« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012/07/23

大和ノーベンバル社の新形状キャップ 「カド丸de粗ギザ」

ペットボトルキャップコレクターの間では 「カド丸」 の愛称で親しまれているキャップがある。キャップの天面とスカートの境界部 (とりあえず、カドと呼ぶことにする) に緩やかな丸みを帯びた可愛らしい形状のキャップである。

でも誰も正確な名称を知らない。

主に、ミルク入りコーヒー飲料や麦茶などのようにタンパク質を豊富に含有する製品で見掛けることが多い。これは、タンパク質が熱に弱い性質に因るものである。加熱殺菌が出来ないため、常温ないし低温でも充填が出来るように、ボトルやキャップを直前に殺菌してから充填する方法が開発された。「無菌充填」 と呼ばれる方式である。

本邦において、ペットボトル飲料用キャップを供給するメーカーは、日本クラウンコルク社、CSIジャパン社、日本山村硝子プラスチックカンパニー、そして大和ノーベンバル社の4社である。なお、清涼飲料水 (ソフトドリンク) に限って言えば、この4社でキャップ市場のほぼ全部を占めている。私は、これ以外の供給メーカーを寡聞して知らない。

当然、この4社は各社とも独自に 「無菌充填」 用キャップも製造しており、前者3社が 「粗ギザ」、後者1社が 「カド丸」 とコレクターの間で呼び慣らわされているキャップを供給している。

前者と後者の決定的な違いは、スカート部のギザギザの本数にあった。ナール本数60本のものが 「粗ギザ」、カドに丸みがあり、ギザギザが細かいもの (実は120本ある) が 「カド丸」 である。

2012年7月までは、この定義で何ら問題はなかった。ところが、2012年7月以降、これに 「カド丸de粗ギザ」(仮称) の定義が加わることになる。

「カド丸de粗ギザ」 (仮称) とは何か。それは、カド丸のくせにギザギザの本数が60本のキャップのことである。おまけにカド丸の部分にまでギザギザの形状が滝登りしている。画像は、世界的に屈指のペットボトルキャップコレクターであるKUMA氏のブログサイトを参照 [注1]。

この 「カド丸de粗ギザ」 (仮称) は、2012年7月、サッポロ飲料の 『がぶ飲みフルーツミルク』 [注2-3] において出現した。

KUMA氏の情報ネットワークを経由して、7月17日 (火) にもたらされたものである (第一発見者の方に多謝!)。この情報に接した瞬間、居ても立ってもいられず、またいつもの如く夜の街に駆け出した。翌日も駆け回った。その翌日も。

しかしながら、サッポロ飲料の 『がぶ飲みフルーツミルク』 を探すことは予想外に大変であった。先ず、この商品はコンビニエンスストアでは取り扱っていない。少なくとも、コンビニヘビーユーザーの私はこの夏、見掛けたことがない。大型スーパー、食品スーパー、100円ショップ、街角の自動販売機、ゴミ箱の中、思い当たる所は全て回った。当ブログのコアな読者ならばご存知のことと思うが、<そのPETボトルはどこそこに行けば買えるはずだよメモ> に記載された場所はシラミ潰しに捜索した。でも、見つからなかった。

話は変わるが、私は現在、「ベビーチーズ」 のラベルを集めている。勿論趣味である。でも、チーズもおいしく頂いている。きっかけは、昨年の2011年4月1日に 「メグミルク」 が雪印ブランド復活のため、「雪印メグミルク」 に社名変更したことによる。コーポレートマークが 「スノーミルククラウン」 と呼ばれるへんてこりんなデザインに変わってしまったこと対する抗議である (個人的な)。市場にまだ残されている六角形の雪の結晶を掬い集めるのが当初の目的であった。でも気付いたら、深みに嵌っていたというパターンである。

そして、2012年7月22日 (日)、そろそろチーズになり掛けていた頃、偶然、私鉄沿線のプラットフォームに設置された自販機で 「カド丸粗ギザ」 に巡り会えた。半ば諦め掛けていたので、自販機のボタンを押す指が震えた。ガタンと音のした後、普通の粗ギザかなと思った。カドの丸みが気にならないくらい角ばった印象であった。でも良く見ると、カドの部分にまでナールが遡上している様子が見て取れた。

このカドにまで及ぶギザギザは、指の腹全体にやさしく当たるため、開栓時の痛みを分散し、軽減する役割を果たしている。恐らく大和ノーベンバル社は、このキャップをユニバーサルデザインキャップとして位置づけているものと思われる。なお、この形状は、Novembal社のおフランス本社が既に炭酸飲料用キャップ 『Novasoda』 [注4] として導入しているものである。今回出現したキャップは、本邦の状況に合わせて粗ギザタイプに改良したものと思われる。

気になる仕様は、以下の通りである。先ず、キャップの素材は爪で弾いた時のその乾いた音から判断して、恐らく高密度ポリエチレン (HDPE) と思われる。口径φ28mm、PCO-1810対応、外径φ30mm、キャップ全高19.0mm (シェル高14.0mm + TEバンド高5mm)、ナール線数=60本 (1本のみインジケータ用としてカド丸部分への回り込みなし)、最大有効印刷領域 (直径φ25mm)、印刷面は平滑、注入孔のバリ痕はほぼ平滑でクリア、有効スレッド巻き数=2回 (720°)、プラグ栓、印刷冶具アタッチメント用突起構造あり (放射線4本 + Novembal社ロゴ + 3桁のキャビティ番号)、ブリッジ数=10カ所、ブリッジ形成=スリット、TEバンド機構=環状の折り返しフォールド (台形ベント孔8カ所)。

このキャップの最大の特徴は、印刷面の仕上がりが綺麗なことである。これまでの 「カド丸」 キャップにおける印刷問題が完全にクリアされたことで、一気に需要が増えることが期待される。おまけにユニバーサルデザインキャップである点も見逃せない。まさに失地回復、捲土重来を期したキャップといえる。

さて、キャップの図柄であるが、白色キャップ地の印刷有効範囲である直径25mmの天面部に茶色の刷り色で上方に 「SAPPORO」 のコーポレートロゴ、下方に2段組で 「Drink it, Enjoy it and Satisfy your thirst」 のスローガンである。お馴染みの汎用図柄である。因みに、スローガンの意味は 「飲め、愉しめ、渇きを癒せ] ぐらいの意味である (多分!)。

今回入手した製品は、大和製罐グループの三和缶詰群馬工場で製造されたものであるため、販売エリアが限定されている可能性がある。また、今回の新形状キャップが、新製品にではなく、従来品に使用されていることからも、試験的導入であることが伺える。

天面部をフラットにし、印刷品位の向上を目指したキャップではあるが、惜しむらくは、自販機販売ではゴトンと取り出し口に落ちた瞬間、ナール部分に傷が付きやすいことである。そのため、見た目の美しさが毀損される恐れがある。折角の白糸の滝の如く美しいフォルムが台無しである。

「カド丸de粗ギザ」、誰もまだ正確な名称を知らないキャップがまた一つ増えた。市場とコレクターに受け入れられるためには、自己紹介とユニークなニックネームが必要である。

■ 商品表示データ ■
『がぶ飲みフルーツミルク』 (6角形500mLボトル)
<品名> 清涼飲料水
<原材料名> 砂糖、牛乳、果汁 (りんご、パインアップル、バナナ、もも)、加糖れん乳、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン、食塩、安定剤(CMC)、酸味料、香料、カロチノイド色素、ビタミンC
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:44kcal ●たんぱく質:0.1~0.6g ●脂質:0.1~0.5g ●炭水化物:9.9g ●ナトリウム:45mg | [ラベル表示外のサイト情報] ● カリウム:19mg ●リン:10mg
<販売者> サッポロ飲料株式会社 (東京都渋谷区恵比寿4-20-1)
<JAN> 45-82155-81182-4

■ 参照キャップデータ ■
『がぶ飲みフルーツミルク』 (6角形500mLボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 20130306/SG*。賞味期限は9カ月 (未開栓)。キャップは、大和ノーベンバル社製ワンピースキャップ [粗ギザ+カド丸] (Cavity#:123)。ボトルは、大和製罐社製 (ロット番号:B9/・3L)。プリフォーム [透明/PCO-1810] (ロット番号:B2-01)。製造ロット番号: 10:12

* SG = 三和缶詰株式会社群馬工場 (372-0032 群馬県伊勢崎市北千木町1410-1)

注1) 「サッポロ飲料 『がぶ飲みフルーツミルク』 の新型キャップ!」 KUMAの日記風ボトルキャップ通信 (2012/07/23)
注2) サッポロ飲料 「がぶ飲みフルーツミルク」 (商品ラインナップ) [アクセス日:2012年7月22日現在]
注3) サッポロ飲料 「がぶ飲みフルーツミルク」 (「がぶ飲みTOWN」 ブランドサイト) [アクセス日:2012年7月22日現在]
注4) 「Novasoda」 (Novembal社フランス本社ホームページ)

2012/07/20

カッコいいキャップは、いいデザインから。

伊藤園 『お~いお茶』 の商用スローガンがいつの間にか 「おいしいお茶は、いい畑から。」 に変わっていた。

2012年7月18日、ファミリーマートで 「けいおんフィギュア」 食玩付き 『お~いお茶』 を買うまで気付かなかった。それは、最もよく売れているとされる10面パネルの 『お~いお茶』 500mLボトルの粗ギザキャップに印刷されている。

ラベルには 「香り一新」 の販促用マークが今でも存在するが、キャップの方は白抜き 「日本のお茶」 アイコンに戻った。新 「後火仕上げ」 方式の採用をアナウンスする目的で約2カ月前に出現した 「香り一新」 キャップ [注1] であったが、早々にその役目を果たしたといえる。

ところで、日の丸キャップの見た目が随分とスッキリした。おまけにシンメトリーである。赤と緑の配色に変わりはないが、何かが違う。でも、その正体が分からない。人間の記憶とはいい加減なものである。近くにあった加温器販売用のオレンジキャップを見て、その違いに気付いた。商用スローガン (キャッチコピー) だけでなく、一芯二葉のフレッシュリーフのアイコンがキャップから消えていたのだ。

キャップの図柄は、白色キャップ地の上半分に直径12mmの赤ベタ丸白抜きの 「日本のお茶」 アイコン、下半分に緑色で 「おいしいお茶は、いい畑から。」 のスローガン、その直下に 「→あける」 の開栓方向指示である。緑色の文字列群が半月上にレイアウトされ、日の丸との好コントラストをなしている。なお、実際の画像については、世界有数のペットボトルキャップコレクターであるKUMA氏のブログを参照していただきたい [注2]。

同一製造ラインから出荷された 『お~いお茶』 (500mL PET) の賞味期限+製造所固有記号の検討の結果、この変更がつい最近であることが判明した。当初その違いをスルーしてしまったのが、7月17日であり、『お~いお茶』 のホームページが変更されたのが7月15日であることから考慮して、初出日は7月16日 (月) ではないかと思われる。


(a) 『お~いお茶』 (500mL PET)
   「香り一新」 キャップ
   賞味期限: 2013.3.17 (9カ月)
   製造所固有記号: K50

(b) 『お~いお茶』 (500mL PET)
   「新・日の丸」 キャップ
   賞味期限: 2013.3.24 (9カ月)
   製造所固有記号: K50


実は、伊藤園の 『お~いお茶』 のスローガン変更は、今回で3度目である。2005年の日の丸キャップ出現当初は確か、「茶畑から 育てています。」 であった。それが 「いいお茶は、いい畑から。」 に変わったのは、2007年5月17日のことである [注3]。この突然の変更理由について、伊藤園からは何の発表もなく、今なお謎のままである。そして、2012年7月15日、伊藤園のホームページの変更に伴い、「おいしいお茶は、いい畑から。」 となった。あるはい、フレッシュリーフのアイコンが消えたことと何か関係があるのかも知れないが、大人の事情に踏み込まないのが、コレクターとしての矜持である。

今回変更されたキャップの図柄を、個人的に大いに気に入っている。これまでの 「日の丸」 に 「リーフ」 のアイコンのキャップには、正直ツーマッチ、満腹感があった。何事も過剰はよくない。

あまり関心がないかも知れないが、「おいしいお茶は、いい畑から。」 のフォントには、「石井明朝+OKL」 と呼ばれる <オールドがな> が使用されている。この筆書きの名残を留めた流麗なフォルムの <かな文字> は、メッセージ性の普遍性や気負いのなさを表現するのに適ったフォントである。オーソドックスなデザインワークではあるが、気品が感じられる。やはり、カッコいいキャップは、いいデザインから。である。

因みに、『お~いお茶』 は、粗ギザであったが、『お~いお茶 香ばしいほうじ茶』 の方は、ノーマルギザである。この違いは、風味に拘った結果である。伊藤園の使用する日本茶飲料キャップは種類が豊富過ぎて、その使用基準も判然としないが、このことが逆に、コレクター魂を大いにくすぐる。

■ 商品表示データ ■
(a) 『お~いお茶 緑茶』 [香り一新キャップ] (500mL10面パネルボトル)
<品名> 緑茶 (清涼飲料水)
<原材料名> 緑茶 (日本)、ビタミンC
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:9.0mg | ●カテキン:36mg
<販売者> 株式会社伊藤園 (東京都渋谷区本町3-47-10)
<JAN> 49-01085-05000-2

(b) 『お~いお茶 緑茶』 [新・日の丸キャップ] (500mL10面パネルボトル)
[以下の項目、(a) と共通]

■ 参照キャップデータ ■
(a) 『お~いお茶』 [香り一新キャップ] (500mL10面パネルボトル) の賞味期限: 「2013.3.17」。製造所固有記号 [容器上部上段に記載]: 「K50」*。賞味期限は9カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製 「28NCフラップアセプ」 ワンピースキャップ [粗ギザタイプ] (Mold#/Cavity#:N81-48)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:G/9)。プリフォーム [透明] (ロット番号:I-44)。製造ロット番号 [容器上部下段に記載]: 16:22

(b) 『お~いお茶』 [新・日の丸キャップ] (500mL10面パネルボトル) の賞味期限: 「2013.3.24」。製造所固有記号 [容器上部上段に記載]: 「K50」*。賞味期限は9カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製 「28NCフラップアセプ」 ワンピースキャップ [粗ギザタイプ] (Mold#/Cavity#:N80-58)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:G/26)。プリフォーム [透明] (ロット番号:I-64)。製造ロット番号 [容器上部下段に記載]: 17:12

* K50 = ジェーシーボトリング株式会社渋川工場 (377-0004 群馬県渋川市半田)

注1) 「伊藤園 『お~いお茶』 をリニューアル、「香り一新」 キャップ出来!」 ペットボトルキャップ時評 (2012/05/25)
注2) 「伊藤園 『お~いお茶』 のニューキャップ出現!!」 KUMAの日記風ボトルキャップ通信 (2012/07/20)
注3) 「伊藤園 『お~いお茶』 のボトルとキャップを一新」 ペットボトルキャップ時評 (2007/05/24)

2012/07/10

『ウイダーオールチャージ』 の新キャップ

森永製菓はウイダーブランドの新規ドリンク 『ウイダー ALL CHARGE』 を2012年7月9日 (月) より、首都圏のコンビニエンスストアと全国のスポーツ店やフィットネスクラブで新発売した。発売日翌日、ローソン、スリーエフの各CVS店頭にて確認、500mL入りペットボトル1本税込み180円であった。

ぶどう糖+果糖を2グラムも含有するレモン風味の無果汁飲料である。

キャップの図柄は、白色キャップ地に、横15mm×縦17mmの範囲に収まるように墨一色の白抜きで 「W」 の商品アイコンとその下にインライン処理されたバウハウスフォントで 「weider」 のロゴが添えられている。

はっきり言って、白地に黒の配色はコントラストが強過ぎて、不規則な光沢を放つ樹脂製キャップの図柄としては不向きである。本来、青・赤・黒の3色で処理されるべきところを墨一色で済まそうとすることに土台無理がある。新ブランドとして立ち上げた割りにはキャップデザインがお粗末過ぎる気がする。キャップにおける訴求力を侮って貰っては困る。

■ 商品表示データ ■
『weider ALL CHARGE』 (六角形500mL耐熱ボトル)
<名称> 清涼飲料水
<原材料名> 果糖ぶどう糖液糖、マルトデキストリン、ぶどう糖、食塩、クエン酸、香料、乳酸Ca、クエン酸Na、硫酸Mg、塩化K、ベニバナ黄色素、甘味料 (スクラロース、アセスルファムK)、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B6、V.B2、V.B1、葉酸、V.B12
<栄養成分> (100mL当り) ●熱量:14kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:3.4g ●ナトリウム:42mg ●カルシウム:15mg ●カリウム:15mg ●マグネシウム:3.6mg ●ビタミンB1:0.06~0.14mg ●ビタミンB6:0.10mg ●ナイアシン:1.1mg ●パントテン酸:0.15~0.71mg ●ぶどう糖:0.9g ●果糖:1.1g | ●デキストリン:0.9g ●クエン酸:260mg
<販売者> 森永製菓株式会社 (108-8403 東京都港区芝5-33-1)
<JAN> 49-02888-72309-4

■ 参照キャップデータ ■
『weider ALL CHARGE』 (六角形500mL耐熱ボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「13.06.17/BWA」。賞味期限は360日 [約12カ月] (未開栓)。キャップは、日本クラウンコルク社製「28NCフラップホット-Vシリーズ」 (Mold#/Cavity#:H54/24)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:05/11)。プリフォーム [白(結晶化)/PCO1810] (ロット番号:10-12)。

注1) 「新カテゴリードリンク 『充電飲料』 ALL CHARGE (ウイダーオールチャージ) 新発売」 森永製菓株式会社 ニュースリリース (2012/07/09)
注2) 「7月の新製品 ウイダー オールチャージ500mL」 [アクセス日: 2012年7月6現在]

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ