« 『お~いお茶』、ポスト 「緑茶飲料発明30年」 キャップの行方 | トップページ | 伊藤園 『TEAS' TEA ストロベリーティー』 に老竹色シェルキャップ出現 »

2015/01/29

伊藤園、緑茶飲料発売30周年記念 『お~いお茶』 の黄緑色 「日の丸」 キャップ

伊藤園は、来月の2015年2月9日に 「緑茶飲料発売30周年」 を迎える。去年の今頃は確か 「緑茶飲料発明30年」 であったと記憶する。伊藤園では、一体いつまで 「30歳」 と言い張るつもりなのか。そう感じているのは私だけではあるまい。さしずめ、去年は前厄といったところか? こうした後出しジャンケン的キャンペーンは極めてトリッキーな印象を与え、後味が悪いものである。消費者を翻弄するのも大概にして貰いたい!

とは言うものの、30年の節目を何度でも祝いたいという気持ちは分からなくもない。気を取り直して、新キャップについてである。

2015年1月29日 (木) 夕方、セブン-イレブン店頭にてラベルに 「緑茶飲料発売30周年」 のロゴがあしらわれた <とっておきの日本を贈る。> キャンペーンボトルを初めて見掛けた。525mL入り1本税込151円のところ、特価129円であった。

キャップの図柄は、粗ギザ黄緑キャップ地に、既出の <オレンジ>、<白>、<金色> のキャップ地のものと全く同一の 「日本のお茶」 日の丸アイコン + 「お~いお茶」 横組みプランドロゴ + 「あける→」 開栓方向指示である。どうやら、「緑茶飲料発売30周年」 のアニバーサリーイヤーはこの図柄で勝負するようである。

さて、2015年1月中旬~下旬にかけて、『お~いお茶』 のいわゆる 新 「日の丸」 キャップに幾つものカラーバリエーションとナール形状が出現している。一体何が出ていて、何が未だ出ていないか分からなくなりそうなので、ここで一度整理してみることにした。


表.「緑茶飲料発売30周年」 日の丸キャップの種類 (2015年1月29日現在、出現順)

<加温器販売用>
 ▼ オレンジシェル (ノーマルギザ)
   『お~いお茶 玄米茶 (345mL)』
   『お~いお茶 ほうじ茶 (345mL)』
   『お~いお茶 濃い茶 (345mL)』
   『お~いお茶 (275mL)』

<コールド販売用>
 ▼ 白色シェル (ノーマルギザ)
   『お~いお茶 (525mL)』
   『お~いお茶 (320mL)』

 ▼ ゴールドシェル (粗ギザ)
   『お~いお茶 濃い茶 (525mL)』
   『お~いお茶 濃い茶 (2L)』

 ▼ 黄緑シェル (粗ギザ)
   『お~いお茶 (525mL)』


黄緑の 『お~いお茶』 とゴールドの 『お~いお茶 濃い茶』。色の対比が際立っている。この色遣いは、商品のキャラ付けにおいては大正解である。キャップの色が直截的に内容物を示唆しているので、商品選びがとても楽である。

サントリーが、旗艦商品の 『伊右衛門』 にゴールドキャップを用い、『伊右衛門 <濃いめ>』 を白のままとしていることを逆手に取った伊藤園のカラー戦略は、「金色」 という色に対する企業のデザインポリシーの違いを体現していて、とても興味深い。

■ 商品表示データ ■
『お~いお茶』 (525mL十面パネル 『NSシステム』 用PETボトル)
<品名> 緑茶 (清涼飲料水)
<原材料名> 緑茶 (日本)、ビタミンC
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:9mg | ●カテキン:36mg
<販売者> 株式会社伊藤園 (東京都渋谷区本町3-47-10)
<JAN> 49-01085-00380-0

■ 参照キャップデータ ■
『お~いお茶』 (525mL十面パネル 『NSシステム』 用PETボトル) の賞味期限: 「2015.10. 5」。製造所固有記号: 「K50」*。賞味期限は9カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製 「28NCフラップ-アセプE」 ワンピースキャップ [粗ギザタイプ] (モールド#/キャビティ#:N80/71)。ボトルは、東洋製罐社製 (ロット番号:G/2]。プリフォーム [透明/PCO1810] (ロット番号: 1-42)。製造ロット番号: 23:43

* K50 = ジェーシーボトリング株式会社渋川工場 (377-0004 群馬県渋川市半田)

注1) 「日本の象徴、「桜」 をデザインした特別限定パッケージで新登場 ~「桜」とともに、「お~いお茶 緑茶」 がさらに香り良くおいしくなりました ~「お~いお茶」 1月下旬より順次展開」 伊藤園 ニュースリリース (2015/01/15)
注2) 「『お~いお茶』、ポスト 「緑茶飲料発明30年」 キャップの行方」 ペットボトルキャップ時評 (2015/01/11)

« 『お~いお茶』、ポスト 「緑茶飲料発明30年」 キャップの行方 | トップページ | 伊藤園 『TEAS' TEA ストロベリーティー』 に老竹色シェルキャップ出現 »

コメント

地元のスーパーでゴールドシェルのノーマルギザを発見しました。
製造所固有記号はA34です。
ご参考まで。

すみません、書き忘れました。
ゴールドシェルのノーマルギザは2Lボトルです。

はしお様 こんばんは

発見報告、ありがとうぎざいます。
こちらでは、525mLも2Lも粗ギザなので、現在、自販機用500mLで探しているところです。早くこちらでも見つかると良いのですが....

新規キャップ、色が4種類、基本的なナール形状がノーマルと粗ギザなので、最終的には最低でも8種類ということになりますね。今からとても楽しみです。

OJ拝^^

525mlでもゴールドシェルのノーマルギザ発見しました。
製造所固有記号は同じくA34です。
ご参考まで。

はしお様 こんばんは

追加情報、ありがとうございます。
何んとなく、ノーマルギザと粗ギザの販売エリアの違いが見えて来た気がします。頂いた情報と私の情報をまとめると以下のようなことが判ります。

---------------------------------------------
「新日の丸キャップ」 <ゴールドシェル>の製造所のまとめ

●ノーマルギザ
525mL、「A34」
   2L、「A34」

A34 = 株式会社西日本キャンパック 岐阜工場 (500-8164 岐阜県岐阜市鶴田町3-7-5)

●粗ギザ
525mL、「K50」
   2L、「A34」

K50 = ジェーシーボトリング株式会社渋川工場 (377-0004 群馬県渋川市半田)
A1」 = 日本キャンパック群馬工場 (370-0712 群馬県邑楽郡明和町)
-----------------------------------------------
以上の結果、キャップのナール形状の違いは、製造工場の生産ラインの仕様に基づくものであり、販売エリアの違いに過ぎないことが判ります。

すなわち、関東圏は関東の工場、中部圏は中部の工場といった具合です。全国各地の情報が集めれば、製造・販売マップが出来る気がします。今後も情報提供宜しくお願い致します。

OJ拝^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『お~いお茶』、ポスト 「緑茶飲料発明30年」 キャップの行方 | トップページ | 伊藤園 『TEAS' TEA ストロベリーティー』 に老竹色シェルキャップ出現 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ