« アサヒ飲料 『Cherlie's Quencher』 の広口キャップ | トップページ | UCC 『上島珈琲店』 の 「Hot & Cold」 兼用キャップ »

2014/10/17

ペットボトルキャップバブルの再燃 『コカ・コーラ ゼロ(R)』 のキャップにバラエティーに富む図柄続々と出現

2014年10月中旬、ペットボトルキャップコレクターの間に衝撃が走った。と言うのも、『コカ・コーラ ゼロ(R)』 1.5Lボトルの黒キャップに謎の絵柄の入ったキャップが出現したと言う情報が飛び交ったからである。

2014年4月に出現したアルファベットキャップ [注1-2] は、FIFAワールドカップブラジル大会の終了とともに市場から一斉に姿を消した。その消えた筈のアルファベットキャップの復活とともに、絵入りや英単語の入ったキャップが、通常の 「Coca-Cola ZERO」 キャップに混じって店頭に並んでいるという。

早速、探索に出掛けた。バックヤードの保管スペースに余裕のないスーパーに狙いを定め、何とか1種類だけ入手することが出来た (1.5L1本税込価格167円)。噂は本当であった。ラベルの一側面にコカ・コーラウェーブとともに 「ENJOY YOUR DAY」 の文字が踊り、その下に 「ハッピーをあげよう。」 のキャンペーンメッセージが入っている。ただし、10月17日 (金曜日) 現在、日本コカ・コーラ社のサイトではプレスリリースが見当たらない。依然として詳細は闇の中である。

恐らく、去年の今頃 (2013年11月)、ポーラベアをアイコンとした <「ハッピーをあげよう。」「コカ・コーラ」[TM] ウィンターキャンペーン> が実施されていたことから、今回のニューキャップの出現は、2014年ウィンターキャンペーンの一環なのかも知れない。

さて、バラエティーに富むキャップの図柄であるが、黒色キャップシェルにホワイトオペークインキで、左右両脇に 「→あける」 の開栓指示マーク、下方に 「cocacola.jp」 のURLアイコンを配したものを基本フレームとして、その中に以下の3系統のパターンが挿入される仕組みである。

  ① アルファベット (26種類)
  ② 英単語/短文
  ③ イラスト

① の 「アルファベット」 は、2014年4月に出現したものと同一のものである。② の 「英単語」 や 「短いフレーズ」 は、①のアルファベットフォントを用いて英単語が組まれている。フォントセットに小文字が存在しないため、全て大文字で組まれた単語や語句には、「KAWAII」、「SO COOL」、「REALLY?」 などが存在することが報告されている。③ の 「イラスト」 には、「ポーラベア (白熊)」 の顔や全身のイラスト、図案化された 「ギフトボックス」、ジャン拳の 「グー」、「チョキ」、「パー」 などの絵柄が存在する。ただし、絵柄や語句の全貌は現時点では全く不明であり、一体どのくらいの種類が存在するか皆目見当も付かない。今後のコレクター諸氏の情報だけが頼りである。

因みに、今回私が入手した絵柄は 「チョキ」 であった。最初 「Vサイン」 かとも考えたが、「グー」 の絵柄も存在するようなので、ジャン拳サインであることが確定した。

ところで、1500mLボトルと言うのは正直キツイ。毎日少しずつ飲んだとしても、10種類で15リットル (=15kg)、50種類で75リットル (=75kg) の計算になる。75kgといえば、成熟した男性の体重に匹敵する。平均的な大人の女性ならば約1.5人分である。せめてもの救いはキャップの種類が今のところ、『コカ・コーラ ゼロ』 の黒キャップの発見報告に限定されていることである。でも、油断は禁物。これは、日本コカ・コーラ社から我々コレクターに対する執拗な挑戦 (挑発) だからである。

因みに、コカ・コーライーストジャパン (CCEJ) の販売エリアに限って言えば、切り替え時期はここ1週間である。以下の製造期限/製造所固有記号を目安にすると、その店舗での商品切替時期を予測することが容易になる。

 ▼ 通常キャップ (「Coca-Cola ZERO(R)」)
    150402-EIW
    製造日:2014年9月4日頃

 ▼ キャンペーンキャップ
    150403-EIW
    製造日:2014年9月5日頃

余談ではあるが、万が一にも 『コカ・コーラ』 の赤キャップバージョンが出現するようなことになったら、冗談抜きで死を覚悟しなければならない。赤キャップの 『コカ・コーラ』 1500mLボトルには、「果糖ぶどう糖液糖」 や 「砂糖」 が使用されているため、お砂糖換算で約108gの糖分が含まれている。コーヒーなどに添えられている標準的なスティックシュガー1袋が3g入りなので、その36本分に相当する。私のような糖尿病患者にとって 『コカ・コーラ』 がデンジャラスな飲み物であると恐れられている所以である。

今は、赤キャップバージョンが出現しないことをただただ祈るばかりである。まあ、コレクターとしては失格であるが。

■ 商品表示データ ■
『コカ・コーラ ゼロ』 (1500mLペタロイド脚耐圧PETボトル[GRIPボトル])
<品名> 炭酸飲料
<原材料名> カラメル色素、酸味料、甘味料 (アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファム、スクラロース)、香料、カフェイン
<栄養成分> (100mL当り) ●エネルギー: 0kcal ●たんぱく質: 0g ●脂質: 0g ●炭水化物: 0g ●ナトリウム:7mg ●糖類:0g
<販売者> コカ・コーラカスタマーマーケティング株式会社 (東京都港区六本木6-2-31)
<JAN> 49-02102-08421-5

■ 参照キャップデータ ■
『コカ・コーラ ゼロ』 (1500mLペタロイド脚耐圧PETボトル[GRIPボトル]) の賞味期限 + 製造所固有記号:「150403-EIW」*[黒色シェルキャップのためTEバンドにおける印字なし、ボトル肩部に代替印字]。賞味期間は180日 [約6ヵ月](未開栓)。キャップは、CSI社製 「GA-Lok」 ライナー材なしの1ピースキャップ (ロット番号(Mold#/Cavity#):CSI G4 33)。ボトルは自社成形[CCEJ] (ロット番号:IW/8)。プリフォーム [透明/PCO-1810] (ロット番号:3-125)。製品ロット番号:A23:53K06C

* EIW = コカ・コーライーストジャパンプロダクツ株式会社 岩槻工場 (339-0072 埼玉県さいたま市岩槻区古ヶ場2-8-6)

注1) 「ペットボトルキャップバブルの発生 『コカ・コーラ(R)』、『コカ・コーラ ゼロ(R)』 のアルファベットスープキャップ」 ペットボトルキャップ時評 (2014/04/13)
注2) 「ふぞろいなアルファベットキャップたち」 ペットボトルキャップ時評 (2014/05/04)

« アサヒ飲料 『Cherlie's Quencher』 の広口キャップ | トップページ | UCC 『上島珈琲店』 の 「Hot & Cold」 兼用キャップ »

コメント

じゃんけん(グー、パー)
顔文字(バンザイ)
熊(顔アップ)
英語(SO COOL、WELL DONE)
絵(スノーマン、CocaColaの王冠風)
9種類確認できました

cool yuziさま こんばんは

最新情報ありがとうございます。
今回は約3カ月間の短期決戦が予想されますので、お互い力を合わせて、この難局を乗り越えましょう!

ところで、赤キャップバージョンも出現したみたいです。いよいよ覚悟を決める穐かもしれません。そろそろ辞世の句など用意しておくべきでしょうか (トホホ)。

今後とも情報提供宜しくお願い申し上げます。

OJ拝^^


赤キャップでも確認しました。
英語(ALL RIGHT, SWEET)
絵(ハート、♪、コカコーラ王冠風、スノーマン、ギフトボックス)
熊(顔アップ)
アルファベットと違って、全体像がつかめませんネ

cool yuziさま こんばんは

またまた、最新情報ありがとうございます。大変助かります。

やはり、コカ・コーラウェストジャパン (CCWJ) の方が、コカ・コーライーストジャパン (CCEJ) に較べて、市場に出回るのが2~3日先行しているようです。こちらでは、未だちらほらしか見掛けません。

傾向を見ていると、1回に英文語句4種類、イラスト4種類、というように図柄のかたまり毎に出現しているような気がします。

いったいどこまでの拡がりをみせるのか、楽しみでもあり、恐ろしくもあり、とても複雑な心境です。

恐らく、最終的には300mL、500mL、1500mLと各サイズ毎に順次、キャップが変更されて来ると思われますので、今暫くは様子を見てみようかと思います。その間に、キャップの種類を特定することが出来れば良いかなと考えております。

①群の 「アッルファベット」 はさておき、②群の 「英文語句」、③群の 「イラスト」 が、それぞれ26種類出現すると仮定して、蒐集すべきキャップの種類は、最大416種類となる可能性があります。

<内訳>

 (②群26種類+③群26種類) → 52種類
 ×(黒キャップ/赤キャップ) → 104種類
 ×(CSI/NCC)  → 208種類
 ×(ライナー材の有無) → 416種類

<メーカーの違い>や<ライナー材の有無>まで拘ると切りがないので、通常は 「黒キャップ/赤キャップ」 の違いまでとなるのでしょうが、何れにしても大変であることに変わりはありません。

一体、幾人のコレクターがこの試練に打ち克ち、生還することが出来るのでしょうか。ご武運を!

OJ拝^^

因みに、2014年10月20日現在、コレクター各氏の情報により判明した図柄は以下の通りです。

① アルファベット[大文字] (26種類)

  「A」「B」「C」「D」
  「E」「F」「G」「H」
  「I」「J」「K」「L」
  「M」「N」「O」「P」
  「Q」「R」「S」「T」
  「U」「V」「W」「X」
  「Y」「Z」

② 英文語句 (??種類)

  「KAWAII」
  「SO COOL」
  「REALLY?」
  「WELL DONE」
  「PREASE」
  「ALL RIGHT」
  「SWEET」

③ イラスト (??種類)
  「ポーラベア<顔>」
  「ポーラベア<全身>」
  「ギフトボックス」
  「ジャンケン<グー>」
  「ジャンケン<チョキ>」
  「ジャンケン<パー>」
  「\(^o^)/」
  「ハートマーク」
  「♪」
  「コカコーラ王冠<スマイルマーク>」
  「雪だるま(スノーマン)」

以上

少しですが、発見情報あげておきます。

②英文語句
「WHAT’S UP!?」
「SHARE!」

③イラスト
「?」 (←イラストに分類していいのか不安ですが)

はしお様 こんばんは

図柄の最新情報ありがとうございます。

「?」 の分類って、確かに悩みますね。
ということは、単独の 「!」 も存在しますね。きっと。

もしかしたら、②群の英文語句を作るとき必要なアルファベットのエレメントととして、①群に追加されたのかも知れません。

いつのまにやら、①群の 「アルファベット」 のサブセットが28種類になっているということですか? (あわわ)。

OJ拝^^

黒の英文語句
KAWAII
PLEASE
SO COOL
WELL DONE
REALLY?
SHERE!

赤の英文語句
GOOD
OH!
BYE!
SWEET
ALL RIGHT
WHAY'S UP?

グーチョキパーは黒のみ

黒の英文語句と、赤の英文語句に
かぶりなし!
グーチョキパーは黒のみ

という仮説はどうでしょう?
単に出会えてないだけかも

追伸
赤の「!」確認

cool yuziさま こんばんは

追加情報、ありがとうございます!

> 「黒の英文語句と、赤の英文語句にかぶりなし!」

大胆な仮説ですね。確かに、そうであって欲しいと願うばかりですが、「ポーラベア<顔>」 に、黒と赤が既に出現しているので、赤・黒共通図柄となる公算大です。

cool yuzi様はじめ、コレクター諸氏の情報提供のお陰で、ハッピーキャップの全体像が徐々に姿を現しつつあります。まるでジグソーパズルのピースを探すような感じですね。決まって最後の1ピースを無くしてしまうのですが...

11月頃までには、全貌が明かされるのでしょうが、謎に包まれている今が、最高に楽しい時期かも知れません。

更なる情報をお待ちしております。

OJ拝^^

<まとめ>

表.コカ・コーラ・ハッピーキャップリスト[2014年10月24日現在、ほぼ出現報告順]

① アルファベット[大文字] (28種類)
  「A」「B」「C」「D」
  「E」「F」「G」「H」
  「I」「J」「K」「L」
  「M」「N」「O」「P」
  「Q」「R」「S」「T」
  「U」「V」「W」「X」
  「Y」「Z」
  「!」*  「?」*

* 今季、字種に 「!」 (エクスクラメーションマーク) と 「?」 (インタロゲーションマーク) が追加された。

② 英文語句 (??種類)
  「KAWAII」
  「SO COOL」
  「REALLY?」
  「WELL DONE」
  「PREASE」
  「SHARE!」
  「GOOD」
  「BYE!」
  「OH!」
  「SWEET」
  「ALL RIGHT」
  「WHAT'S UP!?」

③ イラスト (??種類)
  「ポーラベア<顔>」
  「ポーラベア<全身>」
  「ギフトボックス」
  「ジャンケン<グー>」
  「ジャンケン<チョキ>」
  「ジャンケン<パー>」
  「\(^o^)/」
  「ハートマーク」
  「♪」
  「コカコーラ王冠<スマイルマーク>」
  「雪だるま(スノーマン)」

以上

いつも興味深く拝見しています。

cool yuziさまの仮説に賛成です。

さらに、「!」「?」「♪」は赤のみ。
したがって、「!」「?」はアルファベット[大文字] (26種類)の追加ではない。

赤・黒共通図柄は「ポーラベア<顔>」「雪だるま(スノーマン)」「ハートマーク」「ギフトボックス」「\(^o^)/」の5種類。

「コカコーラ王冠<スマイルマーク>」は赤・黒異なるイラスト。

したがって、全30種類でそれぞれ10種類は異なるイラスト。

以上の仮説はいかがでしょうか?

30種類は1..5Lで確認済みですが「ポーラベア<全身>」が見つかっていません。
赤でしょうか?黒でしょうか?

名無しの権兵衛さま

いつも稚拙な内容のブログをご愛読頂きありがとうございます。こんなにコメント欄が賑わったことがこれまで無かったので、改めて、コカ・コーラの魔力の偉大さに気付かされました。関心度の高さに驚いています。

さて、黒赤別図柄+黒赤共通図柄混在説、大変興味深く拝聴致しました。そうなれば、コレクターとしてはホッとするのですが、これまでの経験則に照らして考えた場合、期待薄です。と言うのも、キャップは原則同時に4個づつ印刷するため、梱包用の通函には、通常4種類が同梱されます。未だ出始めのため、各キャップのロットが出揃っていないと見るべきです。

あと1ヶ月もすれば、白黒つくと思います。あっ! 間違えました。赤黒つくと思います、ですかね。

今のうちに、あーだ、こーだ、言って楽しみましょう。そこにキャップコレクションの愉しみや醍醐味があります。あっ! 間違えました。醍醐味ではなく、コーラ味ですね。

今後ともよろしくお願いします。

OJ拝^^

500mlも出ましたね。
1.5Lと同じCSI社製1ピースキャップでした。

300mlは未確認ですが、やっぱりNCC社製?

はしお様 こんにちは

500mL赤キャップは、首都圏でもようやく、10月25日あたりから出現し始めました。

300mLについてはこちらでも未見です。

現在のところ、コカ・コーラウェストジャパン (CCWJ ) は京都府の京都工場 (WKY)、コカ・コーラエーストジャパン (CCEJ) は埼玉県の岩槻工場 (EIW) で製造されたものが、市場にて確認されています。また、1500mL (1.5L) と500mLの口栓部規格 (ネジ山のピッチ) は同一で、これにはショートハイト化を前提とした過渡期規格のものが使用されています。ですが、本邦ではショートハイトへの移行に失敗し、ガラパゴス化しているのが現状です (というのも、本邦では、ショートハイト化のメリットである軽量化の達成目標を従来の21mmハイトキャップの方が一挙に抜き去ってしまったからです)。

基本的にキャッパーの調整が従来の 「PCO1810規格」 とは若干異なるため、『コカ・コーラ』、『コカ・コーラゼロ』 専用ラインとして稼働している工場に生産が限定されているように見受けます。

それに反して、300mLは従来の 「PCO1810規格」 のままなので、製造工場もキャップ規格も上記2工場のものとは異なるため、出現時期もズレ込んでいると考えられます。

恐らく、日本コカ・コーラ社 (CCJ) は、キャップ供給メーカーをボトルの規格容量に応じて、CSI社とNCC社に棲み分けている可能性があります。従って、300mLで出現する場合は、はしおさんが予測される通り、NCC社製のキャップとなる筈です。キャップの特徴は、TEバンドに段差のある青色ライナー材パッキンの付いた2ピースキャップです (このキャップは見分けやすいので楽ちんです)。

でも、そうなると、印刷の濃淡の違いを考慮して、CSI社バージョン(濃い)とNCC社バージョン(淡い)の両方を集めざるを得なくなりますね。これまた一大事です。

こうなったら、「毒を食らわば、ボトルまで」 といった心境でしょうか。食らわば? くわばら、くわばら。

OJ拝^^

OJ様 名無しの権兵衛様
仮説の結論(10/26現在)
種類は全部で30種
赤単独10
黒単独10
赤黒共通5×2=10
切りがいいじゃあありませんか
コカコーラさん、これで許して!
500mlが出始める中、すべて1.5Lでそろえちゃいましたので。

赤単独
1)OH!
2)♪
3)WHAT's UP!?
4)BYE!
5)GOOD
6)SWEET
7)ALL RIGHT!
8)!
9)?
10)王冠風ニコマーク(DIET)

黒単独
1)KAWAII
2)REALLY?
3)PLEASE
4)SO COOL
5)WELL DONE
6)SHARE!
7)グー
8)チョキ
9)パー
10)王冠風ニコマーク

黒赤共通
1)ベア(顔)×赤黒
2)スノーマン×赤黒
3)ギフトボックス×赤黒
4)ハートマーク×赤黒
5)顔文字万歳×赤黒

なお、ポーラベア(全身)なる物は
神戸・宝塚・伊丹の15件のスーパー
コンビニでは確認に至らず。

cool yuzi のコレクションを
画像で確認いただけます。
左メニューからペットボトルキャップコレクションへ!

http://hccweb1.bai.ne.jp/yuzi

cool yuzi様 こんばんは

1.5Lで30種類ゲットされたとのこと、リスペクトものです。

論争が白熱して来て、ますますコメント欄という感じになって来ました。反証大歓迎です。

cool yuziさんと名無しさんの 「黒10種類、赤10種類、黒赤共通10種類=計30種類」 説、ものすごく説得力があり、私も一瞬傾きかけています。また、そうであることを衷心より切望するものです。

でも、「ポーラベア<全身>」 の黒キャップの存在が、若干の混乱を引き起こしています。また、『Coca-Cola』 (500mLボトル) に 「THANKS A LOT」 と印刷されたラベルがあり、その脇に 「マーガレットブーケ<花束>」 のイラストが添えられているものがあります。それ以外にも 「Dスマイルマーク (:D)」 が描かれたラベルも存在し、今後キャップに登場するかも知れないイラスト予備軍の存在を予感させます。

従って、現時点で出現しているキャップは、あくまで最初の出荷分 (first lot) の断片を見せられているだけではないでしょうか。

2014年10月26日現在、確認されている図柄のみでは全26種類、内黒赤共通使用5種類が存在するため、黒・赤別では全31種類となっています。

<まとめ>

表.コカ・コーラ・ハッピーキャップリスト(黒・赤別)[2014年10月26日現在、出現報告順]

[凡例]
● = (黒キャップ) 『Coca-Cola ZERO』
○ = (赤キャップ) 『Coca-Cola』

① アルファベット [符号] (10月26日現在、2種類)
 ○ 「!」
 ○ 「?」

② 英文語句 (10月26日現在、12種類)
●  「KAWAII」
●  「SO COOL」
●  「REALLY?」
●  「WELL DONE」
●  「PREASE」
●  「SHARE!」
 ○ 「GOOD」
 ○ 「BYE!」
 ○ 「OH!」
 ○ 「SWEET」
 ○ 「ALL RIGHT」
 ○ 「WHAT'S UP!?」

③ イラスト (10月26日現在、17種類)
●○ 「ポーラベア<顔>」
●○ 「ギフトボックス」
●○ 「\(^o^)/」
●○ 「ハートマーク」
●○ 「雪だるま(スノーマン)」
●  「ポーラベア<全身>」
●  「ジャンケン<グー>」
●  「ジャンケン<チョキ>」
●  「ジャンケン<パー>」
●  「Coca-Cola ZEROゼロ王冠<左ペロ・スマイル>」
 ○ 「Coca-Cola王冠<右ペロ・スマイル>」
 ○ 「♪」

更なる情報をお待ちしております。

OJ拝^^

<追加情報>

赤キャップに、300mL出ました。ただし、キャップはNCC社製ワンピースキャップ 「28NCフラップTC」でした。キャップのカドにドットホールがあるのが目安になります。

OJ記^^

<訂正>

cool yuzi様
名無し様

「ポーラーベア<全身>」 黒キャップの件、本日情報源に確認したところ、ちらっと見ただけで現物は購入していないとのことでした。もしかしたら思い違いである可能性が高いとのことです。事実確認を怠った、自らの不明を恥じたいと存じます (トホホ)。

また、cool yuziさん、名無しさんのご彗眼には、敬服致しました。

と言うことで、2014年10月26日現在のハッピーキャップは全30種類とするcool yuziさん、名無しさんの提唱される 「黒10種類、赤10種類、黒赤共通10種類=計30種類」 説が最も有力な説として残りました。現時点では、ほぼ確定と言っても良いかも知れません。今後更に別図柄が出現するとしても、この30種類をコンプリートしておくことが区切りを付ける意味で重要と思われます。

また、1500mL、500mL、300mLとラインナップも出揃ったことから、いよいよ蒐集開始の時節到来です。

因みに、現時点で出現しているキャップは、ワンピースキャップのみですが、供給メーカーがCSIとNCCの2社存在するため、図柄のみでなく、キャップ形状も含めた完全コンプリートを目指すコレクターの方は、30種類×2社=60種類が目標となります。


以下に、ペットボトルキャップコレクター諸氏の情報を集約したリストを示します。なお、cool yoziさんの分類方法を参考にさせて頂きました。ただし、番号付与は図柄に別の意味付けをしてしまうため、敢えて行っておりません。


<最終版>
表.コカ・コーラ・ハッピーキャップリスト(黒・赤別)[2014年10月26日版、出現報告順]

[凡例]
● = (黒キャップ) 『Coca-Cola ZERO』
○ = (赤キャップ) 『Coca-Cola』
* = 欧文符号 (10月26日現在、2種類)
** = 英文語句 (10月26日現在、12種類)
*** = イラスト (10月26日現在、16種類)

<赤単独図柄、10種類>
 ○ 「!<エクスクラメーションマーク>」*
 ○ 「?<インタロゲーションマーク>」*
 ○ 「GOOD」**
 ○ 「BYE!」**
 ○ 「OH!」**
 ○ 「SWEET」**
 ○ 「ALL RIGHT!」**
 ○ 「WHAT'S UP!?」**
 ○ 「♪<八分音符>」***
 ○ 「Coca-Colaスマイル王冠<右ペロ>」***

<黒単独図柄、10種類>
●  「KAWAII」**
●  「SO COOL」**
●  「REALLY?」**
●  「WELL DONE」**
●  「PREASE」**
●  「SHARE!」**
●  「ジャンケン<グー>」***
●  「ジャンケン<チョキ>」***
●  「ジャンケン<パー>」***
●  「Coca-Cola ZEROスマイル王冠<左ペロ>」***

<赤・黒共通図柄、10種類(赤5種類・黒5種類)>
●○ 「ポーラーベア<顔アップ>」***
●○ 「ギフトボックス」***
●○ 「\(^o^)/」***
●○ 「ハートマーク」***
●○ 「雪だるま」***

以上

出ましたね!
http://www.cocacola.co.jp/press-center/press-release/news-20141030

あれ?
『全58種類のキャップ』って書かれてますねぇ・・・?
どうカウントしたら58種類なんでしょう??

赤黒関係なく絵柄だけでカウントなら、
アルファベット26種+赤単独10種+黒単独10種+共通5種=51種 ですよね? 計算間違ってる??

もしや・・・、シークレットが存在するのでしょうか!?

はしお様 こんばんは

やっと全貌が明らかになりましたね。「全58種類」 は本当に謎ですね。

OJ拝^^

はしお様、OJ様

28種類もこれから出るとはとても思えませんので計算を間違えたのではないかと推測しています

ハッピーキャップ(赤と黒)30種類+アルファベット(赤又は黒)26種+通常キャップ(赤と黒)2種=58種類

通常キャップはOJ様のお説による印刷キャップを4の倍数にするための調整で、赤と黒ぞれぞれ前回は26個+2個=28個で2個の追加、今回は26個+15個+3個=44個で+3個の追加となっているのでないかと推測しています。

前回も今回も通常キャップでキャンペーン・ラベルのものがあるのを確認しています。

また仮設になってしまいました。

折角命名していただきました名無しの権兵衛は長すぎるので改めましたのでよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アサヒ飲料 『Cherlie's Quencher』 の広口キャップ | トップページ | UCC 『上島珈琲店』 の 「Hot & Cold」 兼用キャップ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ