« 大和ノーベンバル社の新形状キャップ 「カド丸de粗ギザ」 | トップページ | 「XYZ」 の新キャップ »

2012/08/01

「土佐しまんと茶」 の新キャップ

広井茶生産組合の 『しまんと緑茶』 のキャップがリニューアルした。2012年7月31日 (火)、新宿駅構内にある小田急系ベーカリーチェーン 『HOKUO (北欧トーキョー)』 [注1] にて購入した。1本税込み160円であった。なお、遠方の方は、株式会社四万十ドラマ [注2] にてネット通販でのお取り寄せも可能である。

震災の影響によるキャップの 「白無地」 期間を経て、今回のリニューアルとなった。「白無地」 前のキャップは 「しまんと / 緑茶 / 土佐十和村」 の図柄であった。

今回の図柄は、ノーマルギザ白色キャップ地に抹茶色の刷り色で、直径21mmの細輪の中に、縦組で 「土佐 / しまんと / 茶」 の文字がデザインされたものである。なお、各文字のフォントサイズは、「土佐」 楷書体10ポイント、「しまんと」 太明15ポイント、「茶」 楷書体60ポイントで、右から左に不自然な程プログレッシブなリズムで、ディン! ドン!! ダン!!!! と大きくなって行く。「茶」 の字の主張が他の文字の佇まいを乱している程である。各フォントを変則的にレイアウトしただけなのに、タイポグラフィカルなデザインが心地いい。

そして、このデザインワークがどうやら、高知県出身のデザイナー梅原真氏によるものらしいことが今回判明した [注3]。やはり、プロフェッショナルの仕事はすごい。

実は、『しまんと緑茶』 には姉妹品 『しまんと焙茶』 が存在する [注4]。残念なことに、以前からキャップは 「緑茶」 も 「焙茶」 も共通のものが使用されていた。今回のリニューアルも、やはり共通キャップである。このへんの大人の事情は、ずばり製造コストである。特に印刷にかかわる費用がネックになっていると思われる。

今回、キャップから 『緑茶』 の 「緑」 の字が削除されたのは、『焙茶』 への配慮の結果である。「焙茶」 も <緑茶> の一カテゴリーなので、本来問題とはならないはずであるが、手に取ったときに、若干の混乱を来たすことも事実である。私など、よく見ないで購入することが多いため、いつも 『緑茶』 を2本も購入してしまうことがしばしばである。ホントは、『緑茶』 と 『焙茶』 の味をそれぞれに味わいたいのに。

今回リニューアルされた 「土佐しまんと茶」 キャップでも、この問題は未解決のままである。刷り色が共通である限り、混乱は続く。せめて、『焙茶』 の方のキャップの刷り色だけでも、本来の意味の <茶色> に変更出来れば良いのだが。無理かな。

■ 商品表示データ ■
(a) 『しまんと緑茶』 (角形500mLボトル)
<品名> 緑茶 (清涼飲料水)
<原材料名> 煎茶、粉茶、ビタミンC
<栄養成分> [ラベルに表示無し]
<原料生産地名> 高知県高岡郡四万十町
<販売者> 合同会社 広井茶生産組合* (高知県高岡郡四万十町十和川口62-9)
<JAN> 45-11775-00049-3

(b) 『しまんと焙茶』 (角形500mLボトル)
<品名> ほうじ茶 (清涼飲料水)
<原材料名> 煎茶、粉茶、ビタミンC
<栄養成分> [ラベルに表示無し]
<原料生産地名> 高知県高岡郡四万十町
<販売者> 合同会社 広井茶生産組合* (高知県高岡郡四万十町十和川口62-9)
<JAN> 45-11775-00066-0

*お問い合わせ先: 合同会社広井茶生産組合 (TEL: 0880-28-5527)

■ 参照キャップデータ ■
(a) 『しまんと緑茶』 (角形500mLボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「130309/HI」。賞味期限は9カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製 「28NCフラップホット-Vシリーズ」 ワンピースキャップ [ノーマルギザタイプ] (Mold#/Cavity#:H49-47)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:F/22)。プリフォーム [白/PCO-1810] (ロット番号:4-39)。製造ロット番号 [容器肩部に記載]: LCH

(b) 『しまんと焙茶』 (角形500mLボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「130406/HI」。賞味期限は9カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製 「28NCフラップホット-Vシリーズ」 ワンピースキャップ [ノーマルギザタイプ] (Mold#/Cavity#:H49-43)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:F/5)。プリフォーム [白/PCO-1810] (ロット番号:5-71)。製造ロット番号 [容器肩部に記載]: PEA

注1) 「株式会社北欧トーキョー」 (ホームページ) [アクセス日: 2012年7月31日]
注2) 「株式会社四万十ドラマ」 (ホームページ) [アクセス日: 2012年7月31日]
注3) 「コミュニケーションをつくりだすデザイン」 財団法人高知県産業振興センター 情報プラットフォーム # 263(2009年8月号)
注4) 「『しまんと焙茶』 は手刈りである」 ペットボトルキャップ時評 (2007/02/17)

« 大和ノーベンバル社の新形状キャップ 「カド丸de粗ギザ」 | トップページ | 「XYZ」 の新キャップ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大和ノーベンバル社の新形状キャップ 「カド丸de粗ギザ」 | トップページ | 「XYZ」 の新キャップ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ