« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015/05/18

『伊右衛門』 345mLボトルに隠された秘密

「ずいずいずっころばし ごまみそずい 茶壺に追われて とっぴんしゃん 抜けたら、どんどこしょ」 という訳で、今回は前回ブログ記事の補遺 (付け足し) である。

2015年5月12日にリニューアル発売された 『伊右衛門』 のアイコンが <太丸に「茶」> から <ベタ丸に 「茶」> に変わったことは既報の通りである。幾つかある容量・規格のボトルの中で345mL角型ペットポトルにユニークな仕掛けが施されていることに最近気付いた。

このボトルは、2000mLや550mLのラベルとは異なり、何故かボトル胴部から肩部に掛けての屈折部に白いベタ丸アイコンが置かれており、更には、対角線上隅角の面取り部分を跨ぐように配置されている。このことにより、ボトルの稜線や頂点とベタ丸とが織りなす新たな造形が創出されている。

角型ペットボトルなので、この白いベタ丸アイコンは正面と側面と面取り部分に3分割されてしまう。そのため、コンビニの陳列棚に並べられている状態では、全体を確認することが出来ない。

実際に購入して、いざ飲む段になって初めて、このアイコンと相対することになる。このとき、あのお茶壺道中で有名な 「茶葉壺」 の意匠がくっきりと浮かび上がって来る。本来、丸である筈のアイコンが、斜め上から見た場合、壺の形に姿を変える。実に小憎らしい演出である。

ひょっとすると、今回のデザイン変更の意図はここにあったのかと勘繰りたくなる程である。

サントリーデザイン部、恐ろしい子!

2015/05/06

サントリー緑茶の新 『伊右衛門』、ロゴデザインの変更を伴うコンセプチュアルなリニューアル

今年のゴールデンウィークも、ゴロゴロしながら夢うつつの中、不覚にも何も出来ないまま過ぎ去ってしまった。光陰矢の如しである。と言う訳で、今回はロゴデザイン変更の話題である (ゴロゴロだけに)。

サントリーフーズ社は、2015年5月12日 (火)、『伊右衛門』 のコンセプトを変更し、リニューアル全国発売する [注1-2]。同製品のラインナップは以下の通りである。

  2Lペットボトル
  1Lペットボトル
  500mLペットボトル[新茶入り]
  435mLペットボトル[新茶入り]
  345mLペットボトル
  280mLペットボトル
  1L紙パック
  340g缶

2015年5月6日、近所の総合スーパーとディスカアウントショップ各店頭にて先行販売されているのを見つけた。2Lペットボトル1本希望小売価格税込356円のところ、前者が5月6日のみの限定特価105円、後者が154円であった。また、都内のオフィスや学校などでは既に連休前、施設内に設置された自販機に、500mL入りPETボトルが装填されていたとの情報も寄せられている。

今回のリニューアルは、容器・容量ごとの飲用シーンや、季節ごとの飲用実態の違いにより、飲み方や季節に合わせて、内容物の味わいを変えていく方針だという [注1]。すなわち、商品ラインナップ毎に味が異なっていても、ノークレーム、ノーリターンでお願いします、と言うことである。ものは言いようである。

今回のデザインの主な変更点は、白丸ベタ地色抜き文字の行書体 「茶」 の字アイコンとしたことである。太輪からベタ丸への変更は、従来の 「商家の家紋」 の意味合いが薄れ、直截的なアイキャッチャーという新たな役割を与えられた感が強い。このアイコンは、ラベルにおいて 「伊右衛門」 のロゴと必ずペアとなるため、都合3個所も表示されており、煩雑で疎ましい。また、ロールラベルには 「老舗のお茶 SINCE 1790」 の表示が新たに付け加えられ、伝統におもねる権威主義を強く感じる。今現在の味が顧客に支持されているかが重要なことの筈である。その前では伝統など無価値である。

キャップの図柄は、粗ギザ白色キャップ地に5mmの余白を残し直径20mmの黄緑色ベタ丸に白抜き行書体 「茶」 の字のアイコンである。ラベルのアイコンとは反転した色遣いになっている。太輪の結界が無くなったことで、「茶」 の字を若干大きめにして、全体的バランスが図られている。従来のロゴデザインでは、円はコンパスで描かれた正円 (真円) では無く、フリーハンドで描出された <ゆらぎ> を持つ線であった。もちろん、それはデザイン的に意図されたものである。今回のベタ丸も良く見ると <ゆらぎ> を持つが、太輪のように外郭線と内郭線の2本の <ゆらぎ> の相乗的視覚効果が喪失していることから、凡庸な、文字通りベタなアイコンとなってしまっている。

どうした! サントリーデザイン部。

■ 商品表示データ ■
サントリー緑茶 『伊右衛門』 (角形2000mL PET [ゆびスポットボトル])
<品名> 緑茶 (清涼飲料水)
<原材料名> 緑茶 (国産)、ビタミンC
<栄養成分> [ラベル表示なし] | 天然料茶カテキン680mg含有、無香料
<販売者> サントリーフーズ株式会社 (東京都中央区京橋3-1-1)
<JAN> 49-01777-23802-2

■ 参照キャップデータ ■
サントリー緑茶 『伊右衛門』 (角形2000mL PET [ゆびスポットボトル]) の賞味期限+製造所固有記号: 「2015.12.14/T」*。賞味期限は270日 [約9ヵ月] (未開封)。キャップは、CSIジャパン社製 「AS-Lok」* ワンピースキャップ (Mold#/Cavity#:L2/35)。ボトルは自社成形 (ロット番号:T2/11)。プリフォーム [透明/過渡期口栓部規格] (ロット番号:2-79)。製造ロット番号 [ボトル底部]:S0D1506302486

* T = サントリープロダクツ株式会社 榛名工場 (377-0004 群馬県渋川市半田200)

注1) 「サントリー緑茶 新 『伊右衛門』 発売 ―老舗のお茶 「伊右衛門」 ならではの新提案 "四季の変化やお客様の飲み方・飲用シーンに合わせて味わいを変える"―」 サントリー食品インターナショナル株式会社 ニュースリリース No.SBF0264 (2015/03/31)
注2) 「伊右衛門」 (ブランドサイト) [アクセス日: 2015年5月6日現在]

2015/05/04

『ニチレイ アセロラ Refresh』 の半透明黄緑キャップ、ロゴのプチリニューアルを伴って新登場

2015年5月5日 (火)、サントリーフーズ社は 『ニチレイ アセロラリフレッシュ』 (430mL PET、280mL PET) を全国新発売し、同時に 『ニチレイ アセロラドリンク』 (900mL PET) をリニューアル発売する [注1-2]。

世界屈指のペットボトルキャップコレクターであるKUMA氏の4月28日付けブログサイトでこの情報に接した [注3]。早速、近所の自販機にてギャンブル的チャレンジを行ったが、残念ながらお馴染みの白地に赤文字キャップ (NYG社製TEN-Cap) であった。NCC社製ノーマルギザの太文字バージョンですらなかった (残念・無念!)。

発売日の5月5日まで待つしかないかと一旦は諦めかけたが、そこはコレクターの浅ましさ、諦め切れぬと連休初日都内を探し回った。そんな折、東京メトロ (地下鉄) のプラットフォームに設置された自販機に、「見本缶と異なったデザインが出る可能性がございます。ご了承ください。」 の張り紙を 『ニチレイ 太陽のアセロラ』 見本ボトル直下に発見した。ウンウン! と大きく頷き、130円を投入後ボタンを押したところ、ゴトンと出て来たのは、果たせるかな黄緑キャップの 『ニチレイ アセロラリフレッシュ』 (280mL) であった。情報に感謝!

さて、キャップの図柄であるが、ノーマルギザ半透明黄緑シェルのキャップ地にホワイトオペークインキで 「ニチレイ アセロラ」 のブランドロゴ、キャップ上方辺縁部には 「←あける」 の開栓方向指示マークである。お馴染みのキャップの色変わりかと一瞬思ったが、「アセロラ」 ロゴが微妙に異なる。顕著な違いは、1文字目 「ア」 の1画目 <よこせん+左払い> と2画目 <左払い> が接触していること、そして3文字目 「ロ」 の1画目 <たてせん> と2画目 <よこせん> の交点が、旧ロゴでは突き出ているが、新ロゴではそれが無いことである。この違いは、ロールラベルのデザイン変更に連動したものである [注1]。

ただし、2015年4月14日 (火)、ファミリーマート限定発売の 『アセロラコラーゲン』 及び 『アセロラローヤルゼリー』 (共に、350mL入りPET 1本税込138円) のシュリンクラベルにも新ロゴが使用されているが、キャップは旧ロゴ (TEN-Cap、白地+赤文字) のままであった [注4]。

今回、同時リニューアルされた 『ニチレイ アセロラドリンク』 (900mL PET) の白地キャップのロゴが新旧どちらか気になるところである。恐らく、今後、白地キャップも新ロゴに移行することから、キャップ供給メーカーによるロゴの大きさや文字の太さの違い、ナール形状の違いなど、多数のバリアントキャップの出現が予測される。またしても、煩悩から逃れることの出来ない苦悩の日々が続く。

■ 商品表示データ ■
『ニチレイ アセロラ Refresh』 (280mL丸形耐熱PETボトル)
<品名> 清涼飲料水
<原材料名> 果糖ぶどう糖液糖、アセロラ果汁、酸味料、香料、カロチノイド色素、甘味料 (スクラロース)
<栄養成分> (100mLあたり) ●エネルギー:40kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:9.9g ●ナトリウム:39mg ●ビタミンC:12~70mg
<販売者> サントリーフーズ株式会社 (東京都中央区京橋3-1-1)
<JAN> 49-01777-20676-2

■ 参照キャップデータ ■
『ニチレイ アセロラ Refresh』 (280mL丸形耐熱PETボトル) の賞味期限/製造所固有記号: 「2015.11.10/WY」*。賞味期間は約7カ月 (未開栓)。キャップは、日本山村硝子社製 「TEN-CAP」 中栓付き2ピースキャップ [ノーマルギザ] (ベントホール幅5mm×4個所) (ロット番号:<シェル本体>n/a、<中栓>c5・-43)。ボトルは、吉野工業所製 (ロット番号:17/26)。プリフォーム [白(結晶化)/PCO-1810] (ロット番号:1026)。製品ロット番号: 100H

* WY = 株式会社ジェイエイビバレッジ佐賀 関東工場 (329-0512 栃木県下野市下石橋561番地)[推定]

注1) 「『ニチレイ アセロラリ フレッシュ』 新発売 ―みずみずしい早摘みアセロラを加えた爽やかな飲み心地。果実由来100%の天然ビタミンCもたっぷり。―」 サントリー ニュースリリース No.SBF0258 (2015/03/24)
注2) 「ニチレイアセロラ」 (ブランドサイト) [アクセス日:2015年5月4日現在]
注3) 「サントリー 『ニチレイ 太陽のアセロラ』 のバリアントキャップ」 KUMAの日記風ボトルキャップ通信 (2015/04/28)
注4) 「『アセロラコラーゲン』『アセロラローヤルゼリー』 ファミリーマート限定新発売 ―果実由来100%の天然ビタミンCと飲みやすいおいしさの2種類のアセロラ果実飲料が新登場―」 サントリー ニュースリリース No.SBF0270 (2015/04/13)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ