« サーフビバレッジ社 『Kuro no KISEKI』 に 「HOT&COLD」 キャップ登場 | トップページ | 『グリーン ダ・カ・ラ』 のグリーンハートにもノーマルキザ »

2013/02/11

ポッカサッポロフード&ビバレッジの誕生

旧聞に属する話で恐縮であるが、本年元旦 (2013年1月1日)、「サッポロ飲料株式会社」、「株式会社ポッカコーポレーション」、並びに 「株式会社北海道ポッカコーポレーション」 が正式に合併し、「ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社」 という長ったらしい社名に生まれ変わった。これは、サッポロホールディングスが、2011年3月29日に実施した 「ポッカコーポレーション」 の子会社化に引き続くものであり、経営統合の総仕上げである。

これに伴い、新たな企業スローガン (同社ではこれをタグラインと呼んでいる) とコーポレートロゴが誕生した [注1]。先ず、タグラインであるが、<おいしい 「!」 がある> である。まるでその辺の女子高生が書きそうな手書き風文字で、コーポレートロゴを覆うように置かれている。この 「!」 は 「ヒラメキ」 と読ませるらしいが、ルビがないと読めない。「!」 のドットが星印になっていることも、サッポロの未練を感じさせる。そして、赤文字のコーポレートロゴの 「poKKa (sapporo」 である。因みに 「KK」 の個所は実際にはスモールキャピタルが用いられているので、全て小文字である。

企業ロゴの小文字化は、2008年、株式会社NTTドコモが 「DoCoMo」 から 「docomo」 への変更、2009年、明治製菓と明治乳業の経営統合に伴い 「MEIJI」 から 「meiji」 への変更と記憶に新しい。一説には、インターネットにおけるURL表示の影響とも言われているが、私は単に社会の幼児化の表れのような気がしてならない。固有名詞の小文字化 (一般名詞化) は、本来長い期間を要し、風雪に耐えてこその信頼の証であるべきである。

世間では今回の経営統合を 「弱者連合」 などと呼んで揶揄している。随分と失礼な話である。私はポッカの商品開発力、海外での高い評価と広範な販路、そしてサッポロのブランド力のシナジー効果に期待したい。

ところが、スタートダッシュでもたついている。現在市場に流通する飲料キャップには、新 「poKKa (sapporo」 ロゴ、旧 「POKKA」 ロゴ、旧 「SAPPORO」 ロゴ、「白蓋」 が混在し、混沌としている。これでは、消費者は混乱してしまう。一般消費者にとって、経営統合など余程の関心がなければ、どうでもいい出来事である。目の前に示されたものがすべてである。ブランドを変更する際には、消え行くブランドにきちんと別れを告げ、そのうえで新規ロゴの顔見世を盛大に行う方が分かりやすい。経験上、なし崩し的に別れた相手とは禍根を残す羽目になる。キャップは商品の顔であることをいま一度銘記すべきである。

2013年2月11日 (月)、都内のコンビニ 「スリーエフ」 の店頭で、初めて新規 「poKKa (sapporo」 ロゴキャップと対面した。長い社名のため、ロゴの文字が小さいというのが第一印象である。今更こんなことを言うのも気が引けるが、今回の統合で本当に良かったのだろうか。

■ 商品表示データ ■
『素 (そ) のままづくり 白桃』 (角形500mL耐熱PETボトル)
<品名> 清涼飲料水
<原材料名> 果糖ぶどう糖液糖、もも果汁、マルトオリゴ糖、酸味料、香料、酸化防止剤 (ビタミンC)
<栄養成分> (100mL当り) ●エネルギー:47kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:12g ●ナトリウム:15mg
<販売者> ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社 (名古屋市中区栄4-2-29)
<JAN> 45-82409-17084-4

■ 参照キャップデータ ■
『素 (そ) のままづくり 白桃』 (角形500mL耐熱PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「2013.08.20/H」。賞味期限は7カ月 (未開封)。キャップは、CSI社製 「PS-Lok」 ワンピースキャップ (Mold#/Cavity#:V3/16)。ボトルは吉野工業所製 (ロット番号:96-72)。プリフォーム [白[結晶]化] (ロット番号:3C)。製造ロット番号:13:26

注1) 「ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社に関するお知らせポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社 プレスリリース (2012/10/03)

« サーフビバレッジ社 『Kuro no KISEKI』 に 「HOT&COLD」 キャップ登場 | トップページ | 『グリーン ダ・カ・ラ』 のグリーンハートにもノーマルキザ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サーフビバレッジ社 『Kuro no KISEKI』 に 「HOT&COLD」 キャップ登場 | トップページ | 『グリーン ダ・カ・ラ』 のグリーンハートにもノーマルキザ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ