽ。一番ののんびり屋。

09 九男 Peter (ペーター)
  耳が尖がっている。一番の泣き虫。

10 十男 Herman (ヘルマン)
  鼻の周りと鼻の下が長い。一番の頑固者。

11 11男 Roy (ロイ)
  耳が小さい。顔が少し丸い。やさしい。

12 長女 Jackie (ジャッキー)
  末っ子、一番のおちびさん。手と足の裏がベビーピンク。

どうでもいいことかも知れないが、おおむねアメリカ系の名前に統一されているのに、08、09、10だけが、何故かドイツ系の名前なのはどうしてなのだろう (何か意味があるのか、まったく謎である)。

いずれは、12匹全員の顔をキャップにして貰いたいものである。多分、誰が誰やら見分けが付かないだろうが。

かわいいキャップの出現は、素直にうれしい。

■ 商品表示データ ■
『くまのがっこう 森のおいしい水』 (丸型オリジナルシェイプPETボトル460mL)
<品名> ナチュラルミネラルウォーター
<原材料名> 水 (鉱水)
<栄養成分> (100mLあたり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:0.37mg ●カルシウム:1mg ●マグネシウム:0.08mg ●カリウム:0.05mg
<採水地> 岐阜県関市洞戸
<硬度> 29mg/L (軟水)、<pH値> 7.4
<製造者> 奥長良川名水株式会社 (岐阜県関市洞戸栗原291)
<販売者> インタラクティブ・ブルー株式会社 (東京都渋谷区恵比寿4-7-15)
<JAN> 45-37108-00141-8

■ 参照キャップデータ ■
『くまのがっこう 森のおいしい水』 (丸型オリジナルシェイプPETボトル460mL) の賞味期限「14.01.18」。賞味期限は24カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製 「28NCフラップアセプ-E」 ワンピースキャップ [粗ギザタイプ] (Mold#/Cavity#:A50/45)。ボトル<OM>(T.C) (ロット番号:2)。プリフォーム [透明/PCO-1810] (ロット番号:2G)。製品ロット番号:B11

注1) 「くまのがっこう 森のおいしい水 (オフィシャルオンラインショップ)」 (ブランドサイト) [アクセス日:2012年4月5日]
注2) 「くまのがっこう」(公式サイト)[アクセス日:2012年4月5日]
注3) 「くまのがっこう」 ウキペディア

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ