« ベビーザらス限定販売のディズニーデザイン飲料に新しいお友達がやって来た! の巻 | トップページ | 伊藤園、緑茶飲料発売30周年記念 『お~いお茶』 の黄緑色 「日の丸」 キャップ »

2015/01/11

『お~いお茶』、ポスト 「緑茶飲料発明30年」 キャップの行方

伊藤園の 「緑茶飲料発明30年」 キャンペーンがあと少しで終了する。このキャンペーンは、1985年2月9日に缶入り煎茶 『煎茶CAN』 (190gショート缶) が初めて発売されてから30年を経過したことを記念して、昨年2014年3月頃から実施された一大イベントであった [注1-3]。当然 「30年記念」 は1年間の時限キャンペーンなので、2015年春に終了することは開始当初から分かっていた。そこで気になるのは <ポスト 「緑茶飲料発明30年」 キャップ> の図柄の行方である。当然、選択肢は2つである。第1案、従来の汎用 「日の丸」 図案への復帰。第2案、新規図案への移行。

そして、2015年1月中旬、ホット飲料の 『お~いお茶 玄米茶』 において早くもその回答が示された。新規図案への移行であった。2014年1月11日、サンクス店頭ホット飲料陳列棚にて確認。345mL入り1本、税込141円のところ特価121円也。

キャップの図柄は、ノーマルギザオレンジキャップ地に、「日本のお茶」 日の丸アイコン + 「お~いお茶」 横組みプランドロゴ + 「あける→」 開栓方向指示から構成されている。一瞬、「おや?」 と思われた方もおられるかも知れない。以前にも見たよと。でも、これは新規図柄のニューキャップである。従来のいわゆる 「日の丸」 キャップとの相違点は、「おいしいお茶は、いい畑から。」 の部分が、「お~いお茶」 のブランドロゴに差し替えられたことにある。更に言えば、2012年5月に出現した 「香り一新」 キャップに類似していることも既視感をもたらした原因かも知れない [注4]。ただし、 「香り一新」 キャップまでは、開栓方向指示マークが 「→あける」 であるのに対し、今回は 「緑茶飲料発明30年」 キャンペーンキャップにおいて 「→」 の位置が入れ替わった 「あける→」 が使用されている点が大きく異なる。

デザイン的には、「日本のお茶」 日の丸アイコンと 「お~いお茶」 ブランドロゴが両方とも筆書き風書体であることと、「お茶」 の文字列が二回出現することにより、煩雑な印象を受ける。また、書道では本来筆運びの観点から縦書きであるべき筈の 「お~いお茶」 ロゴが横組みになることには、長年馴染めずにいる。なぜなら、「お~い」 の長音符号 (音引き) が 「~」 と表現されるのは、音声の抑揚と言うよりもむしろ、お茶から立ち上る湯気をイメージしているからである。とは言え、ニューキャップの出現は超うれし~い。

さて、今後の展開であるが、加温器販売のオレンジキャップにとどまらず、コールド販売の白地キャップ、ノーマルギザと粗ギザの違い、更には 「濃い味」 バージョンの出現と、立体的な広がりを見せるものと思われる。期待が膨らむ春である。

■ 商品表示データ ■
『お~いお茶 玄米茶 (ホット)』 (345mL六角耐熱PETボトル)
<品名> 清涼飲料水
<原材料名> 米 (日本)、緑茶 (日本)、大麦 (日本)、とおもろこし (日本)、はと麦 (日本)、抹茶 (日本)、ビタミンC
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:9mg | ●カフェイン:6mg
<販売者> 株式会社伊藤園 (東京都渋谷区本町3-47-10)
<JAN> 49-01085-16184-5

■ 参照キャップデータ ■
『お~いお茶 玄米茶 (ホット)』 (345mL六角耐熱PETボトル) の賞味期限: 「2015.9.21」。製造所固有記号: 「K50」*。賞味期限は9カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製 「28NCフラップ-ホット」 ワンピースキャップ [ノーマルタイプ] (洗浄スリット6個所) (ロット番号:H73-04)。ボトルは、北海製罐社製 (ロット番号:n/a]。プリフォーム [白] (ロット番号: 62056)。ペットボトル底面形状:ALPS<アルプス>用[十弁蓮華紋様(丸)]**。製造ロット番号: 13:01

* K50 = ジェーシーボトリング株式会社渋川工場 (377-0004 群馬県渋川市半田)
** 北海製罐、意匠登録1494585 (2014.04.07)

注1) 「“日本のお茶”、緑茶飲料のパイオニア 新しい緑茶の飲用スタイルを提案 緑茶飲料発明30年」 伊藤園 ニュースリリース (2014/02/26)
注2) 「伊藤園の 「緑茶飲料発明30年」 記念キャップ」 ペットボトルキャップ時評 (2014/04/01)
注3) 「伊藤園、2014年特別限定品 『お~いお茶 大走り新茶』 のゴールドキャップ (封緘シール付き)」 ペットボトルキャップ時評 (2014/04/28)
注4) 「伊藤園 『お~いお茶』 をリニューアル、「香り一新」 キャップ出来!」 ペットボトルキャップ時評 (2012/05/25)

« ベビーザらス限定販売のディズニーデザイン飲料に新しいお友達がやって来た! の巻 | トップページ | 伊藤園、緑茶飲料発売30周年記念 『お~いお茶』 の黄緑色 「日の丸」 キャップ »

コメント

<セルフコメント>

2015年1月11日付当ブログ記事において、『お~いお茶』 のポスト 「緑茶飲料発明30年」 キャップの今後の展開について若干言及した。ところが、本日、『お~いお茶 濃い味』 のキャップを確認したところ、残念なことに 『お~いお茶 玄米茶』 で出現した2015年度新図柄と同じものであった。これで、『お~いお茶 <ホット>』 を除く加温器キャップが新図柄に移行したことになる。因みに賞味期限と製造所固有記号は以下の通り。

▼ 『お~いお茶 濃い茶 <ホット>』 (345mL)
   2015. 9.14
   A13 [日本キャンパック 群馬工場]

▼ 『お~いお茶 玄米茶 <ホット>』 (345mL)
   2015. 9.21
   K50 [ジェーシーボトリング株式会社 渋川工場]

▼ 『お~いお茶 ほうじ茶 <ホット>』 (345mL)
   2015. 9.21
   A13 [日本キャンパック群馬工場]


2015/01/12現在
OJ^^

こんばんは。
もうご存知かもしれませんが、本日、立ち寄ったスーパーで「お〜いお茶 ぞっこん」のキャップが変更されているのを見かけました。最近チェックを怠っていたので、今更かもしれませんが一応報告します。
「ぞっこん」の(「ぞっこん」としての)キャップは、発売当初の「香り高く、じっくり深い」という文言のものと、その後の汎用ロゴ図案の第2世代の物があると思いまが、今回のはそれに続く第3世代ではないかと思います。図案は第2世代からの変更はなく、シェル色が「お〜いお茶 本格熟成茶」と同じ色(老竹色)になっていました。
ニュースリリースには「ぞっこん」のリニューアル等は無かった気がするので、「本格熟成茶」発売後に変更されていたのかも知れません。
勿論シェルはNCC製「28NCフラップホットV3」です。

近く、普通の「お〜いお茶」のキャップもカラーシェル化するようですし、今後の動向に注目したいです。

クモの巣さま こんにちは

『お~いお茶 ぞっこん』 キャップに関する情報提供ありがとうございます。

ただ、現物を直ぐに確認出来る状況ではないため、二代目と三代目の汎用キャップのシェルの色の確認が出来ておりません。同じ深緑系の色なのに色味が異なるということなのでしょうか? だとすれば、一大事です。直ぐにスーパーに馳せ参じないといけませんね。

キャップをボトルごとコレクションすることの欠点は、どうやらこのあたりに有りそうです。キャップ同士を並べて比較するのが、物理的に容易ではありません。そろそろ整理し始めないといけませんね。もはや老人一歩手前ですから。

『お~いお茶』 のキャップ、シェルの色が黄緑もしくは薄緑になる様ですね。これで、『濃い茶』 のゴールドキャップとの対比が際立って差別化が図れるので、商品展開上は大正解です。図柄の行方が今から楽しみです。

ところで、伊藤園の緑茶飲料は、今年2015年が 「発売30周年」 なんですね。2014年が 「発明30年」 だったので、少し混乱します。「発明」 とか言っていますが、具体的な特許が何なのか調べてもよく分かりません。

これからも、コメント宜しくお願い致します。

OJ拝^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ベビーザらス限定販売のディズニーデザイン飲料に新しいお友達がやって来た! の巻 | トップページ | 伊藤園、緑茶飲料発売30周年記念 『お~いお茶』 の黄緑色 「日の丸」 キャップ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ