« 新井園本店 『さやま茶』 の 「HOT&COLD」 キャップ | トップページ | 伊藤園の 「緑茶飲料発明30年」 記念キャップ »

2014/03/19

キリンビバレッジ 「青くつながれ。」 JFA応援キャンペーンキャップ

キリンビバレッジ社は現在、サッカー日本代表応援キャンペーン 「青くつながれ。」 (2014年2月18日火曜日~2014年5月13日火曜日まで) を展開している [注1]。このキャンペーンには各種景品が用意されているようであるが、ペットボトルキャップコレクターにとっては、青色に変更されたキャップこそが景品である。サッカーフリークにして、ペットボトルキャップコレクターという人にとっては、まさにタマランチ会長的キャンペーンなのかも知れない (サッカーに対して、タマランチ会長という表現はどうかと思うが)。

3月19日 (水)、『キリン 午後の紅茶 <ザ・パンジェンシー>』 のキャップがサムライブルーに変わっているのを、都内ファミリーマート店頭にて確認した。460mL入り1本税込み148円のところ特価135円であった。因みに、現在ファミリーマートの店員は、何故か全員サッカー日本チームのユニフォームを着て接客に当たっている。多分、これが世に言う 「12番目の選手」 って言うやつなのであろう。それにしても最近12番目が大量発生している気がする。

このキャップの出現情報については既に3月14日に、兵庫県在住のペットボトルキャップコレクターであるcoolyuzi氏から頂戴していたが、実物を見るとその 「ダサさ」 が際立っている [注2]。

さて、キャップの図柄であるが、青色キャップ地に赤色オペークインキで、「g」、「o」、「j」、「a」、「p」、「n」 のアルファベット小文字がボトル毎に1文字づつ印刷されている。書体は <ブラッシュスクリプト体> と呼ばれるペンキブラシで書かれた風のフォントである。ブラッシュ体の特徴として、文字の書き始めと書き終わりに前後の文字との連続性を担保する目的で、ジョイント部分が必ず存在するが、このキャップではそれが刷毛目として表現されている。これで赤い文字が一つに <つながる> 訳である。あれ? 赤くつながる結果になってしまったが、細かいことを気にしてはいけない。

各小文字はキャップ天面部にかなり大きく書かれている。そのためか、キャップの第一印象は、会社の共用冷蔵庫に飲みかけの自分のボトルを入れる際に、持ち主を主張するために書かれたイニシャルのように見える。恐らくこれは、サッカー会場で掲げられる人文字プラカードを模したアイデアと思われる。そして、1文字づつ揃えていくと 「go japan」 となる趣向らしい [注1]。でも、「a」 が2回出現するため、「a」 に関しては2本購入する必要がある。なお、「j」 も小文字と思われるので、英語の文法に拘るあまり、大文字の 「J」 を探さないように注意したい。

今回入手した青色キャンペーンキャップは、粗ギザバージョンであったが、ニュースリリースの宣材写真を入念に見ていくとノーマルギザバージョンも存在するようである。従って、キャップの種類は、6パターン (g、o、j、a、p、n) × 2タイプ (粗ギザ、ノーマルギザ) = 12種類存在すると思われる。以下にキャンペーン対象商品の一覧を示す [注1]。


表.キャンペーン対象商品 (缶、紙パックにはプラスチックキャップが付いていないためここでは除外する)

▼ A群 ノーマルギザ
  『午後の紅茶 ストレートティー』
    (1.5L、500mL、280mL)
  『午後の紅茶 レモンティー』
    (1.5L、500mL、280mL)
  『午後の紅茶 ミルクティー』
    (1.5L、500mL、280mL)

▼ B群 粗ギザ
  『午後の紅茶 おいしい無糖』
    (2.0L、500mL、280mL)
  『午後の紅茶 ザ・パンジェンシー
    茶葉2倍ミルクティー』
    (460mL)
  『生茶』
    (2.0L、555mL、500mL、280mL)

▼ C群 デザインパッケージのみ (キャンペーン対象外)
  『キリン ラブズ スポーツ』 [白地汎用柄キャップ]
    (555mL)
  『アルカリイオンの水』 [青地汎用柄キャップ]
    (2.0L)


FIFAワールドカップブラジル大会におけるザックジャパンの活躍に期待したい。何だかんだ言っても、新しいキャップの登場は嬉しい。ビバ! キリンビバレッジ!!

■ 商品表示データ ■
『キリン 午後の紅茶 <ザ・パンジェンシー>』 (460mLオリジナルシェイプ10面PETボトル)
<名称> 紅茶飲料
<原材料名> 牛乳、砂糖、紅茶 (ウバ100%(クオリティーシーズンウバ15%))、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン、食塩、香料、乳化剤、ビタミンC、グルコン酸Na
<栄養成分> (製品100mL当たり) ●エネルギー:40kcal ●たんぱく質:0.2~1.2g ●脂質:0.2~1.2g ●炭水化物:8g ●ナトリウム:38mg
<販売者> キリンビバレッジ株式会社 (東京都千代田区神田和泉町1番地)
<JAN> 49-09411-05578-3

■ 参照キャップデータ ■
『キリン 午後の紅茶 <ザ・パンジェンシー>』 (460mLオリジナルシェイプ10面PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「2014.11.25/T」*。賞味期限は270日 (約9カ月) (未開栓)。キャップは、日本クロージャー (NCC) 社製ワンピースキャップ 「28NCフラップアセプE」 (Mold#/Cabity#:A52/42)。ボトルは自社 (KBC) 形成 (ロット番号:T06)。プリフォーム [透明] (ロット番号:D64-64)。ロット番号:13:38'

* T = 株式会社日本キャンパック 利根川工場 (370-0712 群馬県邑楽郡明和町矢島900-1)

注1) 「 “青くつながれ。” をテーマに 「ザックLINEスタンプ」 や 「青ディ」 が当たる | 「キリンビバレッジ サッカー日本代表応援キャンペーン」 を実施 | 主力ブランドには、サッカー日本代表の選手や監督が登場する応援デザインを採用  」 キリンビバレッジ ニュースリリース (2013/02/10)
注2) 2014年3月14日付 「ペットボトルキャップ時評」 コメント欄

« 新井園本店 『さやま茶』 の 「HOT&COLD」 キャップ | トップページ | 伊藤園の 「緑茶飲料発明30年」 記念キャップ »

コメント

<セルフコメント>

3月20日、都内ファミリーマートにて、「青くつながれ。」キャンペーンキャップのノーマルギザバージョンを確認した。『キリン 午後の紅茶<ストレートティ>』(500mL)。キャップ供給メーカーは、日本山村硝子プラスチックカンパニー。キャップの種類は「TEN-Cap」であった。粗ギザの方は日本クロージャー社であったので、分散化をはかったことになる。

私の予測した1社供給という線は消えてしまったが、逆に裏違いの存在に可能性が出てきたとも言える。まだまだ、油断は禁物である。刮目して新キャップの出現に備えよ!

OJ記

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新井園本店 『さやま茶』 の 「HOT&COLD」 キャップ | トップページ | 伊藤園の 「緑茶飲料発明30年」 記念キャップ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ