« UCC 『上島珈琲店』 の 「Hot & Cold」 兼用キャップ | トップページ | UCC 『パラダイストロピカルティー』 の広口オレンジキャップ »

2014/10/30

「コカ・コーラ」[TM] 2014-2015ウィンターキャンペーンの全貌明らかになるの巻

日本コカ・コーラ社は、2014年10月30日 (木)、「ハッピーをあげよう。」 を基本コンセプトとした 「2014-2015ウィンターキャンペーン」 の全貌を伝えるプレスリリースを満を持して公表した [注1]。

ペットボトルキャップに限定すれば、この間、2014年10月中旬より、ペットボトルキャップコレクターの間で巻き起こった論争に一定の終止符が打たれた格好である [注2]。先ずは一件落着。でも、「ああだ、こうだ」 と言っている内が花で、いきなり正解を見せられると少し興醒めである。これまで、プレスリリースにおいて事前にキャップの全貌が明らかにされることはあまり無かった気がする。ちょっと拍子抜けである。

それにしても、今回正解が発表される前に早々と答案を提出したペットボトルキャップコレクターが存在した。当ブログのコメント欄 [注2] に多くの情報を提供して頂いたcool yuzi氏である。彼の推理の見事さと、彗眼には正直驚かされた。そして、公式プレスリリース公表前に早々と全30種類のコンプリートを見事達成されている [注3]。これは称賛に値する。見習いたいものである。

さて、「2014-2015ウインターキャンペーン」 において出現したキャップであるが、春のキャンペーン時に登場したアルファベットキャップの再登板とは別に、今回新たに欧文符号 (2種類)、英文語句 (12種類)、イラスト (16種類) の全30種類のキャップが一挙に出現した。図柄の詳細は以下の通りである。


表1.「ハッピーキャップ」 一覧表 [2014年10月30日版]

<赤色キャップ図柄、全15種類>
01 ○ 「WHAT'S UP!?」
02 ○ 「ALL RIGHT!」
03 ○ 「OH!」
04 ○ 「BYE!」
05 ○ 「SWEET」
06 ○ 「GOOD」
07 ○ 「♪<八分音符>」
08 ○ 「?<インタロゲーションマーク>」
09 ○ 「!<エクスクラメーションマーク>」
10 ○ 「ギフトボックス」*
11 ○ 「ハートマーク」*
12 ○ 「ポーラーベア」*
13 ○ 「\(^o^)/」*
14 ○ 「雪だるま」*
15 ○ 「Coca-Colaスマイル王冠<右ペロ>」

<黒色キャップ図柄、全15種類>
16 ● 「SHARE!」
17 ● 「KAWAII」
18 ● 「REALLY?」
19 ● 「SO COOL」
20 ● 「WELL DONE」
21 ● 「PREASE」
22 ● 「ジャンケン<グー>」
23 ● 「ジャンケン<チョキ>」
24 ● 「ジャンケン<パー>」
25 ● 「ギフトボックス」*
26 ● 「ハートマーク」*
27 ● 「ポーラーベア<顔>」*
28 ● 「\(^o^)/<万歳>」*
29 ● 「雪だるま」*
30 ● 「Coca-Cola ZEROスマイル王冠<左ペロ>」

[注] ○ = 『Coca-Cola』 (赤色キャップ)、● = 『Coca-Cola ZERO』 (黒色キャップ)、* = 赤・黒共通図柄。左端の2桁の数字は、日本コカ・コーラ社ニュースリリース [注1] における掲載順序。欧文表記を除く図柄の名称は個体識別目的で適当に呼称したものである。因みに、「\(^o^)/」 は巷間伝わるネガティーブ表現の 「オワタ」 ではなく、ここでは歓喜のジェスチャーと見做すのが妥当と思われる。


また、今回のキャンペーンには <ハッピーなメッセージ> が添えられた 「ハッピーメッセージボトル」 が登場している。ペットボトルキャップコレクターの負担は全30種類のコンプリートに止まるが、コカ・コーラボトルコレクターの方々は、今年4月の悪夢の再現ではないだろうか。ましてや海外のコレクターとのトレード分の確保ともなれば、心中いかばかりかと察するに余りある。以下に 「ハッピーメッセージボトル」 の文面の一覧を示す。


表2.「ハッピーメッセージボトル」 メッセージ一覧表 (全20種類) [注1]

<300mL|赤ラベル> (3種類)
 BE MY BABY
 SAY HELLO
 HUG & KISS
<300mL|黒ラベル> (3種類)
 VERY GOOD
 KEEP GOING
 MAKE A WISH
<500mL|赤ラベル> (3種類)
 BE HAPPY
 WITH LOVE
 THANKS A LOT
<500mL|黒ラベル> (3種類)
 SO COOL
 GOOD LUCK
 ALWAYS SMILE
<1,500mL|赤ラベル> (2種類)
 ALWAYS TOGETHER
 WE ARE SPECIAL
<1,500mL|黒ラベル> (2種類)
 ENJOY YOUR DAY
 GET LUCKY
<2,000mL|赤ラベル> (2種類)
 BIG LAUGH
 LET'S SHARE
<2,000mL|黒ラベル> (2種類)
 WE ARE GREAT
 HAVE A PARTY


ところで、ニュースリリースの文中に気になる個所があると言う。「全58種類のキャップにもさまざまなハッピーな言葉、記号、アルファベットなどをプリント。」 の部分である。アルファベットは赤・黒合計52種類、新規図柄は赤・黒合計30種類であるから、本来全82種類の筈である。24種類もの誤差がある。もしこれが 「ハッピーキャップ」 のみに言及しているとすれば、28種類ものキャップが予備軍として後に控えていることになる。一体全体、実際には何種類あるのか、どなたか教えては呉れまいか。

■ 注 ■
注1) 「『コカ・コーラ』TM 2014-2015ウィンターキャンペーン 2014年11月3日 (月・祝) からスタート」 日本コカ・コーラ株式会社 ニュースリリース (2014/10/30)
注2) 「ペットボトルキャップバブルの再燃 『コカ・コーラ ゼロ(R)』 のキャップにバラエティーに富む図柄続々と出現」 ペットボトルキャップ時評 (2014/10/17)
注3) 「ペットボトルきゃっぷ 500種超」 cool yozi氏が運営するコレクターズサイト [アクセス日:2014年10月26日]

« UCC 『上島珈琲店』 の 「Hot & Cold」 兼用キャップ | トップページ | UCC 『パラダイストロピカルティー』 の広口オレンジキャップ »

コメント

OJ様

前の記事にコメントしましたので重複しますがお許しください。

28種類もこれから出るとはとても思えませんので計算を間違えたのではないかと推測しています

ハッピーキャップ(赤と黒)30種類+アルファベット(赤又は黒)26種+通常キャップ(赤と黒)2種=58種類

通常キャップはOJ様のお説による印刷キャップを4の倍数にするための調整で、赤と黒ぞれぞれ前回は26個+2個=28個で2個の追加、今回は26個+15個+3個=44個で+3個の追加となっているのでないかと推測しています。

前回も今回も通常キャップでキャンペーン・ラベルのものがあるのを確認しています。

以上が今回の仮説となります。

名無し様 おはようございます

いつも鋭いご意見をお寄せいただきありがとうございます。

またもや 『58種類問題』 が浮上し、屁理屈大好きな私にとって、恰好の話題提供になっています。あと1週間程度は、この課題で頭を鍛えることが出来そうです。

私も、多分、計算ミスに起因する 「誤表記」 だと思います。

先ず、アルファベットキャップが再登板であること、新規ハッピーキャップには赤・黒共通図柄か存在すること、はたまた、「スマイル王冠」 は赤・黒別図柄であり、更には 「?」、「!」 はアルファベットキャップとは別カテゴリーかつ赤キャップのみであること、等々、あまりにも混乱要素が多過ぎます。これでは、メーカーサイドでも訳が分からなくなって当然でしょう。

ただし、名無しさんの仮説の根拠には若干疑問が残ります。

<仮説>
「ハッピーキャップ (赤と黒) 30種類 + アルファベット (赤又は黒) 26種+通常キャップ (赤と黒) 2種 = 58種類」

先ず、印刷時の問題として、赤と黒のキャップが同一図柄の場合、わざわざ印刷ラインをその都度調整することはないと思えるからです。赤キャップを刷った直後に、黒キャップをそのままラインに流せばいいので、あくまで図柄ベースで考える方が合理的かと思われます。

従って、図柄ベースでは、

「ハッピーキャップ25図柄+アルファベットキャップ26図柄+通常キャップ2図柄=53図柄

となります。

更にいえば、通常図柄はストック分が豊富に残っているはずなので、ハッピー図柄とは印刷時期がズレると思います。あるいは、アルファベット図柄も既に前回のネームボトルの段階で印刷済みと考えることも可能です。

とここまで、述べて来て何なんですが、実際のところは分かりません。今後の成り行きを見守るしかないとうのが私の結論です。屁理屈こね具合が中途半端で、申し訳ございません。

OJ拝^^

OJ様

全58種類についてお客さま相談室に問い合わせしたところ次のような回答がありました。

・ハッピーキャップ30種類+アルファベット26種+通常キャップ2種=58種類
・キャップの画像は一例で全てを表示しているものではないので現物で確認してほしい

未発表(シークレット?)の画像が5種類あるということのようです。

名無し様

今さらですが、初めまして。
はしおです。よろしくお願いします。

情報ありがとうございます!
やっぱり図柄ごとのカウントだったのですね!
私は通常図柄を見落としていたので
『シークレットは7種類かも~』なんて思ってましたが、
5種類なんですね!
まだまだ探し回る日々が続きそうです・・・。

名無し様 こんにちは

最新情報ありがとうございます。

あれま! 58種類は誤表記ではなく、正解なんですか!?

あまりの衝撃力に食べ掛けのバナナで窒息しそうになりました。

「キャップの画像は一例」 というのと、通常キャップまでも今回のキャンペーンキャップにカウントするというのはどうかと思います。コレクターとしてはとうてい納得いきません٩(๑`^´๑)۶ (激おこプンプン丸)。

あっ! こんな憤怒の気持ちを名無しさんにぶつけるのは全くお門違いでしたね。ごめんなさい!

でも、別図柄5種類の存在というのはちょっと疑問です。なぜなら、ラベルに描かれた図柄には、ハートマーク、Dスマイルマーク[:D]、キスマーク、インデックスマーク、キラキラアイコン、マーガレットブーケ、サングラス、サムアップサイン、サンシャインアイコン、チョキサイン、スマイリーアイズ、チアーズグラス等々、諸々の図柄が存在します。既出のハッピーキャップとのダブリを除いても、残り5個枠との員数が合いません。

ということで、今しばらく謎は謎のまま、そっとしておきませんか。お楽しみと謎解きはディナーの後で....

OJ拝^^

OJ様、はしお様

朝のお客さま相談室の情報は取り急ぎコメントさせていただきましたが、納得出来るような内容ではないと思っています。

問い合わせのやり取りの中であってはいけないことですが、その場しのぎの回答をした可能性がゼロとは限りません。

全58種類というのは計算違いで、図柄ベースでは、

ハッピーキャップ25図柄+アルファベットキャップ26図柄+通常キャップ2図柄=53図柄

となり、シークレットは存在しない可能性もあります。

コレクターとしてはニューキャップが出るのは嬉しいことですが、不正確な情報に振り回されるのも考えものでから改めてコメントさせていただきました。

名無しさま こんにちは

コカ・コーラ2014-2015ウインターキャンペーン、いよいよ始まりましたね。

キャンペーンが始まる前から、キャップの種類を予測するのは、キャップコレクターの性 (さが) のようなものです。必然的に不正確な情報に振り回されることもありますが、そうした情報の洪水の中から真実を峻別していくのも人間の営為の一つです。

情報は常に、伝達過程においてバイアスや錯誤に晒されるものです。誤謬を恐れるあまり、情報の発信が滞ることのほうが問題です。私は、結果的にその情報が誤報となったとしても、その後の検証過程で、自ずと真実は炙り出されて来ると思っています。

コメント欄というのは、刀鍛冶が刀剣を鍛える作業に似ています。トンテンカン、トンテンカン、ジューと鋼は打たれることでしか、強度と靭性を上げることは出来ません。カンカンガクガク、ケンケンゴウゴウの議論の末に真実は見えて来るものです。

まだ、宴は始まったばかりです。大いに楽しみましょう。

今後とも、情報提供よろしくお願い申し上げます。

OJ拝^^

OJ様

こんばんは。
お世話になっております。

こちらは500mlの(CSI)(固有記号EIW)の赤・黒 合計30種をゲットしてコンビニで販売しているNCC製ワンピース(固有記号SZA)を確保している途中です。今回もコンビニのはしごです。

58種類というので考えていたのは同じ売り場でボトルやTEバンドの賞味期限の日付が同じアルファベットキャップ・・・

赤・黒共にあるので今回もアルファベット各26種か?と考えていました。

通常のボトルのデザインキャップがあり、それも含めてなのかと考えながらスーパーのはしごで寒いのもホカホカ(笑)

こちらでは前回のキャンペーンより
300mlは一部でしか見かけない状態です。(固有記号EHO) 他にHTOがあると思われます。

前回、1.5LでCSIのワンピース アルファベットキャップで断念したのでチャンス?なのかもしれません。

この時期にこんなに出すとは思いもしませんでした。部屋にはボトルが並んで徐々に消費待ちです。皆さんのところでも同じ感じでしょうか?

商品があるうちに確保しないと眠れないのでなるべく早めにゲットしょうと気になる毎日です。

クリスマス 年末年始に親戚に消費してもらうか・・・

ダイソーにも並んでいるのですが固有記号WAK
こちらはどういうものかまだ未確認です。印刷は同じ感じだと思います。

長文になりすみません。

                   ぬこ


ぬこ様 こんばんは

いつもブログをご愛読いただきありがとうございます。そのうえ、コメントまでいただき大変恐縮しております。

コカ・コーラのウインターキャンペーンで、まさかFIFAの二の舞を演じるとは想像だにしておりませんでした。コレクターにとっては、うれしいプレゼントなのですが、消費の方が追いつきません。今は、床に無造作にボトルが並んでいる状況です。今のところ、ボーリングピンのように並んだボトルでストライクを取れずにいます。スプリットが関の山です。

さて、「ハッピーキャップ」 CSI版30種コンプリートとのこと、先ずはおめでとうございます。引き続き、NCC版にチャレンジとは流石です。

ところで、通常のレギュラーキャップとアルファベットキャップもカウントして58種類とういのは、ちょっと納得が行きません。

また、これだけ種類があると、賞味期限の日付と固有番号を一致させることは不可能です。そもそも、同日内に58種類ものキャップに対応するボトリングが間に合わないと思われます。

でも、今回は前回とは異なり、CSIもNCCもワンピースキャップで統一されているので、キャップ裏で悩む必要がないことは大助かりですね(ですよね?)。

ただ、前回取りこぼしたアルファベットキャップの補完が出来ると期待していただけに、ちょっと残念です。また、アルファベットキャップも赤<A~M>、黒<N-Z>の半分づつと言うのも、困ったものです。

コカ・コーラのキャップのコレクションは、健康第一・安全第一ということで、年末年始を乗り切りましょう!

Wish you have Happy Holidays.

OJ拝^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« UCC 『上島珈琲店』 の 「Hot & Cold」 兼用キャップ | トップページ | UCC 『パラダイストロピカルティー』 の広口オレンジキャップ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ