« 2012年9月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年10月

2012/10/28

チェリオ 『CHANGE WITH』 バージョンに金色ロゴキャップ出現

2012年秋、株式会社チェリオジャパンのキャップに印刷されているコーポレートスローガンが変更された。「CHANGE IT FOR チェリオ(R)」 から 「CHANGE WITH チェリオ」 にである。私は、この情報を世界屈指のペットボトルキャップコレクターであるKUMA氏のサイトで知った。2012年10月28日現在、赤色シェルに白色と白色シェルに銀色の2種類の発見報告がアップされている [注1-2]。

この情報にインスパイアーされ、冷たい秋雨の降りしきる中、捜索に出掛けた。この季節、夜の徘徊は危険なので、日中にした。果たせるかな、本日 (10月28日) 夕刻、『CHANGE WITH チェリオ』 バージョンの金色ロゴキャップを新たにゲットすることが出来た。発見場所は、西武新宿線野方駅南口環七沿いの小さな八百屋さんの横手にある自販機である。ここは、私が知り得る都内で唯一のチェリオ専用ベンダーである。恐らく、他所にも設置されているのだろうが、私の 「虎の巻」 にはこの場所のことしか記載がない。ことほど左様に、都内でチェリオを探すことは難儀なことである。

さて、「CHANGE WITH チェリオ」 の白地に金色ロゴのキャップは、『ジャングルマン (Jungleman)-X』 と言う炭酸飲料に蓋栓されていた。飲料の味や色はほぼ 『ライフガード』 そのものである。炭酸充填であるので、当然ナール形状はノーマルギザである。

因みに、このベンダーで購入した他の製品 『チェリオグレープ』 (炭酸充填、金色ロゴ)、『アップルティー』 (ホットパック、銀色ロゴ) は、「CHANGE IT FOR チェリオ(R)」 ロゴのままであった。このことから、現時点では、新旧のコーポレートスローガンが全国的に混在している状況と思われる。

なお、本日までに出現している 「CHANGE WITH チェリオ」 キャップは、何れもCSIジャパン社製であることが判明している [注1-2の画像参照]。CSI社が以前製造していた 「CHANGE IT FOR チェリオ(R)」 キャップの特徴は、NCC社製のくっきりした (R) 表示と比較して、CSI社製の方では (R) 表示が異常に小さく、ただのドットにしか見えないという難点があった。数少ないサンプルと事例で判断するには不確定要素が大きいが、今回の 「CHANGE WITH チェリオ」 バージョンから、(R) 表示が削除された理由は、案外この辺にあるのかも知れない。

新たな課題として、NCC社製の 「チェリオ」 キャップの今後の展開と (R) 表示の行方が気になるところである。なお、「チェリオ」 キャップは、本邦に限って言えば、CSI社製とNCC社製以外のものは存在しないため、残るは、NCC社製キャップの出現に全神経を傾注するだけである。

ところで、チェリオジャパンは、いったい何を一緒に変えようと我々に訴え掛けているのだろうか。果たしてその答えは永遠に風に吹かれたままなのだろうか。

■ 商品表示データ ■
『ジャングルマン-X』 (丸型ペタロイド脚耐圧ボトル500mL)
<名称> 炭酸飲料
<原材料名> 果糖ぶどう糖液糖、マカ、コエンザイムQ10、香料、酸味料、V.C、保存料 (安息香酸Na)、カフェイン、甘味料 (アセスルファムK、アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)、ナイアシン、グルタミン酸Na、グリシン、アスパラギン酸Na、アラニン、イソロイシン、V.P、V.B2、V.B6、スレオニン、V.E、V.A
<成分分析表> (製品100mLあたり) ●エネルギー:19kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:4.2g ●ナトリウム:20mg ●V.C:35mg ●V.B2:0.7mg ●ナイアシン:2mg | ●コエンザイム:0.4mg ●マカ:20mg ●カフェイン:8mg
<販売者> 株式会社チェリオジャパン (東京都千代田区丸の内2-4-1)
<JAN> 49-02074-00419-8

■ 参照キャップデータ ■
『ジャングルマン-X』 (丸型ペタロイド脚耐圧ボトル500mL) の賞味期限:「2013.03.12」+製造所固有記号:「CHK」。賞味期間は6カ月 (未開栓)。キャップは、CSIジャパン社製 「Wing-Lok」 青色ライナー材付きのツーピースキャップ [ノーマルギザタイプ] (ロット#:<シェル本体>CCB 435、<ナイナー材>424)。ボトルは、製造メーカー不明 (ロット番号:HSC/2)。プリフォーム [透明/PCO] (ロット番号:TP5-S13)。製品ロット番号: 0645

注1) 「チェリオ 『チェリオ・ボディーガード24』 のリニューアルキャップ」 KUMAの日記風ボトルキャップ通信 (2012/10/28)
注2) 「チェリオの 『CHANGE WITH』 バージョンキャップ」 KUMAの日記風ボトルキャップ通信 (2012/10/28)

2012/10/21

『抹茶入り伊右衛門』 の行書体キャップに 「へそあり」 出現

サントリーフーズ社の 『抹茶入り伊右衛門』 が、2012年10月2日 (火)、 以下の広告コピーを伴って、新発売されたことは記憶に新しい [注1-2]。

   抹茶入り
   伊右衛門、
   はじまる。

サントリーの宣伝はいつも情動的である。たかが、ペットボトル容器に詰められた工業製品に過ぎないのに、ついついその架空の物語に心奪われてしまう。

抹茶入り伊右衛門のはじまりとともに、キャップの図柄が <太輪に茶の字> の明朝体ロゴから行書体ロゴに変わった。そのことは、当ブログ既報の通りである [注3-4]。それに伴い、『抹茶入り伊右衛門』 のコールド販売用キャップは、全て粗ギザ行書体キャップに変更された。因みに、2L、1L、500mL、350mL、280mLのペットボトル製品のラインナップのうち、唯一500mLのみが金色キャップシェルであることも特記に値する。旗艦ボトルとしての役割を与えられているのかも知れない。

また、この行書体キャップが決して 『抹茶入り伊右衛門』 専用でなかったことも、10月21日現在、『伊右衛門玄米茶』、『伊右衛門焙じ茶』 にまでその使用範囲が拡大されていることで明らかとなった。その勢いは、シュリンクラベルの明朝体ロゴの変更よりも先行しているほどである。行く行くは、全ての 「○茶」 キャップが行書体キャップに変更されるものと思われる。換言すれば、今年3月に登場したばかりの明朝体 「○茶」 キャップは、わずか半年余でリニューアルされたことになる [注5]。

なお、『ホット伊右衛門』 の345mLペットボトルは、販売量がコールド製品に較べて格段に少ないため、「SUNTORY」 コーポレートロゴの粗ギザ汎用オレンジキャップのままである。個人的には、ホット販売の 『伊右衛門』 でこそ、淹れ立てのお茶の風味を証明して貰いたかったが、「急須」 と 「ペットボトル」 のお茶が明確に別物であることを逆に際だたせる結果となったことは実に悲しむべきことである。お茶は、淹れ立ての熱々をフーフーしながら飲むのが一番美味しい。

さて、今回の本題である。「○茶」 行書体キャップに、待望の 「へそあり」 キャップが出現した。2012年10月21日 (日)、イオン系列のコンビニエンストア 「ミニストップ」 店頭にて確認。2000mL入り1本税込み298円也。これは、2012年3月下旬に出現した 「○茶」 明朝体 「へそあり」 キャップと同一フォーマットでの包装である [注6]。製造所固有記号が前回と同じ 「TJ」 であることから、製造ラインの仕様による制約を受けた結果といえる。

ただし、前回の 「○茶」 明朝体ロゴの場合に較べれば、今回の 「○茶」 行書体ロゴにおける 「茶」 の字の受けたダメージは最少限に留められている。これは、「ホ」 の字が完全な 「小」 の字にならずに済んでいることよりも、行書体の持つ情報量の豊かさに依拠するところが大きい。行書体は明朝体とは異なり、文字全体が統一的な画像として意味を成している。大雑把に捉えるならば、「絵」 のようにパターン認識されているため、その一部が毀損されていても、「茶」 の字としてのイメージを再構築可能である。明朝体のように字画を画一的直線パターンに分解してしまった場合では果たし得ないような俯瞰的イメージの認識が可能となる。

江戸時代の人々は、日常的に 「御家流 (おいえりゅう)」 と呼ばれる崩し字を使用していたとされる。比較的識字率の高かった江戸の町民でさえ、今とは逆に楷書体で書かれたような几帳面な文字は読めなかったらしい。今回の 「○茶」 行書体ロゴの導入は、こうした文字の認識プロセスに根ざした極めて高度な判断に基づくものなのかも知れない。そこまで考え抜かれているとしたら、サントリーデザイン部、畏るべし! である。

この 「へそあり」 キャップの付いた製品の販売エリア、販売期間、販売量は極めて限定的である。前回の反省から、発見即入手が鉄則であることは言うまでもない。

■ 商品表示データ ■
『抹茶入り伊右衛門』 (ゆびスポット付き角型2Lペットボトル)
<品名> 緑茶 (清涼飲料水)
<原材料名> 緑茶 (国産)、ビタミンC
<栄養成分> ラベル表示なし | 天然緑茶カテキン720mg含有 (2000mLあたり)
<販売者> サントリーフーズ株式会社 (東京都港区台場2-3-3)
<JAN> 49-01777-23802-2

■ 参照キャップデータ ■
『抹茶入り伊右衛門』 (ゆびスポット付き角型2Lペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「2013.05.05/TJ」*。賞味期限は8カ月 (未開栓)。キャップは、日本クラウンコルク社製 「Uni-Lok」 [ヘソありタイプ] (ロット番号:17・30)。ボトルは東洋製罐社製 (ロット番号:F3)。プリフォーム (ロット番号:4C-29)。製造ロット番号: 14:50 027171

* 製造所固有記号 「TJ」 = サントリープロダクツ株式会社 神奈川綾瀬工場 (252-1108 神奈川県綾瀬市深谷上8-27-1)

注1) 「サントリー緑茶 新 『伊右衛門』 発売 ― “石臼挽き抹茶” に徹底的にこだわりコク・深みを追求―」 サントリー ニュースリリース #11537 (2012/08/28)
注2) サントリー 「抹茶入り伊右衛門」 (ブランドサイト) [アクセス日: 2012年10月21日]
注3) 「サントリー 『伊右衛門 抹茶入り』、黄金に輝く 「○茶」 キャップ」 ペットボトルキャップ時評 (2012/09/22)
注4) 「サントリー 『伊右衛門 抹茶入り』 の行書体 「○茶」 キャップに白地キャップ出現!」 ペットボトルキャップ時評 (2012/09/25)
注5) 「『伊右衛門』 の太輪に 「茶」 の字のニューキャップロゴについて」 ペットボトルキャップ時評 (2012/03/11)
注6) 「『伊右衛門』 の <太輪に茶の字> キャップに 「へそあり」 出現」 ペットボトルキャップ時評 (2012/03/29)

2012/10/08

KDP社 『とうもろこしのひげ茶』 のオレンジキャップ

KDP (廣東製薬) 社 『とうもろこしのひげ茶』 にホット販売用オレンジキャップが出現した [注1-3]。2012年10月8日 (月)、ナチュラルローソン店頭ホットウォーマーにて確認、280mL入り1本税込み137円也。

とうもろこしのひげ茶は、マッコリに次ぐ知名度の韓国オリジナル飲料である。

キャップの図柄は、粗ギザ、オレンジキャップ地に赤色の刷り色で、直径19.5mmのベタ抜き文字で 「とうもろこしのひげ茶」 のアイコン、そして外周辺縁部に時計回りで2時~10時位置に掛けて 「この商品は加温器で販売できます。」 の販売注意喚起メッセージが入る。

私は基本的に、国内メーカーのペットボトル飲料を専門としているため、ミネラルウォーターを除き、輸入品や海外からの導入品についてはこれまで収集対象外として来た。理由は、基準が曖昧であったためである。ところが最近、平行輸入や代行輸入ではなく、国内企業が商品企画を行い、海外で製造する製品が散見されるようになって来た。取り分け、アイリスオオヤマのペットボトル飲料 (『とうもろこしのひげ茶』、『桑の葉茶』、『ピュアプーアル茶』) は、JANコードも付与され、日本語表記ラベルも完備した国内仕様商品として成立している。

更に、キャップ仕様も国内製品と酷似している。今回の 『とうもろこしのひげ茶ホット』 には、粗ギザオレンジキャップが使用されており、ホットウォーマー内でもまったく違和感がない。この 「NC-FLAP-Cap」 は、その呼称からも明らかなように、東洋製罐 (日本クラウンコルク社の親会社) と三和王冠の技術提携に基づき、2000年2月、三和王冠が樹脂キャップ製造ラインの増設を図った際にライセンス供与されたものである [注4]。従って、アセプティック充填用キャップとしては、技術供与時の形状をそのまま今日に留めるシーラカンス的キャップと言える。

その後本邦の 「NCフラップ」 は、環境負荷軽減への取り組みと努力の結果、幾つものバリエーションを生み出している。韓国製キャップとの対比は、本邦キャップの変遷を辿る意味でも、おおいに興味深い。

■ 商品表示データ ■
『とうもろこしのひげ茶ホット CT-280HC』 (280mL六角形耐熱PETボトル)
<種類別名称> 清涼飲料水
<原材料名> 植物混合抽出液 (とうもろこしのひげエキス)、玄米エキス、とうもろこしのひげ粉末、香料、炭酸水素ナトリウム、酸化防止剤 (ビタミンC)、グリシン、甘味料 (ステビア)
<栄養成分> (製品100mL当たり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:10mg | ●カフェイン:0mg
<製造者> 廣東製薬株式会社 (1577-4, Seocho-dong, Seocho-gu, Seoul 137-875, Korea|137-875 大韓民国ソウル特別市瑞草区瑞草洞1577-4)
<輸入者> 株式会社オーヤマ (980-8510 宮城県仙台市青葉区五橋2-12-1)
<販売者> アイリスオオヤマ株式会社 (同上)
<JAN> 49-05009-92314-4

■ 参照キャップデータ ■
『とうもろこしのひげ茶ホット CT-280HC』 (280mL六角形耐熱PETボトル) の賞味期限: 「2013.07.29」。製造所固有記号: [輸入品のため適用外]。賞味期間は約12カ月 (未開栓)。キャップは、[韓国] 三和王冠社製ワンピースキャップ [28NC-FLAP-Cap] (ロット番号:C2/61) [注4]。ボトルは[韓国] 曉星社製 [Asepsys (R)] (ロット番号:18) [注5-6]。プリフォーム [白(結晶)化/PCO-1810] (ロット番号:HS72-15)。製造ロット番号: 23:30 B

注1) 「とうもろこしのひげ茶ホット CT-280HC」 アイリスプラザ [ショッピングサイト] [アクセス日:2012/10/08] [* 掲載の写真はノーマルギザであるが実際は粗ギザである]
注2) 「アイリスオオヤマ株式会社ヘルスケア事業部」 (ホームページ) [アクセス日:2012/10/08]
注3) 「廣東製薬株式会社 (Kwang Dong Pharmaceutical Co., Ltd.)」 (ホームページ) [アクセス日:2012/10/08]
注4) 「三和王冠 (Samhwa Croun & Closure)」 (ホームページ) [アクセス日:2012/10/08]
注5) 曉星 (HyoSung)Asepsys  」 (ホームページ) [アクセス日:2012/10/08]
注6) 「曉星ジャパン (HyoSung Japan Co., Ltd.)」 (ホームページ) [アクセス日:2012/10/08]

2012/10/04

AGF 「フレンドリーボトル」 のオレンジキャップ登場

AGF (味の素ゼネラルフーヅ) 社は、2012年10月1日 (月)、『〈ブレンディ〉 ふわり薫る挽きたてホットカフェオレ』 (280mL PET) をリニューアル発売した [注1]。10月4日 (木) 夕刻、NEWDAYS、セブンイレブン各店頭ホットウォーマーにて確認、280mL入り1本税込み140円也。

今回のホット販売製品の導入により、AGF社のPETボトル製品は全て 「フレンドリーボトル」 となった [注1]。

キャップの図柄は、粗ギザ、オレンジキャップ地に深緑色の刷り色で、ハートアローの 「ブレンドリーボトル」 アイコン、その右上に楕円形ベタ白抜きで 「ホット」 の文字が斜めに小さく添えられている。そして外周下側辺縁部に 「この製品は加温販売できます」 の販売用メッセージが入る。

「フレンドリーボトル」 が本年2月に導入されて約半年、図柄にも紆余曲折が見られたが、何とか一定の基準が出来たようである [注2-3]。今回のオレンジボトル用に描かれた <擬人化ボトル> も、280mLの容量に合わせて、少しだけ背が低い。このアイコンに対する深い愛着と思い入れが感じられる。

顔のイラストあるキャップは訴求力に富んでいる。何と行っても、かわいい!

■ 商品表示データ ■
『<Blendy> ふわり薫る挽きたてカフェオレ』* (280mL六角形くびれシェイプ耐熱PETボトル)
<種類別名称> コーヒー飲料
<原材料名> 牛乳、砂糖、コーヒー、乳化剤、甘味料 (アセスルファムK)
<栄養成分> (1本 (280mL) あたり) ●エネルギー:101kcal ●たんぱく質:2.5g ●脂質:15.8g ●炭水化物:17.0g ●ナトリウム:29~87mg ●糖類:15.8mg
<販売者> 味の素ゼネラルフーヅ株式会社 (163-1440 東京都新宿区西新宿3-20-2)
<JAN> 49-01111-20236-8

* <Blendy>商標権者、米国クラフトフーズ社との提携により製造。

■ 参照キャップデータ ■
『<Blendy> ふわり薫る挽きたてカフェオレ』* (280mL六角形くびれシェイプ耐熱PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「20130613/J」**。賞味期間は270日 [約9カ月] (未開栓)。キャップは、日本山村硝子プラスチックカンパニー社製ワンピースキャップ (ロット番号:NY/H123)。ボトルは東洋製罐社製 (ロット番号:04/07)。プリフォーム [白(結晶)化/PCO-1810] (ロット番号:10-12)。製造ロット番号: 011316J12/J019696

** 製造所固有記号 「J」 = AGF関東株式会社 (〒370-0426 群馬県太田市世良田町1588-16)

注1) 「〈ブレンディ〉 ボトルコーヒー 主力全商品への 『フレンドリーボトル』 導入完了 ~地球にやさしいPETボトルto PETボトル~」 AGF ニュースリリース (2012/09/19)
注2) 「AGF 『<マキシム> ちょっと贅沢な珈琲店』 に 「フレンドリーボトル」 マーク入り粗ギザキャップ出現」 ペットボトルキャップ時評 (2012/03/06)
注3) 「奇々怪々! AGF 『フレンドリーボトル』 のキャップ」 ペットボトルキャップ時評 (2012/03/11)

2012/10/01

『ザ・プレミアム カルピス』 に真紅のキャップ新登場!

2012年10月1日 (月)、『ザ・プレミアム カルピス』 [注1-2] に真紅のキャップが新登場した。同日、都内のセブンイレブン店頭にて確認、350mL入り1本税込み157円也。

真紅のキャップは、『ウェルチ』 で使用されている着色キャップをそのまま流用したものである。本来は、濃厚なブドウ液を表現したものであるが、今回は、「濃厚」 で 「なめらか」 な、『ザ・プレミアム カルピス』 の高級感を演出するためにフィーチャーされた。最近でこそ、果汁50%の 『ウェルチ』 製品に使用されるまでに身をやつしたとはいえ、深紅のキャップは、カルピス社が育てた高級感の証しである。従って、他社が使用することの出来ない特別な色である、

キャップの図柄は、ノーマルギザの真紅シェル地に、「カラダにピース/CALPIS」 の汎用柄がホワイトオペークインキで印刷されている。

白地キャップに 「カラダにピース」 のスローガンが登場したのは、2007年5月23日、「カルピスウォーター」 発売15周年を記念してのことであった [注3]。その後、このキャップがカルピスの共通アイコンとなった。

ところで、『ザ・プレミアム カルピス(R)』 は、2007年7月17日の登場からたかだか5周年を経過したに過ぎない [注4]。まだまだ、真紅の装いが似合うようなお年頃ではないと思うのだが、一体どうしたことだろう。単に、『ウェルチ』 用のキャップが余った訳ではなさそうである。理由はともかく、思いも寄らぬ素敵なコラボレーションに、少なからず興奮している。既存の図柄のカラーキャップ展開という演出は、今後一つのプロモーション手段となり得る。

何れにしても、ニューキャップの出現はうれしい!

■ 商品表示データ ■
『ザ・プレミアム カルピス(R)』 (350mL角形尖塔形ペットボトル)
<種類別> 乳製品乳酸菌飲料 (殺菌)
<無脂肪固形分> 3.7%
<原材料名> 乳、果糖ぶどう糖液糖、乳製品、麦芽糖、安定剤 (大豆多糖類、ペクチン)、酸味料、香料
<アレルギー物質> (25品目中) 乳、大豆
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:57kca ●たんぱく質:1.5g ●脂質:0g ●炭水化物:12.8g ●ナトリウム:27mg ●カルシウム:52mg
<製造者> カルピス株式会社 (東京都渋谷区恵比寿南2-4-1)
<JAN> 49-01340-19732-9

■ 参照キャップデータ ■
『ザ・プレミアム カルピス(R)』 (350mL角形尖塔形ペットボトル) の賞味期限 「13.03.19/KC」。賞味期限は約6カ月 (未開栓)。キャップは、日本山村硝子プラスチックカンパニー社製中栓付きツーピースキャップ 「TEN-Cap」 (ベントホール:4個所) (ロット番号:<中栓>c10-48)。ボトルは、吉野工業所製 (ロット番号:B12/1073)。プリフォーム [結晶化(白)/PCO規格] (ロット番号:n/a)。製品ロット番号:LOT 03:33

注1) 「The Premium CALPIS」 (ブランドサイト) (アクセス日: 2012年10月1日)
注2) 「The Premium CALPIS」 (商品説明) (アクセス日: 2012年10月1日)
注3) 「CALPIS WATER(R)キャップに 『カラダにピース』 のメッセージ」 ペットボトルキャップ時評 (2007/05/23)
注4) 「創立90周年を迎えるカルピス株式会社が得意とする乳酸菌技術を活用して、上質でコク深いおいしさを追求した特別な 「カルピス」 「THE PREMIUM CALPIS」 (ザ・プレミアムカルピス) -1万名様に新しいおいしさを体験いただく『先行プレミアム体験キャンペーン』 を6月18日(月)から実施-」 カルピス株式会社 ニュースリリース#221 (2007/06)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年12月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ