« アサヒ飲料 『スパイラルグレープ』、金色キャップを加えてリニューアル! | トップページ | 『海と太陽の恵み FROM AQUARiUS』 の半透明グリーンシェルにホワイトベタ丸キャップ »

2014/06/11

サントリー 『伊右衛門』 の 「たっぷり550ml」 増量周知徹底キャップ

梅雨の季節である。実に鬱陶しい。こんな季節でもお構いなく、ニューキャップは出現する。コレクターはそんな時も、靴の中をびしょびしょに濡らしながら、キャップを求めて歩き回るものである。

2014年6月10日 (火)、突如として、サントリー 『伊右衛門』 の金色キャップと 『伊右衛門 贅沢冷茶』 の白色キャップに、内容量が50mL増量で550mLとなったことを周知徹底する目的のキャップが出現した。同日深夜、ファミリーマート店頭にて確認、550mL増量ボトル1本税込特価129円也。

消費税8%増税以来、増量ボトルが花盛りである。つい最近、伊藤園が緑茶飲料を525mLに増量したと思ったら、今度はサントリーが550mLと対抗策に打って出た。25mLの差が如何程のものかよく分からないが、飲料メーカーにとっては、この差が命運を左右するのだろう。次は、555mLの5ゾロのアラシを狙って来るね (多分)。

キャップは両製品とも、NCC社製アセプティック充填用 「28NCフラップアセプ-E」 である。刷り色は、金色キャップ地には濃い緑色、白色キャップ地には濃い青色。図柄は共通で、直径20mmの○に極太明朝体で 「たっぷり550ml」 のメッセージが3段組みで示されている。「たっぷり」 が約10ポイント、「550」 が約24ポイント、「ml」 が約12ポイントといった具合に、フォントサイズにメリハリを付けることで、「550」 という数値が強調されている。ひらがなには 「平成明朝体」 系が、また、数字や欧文フォントには 「New Century Schoolbook」 系のオーソドックスな書体が敢えて選択されており、デザイン的には極めて事務的な 「おしらせ」 キャップとなっている。

ペットボトルキャップは、清涼飲料水の顔である。その顔に 「たっぷり550ml」 と書かれている。何のケレン味も、ひねりも無く、一番強調したい事実のみを伝えるという正攻法で来られては、言い返す術もない。派手さも、カッコ良さも無いが、言いたいことは良く分かった。

畏るべし! サントリーデザイン部。

■ 商品表示データ ■
[a] 『伊右衛門』 (八角形吸収パネル付き竹筒シェイプ550mL増量ペットボトル)
<品名> 緑茶 (清涼飲料水)
<原材料名> 緑茶 (国産)、ビタミンC
<栄養成分> [ラベル表示なし]
<販売者> サントリーフーズ株式会社 (東京都港区台場2-3-3)
<JAN> 49-01777-25836-5

[b] 『伊右衛門 贅沢冷茶』 (八角形吸収パネル付き竹筒シェイプ550mL増量ペットボトル)
<品名> 緑茶 (清涼飲料水)
<原材料名> 緑茶 (国産)、ビタミンC
<栄養成分> [ラベル表示なし]
<販売者> サントリーフーズ株式会社 (東京都港区台場2-3-3)
<JAN> 49-01777-25844-0

■ 参照キャップデータ ■
[a] 『伊右衛門』 (八角形吸収パネル竹筒シェイプ550mL増量ペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「2015.01.08/AJ」*。賞味期限は8カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製ワンピースキャップ 「28NCフラップアセプ-E」 [粗ギザタイプ] (Mold#/Cavity#:A46/12)。ボトルは自社成形 (ロット番号:SUNTORY/AJ 2-07)。プリフォーム (ロット番号:NT114114)。製造ロット番号: #0528901H

[b] 『伊右衛門 贅沢冷茶』 (八角形吸収パネル竹筒シェイプ550mL増量ペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「2015.01.10/AJ」*。賞味期限は8カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製ワンピースキャップ 「28NCフラップアセプ-E」 [粗ギザタイプ] (Mold#/Cavity#:A46/56)。ボトルは自社成形 (ロット番号:SUNTORY/AJ 2-02)。プリフォーム (ロット番号:NT114122)。製造ロット番号: #0295155H

* AJ = サントリービバレッジプロダクツ (株) 神奈川綾瀬工場 (252-1108 神奈川県綾瀬市深谷上8-27-1)

« アサヒ飲料 『スパイラルグレープ』、金色キャップを加えてリニューアル! | トップページ | 『海と太陽の恵み FROM AQUARiUS』 の半透明グリーンシェルにホワイトベタ丸キャップ »

コメント

<セルフコメント>

今回入手したキャップは、神奈川県で製造された製品であったため、使用されているキャップは、キャップマイレージとの兼ね合いで、NCC社製 「28NCフラップアセプ-E」 であったが、『伊右衛門』 の販売エリアや製造工場の違いから、キャップ供給メーカーが異なる場合が考えられる。

サントリーの場合通常、キャップ供給メーカーをNCC、CSI、NYGの3社に分散し、その内で最も製品 ( 『伊右衛門』 など) の製造工場に近いキャップ製造工場からの供給を受ける傾向にある。従って、使用キャップには、以下の3種類の環境負荷軽減タイプの粗ギザキャップが存在する可能性がある。

① NCC = 28NCフラップアセプE
 <特徴> [裏] 花火パターン

② CSI = AS-Lok II
 <特徴> [裏] ドーナツリングパターン (Lで始まるロット#)

③ NYG = PA-Cap(射出成型)
 <特徴> [裏] クモの巣パターン(中央部クロス)
[表] 天板部中央に小さな射出成形用ノズル痕(ヘソ)

以上出現報告を求む!

OJ拝^^

はしおです。こちらは①ですね。
裏が花火になってます。

まさかとは思いますが、
『たっぷり2000ml』っていうキャップは出ないですよね?
出たらオモシロいんですけどね~!

はしお様 こんばんは

早速の情報提供ありがとうございます。

「たっぷり2000ml」 は無いと思いますよ。何故なら、「たっぷり2200ml」 でないと、増量感が出ないからです。って、何を言ってるんすかね、自分は。ごめんなさい。最近、みょうに理屈っぽくなってしまって、職場でも嫌われています (とほほ)。

OJ拝^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アサヒ飲料 『スパイラルグレープ』、金色キャップを加えてリニューアル! | トップページ | 『海と太陽の恵み FROM AQUARiUS』 の半透明グリーンシェルにホワイトベタ丸キャップ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ