« 伊藤園 「緑茶飲料発明30年」 に粗ギザ金色キャップ出現 | トップページ | かわいい 「クマくん」 のイラストキャップが付いて 「小岩井 純水果汁」 シリーズリニューアル »

2014/05/20

『い・ろ・は・す』 スパークリングの太輪キャップ

日本コカ・コーラ社とコカ・コーラシステムは、2014年5月19日 (月)、「い・ろ・は・す」 ブランドに人工炭酸入りナチュラルミネラルウォーター2製品 (『スパークリング <プレーン>』 と 『スパークリング <れもん>』) を投入し、全国新発売した [注1-2]。同日深夜、ファミリーマート店頭にて確認、515mL入り1本税込108円であった。

この製品は、昨年2013年7月16日に発売された 『サントリー 南アルプスの天然水 スパークリング』 シリーズの競合商品である [注3-6]。その 『サントリー 南アルプスの天然水 スパークリング』 もまた、アサヒ飲料が2011年6月5日に発売した小型ペットボトル入り 『ウイルキンソン タンサン』 シリーズの競合商品として登場したものであった[注7-8]。ただし、『南アルプスの天然水』 対 『い・ろ・は・す』 は、非炭酸水・炭酸水ともに市場が競合しており、ボトルやキャップの軽量化においても互いに、しのぎを削り合う関係にある。


表. PETボトル入り 「無糖炭酸水」 発売日一覧 [注1-8]

▼ 2011/04/26 (火)
 『ウィルキンソン タンサン』

▼ 2012/06/05 (火)
 『ウィルキンソン タンサン レモン』

▼ 2013/07/16 (火)
 『南アルプスの天然水 スパークリング』

▼ 2013/10/15 (火)
 『南アルプスの天然水 スパークリング レモン』

▼ 2014/05/13 (火)
 『南アルプスの天然水 スパークリング』 (RN)

▼ 2014/05/13 (火)
 『南アルプスの天然水 スパークリング レモン』 (RN)

▼ 2014/05/19 (月)
 『い・ろ・は・す スパークリング <プレーン>』

▼ 2014/05/19 (月)
 『い・ろ・は・す スパークリング <れもん>』

[注] (RN)= リニューアル発売。


さて、キャップである。内容物が炭酸入りナチュラルミネラルウォーターであるため、ノーマルギザの炭酸充填用キャップが使用されている。シェルの色は、「い・ろ・は・す」 ブランドの統一カラーである黄緑色、刷り色もホワイトオペークインキであるが、図柄に若干の改良が見られる。先ず直径24mm、幅3mmの太輪の白ベタに、地色の黄緑の抜き文字で、上方に転倒した 「→あける」 の開栓方向指示、下方に 「i-lohas.jp」 のインタネットURLアドレス、そして、太輪の中にお馴染みの 「plantbottle」 アイコンの縮小版が入る。恐らく、非炭酸も炭酸も、内容物が無色透明であり、ボトルの印象が似ているのため、その違いに対する注意喚起を目的としたものと思われる。でも、飲んでからその間違いに気付くことが多々あるのは、私だけであろうか。

今や、無糖炭酸水市場は群雄割拠の様相を呈している。この国の飲料メーカーは、一つの商品の売れ行きが好調と見るや、必ず類似品を出さずにはいられない呪縛に囚われている。競合は確かに市場の活性化を醸成させるが、逆に横並びの類似商品の増加は、消費者の混乱と急速な市場飽和を招き、商品のライフサイクルを縮めるだけである。せめて共倒れだけは避けて欲しいものである。

奇しくも、日本初の天然炭酸入りナチュラルミネラルウォーターである 『平野水』 が1884年に発売されてから、今年で130周年である。また、『ウヰルキンソン タンサン』 が1904年に発売されてから、今年で110周年である。アサヒ飲料が各々の伝統を今日に継承していることは、実に興味深いことである。

文明開化の頃、宮内省は英国王室に範を取り、宮中行事を行う際の外国人接待用テーブルウォーターとしてドイツのバート・ヌーナッハ鉱泉を壜詰めした 『Apollinaris (アポリナリス)』 を英国から輸入していた。実は、『平野水』 や 『ウヰルキンソン タンサン』 さえも、『Apollinaris』 の代替品として開発された側面が強い。今日の無糖炭酸水市場の形成との間に奇妙なアナロジーを感じる。

1881年 [明治14年]、英国人のお雇い外国人の冶金技師であったウイリアム・ガウランドが宮内省の依頼により全国の温泉地を踏査し、兵庫県川辺郡多田村の内平野村にて炭酸鉱泉を発見したことと、更には、1887年 [明治20年]、日本で一旗揚げようと来日した野心家の英国人ジョン・クリフォード・ウィルキンソンが狩猟中に、兵庫県有馬郡塩瀬村生瀬で炭酸鉱泉を発見したことは、決して偶然とは言い切れない。それらの出来事は、日本近代史の文脈の中で見事なまでの整合性を持って重なり合っている。

本邦の清涼飲料水はその誕生の瞬間から、海外からの技術移転と模倣により発展したと言える。そうした伝統は今日もなお連綿と受け継がれている (気がする)。

■ 商品表示データ ■
『い・ろ・は・す スパークリング <プレーン>』 (515mLペタロイド脚耐圧PETボトル)
<品名> 炭酸入りナチュラルミネラルウォーター
<原材料名> ナチュラルミネラルウォーター、炭酸
<栄養成分> (100mL当り) ●エネルギー: 0kcal ●たんぱく質: 0g ●脂質: 0g ●炭水化物: 0g ●ナトリウム: 0.4~1.6mg ●カルシウム: 0.4~1.6mg ●カリウム: 0.03~0.8mg ●マグネシウム: 0.1~0.8mg
<販売者> コカ・コーラカスタマーマーケティング株式会社 (東京都港区六本木6-2-31)
<JAN> 49-02102-10845-4

■ 参照キャップデータ ■
『い・ろ・は・す スパークリング <プレーン>』 (515mLペタロイド脚耐圧PETボトル) の賞味期限 + 製造所固有記号:「G 140917-HSA」*。賞味期間は180日 [約6ヵ月](未開栓)。キャップは、CSIジャパン社製 「GA-Lok」 ワンピースキャップ (モールド#/キャビティ#):G4/30)。ボトルは自社成形 (インプラント)[HSA] (ロット番号:8)。プリフォーム [透明/PCO-1810] (ロット番号:NT161163)。製品ロット番号:[n/a]

* HSA = 北海道コカ・コーラボトリング株式会社 札幌工場 (004-8588 札幌市清田区清田一条1-2-1)

注1) 「おいしくて環境にいい日本の天然水ブランド 『い・ろ・は・す』 からスパークリング登場 「プレーン」、「れもん」 の2製品 5月19日新発売」 日本コカ・コーラ ニュースリリース (2014/04/16)
注2) 「い・ろ・は・す <I LOHAS SPARKLING>」 (ブランドサイト) [アクセス日:2014年5月19日]
注3) 「『サントリー 南アルプスの天然水 スパークリング」 新発売 ―ナチュラルミネラルウォーターを100%使用したきめ細かな泡の無糖炭酸水―」 サントリー ニュースリリース No.11794 (2013/05/28)
注4) 「『サントリー 南アルプスの天然水 スパークリングレモン』 新発売 ―ナチュラルミネラルウォーター100%の無糖炭酸水にレモンフレーバーが新登場―」 サントリー ニュースリリース No.SBF0039 (2013/08/27)
注5) 「『サントリー 南アルプスの天然水 スパークリング』 『同 レモン』 リニューアル ―引き続き販売好調。さらなる無糖炭酸水市場の拡大を目指してリニューアル―  」 サントリー ニュースリリース No.SBF0124 (2014/04/07)
注6) 「南アルプスの天然水 スパークリング」 (ブランドサイト) [アクセス日:2014年5月19日]
注7) 「ブランド生誕108年目 伝統と信頼のブランド「ウィルキンソン」 『ウィルキンソン タンサン PET500ml』 2011年4月26日(火) 発売!」 アサヒ飲料 ニュースリリース (2011/04/25)
注8) 「~大人向け本格炭酸 「ウィルキンソン」 ブランド ラインアップ拡充~ 『ウィルキンソン タンサン レモン』 6月5日 (火) 新発売!」 アサヒ飲料 ニュースリリース (2012/05/07)

« 伊藤園 「緑茶飲料発明30年」 に粗ギザ金色キャップ出現 | トップページ | かわいい 「クマくん」 のイラストキャップが付いて 「小岩井 純水果汁」 シリーズリニューアル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 伊藤園 「緑茶飲料発明30年」 に粗ギザ金色キャップ出現 | トップページ | かわいい 「クマくん」 のイラストキャップが付いて 「小岩井 純水果汁」 シリーズリニューアル »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ