« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013/03/26

『桃の天然水』 「HAPPY UP!」 キャップ、ノーマルギザになる

全国のSKナール好事家にとって実に悲しむべき事態である。

『桃の天然水』 のキャップが、2013年3月25日 (月)、リニューアル発売分より、ノーマルギザになった [注1-2]。JTビバレッジ社の商品一覧では、『桃の天然水ライト』 の発売日が、2013年3月11日 (月) となっているので、既に2週間前にはノーマルキャップになっていたのかも知れない [注3]。

ダイドードリンコ、JTビバレッジと相次ぐ、SKナール連合からの離脱は、震災以降の 「エコグリップキャップ」(アサヒ飲料とNCCの共同開発となるウェーブナール形状キャップ) の市場からの撤退と相俟って、ユニバーサルキャップの行く末に暗い影を落としている。結局のところ、消費者はナール形状の差異にそれほどの評価を与えなかったということなのだろうか。また、撤退の理由が費用対効果にあったとすれば、あまりにも短絡的な経営判断と言わざるを得ない。

これで、現行キャップにおいてSKナールを使用する製品は、キリンビバレッジの 『生茶』 とヤクルト本社の 『蕃爽麗茶』 の2社2製品のみとなってしまった。

とは言うものの、形状違いのキャップが一つ増えたことは、コレクターしてはうれしい。でも、ちょっと微妙。

■ 商品表示データ ■
『桃の天然水』 (490mLオリジナルシェイプ [ツイストスパイラル構造耐圧パネル] PETボトル)
<名称> 清涼飲料水
<原材料名> 果糖ぶどう糖液糖、もも果汁、酸味料、香料
<栄養成分> (製品100mL当たり) ●エネルギー:30kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:7.5g ●ナトリウム:8.4mg
<販売者> ジェイティー飲料株式会社 (東京都品川区大井1-28-1)
<JAN> 49-02210-26159-2

■ 参照キャップデータ ■
『桃の天然水』 (490mLオリジナルシェイプ [ツイストスパイラル構造耐圧パネル] PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「2013.12.05/H」。賞味期限は8カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製 「28NCフラップホット-V」(洗浄スリット6個所) (ロット番号:A54-21)。ボトルは東洋製罐社製 (ロット番号:06-5)。プリフォーム [結晶化PCO1810] (ロット番号:[判読不能])。

* H = ハルナビバレッジファクトリー株式会社 ハルナ工場 (370-3531 群馬県高崎市足門町39-1)

注1) 「『桃の天然水』、『桃の天然水SPARKLING(スパークリング)』 3月25日より全国で発売」 ジェイティ飲料株式会社 ニュースリリース (2013/03/11)
注2) ジェイティ飲料株式会社 「ももてんサイト」 (ブランドサイト) [アクセス日: 2013年3月25日]
注3) 「桃の天然水ライト」 (商品一覧)

チェリオジャパン 『ライフガード(R)』 キャップに第8の図柄登場!

チェリオジャパンは、2013年3月下旬、『ライフガード(R)』 [注1-2] をリニューアルし、全国発売した。3月26日 (火) 朝方、サンクス店頭にて確認、500mL入りPETボトル1本、希望小売価格147円のところ、特価125円であった。

リニューアルに伴い、パッケージとキャップの図柄が約半年ぶりに変更された。何故か、パッケージからミツバチが消えた。いまのところ、蜂群崩壊症候群との関わりは不明である。

キャップの図柄は、白地キャップ地に直径23mm、幅4mmのタイヤサイドウォールから、ちょこんと顔を突き出したウサダーが描かれている。タイヤは黒の輪郭のみであるが、ウサダーは黒い輪郭で縁取りされた上で、緑色で彩色されている。白い歯が眩しいが、全体的に塗り残しのある 「ぬり絵」 のようである。

図柄が可愛くなったことに内心 「ほっと」 している。半年前の恐怖の目玉が嘘のようである [注2]。

これで、 ハニーカムボトル版 『ライフガード(R)』 の図柄は全8種類となった (白無地統一時期を除く)。



表.『ライフガード(R)』 図柄一覧 (出現・採用順)

① 「ウサダー顔面どアップ」 ver.
  配色: 白色キャップ地に緑色と黒
  初出: 2010年3月22日

② 「迷彩柄パターン+ファイヤーフレイム」 ver.
  配色: 白色キャップ地に緑色と黒
  初出: 2010年7月中旬

③ 「眼球どアップ」 ver.
  配色: 白色キャップ地に紫色と黒
  初出: 2010年2月上旬*
  流用: 2010年8月頃*

④ 「ミツバチ顔面どアップ」 ver.
  配色: 白色キャップ地に黄色と黒
  初出: 2011年1月上旬

⑤ 「ウサダーウインク」 ver.
  配色: 白色キャップ地に黄色と紫
  初出: 2011年3月中旬

⑥ 「LIFEGUARD 25周年記念エンブレム」 ver.
  配色: 白色キャップ地に黒色と金
  初出: 2011年3月21日

⑦ 「孵化途上眼球凝視」 ver.
  配色: 白色キャップ地に濃い緑色と黒
  初出: 2012年9月1日前後

⑧ 「タイヤ側窓から顔を出すウサダー」 ver.
  配色: 白色キャップ地に緑色と黒
  初出: 2013年3月26日前後



ウサダー図柄キャップの今後の展開に期待したい。

■ 商品表示データ ■
『ライフガード(R)』 (丸型ペタロイド脚耐圧ボトル 「ハニーカムボトル」 500mL)
<名称> 炭酸飲料
<原材料名> 糖類 (砂糖、果糖ぶどう糖液糖)、はつみつ、ローヤルゼリー、酸味料、香料、V.C、保存料 (安息香酸Na)、カフェイン、ナイアシン、グルタミン酸Na、パントテン酸Ca、グリシン、アスパラギン酸Na、アラニン、イソロイシン、フェニルアラニン、ヘスペリジン、V.B2、V.B6、スレオニン、V.A、葉酸
<成分分析表> (製品100mLあたり) ●エネルギー:36kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:9g ●ナトリウム:25mg ●V.C:29mg ●ナイアシン:2mg ●パントテン酸:0.5~1mg ●V.B2:0.7mg ●V.B6:0.6mg ●V.A:90μg ●葉酸:15μg | ●グルタミン酸Na:2mg ●グリシン:1.7mg ●アスパラギン酸Na:1.6mg ●アラニン:1.3mg ●イソロイシン:1.2mg ●フェニルアラニン:1mg ●スレオニン:0.6mg ●ローヤルゼリー:2mg
<販売者> 株式会社チェリオジャパン (東京都千代田区丸の内2-4-1)
<JAN> 49-02074-01024-3

■ 参照キャップデータ ■
『ライフガード(R)』 (丸型ペタロイド脚耐圧ボトル 「ハニーカムボトル」 500mL) の賞味期限:「2013.09.12」+製造所固有記号:「CHK」。賞味期間は6カ月 (未開栓)。キャップは、CSIジャパン社製 「GA-Lok」 ワンピースキャップ [ノーマルギザタイプ] (Mold#/Cavity#:CSI G4-43)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:F/20)。プリフォーム [透明/PCO] (ロット番号:9-55)。製品ロット番号: 1135

注1) 「ライフガード」 (ブランドサイト) [2013年3月26日現在]
注2) 「チェリオジャパン 『ライフガード(R)』 のキャップに不気味な目玉図柄登場!」 ペットボトルキャップ時評 (2012/09/04)

目にも鮮やか! グリーンシェルの 『スプライト』

日本コカ・コーラ社及びコカ・コーラシステムは、『Sprite (スプライト)(R)』 をプチリニューアルし、2013年3月25日 (月) 全国新発売した [注1-2]。発売日翌日の朝方、コンビニエンスストア各店頭にて確認、470mL入りペットボトル1本希望小売価格147円のところ、特価125円であった。

今回のリニューアルに伴い、ボトルシェイプとキャップの色が変更された。

ボトルは、2007年3月19日にフルリニューアルされた 「ディンプルボトル」 [注3] を一部手直しすることにより、内容量が500mLから470mLに若干減量された。外観の違いはボトルショルダー部の角度が鈍角になったことである。

なお、「ディンプルボトル」 とは、1961年に 『スプライト』 が登場した当時から使用されていたガラス瓶側面に施された気泡をイメージした 「くぼみ (えくぼ) =dimple」 から名づけられたボトルの呼称である。そして、このディンプル模様は装飾目的に留まらず、滑り止めの役割も果たしている。すなわち、デザイン=設計である。

日本コカ・コーラ社のオリジナルシェイプのボトルには、全てこうした愛称が付けられている。因みに、『ファンタ』 の団子三兄弟形状ボトルには 「バブルボトル」、『Qoo』 には 「バルーンボトル」、『紅茶花伝』 には 「マーメイドボトル」、『爽健美茶』 には 「フィットボトル」、『アクエリアス』 には 「エアーボトル」、等々である。だたし、あの伝統的なガラス瓶の 『Coca-Cola』 が 「コンツアーボトル」 と呼ばれているのに対して、ペットボトルの 『Coca-Cola』 は現在 「GRIPボトル」 と呼ばれているので、ちょっと厄介である。

閑話休題。

キャップシェルも従来の白地からグリーンに変更され、より製品イメージに近づいた。

キャップの図柄は、ノーマルギザのグリーンシェルキャップ地にホワイトオペークインキで右肩上がりの 「Sprite (R)」 ロゴ + ロゴを囲む六角形のびっくり吹き出しマーク、そして上下点対称の 「→あける」 開栓方向指示である。びっくり吹き出しマーク上辺には、レモンが水面に衝突する様が描かれている。パッケージだと、その辺のフレッシュなイメージが鮮明で分かりやすいのだが、アイコン化すると、たちまち意味不明となる。図案の意図としては、小文字の 「i」 の上にある 「・」 をレモンで代用したかったのだろうが、まるで地球に激突する瞬間の隕石のようである。

ところで、当然、NCC社製の 「Sprite (R)」 キャップも存在することが予想される。印刷状態や登録商標の大きさの違いに注目である。

グリーンキャップ! 目にも鮮やかである。

■ 商品表示データ ■
『スプライト (R)』 (ペタロイド脚470mL耐圧オリジナルシェイプ 「ディンプルボトル」)
<品名> 炭酸飲料
<原材料名> 果糖ぶどう糖液糖、香料、酸味料、酸化防止剤 (ビタミンC)
<栄養成分> (100mL当り) ●エネルギー:41kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:10.2g ●ナトリウム:0mg
<販売者> コカ・コーラ カスタマーマーケティング株式会社 (東京都港区六本木6-2-31)
<JAN> 49-02102-10257-5

■ 参照キャップデータ ■
『スプライト (R)』 (ペタロイド脚470mL耐圧オリジナルシェイプ 「ディンプルボトル」) の製造所固有記号+賞味期限: 「130728-EIB」*。賞味期限は180日 [約6カ月] (未開栓)。キャップは、CSIジャパン社製白色ナイナーパッキン付き2ピースキャップの 「Wing-Lok」 (Mold#/Cavity#:[UKN]/103)。ボトルは、自社成型 [CCEJP](ロット番号:IB/28)。プリフォーム [透明/PCO-1810] (ロット番号:21-96)。

* EIB = コカ・コーラ イーストジャパンプロダクツ株式会社 茨城工場(300-0006 茨城県土浦市東中貫町4-1)

注1) 「新ボトルと新デザインでさらに爽快になって登場つきぬけ爽快! 『スプライト』 巨大スプラッシュ自動販売機を活用した新キャンペーンも開始」 日本コカ・コーラ ニュースリリース (2013/03/18)
注2) 「スプライト (Sprite)」 (ブランドサイト) [アクセス日:2013年3月26日]
注3) 「透明炭酸飲料 『スプライト』 フルリニューアル 新パッケージグラフィックと新しい味で、クールに登場! 新 『スプライト』 -3月19日(月)から全国で新発売-」 日本コカ・コーラ ニュースリリース (2007/02/21)

2013/03/19

『生茶』 緑色ベタ丸図柄のSKナール

キリンビバレッジ社は、2013年3月19日 (火)、『キリン生茶』 をリニューアルし、全国新発売した [注1-2]。発売日前日の夕方、ファミリーマート、セブンイレブン各店舗店頭にて確認、555mL入り1本税込み147円のところ特価125円であった。

なお、2L入り大型ボトルに関しては、大型スーパー等で既に先行販売されている [注3]。小型ボトルの方は、スケジュール通り、発売日リリースとなった。

今回のリニューアルの目的はただ一点、ブランドイメージの梃入れである。パッケージとキャップが一新された。

パッケージでは、3月19日~5月31日までの期間、<旨味実感キャンペーン>を実施する旨の告知が印刷されている。「うまいかどうかは、あなたが決める。」 と挑発的な惹句が踊る。2L入りPETボトル1ケース (6本) が10,000名に当たるらしい。

キャップも、2009年3月3日に登場して久しい茶葉の中に小さく 「生茶」 のロゴの入った控えめなキャップから、新キャップに大変身である。

『生茶』 といえばグリーンキャップ。2004年頃登場したグリーンキャップは、カラーキャップの先駆的存在であり、松嶋菜々子のCMや生茶パンダのキャラクターとともに、『生茶』 の商品イメージを決定づけたカラーアイコンであった。しかしながら、昨今は石を投げればカラーキャップに当たるというくらいの乱立ぶりで、少し色褪せた感がある。

そこで、ライトグリーンの眩いばかりのキャップ地に直径24mmのビビットグリーンのベタ丸キャップの登場とあいなった。モノトーンというには、余りにもコントラストのキツイ配色は、駄目押し的アイキャッチャーとしての役割を狙ったものである。更に、目立つためなら、なり振り構わぬその姿勢は、キャップに刻まれた 「生茶」 の楷書体フォントのサイズにも遺憾なく発揮されている。とにかく文字がデカイ! 32ポイント! キャップにドーンと2文字だけ。私は緑内障のため、極度の視野狭窄に陥っているが、このキャップの文字は非常に目を惹く。一目で ≪これは 『生茶』 である≫ と分かる。

このスタイリッシュとは対極にあるアートディレクションは、極めて意図的に行われている。野暮は百も承知といった意気込みすら感じられる。恐らく、このキャップは 『生茶』 史上、最もベタなキャップと称えられるだろう。

これで、SKナールの種類は、6社、16図柄、全21種類となった (筈である)。ただし、この内で現在も市場に出回っているキャップは、白抜き▽の4種類のみである。また、いつの間にか、『生茶』 のキャップも 「28NCフラップアセプ-S」 ベース改良型SKナールから、環境負荷低減を指向した 「28NCフラップアセプ-E」 ベース改良型SKナールに変更されていた (恐らく、2010年以降と考えられる)。更に、充填方式も無菌充填に統一されてしまったため、今回の緑色ベタ丸図柄には、「28NCフラップアセプ-SW」 ベース改良型SKナールは存在しない。時の流れの速さを感じずにはいられない。

表. SKナールキャップ一覧表 (2013年3月19日現在)

 ▼ 1a) キリンビバレッジ
   『キリン 生茶』
   [くちびるバージョン]
    コールド販売用 | アセプチック充填
   「28NCフラップアセプ-S」 ベース
   (初出: 2008年2月26日、火曜日)

 ▼ 1b) キリンビバレッジ
   『キリン 生茶』
   [くちびるバージョン]
    コールド販売用 | ホット充填
   「28NCフラップホット-SW」 ベース
   (初出: 2008年2月26日、火曜日)

 ▼ 2) キリンビバレッジ
   『キリンレモン』
   [青黄2色刷ブランドロゴバージョン]
    コールド販売用 | 炭酸充填
   「Fin-Lok」 ベース
   (初出: 2008年3月11日、火曜日)

 ▼ 3) キリンビバレッジ
   『ホット 生茶 玉露入り』
   『ホット 生茶 香ばしい深入り』
   [加温器用オレンジ汎用キャップ]
    ホット販売用 | ホット充填
   「28NCフラップホット-SW」 ベース
   (初出: 不明 [2009年1月上旬頃])

 ▼ 4a) キリンビバレッジ
   『キリン 生茶』
   [ツチノコバージョン]
    コールド販売用 | アセプチック充填
   「28NCフラップアセプ-S」 ベース
   (初出: 2008年2月26日、火曜日)

 ▼ 4b) キリンビバレッジ
   『キリン 生茶』
   [ツチノコバージョン]
    コールド販売用 | ホット充填
   「28NCフラップホット-SW」 ベース
   (初出: 2008年2月26日、火曜日)

 ▽ 5a) キリンビバレッジ
   『キリン 生茶』
   [『生茶』 抜き文字バージョン]
    コールド販売用 | アセプティック充填
   「28NCフラップアセプ-S」 ベース
           → 「28NCフラップアセプ-E」 ベース
   (初出: 2009年3月3日、火曜日)

 ▼ 5b) キリンビバレッジ
   『キリン 生茶』
   [『生茶』 抜き文字バージョン]
    コールド販売用 | ホット充填
   「28NCフラップホット-SW」 ベース
   (初出: 2009年3月3日、火曜日)

 ▽ 6) キリンビバレッジ
   『キリン 生茶』
   [緑色ベタ丸に 「生茶」 抜き文字バージョン]
    コールド販売用 | ホット充填
   「28NCフラップホット-E」 ベース
   (初出: 2013年3月19日、火曜日)

 ▼ 7) キリンビバレッジ
   『キリン 潤る茶』
   [白色地茶色刷 「KIRIN」 汎用キャップ]
    コールド販売用 | アセプティック充填
   「28NCフラップアセプ-S」 ベース
   (初出: 不明 [2009年3月12日頃])

 ▼ 8) キリンビバレッジ
   『キリン ヌューダ』
   [白色地銀色刷 「KIRIN」 汎用キャップ]
    コールド販売用 | 炭酸充填
   「Fin-Lok」 ベース
   (初出: 2009年4月7日、火曜日)

 ▽ 9) ヤクルト本社
   『蕃爽麗茶』
   [白色地赤色刷 「Yakult」 + 「→あける」]
    コールド販売用 | ホット充填
   「28NCフラップホット-SW」 ベース
   (初出: 不明 [2010年3月下旬])

 ▼ 10) JT飲料
   『辻利』
   [白色地スミ一色刷 「辻利」]
    コールド販売用 | ホット充填
   「28NCフラップホット-SW」 ベース
   (初出: 不明 [2010年3月下旬])

 ▼ 11) ダイドードリンコ
   『聘珍茶寮 ジャスミン茶』
   [白色地灰+金赤2色刷
       「DyDoロゴ+聘珍茶寮のロゴ」 ]
    コールド販売用 | ホット充填
   「28NCフラップホット-SW」 ベース
   (初出: 不明 [2011年3月中旬])

 ▼ 12) ダイドードリンコ
   『柚子ごこち ゆずれもん』
   [白色地黄+オリーブ2色刷
      「DyDoロゴ+柚子のイラスト」 ]
    コールド販売用 | ホット充填
   「28NCフラップホット-SW」 ベース
   (初出: 不明 [2011年3月中旬])

 ▼ 13) JT飲料
   『桃の天然水』
   [薄いピンク地濃いピンク色刷
       「丸ベタ+URL表示柄」]
    コールド販売用 | ホット充填
   「28NCフラップホット-SW」 ベース
   (初出: 2011年3月29日、火曜日)

 ▼ 14) JT飲料
   『辻利』
   『桃の天然水』
   [白色地茶色刷 「丸ベタ+URL表示柄」 ]
    コールド販売用 | ホット充填
   「28NCフラップホット-SW」 ベース
   (初出: 不明 [2011年7月中旬])

 ▼ 15) カゴメ
   『野菜生活100』
   [白色地緑+黄2色刷
       「野菜生活100」 ブランドロゴ柄]
    コールド販売用 | ホット充填
   「28NCフラップホット-SW」 ベース
   (初出: 不明 [2011年8月初旬])

 ▼ 16) ダイドードリンコ
   『柚子ごこち ゆずれもん』
   [白色薄茶色刷 「DyDoロゴ」 汎用図柄]
    コールド販売用 | ホット充填
   「28NCフラップホット-SW」 ベース
   (初出: 不明 [2011年11月中旬])

 ▼ 17) カゴメ
   『カゴメトマトジュース』 (280g)
   『野菜一日これ一本』 (280g)
   [白無地]
    コールド販売用 | ホット充填
   「28NCフラップホット-SW」 ベース
   (初出: 不明 [2012年3月中旬])

 ▽ 18) JT飲料
   『桃の天然水』
   [桃色地にホワイトオペークインキ
       「HAPPY UP!柄」]
    コールド販売用 | ホット充填
   「28NCフラップホット-SW」 ベース
   (初出: 2012年3月26日、火曜日)

何れにしても、新規キャップの出現はうれしい。

■ 商品表示データ ■
『キリン 生茶』 (555mLオリジナルシェイプ [市松格子柄耐圧パネル] PETボトル)
<名称> 清涼飲料水
<原材料名> 緑茶 (国産)、生茶葉抽出物 (国産)、ビタミンC、香料
<栄養成分> (製品100mL当たり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:11mg
<製造者> キリンビバレッジ株式会社 (東京都千代田区神田和泉町1番地)
<JAN> 49-09411-15286-7

■ 参照キャップデータ ■
『キリン 生茶』 (555mLオリジナルシェイプ (市松格子柄耐圧パネル) PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「2013.11.28/S」。賞味期限は8カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製 「28NCフラップアセプ-E」 改良型ワンピースキャップ (SKナール、洗浄スリットなし) (ロット番号:A47-32)。ボトルは自社内製 (KBC) 形成 (ロット番号:D18)。プリフォーム [透明/PCO1810] (ロット番号:D-068)。

* S = キリンビバレッジ湘南工場 (253-0101 神奈川県高座郡寒川町倉見1620)

注1) 「『深蒸し茶』 を配合し、豊かな旨味が感じられる味わいを実現 『キリン 生茶』 3月19日 (火) リニューアル新発売」 キリンビバレッジ ニュースリリース (2013/01/23)
注2) キリンビバレッジ 「生茶」 (ブランドサイト) [アクセス日: 2013年3月19日]
注3) 「キリン 『生茶』 のリニューアルニューキャップ」 KUMAの日記風ボトルキャップ通信 (2013/03/10)

2013/03/18

『カルピスソーダ』 に紺青のキャップ新登場!

2013年3月18日 (月)、『カルピスソーダ』 のリニューアルに伴いブルーシェルキャップが新登場した [注1-2]。発売日前日の3月17日 (日)、総合スーパー 「イオン」 店頭にて確認、500mL入り1本税込み特価105円也。『カルピスソーダ』 は1973年4月の登場から数えて、今年4月で40周年を迎える。

カルピスは昨年10月1日、『ウェルチ』 に真紅のカラーシェルキャップを導入したのを契機に、従来の汎用柄キャップの新展開を図っているかのようである [注3]。

キャップの図柄は、ノーマルギザの紺色掛かった深い青色のシェル地に、「カラダにピース / CALPIS」 のコーポレートロゴ + 「販売者カルピス株式会社 / 東京都渋谷区恵比寿南2-4-1」 の汎用柄が、ホワイトオペークインキで印刷されている。『カルピスソーダ』 はその名称が示す通り炭酸飲料である。従って、自社工場で製造した場合の 「製造者」 表示と協力工場 (委託先) で製造した場合の 「販売者」 表示が厳密に区別されている。今回入手したキャップは 「販売者バージョン」 であった。

「製造者バージョン」 は何処に、情報を求む!

■ 商品表示データ ■
『カルピスソーダ』 (500mLペタロイド脚耐圧PETボトル)
<種類別> 炭酸飲料
<原材料名> 糖類 (果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、脱脂粉乳、乳酸菌飲料、香料、酸味料、安定剤 (大豆多糖類)、甘味料 (アスラテーム・L-フェニルアラニン化合物)、アセスルファムカリウム
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:37kca ●たんぱく質:0.25g ●脂質:0g ●炭水化物:9.1g ●ナトリウム:11mg
<販売者> カルピス株式会社 (東京都渋谷区恵比寿南2-4-1)
<JAN> 49-01340-20622-9

■ 参照キャップデータ ■
『カルピスソーダ』 (500mLペタロイド脚耐圧PETボトル) の賞味期限 「13. 8.21/KN」*。賞味期限は約6カ月 (未開栓)。キャップは、日本山村硝子プラスチックカンパニー社製中栓付きツーピースキャップ 「TEN-Cap」 (ベントホール:4個所) (ロット番号:<中栓>p1-19)。ボトルは、吉野工業所製 (ロット番号:HS/C02)。プリフォーム [結晶化PCO1810] (ロット番号:HS60-36)。製品ロット番号:LOT 22:15

* KN = 神奈川柑橘果工株式会社 (258-0112 神奈川県足柄上郡山北町岸716番地)

注1) 「カルピスソーダ」 (ブランドサイト) (アクセス日: 2013年3月18日)
注2) 「さらに “スッキリ爽やか” になって新登場 『カルピスソーダ』 3月18日リニューアル発売 プロモーション活動も積極展開」 カルピス株式会社 ニュースリリース#649 (2013/03)
注3) 「『ザ・プレミアム カルピス』 に真紅のキャップ新登場!」 ペットボトルキャップ時評 (2012/10/01)

2013/03/17

『がぶ飲みメロンクリームソーダ』 のもう一つのキャップ

ポッカサッポロフード&ビバレッジ社の新規コーポレートロゴ入りキャップを取り巻く状況が慌しくなって来た。春の訪れとともに、ニューキャップの出現情報が日本各地で相次いでいる。

キャップの違いは、白地キャップに赤文字のもの、金文字のもの、そして銀文字のもの。新規コーポレートロゴのみのもの、コーポレートロゴにタグライン付きのもの。更には、「炭酸充填」、「ホット充填」、「無菌充填」 といった充填方式の違いによるキャップ形状の違いなどである。

2013年3月16日深夜、近所の食品スーパーで 『がぶ飲みメロンクリームソーダ』 を購入した。500mL入り税込み特価105円。キャップの図柄は、白地キャップ地に金文字 (薄茶色の刷色) で、「pokka(sapporo」 の新規コーポレートロゴ入りのものである。これは、世界有数のペットボトルキャップコレクターであるKUMA氏のブログに掲載されているタグライン付きのものと同じ製品であるが、キャップ形状と図柄が異なる。

KUMA氏より頂いた情報によれば、タグライン付き金文字ロゴのTEバンド情報は 「2013.08.08/AD」 であり、キャップ形状はライナーパッキンの無い1ピースキャップであるという [注1]。 『がぶ飲みメロンクリームソーダ』 は無果汁炭酸飲料なので、キャップは炭酸充填用のものに限られる。現在これに対応するキャップは、日本クラウンコルク (NCC) 社製の 「Fin-Lok」(シェル+青色ライナー材の2ピース) と 「28NCフラップ-TA」 (1ピース)、CSIジャパン社製の 「Wing-Lok」(シェル+青色ライナー材の2ピース) と 「GS-Lok」(1ピース)、そして日本山村硝子プラスチックカンパニー社の万能 「TEN-Cap」(シェル+中栓の2ピース) の5種類である。

今回出現した炭酸充填用金文字ロゴキャップは、<おいしい 「!」 がある> という 「タグライン付き」 のものと、 「タグライン無し」 のものの2種類が存在する。いずれもキャップ供給メーカーはNCC社であるにもかかわらず、1ピースと2ピースの違いがあることが非常に興味深い。すなわち、 「タグライン付き」 図柄のものが1ピースキャップの 「28NCフラップ-TA」 であり、 「タグライン無し」 図柄のものが2ピースキャップの 「Fin-Lok」 である。キャップ裏の青色ライナー材の有無が決め手となる。

『がぶ飲みメロンクリームソーダ』 の図柄の変遷は、サッポロ飲料時代の 「SAPPORO / Drink it, Taste it and Satisfy your thirst」 金文字キャップが長らく続いた後、灰色 「←あける」 白無地統一期及び在庫調整期を経て、今回のタグライン付き 「pokka(sapporo」 金文字キャップとタグライン無し 「pokka(sapporo」 金文字キャップの同時出現へと連なる。以下に参考までに、TEバンド情報の一例を挙げておく。

(a) 「2013.07.17/AD」
    灰色 「←あける」
(b) 「2013.08.01/K」
    金文字 「pokka(sapporo」
(c) 「2013.08.08/AD」
    金文字 「おいしい 「!」 がある /
    pokka(sapporo」 [注1]

今でも自販機では、灰色 「←あける」 キャップが頻繁に出て来る。やはり確実に入手するには、店頭での目視が欠かせない。ただし、ポッカサッポロフード&ビバレッジ社の販売チャネルは主に自販機に特化していることから、目視可能な製品を探すことには困難を伴う。ねらい目は、地域密着系の食品スーパーや100円ショップなどである。

今後、キャップ形状、キャップ供給メーカー、充填方式、などの違いの分だけ、組み合わせのバリエーションが存在すると思うと、ワクワクする。聞き及ぶところでは、ブルーシェルキャップの出現もあるという。本当に楽しみである。

■ 商品表示データ ■
『がぶ飲みメロンクリームソーダ』 (500mLペタロイド脚耐圧ボトル)
<品名> 炭酸飲料
<原材料名> 糖類 (果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、果糖脱脂れん乳、脱脂粉乳、酸味料、香料、安定剤 (大豆多糖類)、着色料 (黄4、青1)
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:48kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:12g ●ナトリウム:5~14mg
<販売者> ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社 (名古屋市中京区栄4-2-29)
<JAN> 45-82155-81178-7

■ 参照キャップデータ ■
『がぶ飲みメロンクリームソーダ』 (500mLペタロイド脚耐圧ボトル) の賞味期限+製造所固有記号 「2013.08.01/K」。賞味期限は6カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製 「Fin-Lok」 青色ライナーパッキン付き2ピースキャップ [ノーマルギザタイプ] (Mold#/Cavity#:[na]/3・)。ボトルは、吉野工業所製 (ロット番号:B23/H44)。プリフォーム [結晶化PCO1810] (ロット番号:H344)。製造ロット番号 [ボトル肩部に記載]: 10:11A

注1) 「ポッカサッポロの金文字コーポレートロゴ&タグライン入りニューキャップ」 KUMAの日記風ボトルキャップ通信 (2013/03/16)

2013/03/13

『ネスカフェ・エクセラ・ボトルコーヒー』 のシャーベットブルーのキャップ

2013年3月1日、ネスレ日本から 『ネスカフェ・エクセラ・ボトルコーヒー』 シリーズ (900mL PET) が、全国新発売された。本日、業務用スーパー 「肉のハナマサ」 の店頭にて確認。900mLボトル1本税込み108円也。

これまでの 『ネスカフェ・ボトルコーヒー』 シリーズのリニューアル商品らしい。ラインナップは、「低糖 (糖類50%減)」、「無糖」、「エスプレッソ低糖 (糖類50%減)」、「エスプレッソ無糖」、「カフェインレス無糖」 の全5種類である。

キャップの図柄は、シャーベットブルーの粗ギザキャップ地にホワイトオペークインキで 「NESCAFE」 の商品ロゴである。実にシンプルであるが、カラーキャップの導入でブランニュー感満載である。

近年、カラーキャップの台頭が著しい。同じコーポレートロゴを使用した汎用キャップでも、キャップのカラーリング加飾による効果は抜群である。ただし、今後もこの傾向が続くようならば、新機軸へのシフトは避けられない。

2013年3月は、神戸市中央区にそれぞれの本拠を置く 「ネスカフェ」 vs 「UCC」 のボトルドコーヒー戦争の様相を呈している。むかしから、同時期に類似製品が競合する偶然をよく目の当たりにするが、私はかねてより、競合企業のトップ同士にはホットラインが存在すると睨んでいる。「来春のリニューアル商品はこんな感じで、ひとつヨロピク」 と言った会話がなされているのではないだろうか、知らぬは社員ばかりなり、って具合に。競合が市場規模の拡大を生むという、かなり手垢にまみれたマーケティング手法ではあるが、今回もまんまとそのビタートラップに嵌められてしまった (トホホ)。

■ 商品表示データ ■
『NESCAFE Exella <無糖>』 (900mL角形オリジナルシェイプPETボトル)
<種類別名称> コーヒー飲料
<原材料名>  コーヒー
<栄養成分> (100mLあたり) ●熱量:0kcal ●たん白質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0.5~0.9g ●ナトリウム:10~40mg ●糖類:0g
<製造者> ネスレ日本株式会社 (神戸市中央区御幸通7-1-15)
<JAN> 49-02201-41111-0

■ 参照キャップデータ ■
『NESCAFE Exella <無糖>』 (900mL角形オリジナルシェイプPETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「13.11.01/K」*。賞味期間は270日 [約9カ月] (未開栓)。キャップは、CSIジャパン社製 「AS-Lok」 ワンピースキャップ [粗ギザタイプ] (Mold#/Cavity#:L10/28)。ボトルは、自社成形? (ロット番号:10 C)。プリフォーム [透明/PCO-1810] (ロット番号:TH2150)。製造ロット#:0411687 2311 / 30361417

* K = ネスレ霞ヶ浦工場 (300-0622 茨城県稲敷市神宮寺字迎山1751)

注1) 「『ネスカフェ エクセラ ボトルコーヒー』 3月1日 (金) 発売」 ネスレ日本株式会社 ニュースリリース (2013/02/07)
注2) ネスレ日本株式会社ネスカフェエクセラ」 (ブランドサイト)

『UCC 職人の珈琲』 のコーヒー豆アイコンのキャップ

2013年3月4日、『UCC職人の珈琲』 (無糖、低糖、甘さひかえめ) が、全国新発売された。昨夜、新大久保コリアンタウンのコンビニ 「mini ピアゴ」 の店頭で見付けた。930mL増量ボトル1本税込み98円、安い!

久しぶりに行った新大久保は、夜9時過ぎともなると、韓流ファンの妙齢のご婦人方や年配のご婦人方もいらっしゃらないため、閑散としており、とても歩きやすい。

キャップの図柄は、粗ギザキャップ地にコーヒー豆を象ったと思しき、白線で上下に分割された楕円である。色はコーヒーの説明に対して如何なものかとは思うが、ズバリ小豆色。上下に各々 「挽きたて」 「レギュラーコーヒー100%」 の白抜き文字が入る。使用フォントも、ごくありふれた明朝体で、一切の特別感を排除している。真面目な商品であることのアピールのようにも思われる。

初めて見た瞬間、シールキャップかと思った。咄嗟に人指しゆびの爪でキャップ表面をスクラッチしそうになる。でも印刷加飾であった。コレクターにとっては、どちらであっても嬉しいのだが、出来れば 「シール」 → 「印刷加飾」 の段階を踏んで貰いたい。その逆でも結果は同じと思われるかも知れないが、ありがた味の質が違うのである。

■ 商品表示データ ■
『UCC職人の珈琲 無糖』 (930mL角形 「UCCスマイルボトル」)
<種類別名称> コーヒー飲料
<原材料名>  コーヒー
<栄養成分> (100mLあたり) ●エネルギー:0kcal ●たん白質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0.5g ●ナトリウム:0~20mg
<製造者> ユーシーシー上島珈琲株式会社 (神戸市中央区多聞通5-1-6)
<JAN> 49-01201-22369-3

■ 参照キャップデータ ■
『UCC 職人の珈琲 無糖』 (930mL角形 「UCCスマイルボトル」) の賞味期限+製造所固有記号: 「20140201/SGF」*。賞味期間は360日 [約12カ月] (未開栓)。キャップは、日本クラウンコルク社製 「28NCフラップアセプ-E」 ワンピースキャップ [粗ギザタイプ] (Mold#/Cavity#:A50/67)。ボトルは、自社成形? (ロット番号:10)。プリフォーム [透明/PCO-1810] (ロット番号:D60-87)。

* SGF = UCC滋賀工場 (529-1331 滋賀県愛知郡愛荘町愛知川1343 )

注1) 「UCC滋賀工場の最新鋭の技術を活かした独自製法「UCCアロマダイレクト製法」により喫茶店のコーヒーのおいしさをそのままPETボトルに淹れた 『UCC職人の珈琲 (無糖・低糖・甘さひかえめ) PET930ml』 3月4日 (月) から全国で新発売! 「レギュラーコーヒー100%使用」 「天然水100%抽出」 「挽きたて・無菌充填」 3つのこだわりがPETボトル入りコーヒーをよりおいしくしました」 ユーシーシー上島珈琲株式会社 ニュースリリース (2013/02/28)

2013/03/12

『Volvic』 にオレンジ色キャップのクリアピーチ登場

2013年2月26日 (火)、『Volvic』 の青ラベルが緑ラベルに変わった。サトウキビ由来の原料を20%使用した 「グリーンボトル」 の全 『Volvic』 製品への採用に伴うものである [注1]。

また、キリンMCダノンウォーターズ社は、2013年3月12日 (火) より、 『ボルヴィック』 シリーズのフレーバードウォーターに <Clear Peach> [注2] 加え、全国新発売した。同日、セブンイレブン、サンクス各店頭にて確認、500mL入り1本税込み126円。

キャップがオレンジ色であることを除けば、見馴れた34.5mm径エンボシングキャップである。

『桃の天然水』 と同じピーチフレーバーであるにもかかわらず、キャップの色がオレンジ色であることに疑問は残るが、コンビニのコールド販売製品の中にあっては、よく目立つ。

■ 商品表示データ ■
『ボルヴィック <クリアピーチ>』 (4角型PETボトル500mL)
<名称> 清涼飲料水
<原材料名> ナチュラルミネラルウォーター、転化糖・砂糖、酸味料、香料、保存料 (安息香酸Na)
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:19kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:4.8g ●ナトリウム:5.6mg
<原産国> フランス
<輸入者> キリンMCダノンウォーターズ株式会社 (東京都千代田区神田和泉町1番地)
<販売者> キリンビバレッジ株式会社 (東京都千代田区神田和泉町1番地)
<JAN> 49-09411-05226-3

■参照キャップデータ■
『Volvic <Clear Peach> 500mL』 の賞味期限: 「2014 02 16 61D 15:50 328」。賞味期限は9カ月 (未開封)。製造所表記は、本製品が輸入品であるため適用外 (輸入者:キリンMCダノンウォーターズ、販売者:キリンビバレッジ)。キャップは、Bericap社製34.5mm径 「3スタートスレッド」 タイプ、1ピースキャップ (ロット番号:223)。ボトルは 「VOLVIC」 自社成型 (ロット番号:B1)。プリフォーム [透明] (ロット番号:AMCOR/439-07)。ラベル: SIM 10153617 VF 50JP_PE1

* 因みに、キャップ裏の3桁のキャビティー番号上方に存在する得たいの知れないマークであるが、これは 「glass-and-fork symbol」 (ワイングラスとフォークをデザイン化したもの)と呼ばれるもので、フランスのダノン社の製品で良く目にする。これは、キャップやペットボトルなどのように食品と直接接触する材料に関して策定されたEC規制に基づくものである [注3-4]。

注1) 「フランス オーヴェルニュ地方の大自然の恵み 『ボルヴィック』 2月26日 (火) リニューアル新発売 『ボルヴィック クリアピーチ』 3月12日 (火) 新発売」 キリンビバレッジ株式会社 (2013/02/19)
注2) 「Volvic」 (ブランドサイト)
注3) 「Food safe symbol」 WikiPedia
注4) 「Framework Regulation EC 1935/2004

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ