« 「TOPVALU」 キャップの色変わり | トップページ | 伊藤園 「TEAS' TEA」 紅茶炭酸飲料における四つ葉マークのカラーキャップ化の意味 »

2014/11/21

「TOPVALU」 カドギザの 「ローズレッド」 から 「マゼンタ」 への移行時期

イオン株式会社のプライベートブランド 「TOPVALU」 のキャップの刷り色が最近変わったことは、当ブログ既報の通りである [注1]。ただ、11月中旬 「TOPVALU」 にカドギザが出現したという情報に接した時点では、恐らくキャップのコーポレートカラーへの統一に伴うものとばかり考えていた。すなわち、カドギザは 「マゼンタ」 スタートではないかと勝手に決め付けていた。

ところが、11月18日、ペットボトルキャップコレクターであるkinakoさんから、『TOPVALU カフェオレ』 のカドギザキャップを頂戴した。ダイエーで購入したと言う。何と! ダイエーという選択肢があったことに改めて、流通業界の再編の意味を思い知らされた。そして、キャップがカド丸からカドギザに変更されたにもかかわらず、刷り色は 「ローズレッド」 のままであった。また、パッケージラベルも 「トップバリュリボン」 に変更される前のものであった。

改めてダイエーでの探索を行ったところ、『TOPVALU ハト麦ブレンド茶』 に 「マゼンタ」 バージョンを発見した。500mL入り1本78円也。残念ながら、その店舗ではカドギザはその商品のみであった。TEバンド情報とキャップの刷り色は以下の通り。

(a) 『AEON カフェオレ』
    TEバンド表示:150724/J727
    キャップ刷り色: 「ローズレッド」
    賞味期限:製造日より9カ月
    推定製造日:2014/10/27

(b) 『AEON ハト麦ブレンド茶』
    TEバンド表示:150820/J727
    キャップ刷り色: 「マゼンタ」
    賞味期限:製造日より10カ月
    推定製造日:2014/10/24

商品は異なるものの、製造所固有記号が 「J727」 であることに注目して頂きたい。これは、TOPVALUのサイトで公開されている 「製造所固有記号検索システム [注2]」 によれば、大和製罐系の三和缶詰株式会社 大井川工場 (静岡県焼津市) で製造されたものであることが分かる。ただし、推定製造日は意外なことに 「ローズレッド」 の方が4日も新しい。このことから推察出来ることは、製造ラインや製品毎に新規刷り色キャップの投入時期にタイムラグが存在するということと、大まかな刷り色の切り替え時期が、10月下旬であるということである。結論から言えば、今まさに我々はキャップの移行期の真っ只中にいる。

そして、もう一つ重要なことは、刷り色の切り替え時期とカドギザの出現時期が奇しくもオーバーラップしていることである。賢明な読者なら既にお気付きのことと思うが、刷り色が 「ローズレッド」 のカドギザは出現したその瞬間から、超レアキャップとなることを運命付けられている。この千載一遇のチャンスを見逃してはならない (GO! GO! GO!)。

■ 商品表示データ ■
(a)『AEON カフェオレ』 (角型PETボトル500mL)
<名称> コーヒー飲料
<原材料名> 牛乳、砂糖、コーヒー、全粉乳、脱脂粉乳、乳化剤
<栄養成分*> (表示単位1本500mL当たり) ●エネルギー:206kcal ●たんぱく質:4.5g ●脂質:3.0g ●炭水化物 (糖質):40.0g ●炭水化物 (食物繊維):0.5g ●ナトリウム:160mg | ● 食塩相当量:0.4g
<販売者> イオン株式会社 (千葉県千葉市美浜区中瀬1-5-1)
<JAN> 49-01810-00241-2

* 生活品質化学研究所にて検査

(b)『AEON ハト麦ブレンド茶』 (角型PETボトル500mL)
<名称> ハト麦ブレンド茶 (清涼飲料水)
<原材料名> ハト麦、玄米、大麦、緑茶、ほうじ茶、はぶ茶、杜仲茶、枇杷茶、プーアル茶、ドクダミ、柿の葉、ウーロン茶、昆布、しいたけ、アマチャヅル、熊笹、みかんの皮、霊芝、酸化防止剤 (V.C)
<栄養成分*> (表示単位1本500mL当たり) ●エネルギー:6kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物 (糖質):1.5g ●炭水化物 (食物繊維):0g ●ナトリウム:45mg | ● 食塩相当量:0.1g
<販売者> イオン株式会社 (千葉県千葉市美浜区中瀬1-5-1)
<JAN> 49-01810-56982-3

■ 参照キャップデータ ■
(a)『AEON カフェオレ』 (角型PETボトル500mL) の賞味期限+製造所固有記号: 「150724/J727」**。賞味期限は270日 [約9カ月] (未開栓)。キャップは、ダイワキャップ社製ワンピースキャップ [カドギザタイプ] (ロット番号:133)。ボトルは、大和製罐社製 (ロット番号:B12/2R)。プリフォーム: [透明/PCO-1810] (ロット番号:B2-12)。製品ロット番号:1016102446

(b)『AEON ハト麦ブレンド茶』 (角型PETボトル500mL) の賞味期限+製造所固有記号: 「150724/J727」**。賞味期限は300日 [約10カ月] (未開栓)。キャップは、ダイワキャップ社製ワンピースキャップ [カドギザタイプ] (ロット番号:121)。ボトルは、大和製罐社製 (ロット番号:B3/2L)。プリフォーム: [透明/PCO-1810] (ロット番号:O-25)。製品ロット番号:1508000503

* J727 = 三和缶詰株式会社 大井川工場 (421-0212 静岡県焼津市利右衛門1402-1)

[豆知識] 「TOPVALU」 ブランドの製造所固有記号の付け方は、アルファベットの 「J」 もしくは 「A」 で始まり、登録順に1~3桁の数字が続く形式であるが、先頭の 「J」 はジャスコ (JUSCO ) 時代からの委託先、「A」 はイオン (AEON) 以降の委託先を示す。

注1) 「『TOPVALU』 キャップの色変わり」 ペットボトルキャップ時評 (2014/11/17)
注2) 「製造所固有記号検索システム」 TOPVALUブランドサイト [アクセス日: 2014年11月21日]

« 「TOPVALU」 キャップの色変わり | トップページ | 伊藤園 「TEAS' TEA」 紅茶炭酸飲料における四つ葉マークのカラーキャップ化の意味 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「TOPVALU」 キャップの色変わり | トップページ | 伊藤園 「TEAS' TEA」 紅茶炭酸飲料における四つ葉マークのカラーキャップ化の意味 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ