« 伊藤園 『お~いお茶』 「旨み一新」 ノーマルキャップ | トップページ | 『六甲のおいしい水』 の東西分割とブランドイメージの崩壊 »

2012/06/11

日本コカ・コーラ社 『ブリティッシュ レモントニック』 ブラックシェルに 「Schweppes (R) 」 ロゴで新発売!

日本コカ・コーラ社及びコカ・コーラシステムは、『Schweppes (R) British Lemon Tonic』 を2012年6月11日 (月) 全国新発売した [注1-2]。同日、コンビニエンスストア各店頭にて確認、410mL入りペットボトル1本147円也。

1783年に誕生し、その後、英国王室御用達となる由緒正しき伝統的ソーダである。

キャップの図柄は、ノーマルギザ黒色キャップ地にホワイトオペークインキで 「Schweppes (R)」 ロゴ + 上下点対称の 「→あける」 表示である。上下の 「→あける」 に対して、 「Schweppes (R)」 ロゴの入ったフラッグが斜めに配置されているため、全体に 「Z」 字状のレイアウトを成している。

因みに、「Schweppes (R)」 ロゴに添えられている楕円形のエンブレムには、「PLESURE OF MIXING 1783」 (混ぜる喜び 1783年) と記されている。更に、このトレードマークは1851年に開催されたロンドン万国博覧会水晶宮 (クリスタルパレス) 内に設置された噴水を象ったものである [注2]。噴水の台座は、現在簡略化された図形となってしまっているが、かつては、2匹のイルカが鯱 (しゃっちょこ) 立ちした姿で表現されていた [注3]。

今回入手したキャップは、CSIジャパン社製の炭酸充填用ワンピースキャップである。キャップの裏側に 「CSI」 のロゴが入った。いよいよ 「ALCOA」 時代からの脱却を期して、ネクストステージに飛躍する気構えなのかも知れない。

ところで、当然、NCC社製の 「Schweppes (R)」 キャップも存在する筈である。印刷状態や登録商標の大きさの違いが今から楽しみである。

日本コカ・コーラ社にとって、「黒」 は、オトナのオトコを示すカラーコードである (うふっ、殿方って、単純!)。

■ 商品表示データ ■
『Schweppes (R) ブリティッシュ レモントニック』 (砲弾型ペタロイド脚410mL耐圧ボトル)
<品名> 炭酸飲料
<原材料名> 果糖ぶどう糖液糖、レモン果汁、塩化Na、香料、酸味料、マリーゴールド色素、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、酸化防止剤 (ビタミンC)、カフェイン、カッシア
<栄養成分> (100mL当り) ●エネルギー:12kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:3g ●ナトリウム:5.4mg
<販売者> コカ・コーラ カスタマーマーケティング株式会社 (東京都港区六本木6-2-31)
<JAN> 49-02102-09886-1

■ 参照キャップデータ ■
『Schweppes (R) ブリティッシュ レモントニック』 (砲弾型ペタロイド脚410mL耐圧ボトル) の製造所固有記号+賞味期限 (ネック上部に表示): 「NNH」*「E 121020」。賞味期限は180日 [約6カ月] (未開栓)。キャップは、CSIジャパン社製ワンピースGS-Lok (Mold#/Cavity#:G3 32)。ボトルは、(S)印 (ロット番号:11)。プリフォーム [透明/PCO1810] (ロット番号:21-144)。

* NNH = 丸善食品工業株式会社 須坂工場(382-0001 長野県須坂市松川町4062-3)

注1) 「英国王室御用達にも認定。オトナ世代に向けた歴史と伝統のブランドから 『シュウェップス ブリティッシュ レモントニック』 6月11 (月)、全国で新発売 レモン果汁配合による酸味とほのかな苦味を効かせた切れ味あるさっぱりした味わいを、カロリーオフで実現。2012年コカ・コーラシステムの最重要製品の1つとして、オトナ炭酸市場全体の牽引を目指す。 」 日本コカ・コーラ ニュースリリース (2012/05/29)
注2) 「シュウェップス」 (ブランドサイト) [アクセス日:2012年6月11日]
注3) 「Schweppes logo 1783」 Wikipedia [アクセス日:2012年6月11日]

« 伊藤園 『お~いお茶』 「旨み一新」 ノーマルキャップ | トップページ | 『六甲のおいしい水』 の東西分割とブランドイメージの崩壊 »

コメント

こんばんは、KUMAです。
大変、ご無沙汰しています。

今日あたり、なにか出そうな予感がしていましたが、やっぱり出たんですね。
あいにく、名古屋ではまだ発見出来ませんが、早くお目にかかりたいです。

シュウェップスはこれで2回目の発売ですね。以前のデザインよりはかなり良くなっているように思えますが、どうなんでしょうか。楽しみです。^^

KUMAさま おはようございます

こちらこそご無沙汰しております。

キャップラッシュが一段落して、日々気が抜けたように過ごしております。久々のニューキャップで、少しだけ息を吹き返しました。

『Schweppes』 のニューキャップ、いい感じです。「→あける」 を上手く取り込んだデザインになっていると思います。さすが日本コカ・コーラ社、腐っても鯛。貫禄が違います。

では、また。

OJ拝^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 伊藤園 『お~いお茶』 「旨み一新」 ノーマルキャップ | トップページ | 『六甲のおいしい水』 の東西分割とブランドイメージの崩壊 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ