« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014/03/19

キリンビバレッジ 「青くつながれ。」 JFA応援キャンペーンキャップ

キリンビバレッジ社は現在、サッカー日本代表応援キャンペーン 「青くつながれ。」 (2014年2月18日火曜日~2014年5月13日火曜日まで) を展開している [注1]。このキャンペーンには各種景品が用意されているようであるが、ペットボトルキャップコレクターにとっては、青色に変更されたキャップこそが景品である。サッカーフリークにして、ペットボトルキャップコレクターという人にとっては、まさにタマランチ会長的キャンペーンなのかも知れない (サッカーに対して、タマランチ会長という表現はどうかと思うが)。

3月19日 (水)、『キリン 午後の紅茶 <ザ・パンジェンシー>』 のキャップがサムライブルーに変わっているのを、都内ファミリーマート店頭にて確認した。460mL入り1本税込み148円のところ特価135円であった。因みに、現在ファミリーマートの店員は、何故か全員サッカー日本チームのユニフォームを着て接客に当たっている。多分、これが世に言う 「12番目の選手」 って言うやつなのであろう。それにしても最近12番目が大量発生している気がする。

このキャップの出現情報については既に3月14日に、兵庫県在住のペットボトルキャップコレクターであるcoolyuzi氏から頂戴していたが、実物を見るとその 「ダサさ」 が際立っている [注2]。

さて、キャップの図柄であるが、青色キャップ地に赤色オペークインキで、「g」、「o」、「j」、「a」、「p」、「n」 のアルファベット小文字がボトル毎に1文字づつ印刷されている。書体は <ブラッシュスクリプト体> と呼ばれるペンキブラシで書かれた風のフォントである。ブラッシュ体の特徴として、文字の書き始めと書き終わりに前後の文字との連続性を担保する目的で、ジョイント部分が必ず存在するが、このキャップではそれが刷毛目として表現されている。これで赤い文字が一つに <つながる> 訳である。あれ? 赤くつながる結果になってしまったが、細かいことを気にしてはいけない。

各小文字はキャップ天面部にかなり大きく書かれている。そのためか、キャップの第一印象は、会社の共用冷蔵庫に飲みかけの自分のボトルを入れる際に、持ち主を主張するために書かれたイニシャルのように見える。恐らくこれは、サッカー会場で掲げられる人文字プラカードを模したアイデアと思われる。そして、1文字づつ揃えていくと 「go japan」 となる趣向らしい [注1]。でも、「a」 が2回出現するため、「a」 に関しては2本購入する必要がある。なお、「j」 も小文字と思われるので、英語の文法に拘るあまり、大文字の 「J」 を探さないように注意したい。

今回入手した青色キャンペーンキャップは、粗ギザバージョンであったが、ニュースリリースの宣材写真を入念に見ていくとノーマルギザバージョンも存在するようである。従って、キャップの種類は、6パターン (g、o、j、a、p、n) × 2タイプ (粗ギザ、ノーマルギザ) = 12種類存在すると思われる。以下にキャンペーン対象商品の一覧を示す [注1]。


表.キャンペーン対象商品 (缶、紙パックにはプラスチックキャップが付いていないためここでは除外する)

▼ A群 ノーマルギザ
  『午後の紅茶 ストレートティー』
    (1.5L、500mL、280mL)
  『午後の紅茶 レモンティー』
    (1.5L、500mL、280mL)
  『午後の紅茶 ミルクティー』
    (1.5L、500mL、280mL)

▼ B群 粗ギザ
  『午後の紅茶 おいしい無糖』
    (2.0L、500mL、280mL)
  『午後の紅茶 ザ・パンジェンシー
    茶葉2倍ミルクティー』
    (460mL)
  『生茶』
    (2.0L、555mL、500mL、280mL)

▼ C群 デザインパッケージのみ (キャンペーン対象外)
  『キリン ラブズ スポーツ』 [白地汎用柄キャップ]
    (555mL)
  『アルカリイオンの水』 [青地汎用柄キャップ]
    (2.0L)


FIFAワールドカップブラジル大会におけるザックジャパンの活躍に期待したい。何だかんだ言っても、新しいキャップの登場は嬉しい。ビバ! キリンビバレッジ!!

■ 商品表示データ ■
『キリン 午後の紅茶 <ザ・パンジェンシー>』 (460mLオリジナルシェイプ10面PETボトル)
<名称> 紅茶飲料
<原材料名> 牛乳、砂糖、紅茶 (ウバ100%(クオリティーシーズンウバ15%))、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン、食塩、香料、乳化剤、ビタミンC、グルコン酸Na
<栄養成分> (製品100mL当たり) ●エネルギー:40kcal ●たんぱく質:0.2~1.2g ●脂質:0.2~1.2g ●炭水化物:8g ●ナトリウム:38mg
<販売者> キリンビバレッジ株式会社 (東京都千代田区神田和泉町1番地)
<JAN> 49-09411-05578-3

■ 参照キャップデータ ■
『キリン 午後の紅茶 <ザ・パンジェンシー>』 (460mLオリジナルシェイプ10面PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「2014.11.25/T」*。賞味期限は270日 (約9カ月) (未開栓)。キャップは、日本クロージャー (NCC) 社製ワンピースキャップ 「28NCフラップアセプE」 (Mold#/Cabity#:A52/42)。ボトルは自社 (KBC) 形成 (ロット番号:T06)。プリフォーム [透明] (ロット番号:D64-64)。ロット番号:13:38'

* T = 株式会社日本キャンパック 利根川工場 (370-0712 群馬県邑楽郡明和町矢島900-1)

注1) 「 “青くつながれ。” をテーマに 「ザックLINEスタンプ」 や 「青ディ」 が当たる | 「キリンビバレッジ サッカー日本代表応援キャンペーン」 を実施 | 主力ブランドには、サッカー日本代表の選手や監督が登場する応援デザインを採用  」 キリンビバレッジ ニュースリリース (2013/02/10)
注2) 2014年3月14日付 「ペットボトルキャップ時評」 コメント欄

2014/03/17

新井園本店 『さやま茶』 の 「HOT&COLD」 キャップ

2014年春期のニューキャップラッシュは際限ない拡がりをみせている。今回の特徴は 「挽きたてレギュラーコーヒー100%」 キャップのバリエーションの豊富さに尽きる。灰色コーヒー豆、赤色渦巻き、緑色半円窓、銀色シェル!

昨日都内のスーパーを広域捜査したが、成果は銀色シェルキャップのみであった。それも、かなりの空振りの末の結果なので、疲労困憊はピークに達している。そんな折、思いがけないキャップを入手した。

新井園本店が販売している 『さやま茶』 のキャップである。これまでの白無地から2色刷りの印刷キャップに変わった。

池袋西武地下食品売場 「THE GARDEN」 にて、350mL入り1本118円也。

キャップは、白色キャップ地に抹茶色+金赤の2色刷りである。図柄は、直径28mmの有効印刷径に対して2mmの余白を残し、直径23mmの抹茶色の円を上下2分割し、上半分が抹茶色ベタに地色白抜き文字で屋号の 「山喜」 + 「新井園本店」 の社名が行書体で2段組みで入る。因みに 「山喜」 の山は、ヤマキやヤマサでお馴染みの山笠に 「喜」 である。下半分は、円の輪郭線を除き白地を残し、その中に 「HOT & COLD」 の表示が2段組み・段違いで入る。「HOT」 は金赤矩形ベタに白抜き、「&」 は抹茶色、「COLD」 は抹茶色矩形ベタに白抜き、である。欧文のフォントも手書き風なため、全体にほんわかした雰囲気を醸し出している。敢えて既存フォントを使用しないことで、いい感じに仕上がっている。

ところで、同社のホームページを見て驚いた。何と! ローマ法王ベネディクト16世に同社の金粉入り粉末茶が献上されている [注1]。畏るべし! 新井園本店である。

と言う訳で、新井園本店 『さやま茶』 はネット販売も行われている。ただし、印刷キャップは、本年2月中旬製造分より切り替わったばかりなので、白無地キャップが届く可能性に注意が必要である。

ニューキャップラッシュの余波は、ナショナルブランドだけでなく、地方都市の茶舗にまで及んでいる。

■ 商品表示データ ■
『さやま茶』 (角形350mL耐熱パネルPETボトル)
<名称> 緑茶 (清涼飲料水)
<原材料名> 緑茶 (埼玉県)、ビタミンC
<栄養成分> [ラベルに表示なし]
<販売者> 株式会社新井園本店 (埼玉県所沢市小手指町1-15-5*)
<JAN> 49-82029-20929-8

* 株式会社 新井園本店(359-1141 埼玉県所沢市小手指町1-15-5、フリーダイヤル 0120-805-508[本社営業時間:平日9時~17時]、TEL:04-2948-1892、FAX:04-2948-6151、URL:http://www.araienhonten.co.jp/)

■ 参照キャップデータ ■
『さやま茶』 (角形350mL耐熱パネルPETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「140913/ASI」。賞味期限は210日 [約7カ月] (未開栓)。キャップは、NCC社製 「28NCフラップホット-Vシリーズ」 ワンピースキャップ (洗浄スリット6ヵ所) (モールド#/キャビティー#:H55/38)。ボトルは吉野工業所製 (ロット番号:16/79)。プリフォーム [結晶化(白)/PCO1810] (ロット番号:1079)。製品ロット番号:AL3X29N46 | 17:59

注1) 「新井園本店」 (ホームページ) [アクセス日:2014年3月17日]

2014/03/11

『キリン生茶』 「生茶葉と雫」 図柄でリニューアル!

キリンビバレッジ社は、2014年3月11日 (火)、『キリン生茶』 をリニューアルし、全国発売した [注1-2]。発売日前日の夕方、ファミリーマート店頭にて確認、555mL入り1本税込み147円のところ特価125円であった。

なお、2L入り大型ボトルに関しては、大型スーパー等で既に先行販売されているとの情報を前日、クモの巣さんより頂戴している。小型ボトルの方はスケジュール通り、発売日リリースとなった。

『生茶』 は、短い周期でのリニューアルを繰り返すことで、商品のライフサイクルの維持と延命を図っている。とりわけ 『生茶』 は、キリンビバレッジ社の主力商品なので、その辺のさじ加減は絶妙である (筈である)。

ところがである。賢明な当ブログの読者なら既にお気付きのように、キャップの図柄に関しては、デザインが今一つパッとしない (理由は不明)。例えば、2013年バージョンの <緑色ベタ丸に大きく 「生茶」 の抜き文字> には、正直ノックアウトされた。文字通り、ベタなデザインであると [注3]。ここまでやられたら、あっぱれ! である。キリン畏るべし! と感心しきりであったが、今回のキャップを見て、ちょっとガッカリ。

2009年3月3日に登場した茶葉の中に小さく 「生茶」 のロゴの入った生茶葉の図案は5年間も使用され続けたため、今でも記憶に深く刻み込まれている。今回のキャップには、まさにその図柄が使用されており、一瞬時代を逆行したかと思うほどである。ただ、若干異なるのは、更に2004年のグリーンキャップ出現時に描かれていた茶葉から滴る 「雫」 の復権である。当時は、シズル感とか呼ばれていたあれである。

たった1年で政権の座を追われた <緑ベタ> キャップ。対する大政奉還を錦の御旗に掲げて復権した <生茶葉と雫> キャップ。新勢力と旧勢力の鬩ぎ合いを傍観しているようで、ハラハラする。大丈夫か、生茶キャップ、主戦場にされてしまって。

ところで、今年のニューキャップラッシュの勢いには正直、心臓バクバク、息ゼーゼーで、ダウン寸前である。特に、スタートダッシュで躓いたため、全くフォロー出来ていないキャップばかりである。

■ 商品表示データ ■
『キリン 生茶』 (555mLオリジナルシェイプ [市松格子柄耐圧パネル] PETボトル)
<名称> 清涼飲料水
<原材料名> 緑茶 (国産)、生茶葉抽出物 (国産)、ビタミンC、香料
<栄養成分> (製品100mL当たり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:11mg
<販売者> キリンビバレッジ株式会社 (東京都千代田区神田和泉町1番地)
<JAN> 49-09411-05663-6

■ 参照キャップデータ ■
『キリン 生茶』 (555mLオリジナルシェイプ [市松格子柄耐圧パネル] PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「2014.11.12/T」。賞味期限は8カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製 「28NCフラップアセプ-E」 改良型ワンピースキャップ (SKナール、洗浄スリットなし) (ロット番号:A50-54)。ボトルは自社内製 (KBC) 形成 (ロット番号:T10)。プリフォーム [透明/PCO1810] (ロット番号:D52-154)。

* T = 株式会社日本キャンパック 利根川工場 (370-0712 群馬県邑楽郡明和町矢島900-1)

注1) 「『キリン 生茶』 3月11日 (火) リニューアル発売 ~生茶葉抽出物を2倍使用することで、「摘みたての葉の香り感」「爽やかさ」「リフレッシュ感」 がさらに向上~」 キリンビバレッジ ニュースリリース (2013/02/06)
注2) キリンビバレッジ 「生茶」 (ブランドサイト) [アクセス日: 2014年3月11日]
注3) 「『生茶』 緑色ベタ丸図柄のSKナール」 ペットボトルキャップ時評 (2013/03/19)

2014/03/08

UCC 『職人の珈琲』 のコーヒー豆アイコン灰色になるの巻

2014年3月3日 (月)、『UCC職人の珈琲』 (無糖、低糖、甘さひかえめ) が、パッケージを一新して全国発売された [注1]。3月7日 (金)、ローソン店頭にて確認、930mLボトル1本税込み158円也。

キャップの図柄は、粗ギザキャップ地にコーヒー豆を象った楕円の意匠。1年前との違いは、コーヒー豆の特徴であるセンターカット (豆の中心を通る分割線) が直線から波線に変更されたことである。刷り色も、1年前の小豆色から灰色 (ワームグレー) に変更された。上下に各々 「挽きたて」 「レギュラーコーヒー100%」 の白抜き文字が入るのは前回と同様だが、使用フォントが、ごくありふれた明朝体から、ごくありふれたゴシック体に変更された [注2]。このことの意義は大きい。キャップデザインが全体的に引き締まった気がする。

今回のキャップリニューアルの意味は、ズバリ! アイコンのリファイン (洗練化) である。キャップは一度デザインが決定されるとなかなか変更出来ないのが常である。それは想像以上にコストが掛かるからである。今回のUCCの英断には、ペットボトルキャップコレクターとして感謝したい。

■ 商品表示データ ■
『UCC職人の珈琲 無糖』 (930mL角形 「UCCスマイルボトル」)
<種類別名称> コーヒー飲料
<原材料名>  コーヒー
<栄養成分> (100mLあたり) ●エネルギー:0kcal ●たん白質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0.5g ●ナトリウム:0~20mg | ●糖類:0g
<製造者> ユーシーシー上島珈琲株式会社 (神戸市中央区多聞通5-1-6)
<JAN> 49-01201-22369-3*

* 今回のリニューアルでも、JANコードの変更はない。基本的にレギュラーコーヒー100%なので、内容物に変化がないからと思われる。

■ 参照キャップデータ ■
『UCC 職人の珈琲 無糖』 (930mL角形 「UCCスマイルボトル」) の賞味期限+製造所固有記号: 「20150111/SGF」*。賞味期間は360日 [約12カ月] (未開栓)。キャップは、日本クロージャー社製 「28NCフラップアセプ-E」 ワンピースキャップ [粗ギザタイプ] (Mold#/Cavity#:A47/32)。ボトルは、自社成形? (ロット番号:10)。プリフォーム [透明/PCO-1810] (ロット番号:D60-68)。

* SGF = UCC滋賀工場 (529-1331 滋賀県愛知郡愛荘町愛知川1343 )

注1) 「「挽きたての香り こだわりのコク」をさらに向上させた喫茶店のアイスコーヒーの味を簡単・手軽に楽しめるPETボトル入りコーヒー 『UCC職人の珈琲 (無糖・低糖・甘さひかえめ) PET930ml』 3月3日(月)から全国でリニューアル新発売! 「厳選レギュラーコーヒー100%使用」 「天然水100%抽出」 「挽きたて・無菌充填製法」」 ユーシーシー上島珈琲株式会社 ニュースリリース (2014/02/28)
注2) 「『UCC 職人の珈琲』 のコーヒー豆アイコンのキャップ」 ペットボトルキャップ時評 (2013/03/13)

2014/03/03

ダイドードリンコ 『miu』 リニューアルで待望の水色シェルの新キャップ登場!

ダイドードリンコ社は、2014年3月24日 (月)、これまでの海洋深層水 「miu」 をリニューアルし、ミネラル10%増の海洋ミネラル深層水 「miu」 として全国発売した[注1]。ラインナップは、『miu』、『miu ピーチ&マスカット』、『miu アクティブチャージ』 の3製品。販売チャネルは、コンビニ、量販店、自動販売機である。

本日、発売日から1週間遅れで、都内のダイドードリンコ自販機にて購入、 『miu』 500mL入りボトル1本110円であった。

ダイドードリンコ社のキャップはここ1~2年、多くの製品で汎用キャップ化が進んでおり、キャップコレクターとしては少しさみしい思いをしていた。

季節の変わり目、ニューキャップの出現は、心まで春色に染めてくれる。

さて、キャップの図柄であるが、3製品とも共通で、ノーマルギザ水色キャップ地にホワイトオペークインキで 「miu」 の新ブランドロゴが配された新規デザインである。今回のロゴは、使用フォントの変遷からみた場合、5代目となる。「Bauhaus Light」 と呼ばれる半円と直線で構成されるユニバーサル系書体が使用されている。

ただし、既存フォントをそのまま使用するのではなく、「miu」 の小文字の 「i」 の上に付くdotと呼ばれる点が、バルーンのような噴出しの形に変えられている。小文字の 「i」 のstemと呼ばれる縦棒をストローに見立てた場合、上の点はシャボン玉のようにプク~と膨らんだ格好である。本来は、水滴をイメージしている筈なので、重力に逆らっていることになる。

ダイドードリンコ社では、この新ブランドロゴを 「地球ドロップ」 と命名している。

なお、「地球ドロップ」 の配置は、丸いキャップ内では、「miu」 のフォント幅に規定されるため、「i」 が正中線よりわずかに右にシフトする。シンメトリーな構図を敢えて壊すことで、多少の <動き> が生じているが、多分意図したものではないだろう。

いよいよニューキャップ・ラッシュの季節の到来である。今季の特徴は、2014年4月1日に実施される消費税8%への引き上げと完全にリンクしていることである。値上げ前と値上げ後の製品の差別化をはかる目的から、カラーキャップによる特別感の演出が必要となる。このところニューキャップにカラーシェル (伊藤園 『ぞっこん茶』、キリンビバレッジ 『Tropicana』、サントリー 『pepsi NEX ZERO』、など) が散見されるのは、こうした理由からである。

正直、消費税8%は困りものであるが、反面ニューキャップの出現には期待が膨らむ。

<今日の蘊蓄> バウハウス (Bauhaus) といえば、モダンアートの総本山。今日の工芸デザインに多大な影響を与えたドイツワイマール共和国時代 (1919-1933年) の遺産である。因みに、<Bauhaus> と言うフォント名は、建築家グロピウス (Walter Gropius, 1883-1969) の設計したバウハウス・デッサウ校の壁面に据え付けられた箱文字看板の書体に由来する。

■ 商品表示データ ■
『海洋ミネラル深層水 miu』 (オリジナルツイストシェイプPETボトル500mL)
<名称> ボトルドウォーター
<原材料名> 水 (純水)、海洋深層水
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:1.7mg ●カルシウム:0.6mg ●マグネシウム:1.8mg ●カリウム:0.9mg
<硬度> 88mg/L (軟水)、<pH値> 6.0
<販売者> ダイドードリンコ株式会社 (大阪市北区中之島2-2-7)
<JAN> 49-04910-00674-8

■ 参照キャップデータ ■
『海洋ミネラル深層水 miu』 (オリジナルツイストシェイプPETボトル500mL) の賞味期限+製造所固有記号:「20160130/D68」*。賞味期限は24カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製 「28NCフラップホット-Vシリーズ」 ワンピースキャップ [ノーマルギザタイプ] (洗浄スリット6ヵ所) (モールド#/キャビティー#:H45/14)。ボトルは、吉野製作所製 (ロット番号:6/1072)。プリフォーム [白] (ロット番号:1072)

* D68 = ダイドー・タケナカビバレッジ株式会社 (781-6741 高知県室戸市羽根町甲山鳥1310-1)

注1) 「おいしさ、ミネラル、いいとこどり! 海洋ミネラル深層水 「miu」 がリニューアルして登場 「miu」 ~「海洋深層水」 由来のミネラルを10%UP~ / 「miu ピーチ&マスカット」 ~果汁配合・カロリーオフ設計のフレーバーウォーター~ / 「miu アクティブチャージ」 ~水分やエネルギーを補給できるスポーツドリンク~」 ダイドードリンコ ニュースリリース (2014/02/28)
注2) ダイドードリンコ株式会社 「miu」 (ブランドサイト) [アクセス日: 2014年3月3日]

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ