« 2012年12月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013/02/24

『FROM AQUA』 「落ちないキャップ」 の構造上の改善

昨年2012年3月6日、鳴り物入りで登場したJR東日本ウォータービジネス社と日本クラウンコルク社の共同開発となる 『FROM AQUA』 「落ちないキャップ」 [注1-2] のネット上での評価は真っ二つに分かれる。

ネットを見渡す限り、評判は芳しくない。曰く、「キャップが邪魔」、曰く、「キャップがカチッととまらない」、等々である。その反対に、とても便利だと評価するサイトは概ね、プレスリリースをそのままコピペしたような記事ばかりで本当にウンザリする。中でも、「キャップを無くさずに済む」 という評価に至っては意図が分からない。たとえキャップを無くしたとしても、普通はそのまま飲み干して、ペットボトルを捨てれば済む話である。無くさずに済むことにさほどのありがた味を感じない。また、のべつ幕なしキャップを無くすようなオッチョコチョイが有象無象にいるとは思えない。

でも、そこは日本クラウンコルク (NCC) 社である。キャップ製造メーカーの矜持にかけて、不評を買ったキャップ機構の改善に乗り出した (さすがである!)[注3]。

前回のブログ記事でも言及したように、キャップが落ちないメカニズムは、キャップ本体 (シェル) とTEバンドの一部にヒンジ (蝶番) を設けたことにある。この折りたたみ式のアームでキャップ本体を支持し、キャップの下端から突き出したベロ状突起をカブラ部に引っ掛けて留める仕組みになっている。ところが、従来品では、TEバンドを少しだけ引っ張りながら挙上する必要があった。このことが 「カチッととまらない」 という評価の正体である。

今回の改善点は、ほんの僅かな構造上の変更に過ぎない。これまで、カチッと留め難かった原因は、ベロ状突起がキャップのフラップと呼ばれるTEバンド内側の四角い折り返し部分に接触していたことに起因する。一時的にベロ状突起がこの部分に突っかかるため、カチッと止まる前に、ペキッという音がする。本来、ペキッ→カチッの2段階のところ、ペキッで止めてしまうため、キャップがブラブラして鼻に当たっていたのである。

そこでNCC社は、フラップの1カ所たけをV字状にカットすることにより、ベロ状突起が障害なしにカブラ部に留まるような工夫を凝らした。この様子は、ストラップ越しに観察することが出来る。以下の例えが適切かどうか分からないが、夏場、ノーネクタイでも胸元がセクシーに決まるようにと、愛用の丸首の肌着に縦の切り込みを入れて、ヘンリーネックに改造してみたものの、時々、胸毛と一緒にシャツの切れ目が覗けてしてしまうという状況を、Vネックの肌着に変えただけで、問題が一挙に解決しました! というレベルの話である。

因みに、NCC社ではこのキャップのことを 「ストラップバンドキャップ」 と呼称している [注4-6]。折りたたみアームを 「細い紐=ストラップ」 に見立ててのことである。2009年7月までに、神奈川県平塚市にある日本クラウンコルク社の技術開発センターでの開発が完了し、岡山工場で試作品が製造されたと思われる [注4]。

『FROM AQUA』 の販売エリアはJR東日本管内に限定されているため、機会があれば、エキナカコンビニ 「NEWDAYS」 や自販機 「acure」 で実物を購入のうえ、技術の粋を自分の目で確かめて貰いたい。従来品には 「ツメが出るまでカチッととめる!」 のシール、改良品には 「"さらに" カチッととめやすくなりました」 のシールがそれぞれ貼られている。百聞は一見に如かず、である。この工夫は意外と興味深い。

■ 商品表示データ ■
『FROM AQUA ~谷川連峰の天然水~』 (6角形耐熱PETボトル500mL)
<品名> ナチュラルミネラルウォーター
<原材料名> 水 (湧水)
<採水地> 群馬県利根郡みなかみ町
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:0.35mg ●カルシウム:0.71mg ●マグネシウム:0.12mg ●カリウム:0.04mg
<硬度>約20mg/L [軟水]
<販売者> 株式会社JR東日本ウォータービジネス (東京都渋谷区恵比寿南1-5-5)
<JAN> 45-71207-73022-0 (500mL)

■ 参照キャップデータ ■
(旧)『FROM AQUA ~谷川連峰の天然水~』 (6角形オリジナルシェイプダイヤモンドカットパネル耐熱PETボトル500mL) の賞味期限+製造所固有記号: 「131012/JR0」。賞味期限は[約12カ月] (未開栓)。キャップは、日本クラウンコルク社製 「落ちないキャップ」 (ロット番号:111)。ボトルは東洋製罐社製 (ロット番号:02 7/1-15)。プリフォーム [白化(結晶化)/PCO-1816] (ロット番号:5A06)。製造ロット番号:08:59

(改)『FROM AQUA ~谷川連峰の天然水~』 (6角形オリジナルシェイプダイヤモンドカットパネル耐熱PETボトル500mL) の賞味期限+製造所固有記号: 「140119/JR0」。賞味期限は[約12カ月] (未開栓)。キャップは、日本クラウンコルク社製 「落ちないキャップ」 (ロット番号:115)。ボトルは東洋製罐社製 (ロット番号:02 28/1-8)。プリフォーム [白化(結晶化)/PCO-1816] (ロット番号:5D44)。製造ロット番号:23:44

注1) 株式会社JR東日本ウォータービジネス 「FROM AQUA」 (ブランドサイト) [アクセス日: 2013年2月24日]
注2) 「JR東日本の 『FROM AQUA』 に、本邦初となる 「落ちないキャップ」 登場!」 ペットボトルキャップ時評 (2012/03/06)
注3) 「JR東日本系のミネラルウォーター 『フロムアクア』 落ちないキャップ、さらに進化」 産経新聞 (2013/01/25)
注4) 「PETボトルのキャップ事情: キャップでブランド価値を高める」 ビバレッジジャパン No. 371, pp. 43-44 (2012/12)
注5) 木村 敬 「包装用容器のふた」 意匠登録第1380932号 (2010.02.22、日本クラウンコルク株式会社)
注6) 「ストラップバンドキャップ」 商標登録第5456431号 (2011/12/09、日本クラウンコルク株式会社)

2013/02/14

『Coca-Cola zero(R)』 の 「Coca-Cola zero」 図柄の黒色シェルキャップ

糖分ゼロが最大のセールスポイントである 『コカ・コーラ ゼロ』 は、2005年米国でデビューした。現在、世界100以上の国々で販売されている。本邦でも、2007年6月4日に発売された [注1]。でもその時点でのキャップ地の色は、なぜか灰色であった。日本刀をかざしたチョンマゲ野郎が記憶の片隅にあるのだが、よく思い出せない。世界的には既に黒地キャップが当たり前の時代となっていた。そして、2010年2月1日、突如として日本コカ・コーラ社とコカ・コーラシステムズは、トゲトゲハート (スパイキーハート) 柄の黒地キャップを投入して来た。その時の驚きは鮮烈であった [注2]。

そして、今年もバレンタインデーの季節が巡って来た。スパイキーハートから3年ぶりのサプライズである。

ふらっと立ち寄ったスーパーで、スパイキーハートと並んで、「Coca-Cola zero」 のロゴのある見慣れたキャップを見掛けた。でも見覚えのあるのはパッケージの方であることに、後で気付いた。新種キャップの登場である。

とは言うものの、確信が持てなかったので、世界屈指のペットボトルキャップコレクターであるKUMA氏のサイトを幾度となく確認した。間違いない。慣れとは恐ろしいものである。見慣れていたと勘違いしたのは、海外の黒色 「zero」 柄のキャップだったのかも知れない。刷り込みとは恐ろしいものである。

「Coca-Cola zero」 柄のキャップの投入時期であるが、<コカ・コーラ ゼロ×EXILE "Zero Limit" DVDがアタル!!> キャンペーン [注3] が2013年2月4日~5月31日までの期間実施されていることから、先週頃から店頭に並んでいた可能性がある。いつものことながら、迂闊であった。

さて、キャップの図柄であるが、黒色キャップ地にホワイトオペークインキで、伝統的な 「Coca-Cola」 ロゴ、その下に 「zero」、脇にレジスターマークの (R) である。当然上下には点対称の 「→あける」 の開栓指示が入る。今回だけは、この矢印が新種キャップのもうひとつの判断材料となった。

今回、私が見付けたキャップは、CSI社製ワンピースキャップの 「GA-Lok」 であった。当然、NCC社製キャップも存在する筈なので、レジスターマークの大きさと、刷り色の濃度の違いに注目したい。

最近のNCC社製キャップの傾向であるが、インキ膜厚が薄くなって来ている。図柄線描や文字のエッジ部分がシャープになり、印刷品位が向上している。その辺りも注目ポイントなのかも知れない。

■ 商品表示データ ■
『Coca-Cola zero(R)』 (1500mLペタロイド脚耐圧ボトル)
<品名> 炭酸飲料
<原材料名>カラメル色素、酸味料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK、スクラロース)、香料、カフェイン
<栄養成分>(100mL当たり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質・脂質・炭水化物:0mg ●ナトリウム:7mg ●糖類:0mg
<販売者> コカ・コーラ カスタマーマーケティング株式会社 (東京都港区六本木6-2-31)
<JAN> 4-902102-08421-5

■ 参照キャップデータ ■
『Coca-Cola zero(R)』 (1500mLペタロイド脚耐圧ボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「130802-EIW」*。賞味期限7カ月、。キャップは、CSI社製 「GA-Lok」 ワンピースキャップ (ロット番号:CSI G3 43)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:G/08)。プリフォーム [透明] (ロット番号:1-39)。

* 製造工場 = 岩城工場 (EIW)

注1) 「Coca-Cola zero」 日本コカ・コーラ社公式サイト [アクセス日: 2013年2月14日]
注2) 「『Coca-Cola zero(R)』 の「WILD HEALTH」 リニューアルキャップは黒!」 ペットボトルキャップ時評 (2010/02/03)
注3) 「己の可能性に挑戦してきた者同士による強力タッグ | 日本中の人々が、思いのままに情熱を解き放つような大型プロジェクトが、2013年ここに始動! 『Coca-Cola zero × EXILE』 | 自らの限界を解き放ち更なる進化を目指す『Zero Limit』キャンペーンがスタート!! | プロジェクト第1弾は新TV-CM『ZERO LIMIT』(ゼロリミット)篇 | メンバー14人総出演で、2013年2月4日(月)から全国で放映開始 | 2013年2月3日 (日) に今後の展開を発表!!」 日本コカ・コーラ社 ニュースリリース (2013/01/30)

『グリーン ダ・カ・ラ』 のグリーンハートにもノーマルキザ

2013年2月上旬に登場したサントリーフーズ社の 『グリーン ダ・カ・ラ』 のグリーンハートキャップにも、期待通りノーマルキザが存在した [注1]。

最近、気温が緩む夜がある。そんな夜は、ターミナル駅から自宅まで歩いて帰ることにしている。健康のためである。何とか我が家にたどり着いた頃、偶然サントリーの自販機に飲み切りサイズの 『グリーン ダ・カ・ラ』 があるのを見付けた。喉の渇きを癒すために購入した280mLの小型ボトルに今回のキャップが付いていた。神様からのご褒美として素直に受け取った。でも120円を自販機に投入したのは私である。

図柄は、ポリエチレン製の粗ギザ半透明グリーンシェルキャップ地のものと同様である [注1]。ただし、ノーマルギザキャップの素材はポリプロピレン製なので、不透明である。半透明の粗ギザキャップに較べて、やや感動が薄れる。でも、明るい黄緑色に鮮やかな緑色のモノトーン配色は若葉の頃を連想させて、実に清々しい。

恐らく、ノーマルギザの付いたキャップは、汎用ボトルの製品に特化されたものと思われる。これらの販売チャネルは主に自販機である。寒さの中にも、春めいた日差しが少しずつ感じられる季節になって来た。たまには散策に出かけるのも一興かも知れない。

■ 商品表示データ ■
『GREEN DA・KA・RA』 (280mL六角耐熱PETボトル)
<品名> 清涼飲料水
<原材料名> 果汁 (グレープフルーツ、レモン)、果糖、はちみつ、食塩、海藻エキス、黒糖蜜、海藻エキス、ドライトマトエキス、アロエベラ (葉肉部)、甘夏、文旦、シークワーサーピール、ゆずピール、黒ごま、香料
<栄養成分> (100mLあたり) ●エネルギー:17kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:4.4g ●ナトリウム:40mg ●カリウム:11mg ●カルシウム:0.2~1.0mg ●マグネシウム:0.2~1.0mg | ●アミノ酸:5~20mg ●ぶどう糖:300mg ●クエン酸:100mg
<販売者> サントリーフーズ株式会社 (東京都港区台場2-3-3)
<JAN> 49-01777-23827-5

■ 参照キャップデータ ■
『GREEN DA・KA・RA』 (280mL六角耐熱PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号:「2013.10.11/WY」。賞味期間は約9カ月 (未開栓)。キャップは、日本山村硝子プラスチックカンパニー社製 「TEN-Cap」 中栓付き2ピースキャップ [ノーマルギザタイプ] (<シェル本体>***、<中栓>c9/13)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:Y 7)。プリフォーム [白化[結晶化]/PCO-1810] (ロット番号:15-78)。製品ロット番号: L190B

注1) 「今度の 『グリーン ダ・カ・ラ』 のキャップはグリーンハートだから」 ペットボトルキャップ時評 (2013/02/08)

2013/02/11

ポッカサッポロフード&ビバレッジの誕生

旧聞に属する話で恐縮であるが、本年元旦 (2013年1月1日)、「サッポロ飲料株式会社」、「株式会社ポッカコーポレーション」、並びに 「株式会社北海道ポッカコーポレーション」 が正式に合併し、「ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社」 という長ったらしい社名に生まれ変わった。これは、サッポロホールディングスが、2011年3月29日に実施した 「ポッカコーポレーション」 の子会社化に引き続くものであり、経営統合の総仕上げである。

これに伴い、新たな企業スローガン (同社ではこれをタグラインと呼んでいる) とコーポレートロゴが誕生した [注1]。先ず、タグラインであるが、<おいしい 「!」 がある> である。まるでその辺の女子高生が書きそうな手書き風文字で、コーポレートロゴを覆うように置かれている。この 「!」 は 「ヒラメキ」 と読ませるらしいが、ルビがないと読めない。「!」 のドットが星印になっていることも、サッポロの未練を感じさせる。そして、赤文字のコーポレートロゴの 「poKKa (sapporo」 である。因みに 「KK」 の個所は実際にはスモールキャピタルが用いられているので、全て小文字である。

企業ロゴの小文字化は、2008年、株式会社NTTドコモが 「DoCoMo」 から 「docomo」 への変更、2009年、明治製菓と明治乳業の経営統合に伴い 「MEIJI」 から 「meiji」 への変更と記憶に新しい。一説には、インターネットにおけるURL表示の影響とも言われているが、私は単に社会の幼児化の表れのような気がしてならない。固有名詞の小文字化 (一般名詞化) は、本来長い期間を要し、風雪に耐えてこその信頼の証であるべきである。

世間では今回の経営統合を 「弱者連合」 などと呼んで揶揄している。随分と失礼な話である。私はポッカの商品開発力、海外での高い評価と広範な販路、そしてサッポロのブランド力のシナジー効果に期待したい。

ところが、スタートダッシュでもたついている。現在市場に流通する飲料キャップには、新 「poKKa (sapporo」 ロゴ、旧 「POKKA」 ロゴ、旧 「SAPPORO」 ロゴ、「白蓋」 が混在し、混沌としている。これでは、消費者は混乱してしまう。一般消費者にとって、経営統合など余程の関心がなければ、どうでもいい出来事である。目の前に示されたものがすべてである。ブランドを変更する際には、消え行くブランドにきちんと別れを告げ、そのうえで新規ロゴの顔見世を盛大に行う方が分かりやすい。経験上、なし崩し的に別れた相手とは禍根を残す羽目になる。キャップは商品の顔であることをいま一度銘記すべきである。

2013年2月11日 (月)、都内のコンビニ 「スリーエフ」 の店頭で、初めて新規 「poKKa (sapporo」 ロゴキャップと対面した。長い社名のため、ロゴの文字が小さいというのが第一印象である。今更こんなことを言うのも気が引けるが、今回の統合で本当に良かったのだろうか。

■ 商品表示データ ■
『素 (そ) のままづくり 白桃』 (角形500mL耐熱PETボトル)
<品名> 清涼飲料水
<原材料名> 果糖ぶどう糖液糖、もも果汁、マルトオリゴ糖、酸味料、香料、酸化防止剤 (ビタミンC)
<栄養成分> (100mL当り) ●エネルギー:47kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:12g ●ナトリウム:15mg
<販売者> ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社 (名古屋市中区栄4-2-29)
<JAN> 45-82409-17084-4

■ 参照キャップデータ ■
『素 (そ) のままづくり 白桃』 (角形500mL耐熱PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「2013.08.20/H」。賞味期限は7カ月 (未開封)。キャップは、CSI社製 「PS-Lok」 ワンピースキャップ (Mold#/Cavity#:V3/16)。ボトルは吉野工業所製 (ロット番号:96-72)。プリフォーム [白[結晶]化] (ロット番号:3C)。製造ロット番号:13:26

注1) 「ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社に関するお知らせポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社 プレスリリース (2012/10/03)

2013/02/08

サーフビバレッジ社 『Kuro no KISEKI』 に 「HOT&COLD」 キャップ登場

ダイエット茶として有名な 『黒の奇跡 (Kuro no KISEKI)』 のキャップは発売当初白蓋であった。パッケージのシュリンクラベルがエナメルブラックを背景色とし、4種類のハーブのお洒落なイラストが添えられたスタイリッシュなデザインである、にもかかわらずである。キャップにも何かデザインが施されていたらいいのになと思っていた矢先、このほどオレンジとバイオレットブルー (紺色) の配色からなる 「HOT&COLD」 のキャップが登場した。

2013年2月8日 (金)、NEWDAYS店頭にて確認、350mL入り1本税込み147円。「飲むだけダイエット」 を提唱しているだけあって、少々お高めである。ルイボス、黒烏龍、サラシア、桑の葉の4種類の茶葉を使用したブレンド茶の味は、少し渋めであるが、後味スッキリで非常に飲みやすい。これで痩せられるなら、本当にありがたいことである。

さて、キャップであるが、白色ノーマルギザのキャップ地にオレンジ色と紺色の2色刷である。図柄は、「surf beverage」 のコーポレートロゴ、「HOT」 の文字、「COLD」 の文字の3層から構成されている。上段がコーポレートロゴ、中段が 「HOT」、下段 「COLD」 であり、それぞれが白地に紺色、オレンジ色に白抜き、紺色に白抜で印刷されている。また、中段と下段に跨るように 「&」 マークが丸く白抜きにされた背景にオレンジ色で添えられている。

ただ惜しらくは、あまりに事務的なオレンジ色と紺色の配色が、雰囲気のあるシュリンクラベルのデザインとやや不釣合いな点である。色遣いとフォントの選択に統一感を持たせることにより、いっそうカッコ良いキャップになるような気がする。

とは言うものの、白蓋が目立つ昨今のコンビニ陳列棚にあっては、丁度いいアイキャッチャーとなっている。

■ 商品表示データ ■
『Kuro no KISEKI』 (350mL耐熱PETボトル)
<品名> 清涼飲料水 (ブレンド茶)
<原材料名> ルボイスティ、烏龍茶、サラシア、桑の葉、ビタミンC
<栄養成分> (100mLあたり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:5.1mg
<販売者> 株式会社サーフビバレッジ (東京都渋谷区千駄ヶ谷3-60-5)
<JAN> 49-39505-12123-0

■ 参照キャップデータ ■
『Kuro no KISEKI』 (350mL耐熱PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号:「131010/SI」*。賞味期間は約9カ月 (未開栓)。キャップは、日本クラウンコルク社製 「28NCフラップホット-Vシリーズ」 ワンピースキャップ [ノーマルギザタイプ] (Mold#-Cavity#:H50-37)。ボトルは、吉野工業所製 (ロット番号:14)。プリフォーム [白(結晶)化処理/PCO-1810] (ロット番号:1032)。製品ロット番号: AL2Z17055

* SI = 株式会社サーフビバレッジ 石森工場

注1) 株式会社サーフビバレッジ黒の奇跡」 (ブランドサイト) [アクセス日:2013年2月8日]

今度の 『グリーン ダ・カ・ラ』 のキャップはグリーンハートだから

約2ヵ月ぶりの更新である。仕事帰り、久しぶりに駅前のスーパーに寄ってみたら、サントリーの2L入り 『グリーン ダ・カ・ラ』 のキャップが、グリーンのハートマークに変わっていた。今でもコンビニに並ぶ500mL入りの方は、「SUNTORY」 のコーポレートロゴのままだから、恐らく新種のキャップということになるのだろう。特価198円であった。

キャップの図柄は、粗ギザ半透明グリーンシェルキャップ地に、2mmの余白を残し、ホワイトオペークインキで3.5mm幅の輪っか2本、その間に 「LIFE PARTNER LIFE PARTNER」 の循環スローガン、そしてド真ん中に緑色のハートマークである。デザインは昔からある赤いハートマークの 『DA・KA・RA』 のものと寸分も違わないのに、色遣いひとつで印象がこんなにも変わるものなのかと感心させられる。やはりサントリーデザイン部、畏るべし! である。

確か 『GREEN DA・KA・RA』 が発売されたのが、2012年4月24日だから、約1年ぶりに本来あるべき姿のキャップになったというところだろうか。発売当初、パッケージのシュリンクラベルの方は、ハートがいち早く緑色のアイコンに変わり、商品の性質を雄弁に語っていたのに対し、キャップの方は 「SUNTORY」 だけというのが実に歯痒かった。晴れて、顔と体が一致した。

今回は半透明シェルバージョンであったが、500mL同様、ノーマルギザの半透明でないグリーンシェルの出現に期待が膨らむ春である。

■ 商品表示データ ■
『GREEN DA・KA・RA』 (2000mL 「ゆびスポット」 PETボトル)
<品名> 清涼飲料水
<原材料名> 果汁 (グレープフルーツ、レモン)、果糖、はちみつ、食塩、海藻エキス、黒糖蜜、海藻エキス、ドライトマトエキス、アロエベラ(葉肉部)、甘夏、文旦、シークワーサーピール、ゆずピール、黒ごま、香料
<栄養成分> (100mLあたり) ●エネルギー:17kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:4.4g ●ナトリウム:40mg ●カリウム:11mg ●カルシウム:0.2~1.0mg ●マグネシウム:0.2~1.0mg | ●アミノ酸:5~20mg ●ぶどう糖:300mg ●クエン酸:100mg
<販売者> サントリーフーズ株式会社 (東京都港区台場2-3-3)
<JAN> 49-01777-23059-0

■ 参照キャップデータ ■
『GREEN DA・KA・RA』 (2000mL 「ゆびスポット」 PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号:「2013.10.24/K」。賞味期間は約9カ月 (未開栓)。キャップは、日本クラウンコルク社製 「28NCフラップアセプ-E」 ワンピースキャップ [粗ギザタイプ] (Mold#-Cavity#:**-87)。ボトルは、自社成形 (ロット番号:K 02)。プリフォーム [透明/PCO-1810] (ロット番号:1-112)。製品ロット番号: 0034470

注1) 「『GREEN DA・KA・RA』 半透明グリーンシェルのカラーキャップで新登場!」 ペットボトルキャップ時評 (2012/04/23)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年3月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ