« 「アクエリアス」 史上初となる半透明黄緑キャップ | トップページ | キリン 『生茶』 キャップにおけるベタ丸サイズの差異について <小ネタ④> »

2013/10/03

『ぽっかぽかレモン』 に待望の加温器ニューキャップ登場

『ぽっかぽかレモン』 [注1] に待望の加温器ニューキャップが登場した。2013年10月3日 (木)、エキナカコンビニ 「NEWDAYS」 店頭にて確認、280mL入り1本税込み130円也。

これは、2013年1月1日にサッポロフード&ビバレッジ社が誕生して以来初となる 「poKKa(sapporo」 ロゴ入りオレンジキャップである [注2]。

『ぽっかぽかレモン』 のオレンジキャップは、サッポロ飲料とポッカコーポレーションの経営統合が射程圏内に入り始めたここ数年間、無地キャップの不遇の時代が続いていた。でも、いよいよ装いも新たにニューキャップでの再出発である。前途に幸多からんことを祈念するばかりである。

さて、肝心の図柄であるが、ノーマルギザのオレンジキャップ地に赤一色で、「poKKa(sapporo」 のコーポレートロゴが上下中央横位置にレイアウトされ、その真下に 「本品は加温販売が / できます」 という販売注意喚起用メッセージが6ポイント活字2段組みで入る。

やはり 「poKKa(sapporo」 のロゴは横長過ぎたのか、従来のキャップ周囲を取り巻く、輪環状レイアウトでは無理があったようである。逆に、他社の加温器キャップとの差別化・差異化が図られ、新鮮な印象を与えることに成功している気がする。このことが、何でも横並びの事なかれ主義が蔓延するこの国の飲料業界に、一石を投じてくれると良いのだが、多分無理だよね。

私は、2013年秋冬加温器シーズンになってから、伊藤園 『お~いお茶』 (345mL、ホット販売用)、サントリー 『伊右衛門』 (345mL、ホット販売用) と立て続けにニューキャップの出現を看過するという痛恨のポカ (ミス) を犯している。完全に頭の中のキャップリストが消失したとしか思えない。随分と焼きが回ったものである。

でも今回だけは大丈夫! ギザギザや刷り色の違いといったその筋のマニアにしか分らない微妙な変化ではない。私のようなド素人にも分る図柄の変更である。余程ボーッとしていない限り、見過ごすことはない (筈である)。多分、恐らく!

■ 商品表示データ ■
『ぽっかぽかレモン』 (六角形280mL耐熱PETボトル)
<品名> 清涼飲料水
<原材料名> 砂糖、レモン果汁、還元澱粉糖化物、はちみつ、レモンピール、酸味料、香料、ビタミンC、マリーゴールド色素、甘味料 (スクラロース、アセスルファムK)
<栄養成分> (100mL当り) ●エネルギー:31kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:7.8g ●ナトリウム:37mg ●ビタミンC:12~101mg | ●クエン酸:443mg
<販売者> ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社 (名古屋市中区栄4-2-29)
<JAN> 45-82409-17204-6

■ 参照キャップデータ ■
『ぽっかぽかレモン』 (六角形280mL耐熱PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「20140503/G」*/**。賞味期限は9カ月 (未開封)。キャップは、日本クロージャー (NCC) 社製 「28NCフラップホット」 ワンピースキャップ (Mold#/Cavity#:H74/72)。ボトルは吉野工業所製 (ロット番号:67-76)。プリフォーム [白[結晶]化] (ロット番号:2076)。製造ロット番号:02:22

* 賞味期限の日付から逆算して製造日は、2013年8月6日頃である。
** G = 株式会社ポッカコーポレーション 群馬工場 (370-0101 群馬県伊勢崎市境東新井1301-1 境北部工業団地内)

注1) ポッカサッポロフード&ビバレッジ 「ぽっかぽかレモン」 (ブランドサイト) [アクセス日:2013/10/03]
注2) 「ポッカサッポロフード&ビバレッジの誕生」 ペットボトルキャップ時評 (2013/02/11)

« 「アクエリアス」 史上初となる半透明黄緑キャップ | トップページ | キリン 『生茶』 キャップにおけるベタ丸サイズの差異について <小ネタ④> »

コメント

一週間以上前に小田急マートでホット飲料でブルボンの粗ギザを手に入れたのですがニューキャップですか?

キムタケさま こんばんは

サプライズ! のニューキャップ情報、ありがとうございます。間違いなくニューキャップです。

それにしても、今年は、オレンジキャップの当たり年ですね。早速明日にでも探索に出かけたいと思いましたが、OdakyuMART(オダキューマート)って、ほとんどが神奈川県内での展開なんですね。

この度は、貴重な情報ありがとうございました。今後とも、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

こんばんは。
先ほどははじめましても無しにすみません。もう少し早く聞けば良かったですね。遅くなってごめんなさい。
コレクターのサイトを見ない限り情報が入らないため毎日のようにコンビニなどを入ってニューキャップを探してなければ何も買わずに出るの繰り返しの中見つけました。これから同じようにわからない事があったら聞かせてもらいます。
それがニューキャップ情報になるのなら嬉しい限りです。
これからもよろしくお願いします。

こんばんは。

 先週、このキャップのNYG製「TEN-Cap」バージョンを発見しました。
 発見場所は例によって「Odakyu MART」です。
 商品はポッカサッポロフード&ビバレッジ社「やすらぎ気分のコーン茶(加温販売用)、275ml」で、TEバンドには「2014.06.11/Q」とあります。この製造所「Q」はポッカサッポロ社の製造所固有記号-所在地リストには載っていないようです。
 キャップの図案はNCC社の物と変わりありませんが、TEN-Capらしい抜けのいい印刷で、ロゴや文字が非常にシャープに見えます。
もうご存知かも知れませんが、一応報告させていただきました。

クモの巣さま こんばんは

最新キャップ情報、ありがとうございます。

最近は仕事にかまけてばかりで、なかなかキャップに目配りが至りません。 『やすらぎ気分のコーン茶 (加温販売用)』 は、ポッカサッポロのホームページの画像では、粗ギザが提示されていたので、新種 (オレンジキャップの粗ギザ) の出現を期待しておりましたが、万能キャップである 「TEN-Cap」 で対応して来ましたか。ちょっと残念です。でも、キャップ裏同好会会員としては、大変嬉しいニュースでもあります (複雑)。

やはり、大和製罐のノーベンバル社との合弁解消(大和キャップとしての独立) が、今期、キャップの種類やサプライヤーの流動化を引き起こしているみたいですね。大和ノーベンバル社が大和キャップになったという情報をクモの巣さんからご教示して頂いた時には、想像も付かなかった事態です。はやく、大和キャップとしての全面展開を見てみたいものです。

また、何か新しい変化がありましら、お知らせください。宜しくお願い致します。

OJ拝^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「アクエリアス」 史上初となる半透明黄緑キャップ | トップページ | キリン 『生茶』 キャップにおけるベタ丸サイズの差異について <小ネタ④> »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ